治る為に何でも使った結果(怪我編)

今度は怪我をした場合のお話をしておきましょうか。


私がコーチングや色々なことを勉強し、それを物理的なものに初めて試したのが怪我をした時でした。


その時は背中に怪我をしてしまい、医者から一週間は歩けないと言われていました。


痛みで呼吸や寝返りが出来ないくらいでしたね。



その時に試したことが、病気編でお話した”イメージ”です。



「元気にやりたいことをやっているイメージ」

「細胞が修復・活性化されていくイメージ」

などをイメージし続けていました。



また、「不幸だ」「痛い」「辛い」と考えず、「死ななくて良かった」というように”楽観的”にも考えました。


もちろん、怪我をした時は痛くて、辛くてそれどころではありませんでしたが。。



大きな怪我をすると分かるのですが、身体にかなりの”力”が入るのです。


食いしばると言った方が分かりやすいでしょうか。


そのような状態でイメージを続けようとしても難しいです。


試しに、今両腕に思いっきり力を入れた状態でポジティブなイメージが出来るか試してみてください。


出来ても長くは続かないと思います。


そのような場合、”リラックス”をするのです。

全身の力を抜くのです。



”呼気と一緒に身体の力が抜けていく、痛みが抜けていくイメージをしながら”息を吐くのです。


身体をパーツごとに区切るとやり易いと思います。


右足が終わったら左足、右腕が終わったら左腕のように行えばいいのです。


もちろん、もっと小分けにしてもかまいません。



何度も続けていくと、次第に力も抜けていきますし、痛みも少なくなっていきます。


そして、その状態になってから上記のようなイメージをしていました。


起きている時はずっと行っていました。



そして、医者から一週間と言われていましたが、一日で歩けるようになりました。

まだ痛みはありましたけどね。


この時のことは未だに覚えています。


正直、ここまで良くなるとは思っていませんでしたから。



この時から「限界を決めるのはナンセンス」「他人の言葉を受け入れるかは自分次第」と思うようになりました。


身体は応えてくれるのです。

限界を決めるとその通りになってしまいます。


これは私が治るために何でも使った結果です。


「私だから出来た」と言われればそれまでですが、本当に治りたいなら何とかなってしまうものです。


参考にしてみてください。

治る為に何でも使った結果(病気編)

参考になればいいのですが、もし私が病気になった場合、治るためにどうするかをお話しましょう。


例えば風邪を引いた場合のお話をします。



私は、熱が40度を超えたり、痛みが酷すぎて休めないようなら別ですが、”薬は基本的に使用しません”。


”食事もせず”に水分とミネラル、ビタミンを補給して安静にしています。


身体が回復してくると、自然と食欲も湧いてきます。

心配する必要はありません。


食欲が無いのは、”身体が治そうと”頑張っているのです。


そこに食事を入れてしまうと、逆に身体に負荷をかけることになってしまいます。


ですから、ムリに食べることはしません。



汗が出ている時や暑い時は、身体が楽になるように冷やしたりもします。


ムリに汗をかこうともしません。



私のスタンスは、”身体が楽になるように”することです。


「アレがいい」「コレがいい」と聞いてそれに頼ることもしません。


自分の身体の反応に耳を傾けるのです。



そして、”自分が治ってやりたいことをやっているイメージ”もします。


気功も行いますが、それは置いておきましょう。


起きている間は、身体の反応に耳を傾け、自分の身体に感謝し、上記のイメージをし続けます。


寝てしまうまで続けるのです。



感謝とありますが、熱が出たり、だるかったりするのは、”自分の身体が治ろうと”している為に起こっている反応なのです。


ですから、それに感謝するのです。

「治ってくれてありがとう!」

「さすが私!」

「すぐ良くなる!」

と心の中で言うのです。


この治ろうとする反応に文句を言うことは、”治ろうとすること自体”を否定することに繋がります。


自分で自分を否定してしまっては治るものも治りません。


それでも身体は治ろうとしますが、治る速度も遅くなります。


ですから、「肯定する」「褒める」「感謝する」ということを行うのです。


これは、私がコーチングでお話している”自分を褒める”という行為ですよね。


試した方でないと効果は分からないと思いますが。



ここ一年以上風邪を引いていないのですが、上記のことをして休んだら一日で治りました。


多少の症状は出ましたが、熱も下がりましたし、だるさもありませんでした。



治る為に自分の持っているものを何でも使った結果がこれです。


「治るには時間がかかる」と誰が決めたのでしょうか?


治るのは自分自身です。

そんなもの自分で決めればいいのです。


自分の身体を信じましょう。

限界を決める必要はありませんよ。
プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR