ヨーガとの違い

瞑想と聞くとヨーガの行者を思い浮かべる方が多いようですが、ヨーガで何をしているのか考えたことはありますか?


瞑想には色々な種類がありますが、ヨーガは”五感”から入る瞑想法です。

物理的な肉体を介して自身を理解していく、そして解脱をしていくというものです。


解脱とはバラモン教(現在のヒンドゥー教)の概念で、輪廻転生から抜け出すことを意味します。


バラモン教では出生によって身分が決まります。

そして、徳を積めば次代の階級は上がり、悪をなせば次代の階級は下がるとされています。


『永遠に輪廻から離れられない』という教えなのです。


しかし、解脱をすればその輪廻から抜け出し、魂の安らぎを得ることが可能です。


そのために色々な解脱法(瞑想法)を試しているのがヨーガの行者なのです。

その瞑想法で解脱ができるかは死ななければ分かりませんが、それでも続けていくのがヨーガの行者です。


このような宗教的なバックグラウンドがあることを理解しましょう。



私は輪廻転生など信じていませんが、ヨーガの行者が生涯を掛けて取り組んでいることは尊敬しています。


すごい行者だと心臓を止め続けることも可能ですし、ヒマラヤの奥地でも布一枚で過ごし、食料もほとんど食べません。

本当かどうかは分かりませんが、150歳以上の生きている方もいるそうです。


それくらい身体を自由自在にコントロールできるのです。

凄まじいの一言でしょう。



ヨーガでは徹底的に五感を介して瞑想を行います。

ですからここまでのことが可能なのですが、私が話している瞑想とは少し違います。


私の話す瞑想とは、『情報世界に対して臨場感を感じること』です。

イメージの世界や心の世界と言った方が分かりやすいでしょうね。


そして、情報世界に対して臨場感を感じるということは、物理世界の臨場感を下げなければなりません。

走ったり運動をしている状態で、数学のテストができないのと同じです。


五感とは物理世界のものです。


肉体を介するということは、わざわざ物理世界の臨場感を上げる行為なのです。


ですから、ヨーガは私の話す瞑想とは違います。


もっとも、瞑想をするために下地作りとしては最適だと思います。

集中するための呼吸法や、長時間の瞑想に耐えられる身体を作るためには丁度いいですからね。



瞑想とは、あるイメージに対して徹底的に臨場感を感じることです。

”物理世界はどうでもいい”のです。


病気を治すという場合も同じです。

病気の身体はどうでもいいのですよ。


むしろ病気になっているということは、物理世界に強烈な臨場感があるということです。


物理世界は、通常状態でも五感から入ってくる情報に常に曝されているのですから、物理世界の影響は強いのです。


それをひっくり返すためにも、物理世界の臨場感を下げ、情報世界の臨場感を上げる作業が必要です。


情報世界に臨場感を感じ、そしてそれが無意識レベルで正しいと思うと病気は勝手に治ります。

しかし、そこに物理世界の臨場感が入ってしまうと、情報世界の臨場感が薄れてしまいます。


ですから、病気だと忘れるくらいが丁度いいのです。



人は無意識の働きにより生きています。

身体を維持していけるのも無意識のお陰です。


無意識というソフトウェアのお陰なのです。


そのソフトウェアを書き換える作業が、”情報世界に臨場感を感じること”なのです。

「元気だ!」という情報に臨場感を感じれば、無意識が書き変わります。


結果、無意識は身体を元気にしようと働き出します。

体温を上げたり、細胞分裂を活性化させたり、解毒したり、成長ホルモンを出したり、免疫力を上げたり色々とします


機械は自己修復できませんが、生命は自己修復が可能です。

それを可能にしているのが、無意識というソフトウェアなのです。


ソフトウェアが変われば身体も勝手に変わります。

生命はナノマシンの群体のようなものですから。


なお、意識していることも”全て”無意識からの指令でしかありません。

自分を変えたいのなら、無意識を変えるしかないのです。



瞑想は”体感が全て”ですから、言葉で如何こう言えません。


ヨガスクールなど通わなくても瞑想は可能ですから、自分自身で実践してみてください。


ブログでも話しているように、リラックスしてから行えば段々と瞑想の強度は上がっていきます。

情報に対して臨場感を感じるということが分かってきます。


毎日10分でもいいので続けていきましょう。


続ければ上達していきますよ。

日本人の思考力

日本人の思考力について話します。


と言うのも、日本人は一つのことしか考えられない方が多いのです。


これは日本の教育の所為ですから、誰が悪いというわけではありません。

あえて言えば日本政府でしょうか。


例えば日本では、小学生の内から『2+4=□』『5+7=□』のような問題で教育されます。

『答えは一つしかない』と教育されるのです。


逆に海外では、『○+△=12』『□-◇=2』のような”考えさせる問題”が多いです。

『答えはいくつもある』と教育されるのです。



このような教育を受けてきた大人は想像以上に酷いです。

大人が政治について話していても、たった一つの問題しか考えられないのですから。


特に国防など、各国の思惑が混在しています。

その中で、諸外国のことを考えつつ、自国の権利や利益を獲得していかなければならないのです。


それを「ムカつくから」などの感情論や、自分のことしか考えていない意見を振りかざすのです。


「真実はいつも一つ」などは某探偵マンガのセリフですが、あれはウソです。

あれはあくまでトリックの話であって、思惑など大量にあります。


思考を一つに絞ってしまうと、それ以外のことが盲点になってしまいます。


他のことが考えられなくなってしまうのです。


考えられる大人を教育してこなかった政府が原因ですから、今の日本がボロボロなのは自業自得でしょう。



一つのことしか考えられないと盲点が増えます。


例えば、目の前のスマートフォンを見ていたら、ベッドやイスの感触や周りの音、匂い、呼吸など気にしないでしょう?


一つのことだけを見ると集中はできるのですが、弊害として他のことが見えなくなります。


ですから、いくつも見ていきましょう。

いくつも考えられるようになりましょう。



これはゴールにも通ずるものです。

ゴールも8種類とか考えますからね。


ゴールは人生をより良くしていくために設定するものです。

自分のやりたいことなのです。


何種類もやりたいことがあれば、それだけ人生は豊かになります。

逆に一種類だけしかない場合、他のことが蔑ろになってしまいます。


本人がそれで幸せならいいのですが、その結果、家族や健康などをなくしてしまうのです。


ゴールなら、『家族、健康、メンタルヘルス、収入、趣味、職業、未来、学習、友人、社会貢献、人間関係』などでしょう。

他にも色々な種類を作ってみてください。



なお、ゴールの種類について補足しておきます。

収入と趣味と職業の違いです。


収入は、株、為替、アルバイト、アフィリエイト、仕事など、”お金を稼ぐ全て”のことです。

趣味は、”自分だけ”のためになるもの、自分だけが楽しめるものです。

職業は、”他者のため”にもなることであり、社会貢献とも被っています。


趣味が転じて職業や収入になることもありますが、このような区分けです。


日本人は、仕事は職業と収入を合わせたものだと思っていますが、そんなことはありません。

別々に考えましょう。


そうすれば、選択の幅が広がります。

自ら選択肢を狭めることはないのです。


収入と趣味と職業を同時に仕事にしてしまうと、やりたいことができずに苦しい思いをしてしまう可能性もあります。


仕事を変えたことにより、収入が減少したなどの問題も起こります。

この場合、家族の抽象度が高くなければ軋轢が生まれてしまいます。


ですから、今の仕事を収入として続けつつ、他の職業をしていけばいいのです。

最終的に仕事を辞める必要があるかもしれませんが、それは今でなくてもいいのです。


その辺りは自分で考えましょう。



一つのことだけに思考を割くと、他が盲点になります。

ですから、いくつも考えていくようにしましょう。


これは訓練次第で誰でもできるようになります。


日頃から、”考える癖”をつけるようにすればいいだけなのです。

何か問題があったとしたら、その問題について”いくつも考察”してみるのです。


例えば、地球温暖化は二酸化炭素が問題に取り上げられますが、それ以外にも原因を考えるのです。


樹木の減少が原因とか、太陽活動の影響とか、ただの情報操作とかです。

永久凍土が溶けた影響とか、車や工場の排気ガスが原因とか、人間が多すぎるとかです。


色々な原因を考えるのです。



一つのことしか考えられないと簡単に洗脳されます。

たとえ一つしか答えがないように”見えても”、いくつも考えられるようになりましょう。


”情報の裏”を読めるようになりましょう。


インターネットの普及にしたがって、出所のよく分からない情報が多数あります。

まあ、公共機関が出している情報にも偽りがありますから何とも言えませんが……


それらを見破るためには、どうしても”思考力”が必要です。

自分で考え抜く頭を持つことが必須です。


誰かの言うことを鵜呑みにするのではなく、もっと自分で考えましょう。


それが騙されない方法です。


新聞やインターネットの情報の裏を読む癖をつけていってください。


そうすれば、いつの間にかいくつも考えられるようになりますよ。

湖面に写る富士

スマートフォンのカメラが高性能ですから、一眼レフはもう必要ないかもしれません。

もっとも、センサーやレンズの関係上、星の写真や望遠での写真は難しいですが。


カメラはレンズが全てですから、一眼レフは型落ちでも十分です。

試したい方は参考にしてみてください。

レンタルもありますから。


自然の中にいると抽象度は上がります。

自然を感じていると瞑想もやりやすくなります。


是非、自分にあった瞑想法を探してみてください。


fuji

※撮影場所:本栖湖

気功の限界

ペットに対する気功について話しますが、これはペットに限らず生命体全てに適応されます。


まず、寿命が来ている生物に対して延命治療を施さないでください。

例えば、食事をしないからムリヤリ食べさせるなどです。


日本の介護でも胃ろうが問題になりました。

ムリヤリ食べさせることは虐待なのです。


これは”飼い主の煩悩”であって、臥している生物は自分の終わりを察知しています。

そこで延命をしてしまうと、”余計に”苦しませることになります。


それを理解してください。



例えば、ガンは寿命によっても発生します。


ガンとは遺伝情報にバグが入り、そのまま異常増殖している状態です。

長年細胞増殖を繰り返していると、その分遺伝子にバグも入りやすくなるのです。


ですから、寿命が来ている生物はガンになることがあります。



ここで本題です。


ガンを気功でなくそうとしても、寿命が来ている生物はそのまま亡くなることがあります。

元々寿命が来ている生物に対しては、気功をしても効果が薄いのです。


楽にしてあげる程度しかできないのです。


ガンに限らず他の疾患でも同じです。


気功で”元々の寿命”を延ばすことはできないのです。


子どもがガンになったのなら治りますが、寿命が来ている生物にはどんな治療も無意味です。



気功はエネルギーだと説明しましたよね?


例えば、エネルギーを電気とした場合、テレビが壊れていたらスイッチを入れても動きません。

例えば、電球が切れていたら、スイッチを入れても電気はつきません。


気が万能なものだと思っている方がいますが、物理法則に縛られます。

寿命を延ばすということは、無い腕を生やすことと同じなのです。



たしかに、寿命は固体レベルでは数年程の差が出ます。


自分のペットが寿命かどうか分からないという意見も分かるのですが、せめて寿命が近い生物に余計な治療をしないでください。


気を送ってみると、寿命が来ている生物は感覚が違うのです。

特に対面の気功では顕著ですし、これは感覚的なものですから言葉にできません。


気功とは、生命力を活性化するものです。

無を有にするものではないのです。



ペットを楽にしてあげたかったら、寄り添ってあげてください。

心を安らかにして傍にいてあげてください。


「目の前に死にそうなペットがいるのに心を落ち着かせることなんてできない!」と思うかもしれませんが、頑張りましょう。



生あるものはいずれ死にます。


あなたも、あなたの家族も、あなたのペットもいずれ死にます。


誰であろうと絶対に死にます。


何処へ逃げても、何をしても、完全完璧に死にます。


死は逃れられないものなのです。



ですから、自分のペットにも終わりが近づいてきたと悟ってください。


悲しんだりしてもいいですが、それは全てが終わってからにしましょう。

いなくなることは悲しいですが、ペットを想うのならそれは後にするのです。


自分と一緒にいてくれたことに感謝し、日々を大切に生きてください。


あなたが毎日笑顔で接してあげれば、ペットは安心します。

ペットの前で悲しみ続けてしまえば、それがペットにも伝わり、余計な負担を掛けることになります。


あなたはどちらを取りますか?



分からない方は、ペットではなく寿命が来ているパートナーがいると考えてみてください。


そのパートナーの前で泣きはらしていては、パートナーを不安にさせてしまいます。

空元気になるというわけではありませんが、悲しむことはほどほどにして、パートナーとの日々を大切にしてください。


何となくイメージできましたか?


ペットがいなくなりそうで悲しいと思うのなら、せめて家の外で泣いてください。

家の中では感謝の心を常に持ちましょう。


これなら実践できると思います。



気功が万能ならどんなによかったかと私も思うことがあるのですが、万能なものはありません。


元々持っている力を解放することしかできないのです。


それを理解して私に連絡してください。


寿命が来ていても私は気功を施しますが、覚悟はしておくように。


それも依頼するときの条件に加えておきましょう。



ペットが一番傍にいたいと思うのは家族です。


あなたなのです。


あなたがしっかりしなさい。


それがペットのためですよ。

酒と煙草

健康の話をします。


子どもは大人になれば酒や煙草を嗜むことができるようになりますが、頭のいい子ならそんなことはしません。


酒や煙草の有害性は知られています。


ビールを一杯飲んだだけで脳細胞が死滅しますし、煙草には大量の化学物質が含まれています。


アルコールは脳をマヒさせIQを下げますから、トラブルの元になります。

タールはガンの元であり、ニコチンは依存症を誘発させます。


気持ちよくはなれますが、リスクの方が圧倒的に多いのです。



映画やテレビなどの広告によって洗脳された人は、酒や煙草を続けます。

また、ストレスの捌け口としてそれらを求める人もいます。


ですが、それらでストレス発散など大人としてどうなのでしょうか?

少なくとも、子どもが見習うべき大人ではないでしょう。


このような親がいると、子どもからの信頼はなくなっていきます。


「酒や煙草は身体に悪い」と子どもに言っているのに、大人はそれを実践しているからです。

「親は自分だけはよくて、子どもには駄目と言う人間だ」と思われてしまうのです。


信頼される大人を目指すなら、酒や煙草は断つべきでしょう。


もし楽しみたいのなら、せめて子どもがいないときに嗜んでください。



なお、煙草を楽しみたいのならじっくり吸うことができる葉巻を勧めます。


大きいものは一時間半以上持ちますし、ニコチンの量も多いですから、ハッピーになりたいのなら葉巻がお勧めです。


また、紙煙草のように人工ニコチンが使われていないため依存性も低く、手軽に楽しむことができます。



酒はアルコール濃度や味によって好みが分かれるため何とも言えませんが、数百円で買えるものよりも数千円か数万円は出しましょう。


その方が味もいいですし、じっくり飲むはずです。


酒を造るには何年もかかるのです。

それを感じながら嗜みましょう。


まあ、ビールが好きという人もいるため、あくまで一例ですが。



酒や煙草を嗜みたいのなら、数ヶ月に一回とかの方が満足感は強いです。


人は毎日続けていると、それについて考えることを止めてしまいます。

脳が慣れてしまうため、その刺激に対して満足しなくなるのです。


結果、用量が増えてしまいます。



例えば、毎日紙煙草を一箱吸う人がいたとしたら、一月で30箱、約12000円の出費です。

ですが、12000円もあれば高級葉巻が数本買えます。


どちらが満足できると思いますか?


なお、実際に吸ってみれば分かりますが、葉巻は何本も吸えません。

一月一本なら、良い物でも3000円程度で足ります。


どちらがお得でしょうか?



酒や煙草は健康に悪いと私も話していますが、昔は私も酒や煙草を嗜んでいました。

今はそれらを必要としていないため、今思うと何をやっていたんだと思うのですが、これも良い経験です。


折角経験するのなら良い物を経験しましょう。


なくても問題ないですが、経験したいのならすればいいのです。

「大人ってこんなものなんだ」と分かると思いますよ。



基本的に、年齢制限があるものは身体に悪いです。

しかも、大人よりも子どもの方が影響が強いです。


ですから、それらのリスクをしっかり理解して嗜んでください。


酒や煙草は基本的に毒です。


多少なら良いと思うかもしれませんが、酒など一口だけでも細胞がダメージを受けます。


発達途中の身体にそれらを入れてしまったら、どうなるでしょうか?



大人の真似はほどほどにしましょう。


少なくとも、大人に見えるからといって酒や煙草に走るのは違います。


出来る大人はそんなものに走りません。


それらをきちんとコントロールできる大人になりましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR