当たり前のものにするために

「ブログの内容を実践する際は確信しよう」と話していますが、イマイチ分からない方や勘違いしている方もいるようですね。


まず話しておきますが、「信じること」と「信じようとすること」は違います。


前者は”あることが前提”の考え方ですが、後者は”自分は違うと思っているのに、自分の意思を捻じ曲げてそのように思い込もうとしている”のです。


全く違うものだということを理解してください。



”確信”とは、疑うものではないのです。

”当たり前のもの”なのです。


例えば、「何故見ることができるのですか?」と言われても、「何を当たり前のことを?」と思うでしょう。

例えば、「何故話すことができるのですか?」と言われても、「何を当然のことを……」と思うでしょう。


上例のようなことを「信じようとする」とは言いませんよね?


これが確信です。



しかし、これが幽霊や気のようなものになると、とたんに確信がなくなります。


何故だと思いますか?



言葉は目に見えませんし、空気も目に見えません。

触ることもできません。


しかし、私達はその存在を確信しています。

当たり前に思っています。


それなのに、同じように目に見えない幽霊や気は信じられないのです。


何故でしょうね?



これは、”体感の有無”の差です。



言葉は毎日扱い、体感しています。

空気も毎日吸って、その存在を感じています。


しかし、気や幽霊は毎日その存在を感じていません。


ですから信じられないのです。

確信できないのです。



今まで触れてこなかったものをいきなり信じようとするなど、そうそうできるものではありません。


しかし、”毎日”その存在を意識し、体感していけば自然と信じられるようになります。

はじめは疑心暗鬼でも、繰り返していくと当たり前になります。


気なら気功師に行ってもらうと一発で体感できますから、最寄の気功院に行ってみましょう。

自分自身で行ってもいいのですが、時間が掛かると思いますから。



元気になるために気を扱いたいのなら、毎日意識して、体感して、気の存在を当たり前のものにしていってください。


気が当たり前になると、「これかな?」とか「これでいいの?」とは思わず、「これだ!」と思えるようになります。


これが確信です。

”疑問などありえない”のです。



気は毎日行っていけば、自然と確信できるようになります。

いつの間にか確信しているようになります。


言葉や呼吸と同じレベルで扱うことができるようになるのです。


確信するためにも毎日実践し、体感していってください。

体感を増やしていってください。


元”気”という言葉を意識していきましょう。


もちろん気だけではなく、コーチングやアファメーションなどにも確信は必要ですよ?


頭の中で起こっている原理を理解してから実践していってください。

気功師が行っていること

以前、気は情報エネルギーだと話しました。

携帯電話の電波のようなものだと。


そのため、本人の情報世界(仮想世界、心、コンフォートゾーン)の中に気がないと、気は効果を発揮しません。

電波がない状態では携帯電話を使えないのと一緒です。


気の存在を確信していただかないと、いくら気功で良くなろうとしても効果が出ないのです。


「気はある・なし」と思うのは自由ですが、気を扱うのなら「気はある!」と確信してください。



さて、気功師がどのようにして患者に影響を与えているのかですが、それを話す前に確認しておくべき機能があります。


まず、生命体には”恒常性維持機能(ホメオスタシス)”があります。

中学の理科で習ったことでしょう。


暑ければ汗をかき、寒ければ震えて熱を出して、おおよそ36.5度に体温を維持しているのもこの機能のお陰です。


上記は物理的なものに対して”フィードバック”が働いていますが、恒常性維持機能とは、情報に対しても”フィードバック”が働きます。

小説を読んで涙を流したとか、映画を見て震え上がったなどは、まさしくこの例です。


情報で身体情報に影響が出てしまうのです。



また、生命体には”同調作用”があります。


女性が共同生活をしていると、生理周期が同調してくるという報告があるのですが、これは”ホメオスタシス同調”によるものです。


この機能は、生命体が集団生活をする上で必要だったのです。

サバンナなどでは季節により大移動がありますし、子育ても同じような時期に行いますからね。


この同調作用ですが、片方が一方的に影響を与えているのではなく、お互いに影響しあっています。

ですが、これには法則があり、”より影響の強い方”に引っ張られるのです。


例えば、80度のお湯700mlに、10度の水100mlを入れたらどうなるでしょうか?

強い方に影響されるとは、こういうことです。



では、上記のことを押さえた上で、気功師が行っていることを説明しましょう。


気功師が、「患者がよくなっている姿を強烈にイメージして気を送ると、その情報がホメオスタシス同調により患者に伝わり、そのフィードバックで患者は元気になってしまう」のです。


もちろん、気功師も患者との同調作用によりフィードバックが起こるのですが、気功師が気を送る際は、自身の情報を圧倒的の大きくしてその影響を受けないようにしています。

例えば、地球と人間くらいの差があれば、末期がんの患者からフィードバックがあっても何ともありません。


「自身の情報を大きくするって?」という方がいるのですが、これは気の訓練を行っていけば分かるようになります。

実践していってください。



また、遠隔気功ですが、「気は電波のようなものだ」と話したように、患者が何処にいても個人を特定できるのなら情報を伝えられます。


携帯電話の場合は電話番号やメールアドレスですが、気功の場合は患者を特定できる情報があれば気を送ることができるのです。


ですから、先日「ペットに遠隔気功を送る際は情報を送ってください」と話したのです。


情報がなければ気を送ることができませんからね。



気については何となくイメージできましたか?



気功は、車や自転車、一輪車のように、毎日練習していかないと上達しません。


プロのスポーツ選手は、プロだから練習しないということはありませんよね?

むしろ、一般の方よりも多くの練習をこなしています。


気功も同じです。


毎日練習していくしかないのです。


気功を使って元気になるのなら、毎日気を意識していってください。


気の存在を意識するだけで、気はあると確信しているようなものですから。



太陽からエネルギーを貰って元気になっているイメージをしてみましょう。

身体の隅々まで光り輝いているイメージをしてみましょう。

全身に光のエネルギーが行き渡り、元気になっているイメージをしてみましょう。


これが気功なのです。


簡単でしょう?


毎日意識していってください。

気を乱さないために(食事編)

食事から気を貰う話をしましたが、現在の食品は、”生物の欲求を強める(煩悩に支配される)モノ”が大量に入っています。


それは”添加物や砂糖”です。


いつも話しているモノですね。

これらには強い依存性があるため、これらが大量に入っている食品はなるべく摂らないようにしてください。


これらを大量に摂取してしまうと、”薬や糖分からのフィードバックにより、欲求をコントロール不能な事態に”なりかねません。


ヒトによって閾値が違うため、どのくらいとは言えませんが、

・ついついジャンクフードに手を伸ばしてしまう

・食べ過ぎてしまう

・いくら食べても満足しない

・イライラがおさまらない

・調子が悪い

などの症状が出ている場合は疑ってください。


食品に振り回されている方は、一度、食事についてじっくり考えましょう。


このような”気が乱れている状態”では、食事に集中できませんから気を貰うことが難しくなります。



また、お酒の量も抑えてください。

お酒を体内に入れてしまうと、気が乱れます。


ヒトによって分解酵素の量が違うため、これも量については何とも言えませんが、気功師としてはオススメできません。

気功を行っている立場からすると、気が乱される要因は排除しなければいけませんから。


まあ、私はお酒がほとんど飲めないので排除しているだけです。

本格的に気功をするのなら排除した方がいいですが、食事から気を貰う場合、酔わなければいいでしょう。



他にも、気を乱される要因は多々あります。


薬、煙草、環境、言葉、ストレスなどでしょうか。

体内に影響を与えるモノ全てを見直してください。


肉体的にも精神的にもです。



「食事から気を貰わなくても元気になれるでしょ?」という方もいますが、気を扱うのなら”常に”意識してください。

その方が”より元気に”なれますから。


そこまで求めていないのかもしれませんが、「気を使って元気になる!」というのなら、常に意識しなければ始まりません。


以前、「気は電波のようなものだ」と話しましたよね?

意識しなければ、”あなたの情報世界の中に”気が存在しないことになってしまいます。


そのような状態では、何をしても気を貰うことなどできません。

あなたの中に気がないのですから、貰いようがないのです。

電波がない携帯電話と同じです。


ですから、常に意識していく必要があるのです。



時々やるのではありませんよ?


”常に意識していく”のです。


元気になるのでしたら、「これくらいはできて当然!」と思いましょう。


慣れてくると、無意識が勝手に行うようになります。


それくらいまで意識していってください。



そもそも、気を貰うのは何のためでしょうか?

何故、「気を扱おう」と思ったのですか?



それは”ゴールがあるから”です。


「元気になってやりたいことをやる!」というゴールがあるから、気を貰うし扱うのです。


”大前提にゴールがある”ことを忘れないでください。


”ゴールを常に意識”していってください。

そうすれば、気も常に意識することができます。


慣れてくれば簡単にできるようになります。

毎日続けていってくださいね。

これが本当の「いただきます」

先日、「食べている命を感じていこう」と話しましたが、これは食材が持っている”気を貰う”ということです。


例えば、キャベツがあったとしたら、土に含まれる養分や太陽エネルギーや空気や水を何ヶ月もかけて貰い、育ってきたのです。

それをあなたが食べているのです。


肉類などさらに複雑です。

動物は上記の植物を食べ、自身でも水を飲み、空気や太陽エネルギーを得て、何ヶ月も何年もかけて成長しているのです。


”それを”私達は食べているのです。

その”全てのエネルギーを”食べているのです。


これが”食事から気を貰う”という行為なのです。



正直なところ、誰かと話しながら、テレビを見ながらの食事はオススメしません。

楽しく食べられればいいとも思うのですが、気を貰うのなら、きちんと食材に意識を向けてください。


漫然とモノを口に運ばないでください。


食事前の「いただきます」とは、「あなたの命をいただきます」という意味です。


命を食べているのに、何故意識を向けないのでしょうか?



これができない方が、「アレが肌にいい」「コレは胃腸にいい」などと言うのです。

これができない方は、何を摂取しても健康にはなれません。



あなたは生きていますよね?

ですが、あなたが食べている植物や動物も”生きていた”のです。


あなたが”生きるために死んだ”のです。

あなたが”生きるために殺した”のです。


生きていた動植物も殺される時は辛かったでしょう。

苦しかったでしょう。


そういうことを全て考えていく必要があるのです。


人だけが生きているのではありません。

人だけが特別なのではありません。


等しく命なのです。

力があれば何をしても、命を弄んでいいわけでもありません。


生きるとは”他を殺すこと”です。


因果応報という言葉もありますから、その時はその時でしょう。

それを理解もせず、一体どうやって生きていくのでしょうか。



生活習慣病を患っている方は、感謝が足りません。

食べ過ぎで病気になっている方が、何故感謝できていると思うのですか?


食べている命を大切に思えるのなら、食べ過ぎることなどありません。



今の世の中で、日々の食事に感謝している方はどれ程いるのでしょうか?

水が飲めることや温かい食事がどれ程幸せか、理解できる方はいるのでしょうか?


震災にあった方なら分かると思うのですが、それでも人は慣れてしまうとそれを忘れてしまいます。

脳が順応してしまうからです。


ですから、日々の食事を意識していくのです。

毎日、食材に意識を向けていくのです。


これも慣れてくると、普通に食材を見ただけでイメージが湧きますし、食べただけでエネルギーを得られるようになります。

誰かと話しながらでもエネルギーを得られるようになります。


日々、実践していきましょう。



食料品が溢れかえっている世の中ですから、それはそのまま”煩悩で溢れかえっている”とも言えます。


ヒトとして生きていくのなら、その煩悩を”コントロール”していきましょう。


煩悩が主導権を握るのではなく、”あなたが”主導権を握ってください。


これも、抽象度を上げていけばコントロールできるようになります。



食事から気を貰い、元気になっていきましょう。

毎日、食事に感謝していってください。


目の前の食材が生きていた時を”イメージして”ください。

そのエネルギーをいただきましょう。


それができるようになると、圧倒的に良くなりますよ。

ルールがあります

気功やコーチングで自分の情報世界が変わると身体は激変しますが、これには限度があります。

”物理世界の法則”に縛られるのです。


情報世界・物理世界と言っていますが、物理世界は情報世界の”下”に位置します。

気になる方は、抽象度を上げたり下げたりして考えてみてください。



違う見方をすると、情報世界は”自分だけのもの”ですが、物理世界は”他と共有できる世界”ですよね?


そこで、”共有するためのルール”が必要になってくるのです。

それを物理法則と言っているのです。


全ての生命体が、自分の情報世界と同様に共有世界で生活すると、ハチャメチャになり共有できなくなってしまいます。


例えば、赤信号で止まることは交通のルールですが、それを無視した方ばかりいたらどのような世界になってしまいますか?

とても皆で共有することなどできないでしょう。


ですから、そのようなルールがあるのです。



物理法則に縛られる例としては、男性が子どもを産むとか、無くなった腕を生やすとか、開放骨折を何もせずに治すとかが無理だということです。

破裂した動脈を気功で治すなど無理な話です。

それは外科医の仕事でしょう。


ですが、これらは将来的には分かりませんよ?

細胞を植え付けるだけで腕を生やせるかもしれませんし、量子変換で男性が女性になれるかもしれません。


現在の科学では不可能そうなことは起こらないということなのです。


あまり難しく考えないでください。



怪我や病気なら、気功で圧倒的に早く治ります。

今まで薬や添加物を大量に摂っていた方が、摂らなくなるということも起こります。


食生活やライフスタイルも変わってしまうのです。

情報世界が変わると、今までの行動も変わりますし選択も変わります。


”基準”が変わってしまうのです。


新しいコンフォートゾーンに移行したために、今までの基準からずれたのです。


この程度のことなら当たり前のように起こります。



病気とは、自身が機能低下を起こしているか、外敵から身体を守っているかです。

両方が原因ということもありますが、それなら、”自身の機能を上げれば問題は解決”します。


それを手伝っているのが気功なのです。


気功を一人ひとりが行えば、医療問題は解決します。

皆が元気なら、病院の世話になどなりません。


医師が必要なときは、緊急の手術くらいでしょう。



生命体は元々治る機能を持っています。


それを高めていきましょう。


まずは自分の身体を信じることからはじめましょうか。


「いつもありがとう!」「今日もすごく元気!」「笑顔が素敵!」と言ってあげてください。


自分の身体を褒めてあげてください。


これだけでも身体は変わりますよ?



毎日アファメーションを唱え、何十回も何百回も褒めてあげてください。


そうすれば、自分を信じることはできます。


実践あるのみです。


良くなっていくのは”あなた”なのです。


癖になるまで続けてください。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR