気功を習うのなら

「気功を習いたいんだけど、どんな気功でもいいの?」という方がいたのですが、そもそも気功の流派は大量にあります。

本場中国では、少なくとも1千以上あるそうです。


その中から自分にあったものを探そうとしても、自分にあったものがどれか分からないという状態に直面するでしょう。


と言いますか、気功の大本を理解していると、何故これほどまでに大量の流派があるのかが理解できます。



気功とは、つまるところ『情報のやりとり』です。


例えば、病人や怪我人に対して気を送る場合を考えてみましょう。


気功師は、病人や怪我人に対して「治れ!!」「良くなれ!」といった気を送ります。

それが相手に伝わり、元気になってしまうのです。


本当に大雑把ですが、気功とはこういうものです。

自分の情報を相手に伝えているのです。



重要なことは、”自分の心の中の情報”を伝えている点です。



心とは、一人ひとり違います。


見ているもの感じているものは、たとえ一卵性双生児であっても違います。


それが心です。


「何を当たり前なことを……」と思っているかもしれませんが、これが本当に重要です。



気功とは、”自分の心”の情報を相手に伝える術なのですから、”気を扱う人によって”送る情報や術が変わってきます。


これが大量の流派が発生した理由です。


人の心は一人ひとり違うのですから、気功の流派など実質無限大に増え続けてしまうのです。



ですから、あなたが気功を信じられたのなら、『あなた式の気功』という看板を立ててもいいのです。


実際にはたくさん学ぶことがあるのですが、気功の本質はここです。


自分の気(情報)を送るのですから、誰にも真似はできません。

バックグラウンドも性格も何もかも違うからですね。



話を戻しますが、気功を学びたいのならまずはこのブログから学んでください。

私も多少なりと話していますから。


その後、最寄りの気功師に気をかけてもらうといいでしょう。


気は体感がものを言いますから、言葉で説明されても理解しきれません。

ですから、ブログである程度学んでから体感してください。


別にブログでなくとも、気功師が出している書籍を10冊程度読んでから気功院に行ってみるでもいいのです。


学ぶというのなら、最低でも同じ分野の書籍を数冊以上は読んでください。


これくらいしないと、新しい認識(ゲシュタルト)が作られないからです。



以前も話しましたが、ゲシュタルトが作られないとその運用方法が分からなくなります。


例えば、四則演算ができないのに数学のテストを受けるようなものです。

例えば、アクセル、ブレーキがどれか分からないのに車の運転をするようなものです。


ある程度中身を理解していないと、それを用いることができないのです。


これは気功も同じです。


頭で理解することは頭で理解しましょう。


まあ、気功は”体感がメイン”ですから、東洋医学を全て学ばなくてもいいのですが。



私がブログで話している気功なら、誰にでも可能です。


触り程度に感じるかもしれませんが、私が話していることは基礎的なことです。


しかし、極めれば奥義になってしまうものです。



気功とは、情報を自由自在に扱う術ですから、瞑想も気功と言えます。

瞑想は、心の中の情報を自由に扱うものですからね。


瞑想で分からなければ、イメージ力とでも言いましょうか。


五感で感じるくらいの臨場感を持ったイメージができれば、気功も上達していきます。


瞑想についても私は話していますから、それも参考にしてみてください。



気功とは、毎日コツコツと実践していくものです。

一時的に実践すれば終わりというものではありません。


一日5分、10分でもいいので、毎日続けていきましょう。

とにかく続けることが大切なのです。


毎日良い気を創り出していってください。


そうすれば、どんどん気の扱いが上手になっていきますよ。

あくまで一手段

気功についてはある程度話しましたから、後は自分自身で実践していってください。

気功は”本当に”体感が重要ですから、言葉にするだけでは意味を成しません。


自分で実践して、体感して、ようやくモノになります。

身体で覚える必要があるのです。


例えば、自転車や一輪車に乗るときに練習をしませんでしたか?

そして乗れるようになったら、頭で色々と考えなくても乗れるようになっていませんか?


身体で覚えるとはこういうことです。


気功も慣れてしまうと当たり前のように使えます。

身体が使い方を覚えてしまいます。


これは慣れの問題なので、毎日実践するしかありません。


とにかく実践しましょう。



そして遠隔気功の話をしておきますが、遠隔気功を受けるのなら何日か続けて受けた方が効果が出ます。


少なくとも、重病の方は一週間以上続けて受けてください。

まあ、そこまでいくと対面でのコーチングが必要ですが。


遠隔気功はあくまで一手段ですから、私はこれだけで良くしていこうとは考えていません。


”色々と使って”元気にしていくという考えです。


治るために、元気になるために『医学も科学も非科学も全て使えばいい』のです。


そういうものではありませんか?


手を出しすぎて逆に心と身体へ負担を掛けている方もいますが、それはブログ内で学んでいってください。

どうすればいいのか書いてあります。


遠隔気功は、本来なら対面での気功を行ってからの方が効果が出ます。

しかし、気功を信じているのなら遠隔気功だけでも十分な効果は出ます。


私に遠隔気功をしてほしいのなら、信じられるようになってからにしましょう。

体感を得てからにしてください。



そしてこれも話しておきますが、気功などのサービス業についてです。


私は善くも悪くも平等です。

人のみを贔屓にすることはありません。


ですから、「子どもが可哀想でしょう?」などと同情を誘う方はお断りしています。


この方達がしていることは、レストランや映画館に行って「高いから無料にして」と言っているのと同じなのです。


私は、いくら相手が可哀想であろうと、私にどうにかする力があろうと、求められ、そして対価を得られなければ応じません。


サービス業とは、サービスを提供する”代わりに”対価を受け取るものです。

ですから、対価が払えないのなら他を当たってください。


現代社会とはそういうものです。



飛行機も、ファーストクラスからエコノミークラスまであります。

行き先は同じなのに、サービスの種類によって支払う対価が異なります。


同じように、私の気功やコーチングが高ければ他の方を当たればいいのです。

それだけでいいのです。


サービスの問題ですから。


日本人は、サービスというものを理解していません。

いえ、大人よりも”子どもの方が”よく理解しています。


まあ、私のブログも無料ではありえないような内容なのですが、小学生も対象にしていますからそれは置いておきましょう。


その子達が大きくなって自分のゴールへ向かってくれれば、それが私のゴールへと繋がります。


ブログを切欠にしてゴールへ向かっていってください。

それだけの内容ですよ。



気功について、それを受ける際の注意事項については一通り話したと思います。


折角このブログへ辿り着いたのです。


”色々と使って”元気になっていってください。


手段は一つだけではありません。


そして、それを探すためにも知識を得ていきましょう。

本当は『ある』

7、8月分の気功カテゴリを読めば、気については何となく分かると思います。


しかし、科学とは発展途上であり、現在の科学力で全てが分かるなどありえません。

認知科学的に気功の説明をしてはいますが、”それが全てではない”のです。


実際に気功を行ってみると、物理法則に当てはまらないものが出てきます。

それらを説明しようとしても、現在の科学力では証明できないのです。



つまり、”気は本当にある”のですよ。


まあ、これを言ってしまうと、スピリチュアルなども肯定していると同義なので顰蹙を買いそうですが……



気功の効果がただの思い込みであると思われてしまうと、その程度の効果しか出せません。


私が話している思い込みとは無意識レベルの思い込みなので、体感がない方には分からないのです。


例えば、あなたは思い込みだけで物理的に触れてもいない指を傷つけられますか?


私が話す思い込みとは、こういうレベルなのです。



『イメージに対して臨場感を感じること』を、ただの思い込みと思わないでください。


思い込みでは不純です。

思い込み”過ぎる”くらいで丁度いいのです。


とは言うものの、いきなりこのレベルをできるようになることはまず不可能です。


これらは毎日続けていくことにより体感できるものですから。



ですから、そんなものを待っていられない方のために、この際言ってしまいます。



『未知のものは本当にあります』



ただし、それが目に見えるかどうかは”別”です。


空気や赤外線、磁場や重力などのように、目に見えなくても効果を及ぼせるものは大量にあります。


特に効果を及ぼさなくても、ニュートリノのように大量に人体を通過しているものもあります。


手に取れるものが全てではないのです。


私は一応気と呼んでいますが、正直違う呼び名の方がいいと思っています。


しかし、ここで特定の呼び名をつけてしまうと効果が限定されますから、”気”としておきましょう。


”それ”は、本来ならもっと力のあるものなのです。

その一部分を、ほんの少し抽出しているだけなのです。


それを気と呼んでいるのです。



本当にあると分かれば、気の存在を少しは信じられませんか?


存在を確信していると、それがそのまま臨場感にプラスされます。

実際にあると思っていると、それ以上の効果が出ます。


つまり、今まで認知科学的な気の効果しかないと思っていたものが、実際にはまだあったということです。


例えば、認知科学と実際の気で半分ずつの効果があるということは、当初よりも二倍の効果があるということです。

認知科学で一割の効果、実際の気で九割の効果があるとすれば、当初よりも10倍の効果が出ます。


実際にあると思うことは良いことなのです。


科学で全て説明できるとは思わず、もっと信じてみましょう。



あると思えばあるのですよ。



未知のものがあるのなら幽霊などもいるかもしれませんが、この場合、”自分ルール”を決めてしまいましょう。


『ポジティブになるのなら使えばいい』のです。

『ネガティブになるのなら使わなければいい』のです。


これを基準にしてください。


脅されるなどしていなければ、好きに信じればいいのです。

楽しそうだと思うのなら、好きに信じましょう。


それが力になります。



気が本当にあると思っていれば、科学で説明した以上の力が出ます。


元気になりたい、あるいは元気にしたいと思っているのなら、”そういうものがある”と信じましょう。


科学や他者の言葉など、どうでもいいのです。


信じたいものを信じてください。


自分の限界を突破しましょう。

臨場感を感じるために(気功編)

気を扱う時は非常識になりましょうと話しましたが、それくらいの方が臨場感が高まるからです。


頭で論理的に考えてしまうと、それだけで臨場感を感じることが難しくなります。


臨場感を感じるとは、情報に対して”情動”が付随している状態です。


情動は大脳辺縁系の働きですが、イメージや論理的思考などは前頭前野の働きです。

大脳辺縁系は動物脳、前頭前野がある大脳新皮質は人間脳と言われています。


それらを繋ぎ合わせて臨場感というものが発生しているのです。


この時、”論理的思考のみ”を優位にしてしまうと、大脳辺縁系の機能は抑えられます。


つまり、情動がなくなってしまうのです。

これでは臨場感を感じることができません。



例えば、ホラー映画に対して、この場面ではカメラでこう撮っているとか、こういう演出をしているとか、色々と分析しながら見ている状態です。


この状態では、映画を素直に楽しむことができません。


分析優先になってしまい、こんなこと実際にはないとか、ただの作り話だとか思ってしまうのです。


論理的思考が優位な状態では、イメージに対して臨場感を感じることができなくなります。

イメージだから実際には起こらないとか、所詮ただの妄想だとか考えてしまうのです。


ですから、イメージに臨場感を感じる場合、理屈など抜きにしてイメージを感じる必要があるのです。


映画や小説を純粋に楽しむように感じるのです。


なお、映画を見るようにイメージしてしまうと主体性がなくなり臨場感を感じられなくなりますから、自分が舞台に立って楽しんでいるようにイメージしましょう。


臨場感を感じる場合、頭で分析したり、屁理屈を捏ねたりしないでください。

論理的思考は、イメージに臨場感を感じる際には邪魔になります。


それを押さえておきましょう。



これが分かると、先日話した非常識になろうという意味が分かると思います。


常識的に考えていては、臨場感を感じられないのです。

論理的思考を優位にしてしまうと、情動が抑えられるのです。


言ってしまえば、頭のおかしい人が一番いいのですよ。

逆に、確信犯では効果が出ません。


確信犯はウソをついていると自分で認識していますが、頭のおかしい人は本気でそれを信じています。

その違いが臨場感に表れるのです。


教祖が病気を治してしまうのはこのためです。


ウソはついていないのです。

自分は本気で治せると思っているのです。


確信しているのですよ。


ですから、変な宗教に嵌ってしまう人が出てくるのです。

本人にとっては、その人が救世主ですから。


常識人からしてみれば、気功師も頭のおかしい人間でしょうね。

もちろん私も。



イメージに臨場感を感じられない方は、頭で色々と考えすぎなのです。


現実には起こらないと考えていませんか?


それが臨場感の違いです。


何度も体感しようと言っているのはこのためです。


本人が確信するまで実践するしかないのですよ。



気功で他者を治すレベルになるには、強烈な臨場感が必要です。


頭で色々と考えていては達成できません。

論理的思考を優位にしてしまうと、そこで臨場感が薄れてしまいます。


以前、幻覚を見てしまってもいいと話しましたよね。

これは強烈な臨場感が発生するためです。


視覚だけではなく、嗅覚、聴覚、触覚、味覚全てにおいて、幻覚を感じられれば凄まじい臨場感になります。


もちろん、ここまでしなくても元気になることはできます


”臨場感を感じる”ということが分かればいいのです。


なお、幻覚が気になる方は毎日練習してください。

これは慣れの問題です。



臨場感を感じる前に、頭である程度の仕組みを理解することは必要ですが、それより先に論理は必要ありません。


むしろ、論理的に考えてしまうと情動が抑制されます。


イメージに臨場感を感じたいのなら、アレコレ考えず純粋に楽しんでください。

こういうところが、大人と子どもの違いでもあるのです。


自分に対してでも他者に対してでも、気功を行うのなら臨場感は絶対に必要です。


もし、宇宙のイメージに対して臨場感を感じられない方は、まずは太陽の光を浴びながら実践してみましょう。


「ポカポカして温かい」とか「眩しい」とか、色々な体感があると思います。


それとイメージを繋ぎ合わせるということを何度もしてください。


さらに、そこに楽しいとか嬉しいとかポジティブな情動も付け加えてください。


こういうことを繰り返していくと、段々とイメージに対して臨場感を感じられるようになります。


できることなら、宇宙の外側に臨場感を感じてみてもいいのです。


常識的なイメージは必要ありませんよ。



上記のようなことは、はっきり言ってかなり地味な作業です。


何十分も何時間も何日も同じようなイメージをしたり、イメージと体感を繋ぎ合わせたり、情動を強めてイメージと一体化させたりします。


本当に地道な修行が必要なのです。


ですが、少しずつでも続けていけば元気になれますから、毎日続けていきましょう。


続けていけば元気になれます。


ゴールへ向かいたいと思っているのなら、続けていってください。


毎日30分とか1時間とか時間を決めて行いましょう。


もちろん、一日中やってもいいんですよ。

情報とは(気功編)

先日の説明で気について分からない方は、おそらく『イメージで変わる』『心が伝わる』という部分が分からないのだと思います。

『情報の伝達』という部分がはっきりしないのでしょう。


ですが、これらは日常でも使用していることです。


例えば、ニコニコしている人の近くにいると楽しくなりませんか?


例えば、怒っている人の近くにいると嫌な気分になりませんか?


情報が伝わるとはこういうことです。



また、テレビや映画などは物理的にはただのスクリーンであって、自分が物理的に動いているわけではありません。

そうであるのに、ハラハラしたり、笑ったり、泣いたり、怒ったりできるのです。


ここでも情報の影響を受けています。


さらに、ストレスを考えてみましょう。


精神的なストレスによって身体を壊すことは医学的にも証明されています。

そうでなければ、うつになどなりません。


現代には、情報に対して影響を受けるという証拠がこれだけあるのです。



おそらく、情報をソフトウェアのようなものだと認識してしまっているのかもしれませんが、私が話している情報とは、”物理的なものも含む全て”です。


”構成要素全て”のことを指しています。


ですから、物理的なものも全て情報に書き換えることが可能です。


例えば、スマートフォンだったらスペックという情報があります。

他にも、使用年数だったり、個体特有の傷がついていたりと色々な情報があります。

GPSのように、現在位置を座標として特定することもできます。


物理的なものは、全て情報に変換できるのです。



例えば、あなた自身の情報を抜き出してみてください。


親、出身校、血液型、友人、身長、体重、性格、癖、趣味、嗜好などなど、色々と情報が出てくるでしょう。


また、遺伝子が人体の設計図として機能しているのは知っているはずです。

これも立派な情報です。


それら全てを集めて、あなたという人間ができあがっているのです。


これが分かれば、情報の意味が何となく分かるでしょう。


あなたが”心で思ったことも情報”なのです。

あなたの”脳内のイメージも情報”なのです。



これを確信するためには、自分で実践するしかありません。

毎日続けるしか方法はありません。


体感がモノをいうものですから、言葉で理解させることは実質不可能です。


相手が自分と全く同じ体感を持つなど、人格や、体験してきたことが全く同じでもなければ、たとえ一卵性双生児だとしても不可能です。


双生児は似通ってはいますが、全く同じということは、三次元的な動きから何からが全て同じということです。

これでは、現実世界では重なり合うことになりますから不可能なのですよ。


少しでもズレていれば、それはもう別個体です。


よって、自分自身で実践し、体感するしかありません。



心で思ったことが伝わるということは、冒頭で話したようなことです。


つまり、楽しい気持ちの人の近くにいると、こちらも楽しくなるということです。

嬉しい気持ちの人の近くにいると、こちらも嬉しくなるということです。


これを強烈にしたものが気功と思ってもらえればいいでしょう。


これらは、意図的にやっているのか、無意識にやっているかの違いしかありません。


やろうと思えばできるのです。



例えば、ポジティブな言葉のみを使用しながら誰かと接してみてください。

相手に情報が伝わるという意味が分かると思います。


1000個程ポジティブな言葉を使用してからでもいいですよ。


逆に、ネガティブなことばかり考えていれば、それが相手に伝わります。


試しに店員に対して、どちらも実践してみれば優位な差を感じられるでしょう。

こちらが楽しくなれば、相手も楽しくなるのです。


これは誰でもできます。

やるかやらないかです。



気功も原理は同じと思ってください。


こちらが強烈に思ったことが、相手に伝わるのです。

それが気功です。


生命は不思議な力を持っています。

それを理解するいい機会ですから、どんどん実践していってください。


そうすれば、”その先”も見えるようになります。


現在の科学で全てが解ると思わないことです。

限界を決めるのは時期尚早です。


常識に囚われるとそれより先へ進めなくなります。

気を扱う時くらいは非常識になりましょう。


それくらいでいいんですよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR