自己評価判別法

先日の話はネガティブだと自覚していることが前提でしたが、自分自身が気付いていないだけで自己評価が下がっているという方もいます。

そのため、自己評価が下がっている方の特徴を以下にまとめます。


当てはまるものがある場合、よく考え、自分を見つめなおしてください。

そして、そこから自己評価を高めていきましょう。



①悪口ばかり言う


これは、自己評価が下がっている方の典型例です。


自己評価が下がっている方は、”自身の心の安定のために”自分のポジション(立場、立ち位置)を変えることなく他者のポジションを貶めます。


その結果が悪口に繋がるのです。


例えば、数学のテストで60点の人が、それ以下の人を貶めるようなものです。

自分よりも上の人は見ないようにして、それ以下の人を貶めるのです。


しかし、自分のポジションは変わっていないのですから、悪口を言っても事実が変わることはありません。



なお、いじめ問題も自己評価が下がっているために起こります。

自己評価が高ければ自己完結しますから、他者の評価などどうでもいいのです。


よって、いじめなど起こりません。



②粗探しをする


これは、上記に含まれるのですが分けました。


自己評価が低い方は、自分よりもポジションが上の人は見ないようにしていますが、自分よりも劣っているところを見つけた瞬間猛攻撃します。


自分のポジションは変えずに、他者のポジションを引き摺り降ろそうとするのです。

自己評価が低い人は自身の心を守れるのなら、相手が自分よりも上だろうと下だろうと関係がありません。


ただ、自分は変わっていないのですから、その状態で幸せになれるのかと言われると……



③責任感が強い


責任感が強いことは良いように感じますが、これはその状態に縋っている可能性もあるからです。


どういう事かと言うと、自己評価が低いために自分に自信がなく、その結果、他のモノで埋めようとしているのです。


そのため、このような方は外に対して答えを求めます。


規律を守り、任されたことを厳守していれば、否定されることはありません。

むしろ賞賛されることが多いため、その状態に嵌ってしまうのです。


しかし、自己評価が低いため、常に心に不安が付きまといます。


また、「しなければならない」という強迫観念に囚われているため、その状態から抜け出したくても抜け出せないのです。



④ブランドに拘る


自分が好きで拘っているのなら良いのですが、ブランドというものに縋っているのなら問題です。


ブランド品はそれだけで価値があると思っている方が大多数ですが、いくら着飾ったところで本人はそのままです。


着飾った自分に価値があると錯覚しているだけなのです。


『価値があるのは自分!』という状態でなければ自己評価が高いとは言えません。



⑤経歴に拘る


これも上記に含まれますが分けました。


自己評価が低い方は過去に拘ります。


「今はパッとしないけど昔はすごかった。だから自分はすごい」というロジックなのです。


過去は過去であり、二度とやってきません。

また、過去の自分を引き合いに出し、今の自分を否定していることに気付いていません。


時間は未来から過去へと流れています。

明日は来ますが昨日は来ないのです。


どうせなら未来の自慢をしましょう。

これからやって来るものですからね。



⑥威張る


「自分はすごいんだ!」と思うことは良いのですが、それを他者に強要するのは問題です。


怒鳴り散らしたり、暴力をふるって自分が優位だと思うことは自己評価が低いために起こります。


要は不安なのです。

自分に自信がないのです。


それを誤魔化すために、自分が上なんだと知らしめているのです。


ただ、権力というものを楯にしているだけですから、本人がすごいわけではありません。

そもそも、社長が偉いのは会社内だけであり、一歩でも外に出ればただの人です。


他者を変えるのではなく、自分が変わっていくことが必要なのです。



以上、細分化すれば色々と出てきますが、これくらいにしておきましょう。


基本的に、自己評価が低い方は『自分は変わらず他者を自分よりも下げる』『自分は変わらず他で埋める』のです。


自分は変わらないのです。

ですが、これではゴールへ向かっていくことができません。


自己評価が低いために、自分はゴールへ向かうことができないと思ってしまうからです。



上記のようなことに思い当たる方は、先日の話の内容を実践していってください。

たとえネガティブでなくとも、自己評価が下がっていますから。


そして、自己評価が高まれば上記のような問題もなくなります。

自己評価が高い方は自分の評価”のみ”が重要なのであって、他者の賞賛などどうでもいいからです。


口では「あなたのお陰です」と言っていますが、本心では「私すごい!」という状態なのです。


また、『自分自身がすごい!!』のですから、ブランドや経歴などに縋ることもありません。

何かに依存することもなくなります。


自己評価が高い方は、”自分の中に答えがある”ことを知っています。

自分の外に答えを探しても、何処にも見つからないのです。



自己評価を上げていけば、慢性的な心の不安も消すことができます。

自信に溢れている状態ですから当然ですね。


自分自身を見つめなおし、自分が今どの辺りにいるのかを認識しましょう。


そして、そこから自己評価を高めていきましょう。


誰にでも可能なことなのです。


自分で考えて実践していってくださいね。

ネガティブな方がやること

今度はネガティブな方がやることを話します。

と言っても、ほとんど変わりません。


子ども、若者がやること
https://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-913.html

でも話したように、ゴールを設定し続けていくだけです。



ただ、ネガティブな方は自己評価がものすごく下がっていますから、何かをする意欲も無くなっています。

ゴール設定すら煩わしいと思うでしょう。


そのため、まずは『自己評価を上げる』ことから始めます。


自己評価、専門的には”エフィカシー”と呼ばれるものです。

エフィカシーには、『自分の能力に対する自己評価』という意味があります。


「自分にはできる!」という評価ですね。


これが高いと、やる気や自信に満ち溢れているように見えます。

「私はできる!」「ボクはできる!」と思える意識状態になっているからです。


逆に低いと、やる気がなくなり、何もする気が起こらなくなります。

「私にはできない……」「ボクには無理だ……」と思ってしまう意識状態になっているからです。


上記を見れば分かるように、ネガティブな方はエフィカシーが低くなっているから何もする気が起きないのです。

つまり、エフィカシーを高めれば問題は解決するわけです。


そして、エフィカシーを上げる方法はきちんと存在します。


シンプルですから誰にでも実践できますし、たとえどれだけエフィカシーが下がっていようと効果があります。



それは、『自分自身を褒めること』です。



では、お聞きします。



あなたは毎日、何回褒められていますか?

または、自分を褒めていますか?



おそらく、多くても数回ではないのでしょうか?

全く無い方もいるでしょう。


それが現状です。

ポジティブな自己評価をしていないのです。


逆に、ネガティブな自己評価をしていませんか?


「あぁ……」「またやっちゃった……」「もう!!」などのような言葉を使っていませんか?


上記のような言葉を、ネガティブなイメージの元に使っていませんか?


このような評価を繰り返していては、自己評価は下がる一方です。

今すぐ改善していきましょう。



エフィカシーは”自己評価”です。

”自分で”自分をポジティブに”評価”していかないと、上げようがありません。


ですから、毎日褒めていきましょう。

しかも、”行動を”褒めていきましょう。


何かを評価する場合、行動が付随するものです。

何もしない状態で褒められるなどありません。


これは、子どもを褒める時も同様です。


教育本などには、「褒めることが良い」と書いてありますが、鵜呑みにして何もしない状態でも褒めてしまうと、子どもの成長に悪影響を与えます。


子どもは、「自分は何もしなくても褒めてもらえるんだ」と勘違いしてしまい、自分から行動することができなくなってしまうからです。


エフィカシーは、”自分が行動するための評価”ですから、自分から行動しないと意味がないのですよ。



別に特別なことをしたから褒めるのではありません。

日常の当たり前のことを褒めていくのです。


例えば、掃除が綺麗にできたとか、一人で起きれたとか、文字が綺麗に書けたとか、本当に些細なことでいいのです。

むしろ、些細なことを重点的に褒めていってください。


自己評価を上げていくコツは、質ではなく”数をこなすこと”です。


毎日100回は褒めていきましょう。

1000回でもいいですよ?


数をこなしていくことにより、褒めることが当たり前になります。

逆に、自分を褒めていないと「おかしいな?」と思うようになります。


ここまでいくと自我が変わっていますから、もうネガティブではないでしょう。


それからゴールを考えていってください。



コーチなどにマインドを誘導してもらうと簡単に変われるのですが、一人でも可能です。


やるかやらないかです。


始めの内は、バカらしいとか子ども騙しだとか思うかもしれませんが、本当に効きます。

効果のあるものは得てしてシンプルなのです。


実践していってください。



言葉の力についても説明すべきなのですが、これはブログ内を探しましょう。

原理は説明してあります。


まあ、原理など知らなくとも、『自己評価を上げる』という言葉から、「あ、自己評価を上げればいいんだ」と思えばいいのです。


「評価を上げていくんだから、ポジティブに考えればいいよね」くらいでいいのです。


あまり思いつめず、気楽に始めていってください。



ネガティブに囚われている方は、抜け出し方が分からないだけです。

切欠さえあれば、簡単に抜け出せます。


ですから、抜け出すための第一歩として、身近なことから自分を褒めていきましょう。

徐々にエフィカシーを上げていきましょう。


毎日100回は褒めていってください。


自分が当たり前に行っていることを意識して褒めていけばいいのです。

本当に何でもいいんですよ?


よく考えて一日を過ごしてみましょう。

100回なんてあっという間に達成できます。


目指せ1000回!!


毎日続けていってくださいね。

子ども、若者がやること

大人についてはある程度話しましたから、今度は子ども、若者向けに話しましょう。

といいますか、このブログの対象は若者ですから元に戻っただけですが。



セルフコーチングでやることについては大人も子どもも変わりません。


①理論を理解し、②ゴールをいくつも設定し、③アファメーションを唱え、④言葉を変え、⑤続けるだけです。


ですが、ここにもう一つ追加しましょう。


それは、『⑥大人の話を聞かない』ことです。



日本は潜在的に儒教国ですから、子どもに自分の言うことを聞かせたがる大人が多いです。

子どもが自分の考えた進路へ行かないと、癇癪を起こす大人もいるくらいですから。


こんな大人の話を聞いていては、子どもの人生がメチャクチャになります。


ただ、このような分かりやすい大人ならまだ良いのです。

話を聞かなければいいだけですから。



しかし、問題となる大人は”他にも”います。


……どんな大人だと思いますか?



本当に跳ね除けるべき大人は、”自分のことを心配してくれている大人”です。



「心配してくれているならいいじゃん」と思うかもしれませんが、相手は”何に対して”心配していると思いますか?


本当にあなたを心配しているのですか?



大人の心配を他の言葉に置き換えると、「信じていない」です。

あなた自身の選択を信じていないのです。


自分の話を聞いておけば食うに困らないとか、高い給料が貰えるとか、その程度の考えしかないのです。

今の日本なら、何処へ行っても食べていけますし生きていけます。


その力が子どもにはないと思い込んでいるのです。



大人が行っている心配とはこういうものです。


「先生や親は私を心配してくれているんだ」と思うかもしれませんが、100%子どものことだけを心配している大人などまずいません。


自分が安心したいから、あるいは立場や世間体を気にしているだけなのです。


ですが、このような大人は本気で子どものためだと思い込んでいるため、余計に性質が悪いのですよ。

子どもはその気持ちを汲んで、ゴールを断念してしまいますから。



誰の言葉に耳を傾けるのかは重要なことです。


『自分のゴールを認めてくれるのかそうでないのか』


これを基準としましょう。


いつまでも過去に縛られている大人の話を聞いてしまっては、ゴールへ向かうことができません。

何故なら、ゴールとは未来のものだからです。


未来のことは未知のことです。

過去に答えなどありません。


時間は未来から過去へと流れています。

明日は来ますが、昨日は二度とやって来ないのです。


当たり前のことを何故忘れているのでしょうか?


来るのは未来だけ、ゴールだけなのです。


ゴールへ向かいたいのなら、誰を信じるのかをよく考えてください。



少なくとも、私はあなたのゴールを信じています。

ブログで学び、実践していけば、ゴールへ向かっていけると”本気で”思っています。


そのためにブログを書いていますからね。


これが私の”心配”です。

私の心を配っているのです。


『ブログを読んだ全ての方が本当のゴールへ向かっていけますように』


以上です。

大人がやることは

最低三ヶ月はセルフコーチングを続けようと話していますが、「ポジティブになりたい」「元気になりたい」程度ならそんなに掛かりません。


現在の感情を変えたいだけなら直にできます。


そもそも、アファメーション自体がポジティブな言葉を使用するものですから、自然とポジティブになってしまうのです。


たしかに、始めの内は疑心暗鬼かもしれませんが、続けていけばポジティブな感情を感じることができます。


とにかく続けていってください。



大人がセルフコーチングを行うにあたり必要なことは、


①コーチングの理論を学ぶ

②現状外にゴールを設定する

③ゴールをいくつも作る

④アファメーションを最低でも朝晩の二回唱える

⑤言葉、癖、習慣を変えていく

⑥とにかく続ける


以上になります。



①は、ブログやオススメ書籍で学びましょう。

理由は以前話しました。



②ですが、現状外にゴールを設定してください。


大人は現状内にゴールを設定してしまいがちなのですが、現状内のゴール設定は逆に現状を強めることになります。


現状とは、このまま行けば達成できるであろう未来のことも含みます。


「今の企業で社長になる」というゴールは、現状内になってしまうのです。

社長になれるかは確立の問題ですが、何もしなくてもゴールを達成できるということですから、無意識は現状を維持しようとします。


ですから、現状外にゴールを設定しましょう。


例えば、年収を十倍にするとか、他企業の社長になるとかです。

目安は、『現在の自分では具体的なイメージができないもの』になります。


全てのゴールを現状外にする必要はありませんが、できるものはどんどん現状外にしていきましょう。



③は、『カテゴリ:ゴール』に書いてあります。

学んでください。



④ですが、朝晩は無意識に接続しやすい、脳がリラックスしている時間帯だからです。


セルフコーチングは、自分の無意識の働きを変えていくものです。

PCでいえば、OSを書き換えることと同じなのです。


この時、意識を介して無意識にアクセスするよりも、直接無意識へアクセスした方が無意識は変わりやすくなります。

直接OSをインストールするか、キーボードで一文字一文字打っていくかの違いです。


脳はリラックスしていると無意識に接続しやすくなりますから、脳がリラックスしている時間帯にアファメーションを行いましょう。


朝起きた時と、夜寝る前は行ってください。


もちろん、昼に何度行ってもいいのです。

ただし、全身をリラックスさせて、無意識にアクセスしやすい状態になりましょう。



⑤についても話してありますから、ブログ内を探してみてください。


ただし、まずは『言葉』を変えましょう。


これが一番重要です。



⑥ですが、続けなければコンフォートゾーンが元に戻ってしまうからです。


現状の生活を続けているわけですから、環境は変わっていないのです。


そのため、自我が変わり始めた状態で止めてしまうと、環境が要因となり以前の状態に戻ってしまいます。


ですから、最低でも三ヶ月は続けましょう。


習慣にしてしまえばこっちのものですからね。



大人は子どもよりも縛られているため、より意識してセルフコーチングを始める必要があります。


しかし、軌道に乗ってしまえば続けていくことが楽しくなります。


変わっていく実感も得られます。


変われない人などいません。


今までの自我が作られてきた仕組みを理解し、それを応用して新しい自我になるだけですから。


正しく理論を理解して、正しい方法で実行しましょう。


さあ、始めてください。


誰でも変わることはできますよ。

自分に起こっている反応を意識して

子どもと大人では自我の発達具合が違うため、大人には相応の知識が求められると話しましたが、無意識を変えていく方法は変わりません。


①ゴールを設定し、アファメーションを毎日行う。

②言葉、癖、習慣を変えていく


大まかに言うとこれだけになります。


ですが、これらを毎日行っていけるかどうかで効果が分かれるのです。


変わりたい方は、子どものように純粋に実践していってください。


そうすれば変われます。



もし、①、②を行っていて「どうせダメ……」「こんなの効かないよ……」と思ってしまう場合、『しっかり効いている!!』と考えましょう。


このようにネガティブに考えてしまうのは、現在の自我から変わりたくないために”無意識が起こしている反応”なのです。


①、②を行ったことにより、現状のコンフォートゾーンから出てしまったため、無意識が元に戻そうとしているのです。


ですが、”このまま続けていけば”コンフォートゾーンがゴール側に変わりますから、とにかく続けましょう。


途中で止めてしまうと、「やっぱり効かなかった……」ということになってしまいますから。



これを防ぐためにも、大人はコーチングを受けた方がいいのです。



コーチングは、だいたい一月ごとに行います。


大人の場合、一月ぐらいすると元の自我に戻ろうとするのですが、この段階でコーチングを受けると、どんどん変わって行けるのです。


コーチングは半年程度続けますから、半年もすると元の自我とは違う自我になっています。

半年経って元の自我のままなど、ゴール設定が間違っていない限りありえません。


さっさと変わりたい方にはコーチングをオススメします。



セルフコーチングはどうしても時間が掛かります。


コーチングでも半年は掛けるのです。

それ以上は掛かると思ってください。


最低でも三ヶ月は続けましょう。

三ヶ月もすれば習慣になりますから、続けないと逆に不安になります。


「それは長い」と考えてしまうようなら、考え方を変えましょう。


”たった三ヶ月”続けるだけで、現在の自我から変わっていけるのです。


これから何年、何十年ある人生のうち、たった三ヶ月続ければいいのです。

三ヶ月続けていけば幸せな人生を送れるのです。


そう考えると、楽勝ではありませんか?



以前も話したように、オススメ書籍とブログを駆使してセルフコーチングを行ってみましょう。


それで物足りないようなら、セルフコーチングプログラムを受けましょう。

PX2が子ども用、TPIEが大人用です。


それでも不安ならコーチに頼りましょう。

コーチがいれば、確実にゴールへ向かっていけますよ。



自我を変える方法はあります。


変わりたいのなら変われるのです。


いつまでもそのままでいいのですか?

今、幸せですか?


幸せを得たいと思っているのなら、イメージしてみてください。


『あなたはどのようなとき、幸せですか?』


そのイメージを、ゴールの一つにしてみましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR