光の瞑想をしていこう

「光を思い浮かべると、元気になるための瞑想をしやすくなる」と話しましたが、実践してみれば分かるとしか言えません。


元気になるイメージとして光以外に何かあればいいのですが、光が一番適しているからです。


光はイメージによって”強くも弱くも”できます。

さらに、影を作ることによってネガティブなイメージにすることもできます。


その物体の形を維持したまま、『エネルギー量の増減に適したイメージ』を考えてみると、適したものが見えてくるのです。



エネルギーの増減を感じられる身近なものは何でしょうか?


私は”太陽の光”だと思います。


昼は眩しくて直視することも難しいほど光に溢れています。

その光により、生物は生きることができます。


逆に、夜は辺り一面真っ暗になり、光の恩恵を受けることができません。

その状態が続けば、生物は生きることすら難しくなります。


エネルギーの増減をこれほど身近に感じるものはないでしょう。



光の瞑想に慣れてくれば、光だけで身体が変わるレベルに達します。


イメージの光に対して体感を得られるようになります。


イメージの光に対して強い臨場感を得られるようになります。


光のイメージをポジティブなものとして無意識に刷り込むのですから、この状態を繰り返していけばポジティブになるのは当然です。


アンカーとトリガーの働きを使っているだけですから。


慣れてくれば無意識の中で二十四時間続けられます。


それにより、ホメオスタシスフィードバックが起こります。


分からない方は心の働きを体感していないだけですから、体感すれば分かるようになりますよ。



また、瞑想と聞くと「ヨガはどうなの?」という方がいるのですが、ヨガは元々解脱をするためにバラモンの僧たちが行っていた瞑想です。

しかも、お馴染みの色々なポーズをするヨガ(ハタヨガ)がエクササイズとして広まったのは1990年代後半からです。


西洋文化は物理しか見ていないという典型例がここにありますね。


そもそもハタヨガは、本来のヨガをするための身体作りをしているにすぎません。

運動不足の方には一定の効果がありますが、それ以上を求めるのなら、本来のヨガをする必要があるのです。


西洋から取り入れたものは物理しか見ていません。

そのあたりは気をつけてください。


なお、現在ではマインドフルネスも広まってきましたが、思想的にはまだまだです。


価値観が違うのですから当然ですが、西洋文化に価値があると”思いすぎる”のは止めましょう。


それでは視野を狭めるだけですよ。



瞑想の方法は、リラックスをしてイスに座るか、ベッドで横になる程度でかまいません。


ただ、ベッドの場合寝てしまう可能性もありますから、イスの方がいいかもしれませんね。


できる方は、結跏趺坐か半跏趺坐をすると安定します。

お尻の下にクッションを置いて、あぐらのような姿勢をとりましょう。


分からない方は検索してみてください。


この状態で、リラックスするまで、呼吸をできるだけゆっくりとします。

二分間に一回くらいまでできるとかなりリラックスしています。


はじめは一分間に一回くらいを目指しましょう。


慣れてしまうと二、三呼吸でリラックスできるようになります。



瞑想をするのはそれからです。


リラックスをして、思考優位の状態にしないと瞑想に臨場感を持つことが難しくなります。

運動しながら二次関数を解けと言われても、スラスラできる方は稀でしょう。


瞑想は頭の運動ですから、身体を動かしていると脳がうまく使えないのです。

少なくとも、瞑想レベルになると身体の臨場感から切り離される必要があります。


ですから、”心の臨場感を上げるために”リラックスをして身体の臨場感を下げる必要があるのです。



これらを初めて行う方は、かなりの時間を必要とします。

一時間などあっという間です。


まず、リラックスするだけでそれくらい掛かります。


呼吸法だけではなく、身体の力を抜いていくため時間が掛かってしまうのです。


それから光をどんどん強めていく瞑想をしたり、身体を細部までイメージしたり、過去のポジティブな感情をそれらに繋ぎ合わせたり色々とします。


色々とやることがありますから、時間が掛かるものなのですよ。



私でも瞑想すると簡単に一時間は越えます。

そのまま放っておくと半日や一日は簡単に過ぎてしまいます。


まあ、これは瞑想の種類によるのですが、身体を元気にする瞑想をしてもそれくらいはやります。

むしろ、身体を元気にしたいときは寝てしまうまで、それこそ四六時中続けます。


瞑想を続けると、勝手に時間が過ぎてしまうのですよ。


これは体感しないと分からないと思いますが。



このレベルまで求めていないかもしれませんが、「元気になりたいのならこれくらいはやりましょう」というのが本音です。


毎日一時間とか続けていると、無意識の中で”勝手に”瞑想の内容を反芻するようになります。

無意識レベルで元気になるように身体が変わります。


いつの間にか元気になっているのです。



もし、一人では難しい、不安だという方は、私のようなコーチに頼りましょう。


コーチはイメージの限界を取っ払ってくれますから、一人ではイメージできないことでも、それ以上のイメージができるようになります。


また一人で行うよりも、体感するまでの時間が圧倒的に掛かりません。


瞑想の手助けをしてくれるコーチは少数かもしれませんが、それでも探せば見つかります。


自分に合ったコーチを見つけてください。



瞑想は、自分の心と向き合うものであり、身体を元気にするだけがその効能ではありません。


”自分だけのもの”と徹底的に向き合えるものなのです。


人は、全ての答えを既に持っています。


それを見つけ出してください。


自分だけの答えを見つけてください。


毎日瞑想を続けていきましょう。


少しずつでも続けていってくださいね。

スキマを作るためにも

瞑想の話です。


アファメーションの際は、「臨場感豊かにイメージすることが大切」「五感を使ってイメージすることが大切」だと話していますね。

またゴールを探す際も、一度紙に書き出したゴールが本当にやりたいことか、臨場感豊かにイメージしてみようと話していました。


例えばゴールが世界一周だったとしたら、現地の匂いや体感温度、道路を踏み締めた感触、日差しの強さなど、いろいろな五感情報があります。

それらを感じながらイメージすることにより、臨場感がより高まるのです。


その結果、脳がゴールの状態を本物だと思い込みます。

それによりコンフォートゾーンがずれ、ゴールへと向かっていけるのです。



ですが、以前の私は瞑想だけでは限度があるため、やれること(ゴール)はやってみようと説明していました。

これはゴールを探す際の話ですね。


しかし、瞑想が得意になるとこの工程は要りません。

全て瞑想で事足りるからです。



私達は、物理世界の情報を全て脳で感じ取っています。

五感から入る情報は、全て脳の電気信号として処理しているのです。


また、思考するという心の働きも脳の電気信号であり、空想を巡らせたり瞑想すること(情報世界)も脳ではただの電気信号です。


つまり、脳にとっては物理世界だろうと情報世界だろうとただの電気信号であり、どちらが本物かを見分ける手がかりは、臨場感しかないのです。


ですから、情報世界に徹底的に臨場感を感じれば、それは実際に体験したのと同じになります。

そのため、瞑想だけで世界の裏側へ行ったり、宇宙を飛び出したりすることが可能です。


そこに臨場感があれば、体感することが可能なのです。



とはいうものの、「実際に体験したことがないことはイメージしにくいのでは?」と思うはずです。


その体感を得るためにも、いろいろと体験していくことが必要なのですが、ここで記憶の話をしましょう。



脳は思い出すという工程で、いろいろな”情報を組み合わせて思い出す”ということをしています。


例えば、「小学校の頃に褒められて嬉しかった記憶」「高校の頃に幽霊に会って怖かった記憶」があったとします。

この場合、脳には時間と感情と行動が”バラバラに保存”されているのです。


バラバラに記憶されていたものを、思い出すときに統合しているのです。

それが思い出すという行為なのです。


しかし、この思い出すという行為に催眠を施すと、別の記憶と別の記憶を統合できることが知られています。

上記なら、「小学校の頃に幽霊に会って嬉しかった」のようなことが可能なのです。


脳とは、結構いい加減なモノなのです。



ですが、この機能があることにより、実際に体験したことがないことでも似たような体験を組み合わせてイメージすることが可能になります。

イメージとは、脳内の情報や記憶を使うものですから、脳の使い方が分かってくると能動的に行うことが可能になるのです。


その上達法が瞑想なのです。



瞑想の修行方法はいろいろとありますが、”既存のもの”をイメージすることから始めましょう。

また、イメージする物質への理解も必要ですから、科学や物理の勉強も必須です。


時には、実際に分解することも必要でしょう。

インターネットを駆使してもいいですね。


このようなことを繰り返していくと、イメージの強度が上がっていきます。


ちょっとした空き時間にでも、瞑想の訓練を行ってみてください。

腕時計を分解してみたり、身体の中を透視のようにイメージしてみたり、見えているものだけではなく細胞や素粒子レベルまで見てみましょう。


目に映るもの全てを瞑想の道具にしてみましょう。


慣れるまでに時間は掛かるかもしれませんが、慣れると何にでも可能です。

道行く人の中身が見えたりします。


上記は視覚に関するものですが、他の五感でも同じです。

いろいろと鍛えてみてください。



アファメーションで臨場感豊かにイメージするためにも、洗脳されたゴールを見分けるためにも、瞑想の強度は上げていきましょう。


特に、洗脳されたゴールを見分ける際には有効です。

余計な時間や手間やお金を省けますから。


洗脳されたゴールが悪いとは思いませんが、それらに塗り固められた方は、自分が何をやりたいのか気付くことができません。

趣味程度ならいいのですが、何でもかんでもゴールが洗脳されたものだと、スコトーマにより本当のゴールが見えなくなってしまうのです。


洗脳されたゴールしかない方は、ゴールを達成したと思ったら次の洗脳されたゴールが出てきます。


塗り壁のような状態なので、本当にやりたいことへ辿り着くまでにかなりの時間が掛かります。

下手をしたら何十年と気付きません。


ですから、そこにスキマを作るためにも瞑想を技術を磨いてください。

自分を見つめるためにも、本当のゴールを見つけるためにも瞑想をしていきましょう。


実践していけば瞑想は上達していきます。

アファメーションの強度も上がっていきます。


自分の将来のためなのです。


毎日実践していってください。

瞑想で炎を消す方法

今の時期、花粉症に悩まされている方もいますが、瞑想を使えばかなり症状が緩和されます。


花粉症の症状が出ている場所は、目や鼻、喉などの呼吸器系ですよね。

花粉によりその部分が”炎症”を起こし、鼻づまりになったり目が痒くなったりします。


身体が防衛反応を起こしている状態が、花粉症の症状です。



ですが、この防衛反応を”鎮めてしまえば”症状は緩和されます。

薬による対症療法を、”自分で”行えばいいのです。


「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、可能です。

全く瞑想をしたことがない方でも、何度も繰り返せば効果は表れます。


それくらい、瞑想の力、つまり”イメージの力”というものは強いのです。



ではどうするのかですが、患部が”炎”症を起こしているわけですから、”その炎を鎮めてあげるイメージ”をしてあげればいいのです。


「どんどん炎が小さくなっていくイメージ」「水をかけて鎮火していくイメージ」などがイメージしやすいでしょう。

火は誰でも見たことがありますから、鎮火していくイメージはしやすいはずです。


患部の炎がとにかく小さくなっていき、完全に消えてしまうイメージをしていきましょう。

これだけで患部の炎症は治まっていきます。


さらに、「患部が光り輝いているイメージ」もしてください。

炎症に悩まされず、「元気になっているイメージ」をするのです。


炎症の”炎の部分”を自主的に消していけば、症状は緩和されます。


数回で諦めず、何度も何度も繰り返しイメージしてください。



また、”言葉を変えていく”ことでも症状は緩和されます。


「苦しい」「辛い」「またか……」などと考えてしまうと、視点がそれらにロックオンしてしまい、さらにその症状を強めてしまいます。


その症状以外がスコトーマになっているのです。

これでは、”良くなる方へ”向かいたくても、スコトーマにより見えなくなっているため向かうことができません。


人間の無意識は、”視点を向けた方へ向かう性質がある”ため、ネガティブに考えてしまうとそれだけでネガティブ側に向かってしまうのです。


ですから、「症状が治まっている!」「元気になっている!」「どんどん良くなっている!」などの言葉を使用していきましょう。

ポジティブ側に視点を向けていくのです。


なお、「治る」だけの場合、その言葉のウラを無意識が認識してしまいます。


「治る!……でも今は」となってしまうので、”現在進行形”で考えていってください。



瞑想により”炎を消す方法”ですが、これは身体だけでなく、”心の炎”を消すことも可能です。

瞑想は、”心身共に効果を発揮するもの”ですから。


例えば、悲しいことがあった場合、心の中に「悲しいという炎」が燃え上がっています。

ですが、この炎を鎮火してしまえば、悲しい感情も治まります。


気をつけたいことは、ネガティブな感情だけでなく、ポジティブな感情までも鎮火してしまうことです。

使いどころは間違えないようにしてください。


アファメーションと一緒に行ってしまうと、アファメーションの効果が打ち消されますよ。



なお、”瞑想する際はリラックス”してから行いましょう。


これは、興奮状態や力が入っている状態ではイメージが難しいためです。

また、無意識へのアクセスを容易にするためでもあります。


「花粉症の症状に悩まされているからリラックスなんてできない」と言われそうですが、とにかく”全身の力を抜いていく”のです。

慣れてしまえば簡単に”脱力”できます。


右側のカテゴリ「リラックス」を毎日実践していきましょう。



人間は考え方次第で、心も身体も変わります。

自分のイメージ通りに誘導可能なのです。


私達は、イメージの世界に生きています。


それを変えていきましょう。


あなたの”イメージが力になる”のです。


毎日続けていってください。

マインドフルネスは”○○瞑想”です

「マインドフルネスがメンタルケアに良い」と思っている方がいるようですね。


ある部分では肯定できますが、”ゴールへ向かうためには”マインドフルネスだけでは足りません。


マインドフルネスという言葉が日本でブームになったのは、昨年のことだったと思います。

それから、インターネットでもよく見かけるようになりました。


このマインドフルネスですが、日本マインドフルネス学会での定義は以下の通りです。


「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること。なお、“観る”は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらにそれらによって生じる心の働きをも観る、という意味である」



今の自身の状態(心の状態含む)を「善い悪い」と判断せず、ただ見つめようということです。


これは、仏教で昔から行われている”止観瞑想”のことです。

なんら特別なものではありません。


ただ、仏教思想を西洋文化が取り入れたに過ぎないのです。


止観瞑想とは、”自我を抑えて”物事を観ることです。

止観の”止”とは、”自我を止める”ということです。


自我を止めることで、自我によって生じていたスコトーマ(盲点)が減るため、”新しい発見がある”のです。

今まで気付けなかったことに気付くことができるのです。


また、瞑想中は前頭前野を使うため、脳波は”α波優位”になります。

α波とは、リラックスした時や集中した時に優位になる脳波のことです。


さらに、マインドフルネスの方法を見ると「五感を意識に上げていく」とあります。

これは催眠の導入法です。


催眠状態に入ると、脳波はα波やθ波優位になります。


ですから、ストレスも低減されるのです。



これだけ聞くとマインドフルネスも良いように思えるのですが、これだけではゴールへ向かえません。


そこから”ゴールへ向かう”ためには、”ゴールのイメージに臨場感を感じていく”必要があるのです。


これにより、自身の無意識に、ゴール側の自分が「本当の自分だ!」と認識させることができます。

詳しくはブログ内やオススメ書籍を学んでください。


この時、ゴールの臨場感を感じていくのですから、自我は優位になります。

自我を止めていては、感情を感じることもできません。


ですから、”ゴールへ向かいたいなら”、マインドフルネスではなく”アファメーション”を行っていきましょう。



もし、リラックスしたいだけなら”呼吸法”だけでも十分に可能です。

ゆったりとした深呼吸をしながら、徐々に全身の力が抜けていくイメージを行えば簡単にリラックスできます。


「カテゴリ:リラックス」を読み、毎日実践してください。



もちろん、”マインドフルネスも有効”です。

新しい気付きも、集中力も得られますし、リラックスもできます。


ただ、書籍にあるように座禅を組んだりヨーガをしなくとも、瞑想は可能です。

むしろ、実践的な止観瞑想は身体を動かしながら瞑想を行います。


歩きながら、自分の身体がどのように動いているのかを観るのです。

細部まで意識に上げていくため、歩行速度もとてもゆっくりになります。


実践したい方はしてみましょう。



瞑想とは、一つの物事に”徹底的に頭を使う”ことです。

ひたすらに思考ができれば、姿勢など関係ありません。


結跏趺坐の方が安定はするのですが、イスでも可能ですし、ベッドでも可能です。


本人の意思次第ですから。



せっかくマインドフルネスを行うのでしたら、ついでにアファメーションも行ってしまいましょう。

リラックスしているのですから、よりゴールの臨場感を得られるようになります。


ゴールを臨場感豊かに感じていけば、自然とコンフォートゾーンもずれていきます。

そうすると、今までの価値観で物事を判断することもなくなります。


今までストレスに感じていたことも”ストレスではなくなる”のです。

これが”本当のメンタルケア”です。



どちらも有効活用して、ゴールへ向かっていってください。


より良い未来のために、使えるものは取り入れていきましょう。

○○をしてイライラしている方は

ゴール設定にもよりますが、アファメーションを唱えたり言葉を変えていくと、現状に不満が出てきます。

現在の生活に違和感が出てきたり、イライラしたりするはずです。


この段階で、「アファメーションをするとイライラするだけだから、やっぱりやめよう」と思ってしまうと、せっかく”ゴール側に移行し始めた”コンフォートゾーンが元に戻ってしまいます。

アファメーションはそのまま続けてください。


この不満は、”コンフォートゾーンの働き”なのです。

それを意識しましょう。



そして、その不満を”解決するためには”どうすればいいのかを考えてください。

色々と調べてください。


ゴール側にコンフォートゾーンがずれていますから、スコトーマも外れています。

調べていけばゴールに必要な情報が見つかります。


そして、行動していきましょう。


ますますゴールへ向かうことができますよ。



コンフォートゾーンとは、無意識にとって”居心地のいい領域”ですよね?

そのため、そこから出てしまうと居心地が悪くなり、慌ててコンフォートゾーン内に戻ろうとするのです。


例えば、好きでもない人が来たらイライラして、必要最低限の会話で終わらせ、極力関わることを避けるようなものです。

この場合、いなくなったらスッキリします。



イライラした状態に囚われないでください。


それは、きちんとアファメーションが”効いている証拠”です。


ゴール側がコンフォートゾーンになりつつあるのです。



しかし、その不満を放置してしまうと、無意識はその状態にも慣れてしまいます。


せっかく”ゴールへ向かうために出てきたエネルギー”がなくなってしまうのです。


無意識はそれくらい現状に適応する能力があるのです。

それが何日続くかは分かりませんが、かなり早い段階で慣れてしまいます。


ですから、現在の不満を打破するために”思考を働かせ、行動して”いってください。



元気になりたいのなら、”身体に八つ当たりせずに褒めて”あげましょう。


先日、「言葉が自分自身を作る」と話しましたよね?

不満ばかり口にしていたら、それが自分自身になってしまいますよ?


他人に言おうと、自分に言おうと、無意識には関係ありません。

「言った」という事実が大切なのです。


それを無意識は認識してしまうのです。


ただし、自分自身でその言葉を受け入れるかどうかの”選択”はできます。

安心してください。



今までは違っても、”これから”毎日変えていけばいいのです。


無意識は既に変わっているのです。


安心して実践していきましょう。


大丈夫。

変わっていますよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR