親は覚悟して読んでください

少し気になることがあったので教育関係の話をします。


と言うのも、東京に住んでから毎日同じ子どもの泣き声を聞くからです。


私が泣き声を聞いたときは、子どもが片付けないからという内容で、大人も子どもも言い合っていました。


向かいのマンションなのですが、私が住んでいるマンションにまで聞こえてくるのでかなり大きな声です。

距離は60メートル程だと思います。


子どもの受け答えを聞いていると、おそらく幼稚園から小学校低学年でしょう。


子どもだから泣くのは分かるのですが、さすがに毎日は泣きすぎです。

赤子ではないのですから。



教育の話は以前も話しましたが、これは”本当に”親の意識が重要です。


何故なら、親自身に変わる気がないと効果を出せないからです。

子どもだけが変わればいいと思っている状態では、何をやっても効果が出ないのです。


そもそも、子どもが癇癪を起こしたり泣いたりするのは、大人に”伝えたいことがあるから”です。


子どもはきちんと意思表示をしています。


それを無視して、自分の話を一方的に強制しているのが大人です。


そして、話を聞いてくれない子どもはさらに癇癪を起こし、それにより大人はさらにイライラしてしまいます。


これが永遠と繰り返されているのです。



子どもが何を思っているのかなど、分かる者からすれば一発で分かります。

むしろ、何故分からないのかが分かりません。


子どものことが大切だと言うのなら、何故分からないのでしょうか?



原因の一つとして、”大人自身に”余裕がないことが挙げられます。

自分のことで精一杯で、子どもにまで目を向ける余裕がないのです。


ですが、「それなら何故子供を作ったのか」というそもそも論になってしまいますね。

自分が大変なのに何故何人も子供を作ったのかと。


それで苦しむのが自分だけならいいのですが、現状では子どもも苦しんでいます。

それは本来親が負うべき苦しみです。


まあ、親の責任などと言っていては話が進まないので置いておきます。



話を戻しますが、まずは親自身が余裕を持つことが大切です。


余裕と言いますか、ゴールですね。


家族や子どもの分野にゴールを作成し、アファメーションを唱え、そのゴールに合致するような行動をしていけばいいのです。


もちろん、ゴールはそれ以外の分野でも作成します。

ゴールとは一分野だけで完結するものではありませんから。


ゴールがあれば、自然と子どものことが分かるようになります。

子どもについて”無意識がロックオンする”ようになるからです。


この辺りも、ブログで何度も話していますから自分で学んでください。



教育に関しては私も色々とやってきましたが、親の意識が全てと言っても過言ではありません。


いくら子どもが変わったとしても、大人が元の状態に戻そうとするからです。


無意識には快適な場所を維持する機能がありましたよね?


ブログを読み返せば分かりますよ。



教育については、大人が本気にならない限り私から行動することはありません。


するとしても子どもに対してだけです。


と言うのも、色々な大人と接してきましたが、子どものために自我を変えられる大人は本当に少数だからです。


自殺未遂などの劇的なことが子どもに起こらないと、自分を変えられないのです。

子どもが家出をしたくらいでは変わりません。


「子どものため」と公言している大人に教育の話をしても、大きなお世話で終わってしまうのです。

初めて聞いたときは空いた口が塞がりませんでした。



そもそも、今の状態を維持しているのもその大人の意思であるわけです。


子どもが言うことを聞かないのも、イライラしているのも自分の意思で選択したわけです。

意識・無意識に関わらず。


であるなら、私が色々と言うのはお門違いでしょう。

その人の自由を侵害するということですから。


今はこのような考えですから、助けを求めない限り私から手を差し伸べることはありません。

たとえどんなに親しくとも。



教育に関してはかなり辛辣だと思うかもしれませんが、大人が子どもにしている行動の方がよほど非道です。


子どもの自我形成は、親の影響を多分に受けます。


子どもが成長した際の無意識の選択は、8、9割が親の真似です。


親は、自分の行動がいかに子どもに対して影響を与えるのかを理解する必要があるのです。



大人に対して色々と話しましたが、結論として、大人はまず自分を幸せにしてください。


『自分を幸せに=ゴールへ向かう』ということです。


自分に余裕がないから子どもに目を向けられないのです。

余裕が生まれてくれば、他のことにも意識を割くことができます。


学ぶにしても何にしても、ゴールがなければ始まりません。



コーチングを教育に活かしたいのなら、まずは自分で実践しましょう。


それ以外の近道などありません。


子どもにだけコーチングを実践するなど不可能です。


コーチングは理論も大切ですが、それ以上に体感が大切ですから。


周りの大人の言葉になど耳を傾ける必要はありません。


まずは自分の心の声に耳を傾けてください。


『本当は何をやりたいのですか?』


自分に語り掛けましょう。

子どもの健康を”本気”で考えているのなら

以前、「先天性の疾患は100%親の責任だ」と話しました。


責任問題を取り上げるわけではありませんが、この認識が親にあるかないかで、子どもへの対応が変わるため話したのです。



ある程度教養がある方なら誰でも知っていることですが、赤子と母体は胎盤で繋がっており、そこで栄養摂取や老廃物の排出などを行っています。

また、母体と繋がっているため、母体からのフィードバックに”常に”曝されています。


具体的に言えば、”精神的、肉体的なストレス”です。


薬剤、酒、煙草、糖分、食品添加物などですね。

さらに、放射性物質や電磁波などの目に見えないものも影響を与えています。


もちろん、母体で産生されるホルモンもです。

過労やイライラなどの精神的ストレスもそうですね。


それらが全て、母体から赤子へと向かっているのです。


約9ヶ月間、母体と赤子は繋がりっぱなしなのです。


影響を受けていないと考える方がおかしいでしょう。



また、赤子は大人と比較すると凄まじい速度で細胞分裂を繰り返し、増殖しています。


そこでDNAに致命的な傷がついてしまうと、その後の分裂に不具合を起こしてしまうのです。


大人よりも子どもの方が放射線の影響を受けるのはこのためです。


なお、放射線だけがDNAを損傷させているわけではありませんよ?


先に挙げた事柄も影響を与えています。



以上の理由により、子どもの先天的な疾患は全て親の責任です。

ここから逃げるようでは親失格でしょう。


ただし、現在の世の中では排除が難しいものも多々あります。


排除できるものもあれば、そうはいかないものもあるでしょう。


もし妊婦がこの記事を読んでいたら、あまり気にしすぎないようにしてください。

気にしすぎること自体がストレスになってしまいますからね。


とりあえず、福島、広島、長崎などを避けて(といいますか、原発周辺を避けてください)、食事もある程度気を使い、ストレスフリーな生活していればいいでしょう。


また、電磁波の影響が強すぎるため、電子レンジやIHクッキングヒーターの使用は避けてください。

それくらいは知っていると思いますが、海外では唾棄されていることが日本では推奨されています。


オール電化など必要ありません。

もっと自分で調べましょう。



患った子どもをダシに使っている愚かな親がいますが、そのような人間は自身が行っていることを理解していません。

いえ、理解しようともしません。


自己の正当化しかしないのです。


「私は可哀想だからみんな同情して」などと愚かなことを考え、子どもについて本気で考えていないのです。


子どものことを考えていれば、自身の生活習慣から何から”全て”変えられます。

本気とはそういうものですから。


そこに自分自身の煩悩が介入すること自体おかしいのです。


子どもが大切なら、その程度の煩悩など抑えられるでしょう。


何故できないのでしょうか?



あまり話しても仕方がありませんが、子どもが患うとは親の行動が大いに影響を与えているのです。


そのため、”親自身が自我を変えないと”いくら子どもが元気になったとしても、また子どもが患ってしまいます。


これは先天性、後天性疾患の関係はありません。


もちろん、突発的に病気になることはあるでしょう。

しかし、その場合休んでいれば元気になります。


親が生命現象を理解していれば、病のままということはありえないのです。



これらが「厳しい」と感じるようでは、まだまだ自分のことしか考えていません。

子どものことを考えている方なら、逆に「当然」と思う内容です。


私は、気功によるヒーリングを行っていますが、親に変わる気がないのならお断りします。

それで子どもが亡くなったとしても、親の責任です。


私が元気にしても(実際は勝手に元気になるのですが)、再び病気になる生活習慣を強要されるのなら、しない方がいいでしょう。


私からすれば、何故子どものためと言いつつ、自身の煩悩が出てくるのか理解に苦しみます。


子どもは親の道具ではありませんよ?


親が安心するための道具ではありませんし、親の自尊心を満たす道具でもないのです。


一つの生命体なのです。


どうしてそのような思考回路をしているのか分かりません。

いえ、推測はできるのですが、する気もありません。


いくら私が話したところで、私の話す内容が親のコンフォートゾーン外であるため、全てはじかれてしまうからです。


ですから、親自身が体感し、親自身が変わっていくしかないのです。

その結果、子どもが犠牲になりますが。



このブログに辿り着いた方なら、こんな愚かなことはしないでしょう。


ブログの内容を実践している方なら、私が話した内容を理解できます。


もし、周りに上記のようなことをしている人間がいたら、極力関わらないようにしてください。

あなたが被害を受けますから。


子どもが可哀想ではありますが、このような親はヒステリックになり色々と嫌がらせをしてきます。


よって、あなたが関わることはありません。


ただ、機会があれば、子どもにこのブログのアドレスを教えてあげてください。

元気になりたい子どもなら、勝手に実践していきますから。



子どもの健康を”本気”で考えているのなら、親自身が変わりましょう。

それ以外に子どもが変わる方法はありません。


せめて自分の子に対しては、真摯であってください。

親御さんにしてほしいこと

子育てに関してはブログの内容を実践してもらうしかありません。

いくら私が話をしても、親御さんに変わる気がなければ意味がないからです。


どんなにテクニックを学んで行動を変えようとも、コンフォートゾーンの関係上、行動する前の状態に戻ってしまいます。

ですから、まずは親御さんの”ゴール設定”が必要なのです。


ゴールとは”自分自身のもの”です。

自分が感じて体験することです。


「子どもを一流大学に入れたい」のようなものはゴールではありません。

これはただの煩悩です。


自分が満たされるために、子どもをダシに使っていることを理解してください。



コーチングでは否定は使わないと聞いたことがあるかもしれませんが、ゴールから外れているようなら否定します。

そもそも、ゴール設定が間違っているのです。


矯正しないでどうするのですか?

これができないコーチはコーチではありません。


コーチはゴールへと導く者ですから、相手から睨まれようとも指摘します。

まあ、言葉は選びますが……



ゴールとは、自分が”演劇の舞台に立つ”ようなものです。

決して観客ではありません。


それを理解してください。


では、子どもに対するゴールはどうすればいいのかですが、子どもではなく、”家族”というグループにしましょう。


あなたは、家族がどのようになっていると幸せに感じますか?

イメージしてみてください。



おそらく、家族と”笑顔でイキイキしているイメージ”が出てくると思います。

そのイメージをゴールとすればいいのです。


現在は違っても、ゴールを設定し、毎日そうであるように振舞っていけばゴールへと近づけます。

アファメーションを唱え、理想の家族を演じていけばゴールへと近づけるのです。



教育本を読んでいるのなら、ピグマリオン効果は知っているはずです。

教育心理学における心理的行動の一つで、ヒトは”期待されたとおりの成果を出す傾向がある”というものです。


つまり、家族を理想のイメージのように扱うと、家族がそのように変化していくのです。

あなたがピグマリオンを演じてください。



アファメーションを続けていけば、演じる必要もなくなります。


ですが、何より必要なものは”ゴール”です。

ゴールのイメージがなければ、理想になることもできません。


現状を打破したいのであれば、ゴールを設定してください。

しかも、”現状の外”に設定してください。



現状では無理だと思うゴールを設定すればいいのです。

「これくらいでいい」と考えてしまうと、現状を強めることになってしまいます。


自分で笑ってしまうくらいのゴールを設定しましょう。


ゴール設定についても、ブログを二年程遡るか、オススメ書籍を読めば分かります。


あとは実践あるのみです。


何度も言いますが、実践していかなければ変われません。


現状を変えたいのでしたら毎日続けていってください。

叱る時は叱っていい

子育て本などには「子どもは叱らずに褒めよう」と書かれていることが多々あります。

これは”エフィカシーを上げるため”なのですが、ブログを読んできた方なら分かるでしょう。


さて、私も褒めることは賛成ですが、それによってストレスを溜めてしまう親御さんがいます。

「叱れないなら、悪いことをしたらどうすればいいの?」と。



先に言っておきますが、”叱る時は叱っていい”です。



私は今まで、”叱らずに諭そう”と話していましたが、それはある程度成長した子に対してです。

幼子など獣と変わりませんから、叱る時は叱ってください。


ただし、叱ると言っても怒鳴ったりはしません。


”心から”「私怒ってる」と思いながら、言葉を発すればいいのです。


それだけで子どもは理解します。

心が伝わるのです。



本当にしてはいけないことなら、”心から”怒ってください。


それが不完全だから子どもが言うことを聞かないのです。

まあ、甘えているだけということもありますが……


例えば、無闇に動物を傷つけ殺したとか、毒を飲ませたとか、ヒトを傷つけたとかでしょう。


幼子がこれらをするかは別として、上記のようなことをしたら手を出してもいいですから心から怒ってください。

それくらいは必要です。

傷ついたらどれほど痛いのかを身体で理解させる必要があります。


少なくとも、野生の動物はそうやって野生の掟を学んでいきます。


幼子など知識が乏しいために命の大切さを理解できませんから、命に関わることはとにかくダメだと教えていきましょう。

そのためにも叱ってください。



それ以外で叱る必要があることは何でしょうか?

家財を壊したとか、言うことを聞かないとかあると思いますが、子どもが言うことを聞かないのは当たり前のことですし、気になるのモノは何でも触ってしまいます。


分かっているなら遠ざければいいのです。

大切ならしまっておきましょう。


まあ、今の時期はストーブに触ってしまうこともあると思いますが、それは子どもが痛い思いをして学習するだけです。

子どもが触れないようにしていたのに触った場合は仕方がありません。

手当てをしてあげましょう。



過保護にしすぎると、子どもが”体感を増やす機会”をなくします。


”自分で考える機会”を奪ってしまうことになります。


何でも危ないからと遠ざけるだけが子育てではありません。


ある程度に留めておいてください。



「子育てはポジティブに」という言葉も子育て本にありますが、それだけではなく、きちんと「喜・怒・哀・楽」を出していってください。


大切なモノを壊されたら、きちんと悲しんでください。

そうすれば、子どもは自分が酷いことをしたと理解します。


中途半端にしているから子どもが理解できないのです。

もっとメリハリをつけましょう。



逆に、普段から叱っている方は”褒めていく回数”を増やしていきましょう。

繰り返していくと、子どものコンフォートゾーンを確立できます。


問題行動も減ってくるでしょう。



子育て本に影響されてストレスを溜めすぎる方は、その内容が「しなければいけないこと」になってしまっています。


その内容を「したいこと」にしていってください。


自分自身の価値観が変わればそれも可能です。


まずはゴール設定からはじめましょう。


ブログの内容を実践していってください。

子育てに必要なことは?

私は親御さんに対して厳しい言葉を発していますが、難しいことを言っているわけではありません。

むしろ、子どもに対して色々しすぎなため、親御さん自身が”自分で自分の首を”絞めているのです。


子育ては自分の時間が取れないし、子どもが言うことを聞かないのは分かりますが、思考ができるようにならなければ子どもは獣と同じです。

言うことを聞かせること自体ナンセンスなのです。


ですから、子どもに対する期待値は低く設定しておきましょう。

そうすればイライラすることは少なくなります。


イライラするとは、自分が相手に期待しているために起こります。

つまり、”勝手に期待して”勝手にイライラしているのです。



思い出してください。


イライラする時は”どのような”時ですか?

子どもがどのような時にイライラしていますか?


はじめから期待値を低く設定しておけば、イライラすることはなくなります。


これはパートナーや仕事仲間にも言えることですから、イライラが多いという方は”自分の相手に対する期待値”を設定しなおしましょう。



また、「子どもの将来が……」と言っている方は、テレビや雑誌、周囲の人間(ママ友、祖父母)などに洗脳されています。


考えてみてください。


「お受験や習い事などを子どもにやらせよう」と、”どのようにして”思いましたか?

何故、やらせようと思いましたか?


切欠はなんですか?


テレビや雑誌、インターネットの広告、他人の意見に影響を受けていませんか?



これらは「将来のため」という聞こえのいい言葉で親御さんを誘導しているだけです。

自分達が儲けたいがために広告や宣伝を行っているのです。


ですから、これらに惑わされてはいけません。


まあ、グローバル社会では英語がメインですから、英語くらいは学ばせた方がいいと思いますが……


高いお金を払わずとも、英語は字幕なしの海外の映画やアニメでも学べます。

色々と探してみてください。


また、学ばせる場合強制してはいけません。

いつもテレビをつけているのなら、全て海外の映画にしてみましょう。


今は月1000円も出せば、映画が見放題ですから。

インターネットを有効に使っていってください。



親が子にすることは、子どもを信頼してあげることです。

子どもの味方でいてあげることです。


受容してあげる、愛してあげるなど色々と言い方はありますが、子どものことを認めてあげてください。

子どものゴールを認めてあげるのです。


子どものゴールを手助けする必要や、子どものゴールを広げてあげる必要はありますが、これらは上記に含まれるでしょう。


否定をせず、子どものゴールを認めてください。


また、ゴールを達成できるマインドを作るために、エフィカシーを高めてあげましょう。


これは、毎日行動を褒めていけば上がります。

例えば、もしテストで50点を取ってしまった場合は、「あなたらしくない。本当は90点取れるのにね」と言って誘導してあげましょう。


エフィカシーが高い状態を維持させるのです。



ゴールを認め、エフィカシーを上げることに努めましょう。


まずは、いつも否定で使っている言葉を”ポジティブに言いまわす言葉”を調べてみてください。

これもエフィカシーを上げるための方法です。


エフィカシーが上げれば、圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれますよ?

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR