綺麗になるために必要な技術です

「綺麗になりたい」と思っている方で、なりたい人物像がどのような生活を送っているのかイメージできる方は少ないのではないでしょうか?

テレビや雑誌などのモデルを見て「綺麗になりたい」と思うはずですが、そのモデルがどのような生活をしているか考えたことはありますか?


一方的な情報だけで判断するのではなく、全ての情報を見て判断するくらいでなければ途中で挫折するか、化粧だけで綺麗になれると勘違いしてしまいます。


そのモデルがどのような食生活、トレーニング、化粧、社会活動、知識、趣味などを持っているのかくらいは調べてください。

エステや整形手術でもかまいません。

とにかく調べまくってください。


そして、綺麗になるためにふさわしいと思う行動を真似ていけばいいのです。



コーチの立場から言わせてもらえば、行動の前にゴールですね。


”綺麗になって自分が何をしているのか”を考えるのです。

そして、それを無意識へと刷り込むのです。


方法はオススメ書籍やブログにも記してあります。

ブログを一年半ほど読み返してください。


実際は、ゴールを設定したらアファメーションを読む作業と行動を平行していきます。

もし行動が止まってしまうようでしたら、アファメーションを読む作業だけ続けてください。

自然と行動できるようになります。



ヒトは自分がイメージした通りの人物になります。

これは無意識が持っているイメージのことです。


意識的にするのでしたら”強烈に”イメージした人物になりますが、強烈なイメージなどなかなか持てるものではありません。

それは毎日行うことで補っていきましょう。



毎日、自分がなりたい人物像をイメージしてください。


綺麗になりたいのなら、”綺麗になってやりたいことをやっている自分”をイメージして、その時の”感情を感じて”ください。



これができなければ三日坊主になります。

綺麗になるなど夢のまた夢です。


それくらい”自身が持つイメージ”というものは大切なのです。



今の自分とは違うイメージを持たなければいつまでもそのままです。

変わりたいならイマジネーションを鍛えましょう。


これは技術です。


毎日繰り返していけば鮮明に、細かなところまでイメージできるようになります。


化粧の技術を磨くのもいいですが、イメージの技術も磨いていってください。


イマジネーションが鍛えられれば、より綺麗になることも可能ですよ?

まずは元気になりましょう

「健康的で綺麗に」と先日は話しましたが、これは化粧をしていても綺麗に見えない方がいるからです。

病的な雰囲気が隠れていないと言えばいいでしょうか?


雰囲気だけでなく実際にそう見えるのですが、それを放置したまま化粧をしているのです。

たしかに化粧ならある程度は隠せますが、それもできていません。


それではとても綺麗とは言えないでしょう。

化粧でそれらを隠すくらいなら、まずは元気になることが先決ではないのでしょうか?


いくら化粧品を高級にしようと、生活習慣を変えていかなければ綺麗にはなれません。


生活習慣を見直して早く元気になりましょう。



ちなみに、これは子どもにも当てはまります。


パッと見は元気に見えますが、疲れが体中から出ているのです。

親が気付かないのかと思うのですが、その親も疲れていますからもう何も言えません。


親の習慣が子どもにも移っているのです。

子どもに伝わっているのは遺伝情報だけではないということですね。



もし子どもが綺麗になりたいと言っていたら、どのようなビジョンなのかをしっかりと聞いて誘導してあげてください。


自分を美しく見せたいと思っている子がいたら、「外見も大事だけど内面も大事」だと教えてあげてください。


例えば、ものすごい美人がチンピラのような言葉を使っていたらどう思うでしょうか?


その子が綺麗だと思っている人物像を鮮明にイメージさせるのです。

そして、それを徐々に修正していくのです。


修正と言いましたが、付け足しと言った方がいいかもしれませんね。

化粧のことだけではなく、知識や言葉使い、食生活やトレーニングなど、子どもが考えていないことは大量にあります。


それをイメージさせてあげましょう。

イメージを膨らませてあげるのです。


少なくとも、綺麗になりたいのならそれくらいはできるはずです。

実際にしている方はいますからね。



私は化粧で偽っている子よりも、イキイキと好きなことをやっている子の方が輝いて見えます。

そうなれば化粧など必要ありません。


やりたいならやってみればいいと思いますが、化粧のプラス面、マイナス面はきちんと説明してあげましょう。

それくらいは必要です。


後は自身に判断させればいいのです。

こういうことが自己責任と呼ばれるのです。


プラス面もマイナス面も情報を提示して、自身がやりたいと思うのならやらせればいいのです。

一方的な情報だけでは子どもは判断できません。

それくらいは提示してあげてください。



化粧は大人になればある程度必要なものですが、それも健康な肌があればこそです。

綺麗な肌の方が化粧のノリも良いようですからね。


化粧云々よりも、生活習慣を変え、自身が元気になることからはじめてください。


「綺麗になりたい」と思っているのなら「それくらいはできなければおかしい」と思わなければいけないのです。


お菓子をバクバク食べて寝ているような生活をしていてはいつまでも綺麗にはなれません。

イメージを働かせ、なりたい人物像がどのような生活を送っているのかを考えましょう。

綺麗になりたいなら

昔では考えられなかったことですが今は子どもでも化粧をしていますね。

買い物へ行くとあちらこちらで見かけます。


これもメディアの影響でしょう。



「綺麗に見せたい」と思い化粧をするようなのですが、化粧をしない方が二十代、三十代でも綺麗なままでいられます。


何故、自らの肌を傷つけようとするのでしょうね?

子どもの肌など大人とは比べ物にならないほどのハリと艶があるのですが、それが分からないのでしょうか?



以前、ものすごく肌が綺麗な友人が言っていたのですが、子どもの内は化粧をせず、大人になっても整える程度に抑えると肌を綺麗に保てるのだそうです。


私の意見を付け加えるのなら、過度なストレスを与えないことですね。

特に、紫外線や薬品(化粧や日焼け止めクリームなど)には曝さないようにしましょう。

薬品焼けや紫外線によるダメージを抑えるのです。


それだけで化粧などしなくても問題のない肌を保てます。

子どもがしているのなら今すぐ止めましょう。

将来的な肌まで駄目にしてしまいます。



といいますか、大人目線で見ると子どもの化粧は違和感しかありません。

バリバリのキャリアウーマンなら分かるのですが、子どもに化粧など必要ないでしょう。

仕事をしている女性にとって、化粧は男性のスーツやタイくらい重要なものですから。



それよりも、綺麗になりたいのなら適度な運動と適度な食事、十分な睡眠を摂った方がいいです。


人は寝ている時に成長ホルモンが大量に出ます。

成長ホルモンが肌を修復してくれているのです。


しっかり睡眠を摂らないと肌も綺麗になりません。



食事にも気をつけましょう。


500mlペットボトルの清涼飲料水を飲むだけで、一日に摂取可能な糖分をオーバーします。

子どもの内は食など意識しないかもしれませんが、食が一番重要です。


吹き出物や肌荒れが多いという方は気にかけてください。

甘いものの摂りすぎに注意です。


食べるなら赤身肉や魚、大豆などのタンパク質を摂るようにしてください。



運動はストレッチと筋トレをすれば十分です。

薄く汗をかく程度でかまいません。


アスリートのように全力で走ったりしなくていいですよ?

それは運動のしすぎです。


運動がストレスの元になってしまいます。



他にも挙げておきますと、毎日石鹸やボディソープ、シャンプー、コンディショナーを使用しないことですね。

皮脂の落としすぎ、あるいは薬品が肌に残っているためトラブルが出ている場合があります。

私もそうでしたから。


その場合、お湯だけで洗い流しましょう。

耳、脇、股間などはアポクリン汗腺(匂いのする汗が出る腺)が分布していますから、石鹸などを使えば匂いません。


お湯だけでも綺麗になります。

もし気になるのなら石鹸を使えばいいのです。


また、肌荒れ用の化粧水やクリームにも色々な化学物質が入っているので”荒れている肌”には向きません。

荒れた肌に塩を塗り込むようなものです。


水やピュアオイル、白色ワセリンだけで十分効果があります。



化粧の話から脱線しましたが、”綺麗になる”というのでしたら顔だけでなく全身を見ていきましょう。

これは大人にも言えることです。


綺麗に見せたいだけなら写真を加工すれば綺麗に見えます。

雑誌などはまず加工していますから。


しかし、写真ではなく自分が綺麗になりたいのでしたら日々の生活を変えていきましょう。

そうすれば、化粧などに頼らなくても健康的で綺麗になれますよ?

目的をはっきりと

若々しくあるためにゴール(夢、目標等)を持とうとお話しましたが、老化抑制の商品を持っている方は少なからずゴールを持っています。


「キレイになりたい」「若くありたい」などのゴールですね。


これらのゴールでも悪くはないのですが、もう少しゴールを広げてみましょう。



「キレイになって何をやりたいのか」

「若くなってどうしたいのか」

を考えてみましょう。


以前健康のお話をしましたが、健康な状態はあくまで手段であって目的ではありませんでした。


今回の場合も同じです。

若くなる、キレイになることはあくまで手段であって目的ではないのです。



キレイになって賞賛をあびたいでも、若くなって服を着こなしたいでもいいのです。


自分が本当にやりたいことならゴールは何でもいいのです。


一人よがりなことでいいのです。

まずはゴールを設定しましょう。



ただ、ここで注意したいことは、今の状態で達成できそうなゴールは避けることです。


なぜなら、現状を維持しているだけで達成できるなら無意識は今の状態を維持し続けるからです。


無駄な労力を使わなくて済みますし楽ですからね。

ですが、これでは変われるものも変われません。


ですから、無意識の働きをうまく使うためにも自分が考えたゴールを膨らませる必要があるのです。


まずは10倍くらいからですね。

それ以上でもかまいません。


もちろん、他者と比較する必要はありません。

自分の中で大きいと思っていればそれでいいのです。


自分のゴールですから。



再度言いますが、目的と手段を混同しないようにしましょう。


目的がはっきりしていると手段もおのずと見えてきますよ。

若々しくあるために

ただ年が若ければ良いというわけではないとお話しました。


十代や二十代でも若く見えない方が存在します。

学生でもそのような方はいるのです。


これは外見的なことを言っているのではありません。



そもそも若々しく見える、あるいは感じると言っていますが、何をもって若々しいとしているのでしょうか?


あなたの”若々しい”イメージとはなんですか?


ボクの場合「笑顔、元気、イキイキ」などが若々しいイメージです。


あなたもこのようなイメージを持っているのではないでしょうか。



しかし、こんなことをいちいち考えなくても、その人を前にしたら「あ、この人若々しいな」と感じることができると思います。


大抵の方は雰囲気で判断しているのです。


見た目も確かにあると思いますが、その人が持っている雰囲気、エネルギーを感じているのです。


それが若々しく見えているのです。



この若い雰囲気はいくら外面を変えようとしてもなかなか持てるものではありません。


いきなり70歳の方が20歳になるような劇的な変化でも起こらない限り難しいでしょう。


それに時間もかかります。


ですから、若々しくなりたいなら外面だけでなく内面も変える必要があるのです。



先ほどのイメージで説明すると、若々しくなるために必要なことは笑顔で、元気で、イキイキとしていることです。


どこかで聞いたような言葉ですよね?


これはブログでお話しているゴール(夢、目標等)を目指している状態と同じですよね。


つまりはゴールを持って、そこに進んでいっている方が若々しく見えるのです。


自分の本当に達成したいゴールを目指している方、達成しようとしている方が若々しいエネルギーを発しているのです。


これを押さえておいてください。



この話を踏まえると、若い世代でも若く見えない方がいるという話も見えてくると思います。


自分のゴールがないのです。


若いのに大人の価値観に縛られ自分のゴールが持てていないのです。


だから若く見えない方がいるのです。



ですから、若々しくありたいならゴールを持ちましょう。

自分が本当にやりたいことを探しましょう。


それが若々しくあるために重要な要素ですよ。
プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR