自己評価判別法

先日の話はネガティブだと自覚していることが前提でしたが、自分自身が気付いていないだけで自己評価が下がっているという方もいます。

そのため、自己評価が下がっている方の特徴を以下にまとめます。


当てはまるものがある場合、よく考え、自分を見つめなおしてください。

そして、そこから自己評価を高めていきましょう。



①悪口ばかり言う


これは、自己評価が下がっている方の典型例です。


自己評価が下がっている方は、”自身の心の安定のために”自分のポジション(立場、立ち位置)を変えることなく他者のポジションを貶めます。


その結果が悪口に繋がるのです。


例えば、数学のテストで60点の人が、それ以下の人を貶めるようなものです。

自分よりも上の人は見ないようにして、それ以下の人を貶めるのです。


しかし、自分のポジションは変わっていないのですから、悪口を言っても事実が変わることはありません。



なお、いじめ問題も自己評価が下がっているために起こります。

自己評価が高ければ自己完結しますから、他者の評価などどうでもいいのです。


よって、いじめなど起こりません。



②粗探しをする


これは、上記に含まれるのですが分けました。


自己評価が低い方は、自分よりもポジションが上の人は見ないようにしていますが、自分よりも劣っているところを見つけた瞬間猛攻撃します。


自分のポジションは変えずに、他者のポジションを引き摺り降ろそうとするのです。

自己評価が低い人は自身の心を守れるのなら、相手が自分よりも上だろうと下だろうと関係がありません。


ただ、自分は変わっていないのですから、その状態で幸せになれるのかと言われると……



③責任感が強い


責任感が強いことは良いように感じますが、これはその状態に縋っている可能性もあるからです。


どういう事かと言うと、自己評価が低いために自分に自信がなく、その結果、他のモノで埋めようとしているのです。


そのため、このような方は外に対して答えを求めます。


規律を守り、任されたことを厳守していれば、否定されることはありません。

むしろ賞賛されることが多いため、その状態に嵌ってしまうのです。


しかし、自己評価が低いため、常に心に不安が付きまといます。


また、「しなければならない」という強迫観念に囚われているため、その状態から抜け出したくても抜け出せないのです。



④ブランドに拘る


自分が好きで拘っているのなら良いのですが、ブランドというものに縋っているのなら問題です。


ブランド品はそれだけで価値があると思っている方が大多数ですが、いくら着飾ったところで本人はそのままです。


着飾った自分に価値があると錯覚しているだけなのです。


『価値があるのは自分!』という状態でなければ自己評価が高いとは言えません。



⑤経歴に拘る


これも上記に含まれますが分けました。


自己評価が低い方は過去に拘ります。


「今はパッとしないけど昔はすごかった。だから自分はすごい」というロジックなのです。


過去は過去であり、二度とやってきません。

また、過去の自分を引き合いに出し、今の自分を否定していることに気付いていません。


時間は未来から過去へと流れています。

明日は来ますが昨日は来ないのです。


どうせなら未来の自慢をしましょう。

これからやって来るものですからね。



⑥威張る


「自分はすごいんだ!」と思うことは良いのですが、それを他者に強要するのは問題です。


怒鳴り散らしたり、暴力をふるって自分が優位だと思うことは自己評価が低いために起こります。


要は不安なのです。

自分に自信がないのです。


それを誤魔化すために、自分が上なんだと知らしめているのです。


ただ、権力というものを楯にしているだけですから、本人がすごいわけではありません。

そもそも、社長が偉いのは会社内だけであり、一歩でも外に出ればただの人です。


他者を変えるのではなく、自分が変わっていくことが必要なのです。



以上、細分化すれば色々と出てきますが、これくらいにしておきましょう。


基本的に、自己評価が低い方は『自分は変わらず他者を自分よりも下げる』『自分は変わらず他で埋める』のです。


自分は変わらないのです。

ですが、これではゴールへ向かっていくことができません。


自己評価が低いために、自分はゴールへ向かうことができないと思ってしまうからです。



上記のようなことに思い当たる方は、先日の話の内容を実践していってください。

たとえネガティブでなくとも、自己評価が下がっていますから。


そして、自己評価が高まれば上記のような問題もなくなります。

自己評価が高い方は自分の評価”のみ”が重要なのであって、他者の賞賛などどうでもいいからです。


口では「あなたのお陰です」と言っていますが、本心では「私すごい!」という状態なのです。


また、『自分自身がすごい!!』のですから、ブランドや経歴などに縋ることもありません。

何かに依存することもなくなります。


自己評価が高い方は、”自分の中に答えがある”ことを知っています。

自分の外に答えを探しても、何処にも見つからないのです。



自己評価を上げていけば、慢性的な心の不安も消すことができます。

自信に溢れている状態ですから当然ですね。


自分自身を見つめなおし、自分が今どの辺りにいるのかを認識しましょう。


そして、そこから自己評価を高めていきましょう。


誰にでも可能なことなのです。


自分で考えて実践していってくださいね。

ネガティブな方がやること

今度はネガティブな方がやることを話します。

と言っても、ほとんど変わりません。


子ども、若者がやること
https://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-913.html

でも話したように、ゴールを設定し続けていくだけです。



ただ、ネガティブな方は自己評価がものすごく下がっていますから、何かをする意欲も無くなっています。

ゴール設定すら煩わしいと思うでしょう。


そのため、まずは『自己評価を上げる』ことから始めます。


自己評価、専門的には”エフィカシー”と呼ばれるものです。

エフィカシーには、『自分の能力に対する自己評価』という意味があります。


「自分にはできる!」という評価ですね。


これが高いと、やる気や自信に満ち溢れているように見えます。

「私はできる!」「ボクはできる!」と思える意識状態になっているからです。


逆に低いと、やる気がなくなり、何もする気が起こらなくなります。

「私にはできない……」「ボクには無理だ……」と思ってしまう意識状態になっているからです。


上記を見れば分かるように、ネガティブな方はエフィカシーが低くなっているから何もする気が起きないのです。

つまり、エフィカシーを高めれば問題は解決するわけです。


そして、エフィカシーを上げる方法はきちんと存在します。


シンプルですから誰にでも実践できますし、たとえどれだけエフィカシーが下がっていようと効果があります。



それは、『自分自身を褒めること』です。



では、お聞きします。



あなたは毎日、何回褒められていますか?

または、自分を褒めていますか?



おそらく、多くても数回ではないのでしょうか?

全く無い方もいるでしょう。


それが現状です。

ポジティブな自己評価をしていないのです。


逆に、ネガティブな自己評価をしていませんか?


「あぁ……」「またやっちゃった……」「もう!!」などのような言葉を使っていませんか?


上記のような言葉を、ネガティブなイメージの元に使っていませんか?


このような評価を繰り返していては、自己評価は下がる一方です。

今すぐ改善していきましょう。



エフィカシーは”自己評価”です。

”自分で”自分をポジティブに”評価”していかないと、上げようがありません。


ですから、毎日褒めていきましょう。

しかも、”行動を”褒めていきましょう。


何かを評価する場合、行動が付随するものです。

何もしない状態で褒められるなどありません。


これは、子どもを褒める時も同様です。


教育本などには、「褒めることが良い」と書いてありますが、鵜呑みにして何もしない状態でも褒めてしまうと、子どもの成長に悪影響を与えます。


子どもは、「自分は何もしなくても褒めてもらえるんだ」と勘違いしてしまい、自分から行動することができなくなってしまうからです。


エフィカシーは、”自分が行動するための評価”ですから、自分から行動しないと意味がないのですよ。



別に特別なことをしたから褒めるのではありません。

日常の当たり前のことを褒めていくのです。


例えば、掃除が綺麗にできたとか、一人で起きれたとか、文字が綺麗に書けたとか、本当に些細なことでいいのです。

むしろ、些細なことを重点的に褒めていってください。


自己評価を上げていくコツは、質ではなく”数をこなすこと”です。


毎日100回は褒めていきましょう。

1000回でもいいですよ?


数をこなしていくことにより、褒めることが当たり前になります。

逆に、自分を褒めていないと「おかしいな?」と思うようになります。


ここまでいくと自我が変わっていますから、もうネガティブではないでしょう。


それからゴールを考えていってください。



コーチなどにマインドを誘導してもらうと簡単に変われるのですが、一人でも可能です。


やるかやらないかです。


始めの内は、バカらしいとか子ども騙しだとか思うかもしれませんが、本当に効きます。

効果のあるものは得てしてシンプルなのです。


実践していってください。



言葉の力についても説明すべきなのですが、これはブログ内を探しましょう。

原理は説明してあります。


まあ、原理など知らなくとも、『自己評価を上げる』という言葉から、「あ、自己評価を上げればいいんだ」と思えばいいのです。


「評価を上げていくんだから、ポジティブに考えればいいよね」くらいでいいのです。


あまり思いつめず、気楽に始めていってください。



ネガティブに囚われている方は、抜け出し方が分からないだけです。

切欠さえあれば、簡単に抜け出せます。


ですから、抜け出すための第一歩として、身近なことから自分を褒めていきましょう。

徐々にエフィカシーを上げていきましょう。


毎日100回は褒めていってください。


自分が当たり前に行っていることを意識して褒めていけばいいのです。

本当に何でもいいんですよ?


よく考えて一日を過ごしてみましょう。

100回なんてあっという間に達成できます。


目指せ1000回!!


毎日続けていってくださいね。

○○は超重要

アファメーションと一緒に続けていくことは色々とありますが、簡単で、しかも重要なことを話しましょう。

それは”普段使っている言葉”です。


何度でも言いますが、”言葉はイメージと感情”を呼び起こします。

過去に体験したイメージと感情を呼び起こしてしまうのです。


それを何度も繰り返すことによって、”あなた自身が”作られてしまいます。

あなたを構成する一部分が出来上がってしまうのです。



例えば、刀を作る時、”熱い鉄”を”何度も”叩き成形します。

それによって、粘りのある強靭なブレードが出来上がります。


それと同じことが、あなたの”無意識の中でも”起こるのです。


熱い鉄を何度も打つように、”感情豊か”に”同じ言葉を繰り返し”使っていると、あなたが”形作られて”しまうのです。


ですから、普段から使っている言葉を変えていきましょう。

”ゴールのイメージにあった言葉”を使っていきましょう。



なお、ここで話している言葉とは、”心の中の言葉”も含みます。


ヒトは、一日に数万もの言葉を使っています。


もし、その数万のうち、ネガティブワードばかりを使っていたらどうなると思いますか?


これでは上記のように、ネガティブな自我が作られてしまいますよね?


そのため、心の中で使う言葉も変えていく必要があるのです。


また、アファメーションも”言葉を”使っています。

ゴールの臨場感を感じるために、”言葉を”使っているのです。


しかし、いくらアファメーションを唱えていても、”それ以上に”現状を強める言葉を使っていては、現状に囚われてしまいます。

アファメーションを数回唱えるのに対し、現状を強める言葉を数十回も数百回も使っているのですから当然です。


それくらい、”言葉とは重要なもの”なのです。



言葉は、”意識すれば簡単”に変えられます。


日々、使う言葉を意識していってください。


もし、ゴールの自分に相応しくない言葉を使ったら、「自分らしくない。自分なら○○と言う」のように、言葉を正していきましょう。

ゴールの自分が使うに相応しい言葉を使っていきましょう。


ポジティブになりたいのなら、”ポジティブな言葉”を使っていってください。

元気になりたいのなら、”既に元気になっている言葉”を使っていきましょう。


なりたい自分があるのでしたら、アファメーションと同様に”現在進行形か断定”で言葉を使ってください。

「○○になりたい。□□になったらなぁ」という願望では、「でも今は……」のように否定が入り、無意識はそれを認識してしまいます。



ですから、例えば病気を治したかったら、

「どんどん元気になっている!!」

「超元気なんだからすぐによくなる!!」

「身体がよくなるために頑張ってる!」

「私も身体が元気になるように無意識の働きを助けよう!」

などの言葉を使っていってください。


言葉を使って元気になるように働きかけましょう。


辛い状態があるのでしたら、それは”身体からのサイン”でもあり、身体が”よくなるために”頑張っているのです。

痛い、辛いと思わずに、「よくなるために身体が頑張っているんだ!」と思いましょう。


”本当に”言葉を変えるだけで、身体の治りが速まります。


これだけでも、無意識は”きちんと認識する”のです。

寝てしまうまで、数十回でも数百回でも使ってください。



ゴール側をコンフォートゾーンにしてしまえば、無意識は勝手にポジティブに振舞いますし、病気なら元気になってしまいます。


ヒトは、物理世界・頭の中の仮想世界(情報世界、心の中の世界、ゴール側の世界)に関わらず、”臨場感が強い方を”リアルだと認識するからです。

ゴール側をリアルにしていきましょう。


刀を打つように、何度もゴール側の言葉を使っていってください。

無意識に使ってしまうくらい、言葉を使っていきましょう。


さあ、今から実践です。


どんどん変わっていけますよ。

自分の笑顔は好きですか?

突然ですが、あなたは自分の笑顔が好きですか?

一日の内、自分がどれくらい笑っているのか考えたことはありますか?


よく笑っている方もいますが、全く笑わない方もいます。


あなたはどちらでしょうか?



これは、無意識がポジティブかネガティブ、どちらに傾いているのかの簡単な指標です。

自分で簡単に確認ができますから。


考えてみて、あるいは鏡の前で笑顔になってみて、どのように思うのかを考えましょう。


ただ、笑っているという方でも、愛想笑いでは意味がありません。


仮面をかぶっているということは、心の中は違うということです。

それでは無意識がネガティブなままです。


ですから、それは除外しましょう。



子どもと大人を比較すると、圧倒的に子どもの方が笑顔は多いです。

街を歩く子どもと大人を比較してもらえれば分かります。


何故、大人は笑顔が少ないのでしょうか?


考えたことはありますか?



いつまでもその状態でいると、無意識は固定されてしまいます。

笑わない状態がコンフォートゾーンになってしまうのです。


そうなると、自分の笑顔を見ても違和感しか抱きません。


自分に笑顔は相応しくないと考えてしまうのです。

「笑顔は恥ずかしい」「かっこわるい」と考えてしまうのです。


うつ状態の方などは心当たりがあるのではないでしょうか?



無意識がネガティブ側に固定されると、本当に思考回路がネガティブになってしまいます。

他人に言われた程度では治りません。


コンフォートゾーンとはそういうものなのです。


あなたは他人に言われて体温調節をできますか?

コンフォートゾーンを変えるということは、これくらいのことなのです。


それを治したいと思うか、そうでないのかは”本人が”決めなければいつまでも抜け出せません。

そして、”本人が”変わりたいと思うのなら、絶対に変われるのです。


安心してください。

変われますから。



「笑顔に違和感がある」という方は、毎日、鏡を見ながら笑顔になりましょう。

はじめの内は違和感を感じても、続けていけば変わります。


もちろん、ゴールがあることが大前提です。


そのゴールを達成する過程で、笑顔は当たり前だと思うことができればいいのです。

そのゴールを思い描きながら鏡の前で笑顔になりましょう。


まあ、アファメーション自体がポジティブなことですから、笑顔になるのは当たり前ですが。



「笑顔になりたい」という意思だけでは足りません。

ゴールを設定し、その過程で笑顔が当たり前と思わなければ、無意識の関係上戻ってしまいます。


「笑顔になる」では続きません。

これでは広告に釣られたダイエットと同じです。


笑顔とはポジティブな心が表面に出てきたものです。

だから、心からの笑顔は綺麗なのです。



笑顔とは、ポジティブな心の付属品です。

それだけに囚われず、ゴールの臨場感を感じていきましょう。


そうすれば、勝手に笑顔になれます。


笑顔は指標にはできますが、それが目的ではありません。

あなた自身の”あり方”の問題なのです。


笑顔が少ないと思う方は、ゴールを考えていきましょう。

そして、ゴールへ向かっていきましょう。


心からの笑顔になることはとっても簡単ですよ?

精神論も間違いではありませんが……

精神論は原理が分かっていないと効果が出ないと話しましたが、これは無意識の働きのことです。


ヒトの無意識は”考えた方へ”向かう特性があります。

考えれば考える方へ向かってしまうのです。



例えば、F1などで走るプロドライバーはリカバリーポイントを見る訓練をします。

スリップなどをして壁にぶつかると思ってしまうと、本当に壁の方へ行ってしまうので、そうならないために復帰するポイントを意識的に見るようにするのです。


プロの世界では常識と言われるくらいに、ヒトの無意識は見た方へ行こうとします。


これが分かってると、精神論もあながち間違ってはいないのです。



例えば、現在キツイ状態でも「大丈夫大丈夫!」「余裕余裕!」と思いながら取り組むと、「辛い」「もうダメだ」と思って取り組むよりも結果に違いが出ます。

視点をどちらに向けるかによって結果が変わってくるのです。


「余裕!」と思っている視点の先には、ポジティブなゴールが見えていることでしょう。

「もうダメだ」と思っている視点の先には、ネガティブなゴールが見えているのです。


さすがに「努力!」「根性!」と言われると、ポジティブではなくネガティブなゴールになってしまうので言葉を選びますが、精神論も捨てたものではありません。


ちなみに、努力や根性という言葉には「やりたくないことを我慢してやる」という意味が隠れていますからオススメはできません。

これではエフィカシーが下がるだけですから。



オススメは”エフィカシーが上がる言葉を使う”ことですね。

余裕!大丈夫!楽勝!のようなエフィカシーを上げる言葉ならどんどん使っていきましょう。


しばらくすればエフィカシーも上がってきます。

それが当たり前になると、本当に余裕に思えます。


言葉にしなくても余裕に思えるのです。


ですが、はじめは意識的に行わないと無意識まで刷り込めませんから、毎日100回以上は言葉にしてください。


1000回でも構いませんが、とにかく四六時中エフィカシーを高めていこうということです。

一分間に一回行えば一日に1000回できます。


やれないことはありません。



精神論で「辛いと思っているから辛いんだ!」という方がいますが、間違ってはいません。

しかし、それは本人が思うことであって他人が強制することではありません。


意識を変えて欲しいと思うのなら、辛いと思うことの弊害を教えてあげましょう。

ヒトは意識した方へ向かってしまうと教えてあげれば、言葉を選ぶようになります。


エフィカシーが低いとはじめの内はやりたくないと思いますが、それでも続けていくとエフィカシーが上がってくるので変わります。


下手なカウンセラーの強制行動よりは余程いいはずです。



エフィカシーを上げる誰にでもできる方法は、自分自身の行動を褒めることです。

一日100回でも1000回でも行いましょう。


とにかくエフィカシーを上げるのです。

下げる必要はありません。


これは私自身で実験して辿り着いた答えです。

他人に何と言われようと下げないでください。



精神論も、使いどころを押さえれば効果を発揮します。

ただ、言葉を選ばないと逆に効果を落とします。


エフィカシーが上がる言葉を選び、日々を過ごしていきましょう。


そうすれば、ゴールは手に入れたも同然ですよ?

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR