• 厄達が激怒している理由、お金の話、呪いの話、質問程度で呪われたりはしません
    厄達が激怒している理由について話しておきます。どうしてこうなったのか経緯が分からないと、呪いにしか目が行かないと思いますし、虚無感に囚われて変わっていこうとすら思えないでしょうから。まず厄達が怒り狂っている理由ですが、私がこの短期間で何度も命の危険にさらされたからです。私自身は自分の命に対しての執着がそれほどないのですが、厄達はそうではありません。自分を癒してくれる、助けてくれる存在を害されたため...
  • 最終警告
    厄にとって世界の管理者も民衆も大差ないと話しましたが、厄は元生命ですから人間の区別がそれほどつきません。慈悲がない人間は黒く染まっているため、どれも変わらないのです。例えば、人間にネズミの区別がつきますか?虫の区別がつきますか?厄にとって人間はその程度の認識です。私達が誘導してあげれば特定の人物まで辿り着きますが、それをする意味はありません。慈悲なきものは等しく苦しむだけですから。また、病気で苦し...
  • 私や厄、マナについて、慈悲の人になるために
    以前から「私達はサタンと滅ぼした」と話していますから、私にそんな力があるのかと思うかもしれませんが、厄やマナが私のために動いてくれているのです。私はお願いする立場ですから、私に絶対的な権力があるわけではありません。むしろ、たかだか人間一人にそんな権力があったらおかしいでしょう。相手は世界そのものですからね。私が生命の浄化をしているから力を貸してくれているのです。もし私が私利私欲に走ったら、見限るど...
  • 近くにある幼稚園がハロウィンを祝っていたので急遽話します
    10月31日はハロウィンですが、ハロウィンは悪魔崇拝の行事ですから子どもが大切なら止めてください。「規制規制でお祭りがなかったから楽しみたい」という気持ちは分からないでもないですが、自分の子どもを生贄にしたいのですか?ハロウィンにはそのような意味もあるのですが。近くにある幼稚園がハロウィンを祝っていたので「話した方が良いか」と思った次第です。どうやら大人は、自分の可愛い子を悪魔の生贄にしたいようで...
  • コーチとしても倫理的にもどうなのかという言葉が大量に出てきます
    今回の話は『情動をかなり優位』にしました。そのため、コーチとしても倫理的にもどうなのかという言葉が大量に出てきますから、子どもは見ない方が良いかもしれません。世の中の大人がどれだけ愚かなのか理解して憤慨すると思いますから。悟りだなんだと言っていますが、情動を優位にすると私も普通の人間と同じようになります。もちろん、悟ることで情動と論理の切り替えは自由にできるのですが。それに、情動優位の方が他人事に...

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます

なお、コーチングやヒーリングの依頼、学習はこちらから

生まれ変わるために

ヒーリング保管庫
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました