簡単な筋トレ法を探す前に

先日説明した筋トレ法以外に簡単な筋トレ法はあるのかと聞かれると微妙です。


あるにはあるのですが瞑想の達人でもない限り難しいです。


身体的には簡単なのですが、精神的な負担が大きいのです。

これでは逆に難易度が増えてしまいます。


慣れた方でないとムリでしょう。



あまり簡単な方法ばかり探すのではなく、まずはゴールを作成してください。


何故かというと、続かないからです。



ヒトはコンフォートゾーンを維持する生き物です。


つまり、今の体型や体調、生活習慣などが無意識的には心地良いので維持してしまうのです。



太っていようが痩せていようが無意識には関係ありません。


現状を維持するのです。



そして、そのコンフォートゾーンを動かすためにもまずはゴールが必要です。


それも、現状からかけ離れた状態です。



私は、体重に拘るより見た目に拘った方がいいと思っています。


筋肉がついてくると体重が増えるからです。


ですが、その分見た目は良くなるので問題ないでしょう。



現状から離れたゴールを作成し、アファメーションを作成しましょう。


そして、それを毎日唱えつつ、筋トレを平行しましょう。


ブログを読めば方法等が分かります。


変わりたい方はこれくらいは朝飯前ですよ。

補足説明

昨日の筋トレ法ですが、寝た状態でも可能です。


ただ力を入れればいいだけですからね。



そのため、ケガで間接が動かせない方や寝たきりの方でも可能です。


そもそも、私自身がケガをして筋トレができないときにしていたものですから。



また、昨日試してみて、力が何処に入っているのか分からないという方は触りながら行えばいいでしょう。


力が入っている部位が分かるはずです。



筋トレですが、要は筋肉を刺激してあげればいいのです。

それも、”普段使わない強度”でです。


それだけで筋肉は発達します。


それが分かっていると、筋トレ法などいくらでも作り出せるのです。



また、”意識して”鍛えることも重要です。


筋肉が発達しているイメージ、なりたい自分のイメージをしながら筋トレをしましょう。


これは普段からお話しているゴールのことですね。


ゴールをイメージしながら筋トレを行うのです。



筋トレを聞くと、「面倒くさい」という方が多数だと思います。


ですが、ここまで簡単ならできると思いませんか?


一日一回、100%の力を入れるだけでいいのです。


※脳の血管を保護するために歯は食いしばらず、頭に血が上らないようにしましょう。


体力の低下や体型崩れが気になる方は試してみてください。

暑さに負けないために

夏バテ対策としては、食事に気をつけることも大切ですが、身体を作ることも大切です。


暑いからといって、冷房の効いた部屋に篭りっきりの方はいませんか?



ただ篭っているだけでは身体は衰えていきます。

年齢は関係ありません。


二十歳を過ぎればヒトの身体など衰える一方なのです。



根性論ではありませんが、身体が衰えると心も衰えます。


武道を習得したことがある方なら心当たりがあるかと思います。



健全な身体には健全な心が宿るのです。


それくらいの心身を持っていれば暑さなど些細なものなのです。



「なら鍛えよう!」とは言っても、こんな暑い中筋トレなどしたくはないでしょう。


むしろ、真夏日に激しい運動をすると熱中症になる可能性もあります。


ですが、鍛えるだけならそれほど激しい運動をする必要はありません。



今回は部屋の中で簡単にできる筋トレ法をお話します。



まず、脚を肩幅くらいに開き立ちます。

腕は下ろした状態で、手はグーにしてください。


そして、その状態で各部位に”思いっきり”力を入れるのです。



右足、左足、右腕、左腕、胴体くらいのパーツに分ければやりやすいでしょう。


慣れない方は、両足、両腕同時でも構いません。

逆に、もっとパーツ分けしても構いません。


そして、力を入れた状態を10~30秒保ってください。



それだけです。


簡単でしょう?



注意点として、力を入れるときは体勢を崩さないようにしてください。


体勢を崩すと、力が分散してしまい鍛えたい部位を鍛えられないからです。



これは一日に一回行うだけで効果が出ます。

何度も行う必要はありません。


むしろ、思いっきり力を入れるので一日に何度もできません。

二、三日に一回でも十分ですよ。


10秒が楽にできるようなら、どんどん数を伸ばしていきましょう。

30秒までできればそこそこの筋肉がついています。


シャワーを浴びる前に行えばいいでしょう。



本来なら、ダンベルなどの重りを使い、30秒までできたら重りを増やしてまた10秒から行うのですが、何も持っていなくてもある程度の効果があります。

運動不足の方はこれだけで筋肉がついていきます。


暑さに負けない心身を作りましょう。


是非実践していってください。

日頃から意識する

筋トレをする際のアドバイスをしておきましょう。


それは、鍛えている部位を”意識する”ということです。


意識すると言っていますが、”イメージする”と言った方が分かりやすいかもしれません。


理想の体型を”イメージ”しながら筋トレを行うのです。



これを行うか行わないかで結果に大きな差が生まれます。


イメージをしながら筋トレを行うかそうでないかを比較した結果、イメージをした方が理想の体型に早く近づいているという報告もされています。


目に見えて結果に違いが出ているのです。



「筋肉がどのように動いているのか」まで意識するとは言いませんが、意識することによって「鍛えている」という実感も湧くと思います。


理想体型のイメージでも良いですが、筋繊維が修復され以前より強靭になっていくというイメージや、さらに引き締まった筋肉を手に入れているというイメージでも良いです


どちらにしても望む自分のイメージですが、そのイメージに至る”途中経過も”イメージしようと言っているのです。



意識することで、そして、それを信じることで人体はいつもより大きな力を発揮してくれます。


体感しないとこの辺りは分からないかもしれませんが。。


イメージの力は強大です。

日頃から意識するようにしましょう。

何のおかげ?

昨日もお話しましたが、身体を支えているものは”筋肉”です。


筋肉がないと、ヒトは立つことも出来ないのです。


そして、筋肉は使わないと”衰えて”いきます。


骨折をしたことがある方や入院をしたことがある方は分かるのではないでしょうか?



固定された部分を動かさなかったり、寝たきりの状態が続くと動くのが大変ですよね?


風邪で何日も寝たきりの状態が続くだけでも動くのが辛いと感じるのです。


衰えるスピードは実感出来ると思います。


実際、長時間動かさないと細胞は死んでしまうのです。


寝たきりがいかに危険かお分かりになるでしょうか?



「調子が悪いから」「動くのが辛いから」と動かなくなり、それが続くと筋肉が衰え、さらに動くのが辛くなる。


悪循環ですよね。


こんなことをしていては、いつまで経っても良くはなりません。



「健康の為に歩く」と言う方もいますが、ただ歩くだけでは意味がありませんし、時間もかかります。


また、歩くという行為はそれほど筋肉を使わない為、筋肉がつき辛いのです。


「筋トレをしよう」と言っているのはこの為です。



高齢の方ほど筋トレをオススメします。

自分の限界の合わせて重りの調節をすればいいからです。


腹筋や腕立てなどは何度も間接を動かす為、高齢の方や怪我をしている方には不向きです。


先日お話したダンベルを使った筋トレ法は、以前、私が間接を怪我した際に行っていた方法です。


「間接痛が…」「年だから…」と言う方でも出来るでしょう。



「痛いから」と言っていつまでも動かさないでいると筋肉が衰え本当に動かなくなります。


間接を支えているのも、骨を支えているのもすべて”筋肉”です。


筋肉がある”おかげ”で歩くことが出来、日常生活が送れるのです。


筋肉と聞くと笑う方もいますがそれは大きな間違いです。

積極的に鍛えましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR