• 考え続ける必要性
    食の話で、元気になるために「なるべく汚染されていないものを食べよう」と話したと思います。現代の食品はほぼ全てに農薬や添加物が使われているため、それらが少ない食事をしていこうと。街を歩いていると、彼方此方に汚染された人が目立ちます。気になったのは、赤子の汚染が酷いことです。その親も汚染されていますからどうしようもありませんが。ですが、人間に限らず生命は適応する力を持っています。つまり、毒に対しても耐...
  • 割合を増やそう
    先日、視点を食材に対しても向けようと話しました。食材の背景を意識していこうと。例えば野菜だったら、微生物と大地と水と太陽の恵みを何ヶ月も得て成長を遂げています。例えば獣肉だったら、植物が得てきたエネルギーを取り入れ、成長を遂げています。私たちは”それら全ての恩恵”を授かっているのです。そこに視点を向けてください。視点を向けていないものは『無い』も同じです。視点で分からなければ、”意識する”と言った方が...
  • 健康になりたいヒトは その3
    先日、自己治癒力を高めれば身体への負担が多くても治ると話しました。たとえ、抗がん剤に侵されていようとも治ると。しかし、この機能を勘違いしてしまうと一過性のもので終わってしまいます。「自己治癒力を高めれば元気になるんだから何食べてもいいよね、何してもいいよね」などと考えていては意味がないのです。そもそも、この状態で感謝などされても身体は困ってしまうでしょう。むしろ、「何をやっているんだ……」と思うはず...
  • 健康になりたいヒトは その2
    人に限らず生命体には自己治癒力が備わっています。『自分の身体を自分で治す働き』ですね。この当たり前に思う機能のことをあまり理解していない方もいるため、話します。現代では、医学、主に西洋医学が発達しています。その影響により、西洋医学一辺倒の方が大量にいます。風邪になれば薬を飲み、怪我をすれば消毒をし、ガンになれば三大治療をするなどです。しかし、元々生命体に備わっている自己治癒力を高めさえすれば、勝手...
  • 完治と寛解
    『完治』という言葉を勘違いしている方がいるので話しておきます。病気になった方は、完治することを目的として病院へ行きます。当たり前のことですよね。良くなるために病院へ行くのです。間違っても病気になるために行くのではありません。さて、病院へ行って治療をする、薬を飲んで安静にする等をしていると、身体が良くなっていくと思います。しばらくその生活を続けると、元の状態にまで回復するでしょう。そのため、『良くな...

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために