完治と寛解

『完治』という言葉を勘違いしている方がいるので話しておきます。


病気になった方は、完治することを目的として病院へ行きます。


当たり前のことですよね。


良くなるために病院へ行くのです。

間違っても病気になるために行くのではありません。


さて、病院へ行って治療をする、薬を飲んで安静にする等をしていると、身体が良くなっていくと思います。

しばらくその生活を続けると、元の状態にまで回復するでしょう。


そのため、『良くなった=完治』と思い込んでしまう方がいるのです。


ある意味正しいのですが、完治というものは病状によって数年単位、長いと十年程経過を見て判断するものなのです。


白血病だったりガンだったりの場合です。

インターネットで検索してみればすぐに出てきます。


「病巣もない、検査しても値は正常」であるのに、完治とは言えない。

それが医学なのです。



ですが、私たちの感覚からすればおかしいと思いませんか?


腫瘍もなく、検査の結果も正常、とっても元気になってやりたいことをやっていても、医学的には完治と言えないのです。


なお、この状態は『寛解(かんかい)』と呼ばれています。

この寛解状態を経て、五年後、十年後にようかく完治と診断されます。


確かに、転移の危険性があるのは理解できるのですが、いつまでも病気を気にしているのはナンセンスです。


この状態では、病気の自分に無意識がロックオンしているため、そこから抜け出せなくなってしまうからです。



例えば、ダイエットをして体重が減ったのに、「また太るんじゃないか……」と毎日気にしているようなものです。

理想に近い身体を手に入れたのに、意識は太っている自分にロックオンしているのです。


そうすると何が起こるのか?


この場合、無意識が元の自分にロックオンしているため、結果的に太ってしまうということが起こります。

考えられることとしては、ストレスによって過食をしてしまう、食生活が乱れる等が挙げられます。


無意識を何処にロックオンするかによって、結果が変わってしまうのです。



ですから、本来病気など忘れてしまうくらいが丁度良いのです。


やりたいことをやって、毎日元気に過ごして、「あ!昨日検査の日だった!」くらいが良いのです。


私のヒーリングやコーチングでは、寛解状態を目指しています。

と言いますか、いくら身体が良くなろうとも、ガンなどの場合は数年先でなければ完治とは診断されません。


そのため、「完治するまでお願いします」などと言われても困ってしまうのです。

コーチングの場合、長くても半年くらいですから。



ここ数年で、若者のガンに対する報道が増えました。


生活習慣だったり、遺伝的なものが原因でしょう。

原発や電磁波も原因として挙げられます。


また、新しい通信規格として『5G』が導入されようとしています。


ちなみに、5Gとは「第五世代移動通信規格」のことで、現在の第四世代よりも100倍の通信速度を理論的には実現するものです。


周波数帯で言えば、第四世代がせいぜい6GHz(これでも十分強力ですが)だったのに対し、第五世代は30GHz~100GHzというおかしな値になっています。

簡単に言うと、超強力な電磁波に一日中曝されるということです。



実際問題として、海外では5G導入中止の活動が盛んになっています。

海外では既に5Gが導入されつつありますが、5Gのアンテナが彼方此方にできたことにより体調を崩しているそうです。


また、アメリカ(米国国家毒性プログラム)とイタリア(ラマツィーニ研究所)の研究では、「携帯基地局からの電磁波放射には、完全に発ガン性がある」という報告がされています。


この報告は5G導入前の話ですから、5Gが導入されれば今以上に強力な電磁波に曝されることになります。


5G導入にあたり、その特性上アンテナを大量に設置する必要がありますから、アンテナ周り、基地局周りは超強力な電磁波でいっぱいです。


よって、今以上にガン患者が増えるでしょう。



これはあくまで電磁波の話ですが、他にもガンの原因は大量にあります。

ちなみに、WHOはガンの原因となる116もの要因を公式に発表しています。


その原因を排除しつつ、私たちは生きていかなければならないのです。


難しいと思いますか?



私は簡単だと思います。


世間で言われているガンの原因を排除しつつ、自分が元気になるように行動していけばいいだけですからね。


今は誰でもインターネット検索ができますから、自分で調べていけば良いのです。

調べていけば、何となく分かるようになります。


あとは体感していきましょう。

毎日自分の身体を意識してみてください。



症状が出ているということは、必ず原因があります。

ひたすらに考えましょう。


自分で考えることが大切です。

自分の身体ですからね。


一生付き合っていくものなのです。

自分で考えてあげてください。



ゴールへ向かうことが元気になる秘訣です。


現在病気であっても、ゴールを設定し、実践していけば元気になれます。

体感しないと分からないと思いますが……


あなたのゴールは何ですか?


先日話したゴール設定の方法を読み返して考えてみましょう。


まずはゴール設定です。

とにかく時間を作って考えてください。


ゴールがなければコーチングではありません。

コーチングを実践するのならゴール設定は確実に。


もし分からなければ、各カテゴリを読み返してくださいね。

ゴール設定のポイント

ゴール設定の話を今一度します。


ここがしっかりできていないと、コーチングの効果を十全に発揮できませんからね。


ゴール設定をする際のポイントは以下の通りです。


①現状外に設定する

②何種類も作る

③コーチ以外には絶対に話さない



まず①ですが、現状内にゴールを設定してしまうと無意識が働かないからです。


コーチングは『無意識の働きを上手に使ってゴールへ向かっていく方法論』ですから、無意識が働いてくれないと話になりません。


よく考えてみてください。


現状内にゴールがあるということは、今の自分から変わらなくてもゴールを達成できるということです。

目の前にゴールがあるのですから、いつでも達成できると思ってしまうのです。


例えば、住んでいる近くに観光名所があったとしても、今すぐ行きたいとは思わないでしょう?

むしろ、「いつでも行けるからいいや」くらいに考えていませんか?


ゴールが自分の近くにあると、ゴールへ向かっていく意欲がなくなってしまうのです。


そのため、ゴールが達成できそうになったら、新たなゴールを設定するのがコーチングです。

ゴールを現状外に設定しなければ、ゴールが真の効果を発揮することができませんからね。



なお、現状外のゴールとは、現時点で具体的なイメージができないものになります。


例えば、目の前に一億円があったとして、その具体的な使用法が思い浮かびますか?

あるいは、目の前に千円があったとして、その具体的な使用法が思い浮かびますか?


使いきることを前提に考えてみてください。



ほとんどの方が、千円は使いきれても一億円は使いきれないでしょう。


これが、現状か現状外かの差です。


お金でなくとも、友人だったり、家族だったり、仕事だったり、住む場所だったりと色々とあります。


ゴール設定をする際は、具体的なイメージができないくらいにまでゴールのイメージを膨らませてください。


例えば、現在の年収が五百万円だったら、その十倍の五千万円をゴールに設定するということです。


別に十倍でなくとも、五倍でも七倍でもかまいません。


とにかく、現在の自分では”何となくしかイメージできない”くらいまでゴールを膨らませるのです。


それが現状外のゴールになりますから。



何となくしかイメージできないゴールでも、コーチングの効果はしっかりと出ますから安心してください。


そのため、ぶっ飛んだゴールや笑ってしまうゴールを作成してもよいのです。


むしろ、その方がゴールへ向かう意欲は高まります。


輪ゴムを引っ張り合うと、引っ張った距離が長いほど戻る力も強くなります。

それと同じことが無意識でも起こるのです。


常識的なゴールに拘る必要はありませんよ。



②ですが、ゴール設定をする意味を考えてみれば分かります。


そもそも、何故ゴールを設定するのでしょうか?


これからの人生をより謳歌したいからではありませんか?

幸せになりたいからではありませんか?


ですから、ゴールをいくつも作るのです。

一つのゴールよりも十個くらいゴールがあった方が、単純計算で十倍は幸せになれますからね。



また、一つのゴールしかない場合、そのゴール以外が盲点になってしまい、どうでもよくなってしまうからです。


例えば、仕事にしかゴールがない場合、健康や家族、社会貢献などはどうなるでしょうか?


ゴールが仕事にしかないのですから、仕事関係以外は盲点になります。

つまり、家族を蔑ろにしたり、自分の健康に無頓着になったりしてしまうのです。


無意識は並列処理が大得意ですから、ゴールが十や二十増えた程度ではどうってことありません。

百でも問題ありません。


最低でも六種類くらい、欲を言えば十種類くらいは考えましょう。


家族、教育、学習、仕事、お金、人間関係、将来、健康、メンタルヘルス、社会貢献、趣味、老後など、色々な分野を作ってみてください。



③ですが、ゴールを秘密にしないと否定されるからです。


ゴールを否定されるとエフィカシー(自己評価)が下がります。


エフィカシーはゴール達成する上で絶対に必要なものです。

私たちに酸素が必要であるのと同レベルで必要なものです。


ですから、それを避けるためにもゴールは秘密にしてください。


話してもよいのは、無意識の働きを理解しているコーチだけですよ。



以上、ざっくりと説明しましたが、ゴール設定をするだけではゴールへ向かえません。


そのゴールを無意識に定着させる必要があるからです。


その方法がアファメーションになりますから、ブログやオススメ書籍でよく学んでください。


アファメーションでなくとも無意識に定着させる方法はあるのですが、原理は同じです。


『イメージに強烈な臨場感を持つ』


これができれば定着します。

言葉すら不要です。


もっとも、はじめからできるものではありませんから、まずはアファメーションから始めてみましょう。



アファメーションやエフィカシーを上げる方法を毎日続けていけば、いつの間にか自分が変わっています。


いつの間にかゴールへと進んでいます。


体感しないと分からないものですが、人は本当に変わるのです。


自分だけの人生を歩みたいのなら、自分で考えたゴールへ向かっていってください。


他者の意見などに耳を傾ける必要はありません。


自分で考え、自分で向かっていくことが何よりも大切ですからね。


まずは、自分で考えることから始めましょう。


自分で考える癖をつけていってください。

来月から

以前も話したように、拠点を長野から移します。

再び東京で活動することにしました。


ただ東京には拘らず、彼方此方行こうとも思っています。

東京は便利ではありますが、私の好きな自然があまりにも少ないですからね。


そう考えると、北海道か海外にでも行った方がいいのですが、私を必要としている方がいますから現時点では止めておきます。


今でさえ、わざわざ長野まで来てくれています。

大人ならともかく、子どもには酷でしょう。


来月には引っ越す予定ですが、場所はまだ決めていません。


いくつか候補はあるのですが、都心へのアクセスが可能なら何処でもいいと考えています。


東京か神奈川か埼玉か千葉か……まあ、適当な場所を選びます。


もし、「此処が良いよ」という方がいましたら、メールで教えてください。

返信はしませんが、候補には入れますから。



人生に遅すぎるということはありません。

自分の好きなことをしていけばいいのです。


決断するのは自分です。

自分に自信を持って行動していってください。


これは、エフィカシーが高くなれば自然とできることです。


そのためにも、まずはエフィカシーを上げていきましょう。


ブログを読み返していけば、その方法が分かるようになりますよ。

気功を習うのなら

「気功を習いたいんだけど、どんな気功でもいいの?」という方がいたのですが、そもそも気功の流派は大量にあります。

本場中国では、少なくとも1千以上あるそうです。


その中から自分にあったものを探そうとしても、自分にあったものがどれか分からないという状態に直面するでしょう。


と言いますか、気功の大本を理解していると、何故これほどまでに大量の流派があるのかが理解できます。



気功とは、つまるところ『情報のやりとり』です。


例えば、病人や怪我人に対して気を送る場合を考えてみましょう。


気功師は、病人や怪我人に対して「治れ!!」「良くなれ!」といった気を送ります。

それが相手に伝わり、元気になってしまうのです。


本当に大雑把ですが、気功とはこういうものです。

自分の情報を相手に伝えているのです。



重要なことは、”自分の心の中の情報”を伝えている点です。



心とは、一人ひとり違います。


見ているもの感じているものは、たとえ一卵性双生児であっても違います。


それが心です。


「何を当たり前なことを……」と思っているかもしれませんが、これが本当に重要です。



気功とは、”自分の心”の情報を相手に伝える術なのですから、”気を扱う人によって”送る情報や術が変わってきます。


これが大量の流派が発生した理由です。


人の心は一人ひとり違うのですから、気功の流派など実質無限大に増え続けてしまうのです。



ですから、あなたが気功を信じられたのなら、『あなた式の気功』という看板を立ててもいいのです。


実際にはたくさん学ぶことがあるのですが、気功の本質はここです。


自分の気(情報)を送るのですから、誰にも真似はできません。

バックグラウンドも性格も何もかも違うからですね。



話を戻しますが、気功を学びたいのならまずはこのブログから学んでください。

私も多少なりと話していますから。


その後、最寄りの気功師に気をかけてもらうといいでしょう。


気は体感がものを言いますから、言葉で説明されても理解しきれません。

ですから、ブログである程度学んでから体感してください。


別にブログでなくとも、気功師が出している書籍を10冊程度読んでから気功院に行ってみるでもいいのです。


学ぶというのなら、最低でも同じ分野の書籍を数冊以上は読んでください。


これくらいしないと、新しい認識(ゲシュタルト)が作られないからです。



以前も話しましたが、ゲシュタルトが作られないとその運用方法が分からなくなります。


例えば、四則演算ができないのに数学のテストを受けるようなものです。

例えば、アクセル、ブレーキがどれか分からないのに車の運転をするようなものです。


ある程度中身を理解していないと、それを用いることができないのです。


これは気功も同じです。


頭で理解することは頭で理解しましょう。


まあ、気功は”体感がメイン”ですから、東洋医学を全て学ばなくてもいいのですが。



私がブログで話している気功なら、誰にでも可能です。


触り程度に感じるかもしれませんが、私が話していることは基礎的なことです。


しかし、極めれば奥義になってしまうものです。



気功とは、情報を自由自在に扱う術ですから、瞑想も気功と言えます。

瞑想は、心の中の情報を自由に扱うものですからね。


瞑想で分からなければ、イメージ力とでも言いましょうか。


五感で感じるくらいの臨場感を持ったイメージができれば、気功も上達していきます。


瞑想についても私は話していますから、それも参考にしてみてください。



気功とは、毎日コツコツと実践していくものです。

一時的に実践すれば終わりというものではありません。


一日5分、10分でもいいので、毎日続けていきましょう。

とにかく続けることが大切なのです。


毎日良い気を創り出していってください。


そうすれば、どんどん気の扱いが上手になっていきますよ。

日々感謝を

以前、人の身体には大量の腸内細菌がいると話したと思います。

数百兆もの腸内細菌が私たちの意思にまで影響を及ぼすとも。


人の細胞は約60兆個ですから、それ以上の個体がたった数メートルの腸内に生息しているということですね。


しかも、糞便の約半分は腸内細菌やその死骸です。


つまり、私たちの腸内ではもの凄いスピードで細菌が入れ替わっているのです。


ここまではよろしいでしょうか?



さて、これは私が考えていることなのですが、腸内細菌が私たちの意志にまで影響を及ぼせるのなら、その逆もあるということです。


意識・無意識の関係性と似ていますね。

これは一方通行の道路を例えに出しました。


そして、一方通行の道路であっても”道は道”です。

前に進むことも、後ろに進むことも可能だということです。


つまり、意思が伝わるのなら『相互に伝えあえる』ということなのです。



例えば、自分が嬉しいことをされたら感謝の言葉を述べますよね?

そうすると、感謝した側も感謝された側も嬉しくなります。


他にも、ポジティブな言葉を使っていれば、自分も相手もポジティブになります。

自分が笑っていれば、相手も笑顔になります。


人に限らず、生命は伝える力を持っているのです。

そうでなければ気功などできません。



つまり、腸内細菌に対しても私たちの意志を伝えることは可能なのですよ。

腸内細菌に対して良い影響を与えることも可能なのです。


そうなれば、私たちに悪影響を与える菌は少なくなり、良い影響を与える菌が増えていきます。


数百兆もの菌がいるのですから、当然突然変異も起こります。

良い影響を与える菌が増えていると思えば、良い影響を与える菌が増えていくのです。



「そんなバカな」と思うでしょうか?


しかし、気功などの情報を相手に伝える術を実践していると、これは確信できます。


といいますか、確信できないと気功の効果を出せません。


これは体感がものを言うものですから、そういうものだと思っておきましょう。



毎日腸内細菌に感謝し、労わっていけば体調もよくなっていきます。

人の健康は腸内細菌と共にありますし、腸内細菌がいることで私たちはアレルギーなどを抑制しています。


ヨーグルトや整腸剤もいいのですが、そればかりに頼るのではなく、まずは感謝することから始めてください。


求めるのなら、まずは与えることから始めましょう。


これだけでも花粉症などの症状が緩和しますよ。



毎日感謝するということですが、これは日常生活でも当てはまります。


繰り返していけば、感謝というものがどれほど凄まじい影響を与えるのかが体感できます。


難しく考えず、こう考えてみてください。


いつもニコニコしている人の近くにいれば安心しませんか?

逆に、いつもしかめっ面をしている人の近くにいると嫌な気分になりませんか?


簡単に言えば、感謝をするとポジティブになるのです。

ですから、毎日感謝していれば自然とポジティブになりますよ。



あなたは毎日、どれだけの感謝を送っていますか?


あなたが相手に感謝をすれば、あなたも相手も満たされます。


何か特別なことをする必要もなく、言葉一つで相手を満たすことができるのです。


それが感謝というものです。



自分が満たされたいと思うのなら、まずはあなたが誰かを満たしてあげてください。


それが巡りめぐって自分にやってきます。


そして、相手を満たすということは結構簡単にできるのです。


何かしてもらったら本気で感謝を述べる。

そうすれば、それが相手に伝わります。


実践するなら本気でしてください。


人でもモノでも動物でも変わりません。

無機物だろうと、そこに情報を付随させることは可能なのです。


体感すれば分かりますよ。



体調を良くしたいのなら、腸内細菌だけではなく、毎日食べている食事や身体についても感謝していってください。


身体に入れるもの全てに感謝していってください。


それも本気で。


そうすれば、どんどん良くなっていきますよ。


毎日100回でも1000回でも感謝していってくださいね。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR