安易に語るものではありません

よく”本音”で語り合いましょうという方がいますよね?

学校やセミナーなどで聞いたこともあるでしょう。


ですが、本音で語り合うなどやってはいけません。


そもそも本音とは”語り合うものではない”からです。

”自分が分かっていればいいもの”だからです。


扱いとしては”ゴールと同じ”ですね。

話すと否定されます。


否定されずとも、相手が苦手意識を持ってしまいます。

判断基準ができてしまうのです。



「みんなで認め合うために本音を語るんだ」という方がいるのですが、それはその方がリーダーとなり相手を誘導したいだけです。

教師など、子ども達が本音を語っても倫理観などもあり誘導しようとします。


さらに、意見を纏めようともします

それでは語り合う意味がありません。



本音とは仲良しこよしで語り合うものではありません。

倫理観や法律なども含め、全てを無視し、感情も載せて語ることなのです。


一人ひとり違うので、纏めることなどできないのです。


本音とは綺麗なものばかりではありません。

そんなに綺麗なものなら世界はもっとよくなっています。


特に、大人は本音で語るなど言っていますが、実際は体面を気にして話せません。

聞こえの良い言葉でしか語れないのです。


本音とはその程度のものではありませんよ?



本音を語るとはそれくらい重大なことなのです。


ですから、「本音を~」と軽々しく発表させようとしている方の意見は無視しましょう。

あなたが否定されてしまいます。


話していいのは専門の訓練を受けたコーチだけです。

”ゴールと同じ扱い”ですからね。



人前での発表ついでに話しておきますと、学校や幼稚園で将来の夢を発表させますが、あれもいりません。

「かわいいものだ」と思うかもしれませんが、本当にそれだけでも否定してしまう、あるいは笑ってしまう大人がいるのです。


それだけで子どもの自尊心は傷つけられます。


好きなものを発表して笑われた、将来の夢を否定されたなど、子どもにとってはトラウマになります。

親しい方なら特に傷が深くなります。


大人はそういうことを全て分かっているのでしょうか?

特に教師。


昔からやっていたなど言い訳になりません。

それなら教師を辞めてください。


大人のために子どもが犠牲になる社会なら滅んでもいいのではないでしょうか?


本来なら、教師は全員コーチになるくらいでないといけないのです。


子どもの教育とはそれくらい重要なものなのです。

教育を根本から見直すならそれくらいは必要になります。



本音の話に戻りますが、誰かに語る必要はありません。

誰かに認めてもらう必要もありません。


自分自身が分かっていればそれでいいのです。


ただ、その本音について考え続けることは大切ですよ?

本音があるためにスコトーマ(心の盲点)を作り出してしまうからです。


さらに、時が経てば本音が変化することもありますからね。



本音はあっていいんです。

しかし、それは語らなくていいんです。


ゴールやアファメーションと同列に扱いましょう。


これもあなたの心と身体を守るためです。

実践していってください。

未来ではどうなっていますか?

心の声を出す際に気をつけることは、”他人の意見を全く聞かない”ことです。

テレビやインターネットの情報も聞かないようにしましょう。



あくまで”自分の”心の声を出すのです。



実際は、自分の心の声だと思っても他人から刷り込まれたものである可能性は高いです。

なにせ日本で暮らしているなら洗脳され放題ですからね。


しかし、それらも満たしてしまえば本物かどうか分かります。

さらに、本物でなくても繰り返していけばいずれ本物になります。


”自分がやりたい”と思っているのですから気にする必要はありません。

やりたいならやりましょう。



ただ「幸せになりたい」と思っているだけなら、自分ではなく”他人のために”行動した方が幸せになれます。


欲求の階層のさらに上は、他人のために行動することで、一般的に”自己超越”と言われています。

この欲求の階層説では、下の欲求が満たされると階層が上がるとされていますが、そんなことをしなくても他人のために行動すれば欲求は満たされます。


ですから、はじめから他人のためになるゴールを設定してしまえば幸せになれますよ?



心の声(ゴール)を書き出したら、それが現状内になっていないか考えてみましょう。

現状とは、今のままいけば達成できるであろう事も含まれます。


もし、考えたゴールが現状内になっていたらそれを膨らませてください。

現状内のゴールでは今の状態を強めるだけになってしまいますから逆効果なのです。


これから変わっていくのに今の状態に縛られたら意味がありませんよね?

ですからそのゴールを膨らませましょう。


何倍でもいいです。

イメージできないくらい、あるいは漠然としたイメージになるくらいまで膨らませましょう。


それを自分のゴールとするのです。

そのゴールをアファメーションの材料にしましょう。



ゴールについて考えていると「本当にそれがやりたいの?」「本当にそれがほしいの?」と思うことがあります。


そういう何気ない疑問も大切ですよ?


私達は洗脳されて生きています。

それに気付くためにも心の声を書き出すのです。



いつまでも今の状態でいる必要はありません。

変わりたいならいくらでも変われます。


やるかやらないかですよ?


少なくとも、このブログまでたどり着いたなら変わる切欠は得られました。


その次はどうするのかです。


このままでいいのか、それとも変わるのか。


あなたは、未来ではどうなっているのですか?

もっと素直になっていいんですよ?

勘違いしないでください

昨日は「親御さん自身のゴールを考えよう」と話しましたが、決して「育児放棄をしろ」と言っているのではありません。



ゴールは”いくつも”作ってください。



いくつもあるゴールの中に”育児や家族”の分野を入れればいいのです。

これは以前の記事を読んでいる方なら分かるでしょう。


といいますか、私のブログは一年以上読み返すことを前提にしていますからしっかりと読んでください。

オススメ書籍でもいいです。



ゴール側をコンフォートゾーンにするということは”趣味に夢中になるようなもの”ですから、ゴール以外は気にならなくなってしまいます。

そのため、ゴールはいくつも作るのです。



ゴールを作るということは「人生をより良くする」ということです。



たった一つしかないゴールより、いくつもあった方が人生は良くなると思いませんか?



ゴールは6~9種類くらいは作りましょう。

それくらいあった方が人生はより良くなります。

家族、教育、学習、仕事、お金、人間関係、将来、健康、メンタルヘルス、社会貢献、趣味、老後など、色々な分野で作りましょう。


ただの棒線よりも六角形や九角形の方が綺麗に回りますよね?

円に近い方がゴールはより良く回るのです。


他の見方をすれば、一つのゴールに夢中になるより何個もゴールがある方がスコトーマは減ります。

一点しか見えないより何点も見えた方がスコトーマも減るため洗脳されにくくなるのです。



例えば、親御さんが仕事しかゴールを作らなかった場合、家族や健康、友人関係などはスコトーマになるためどうでもよくなってしまいます。

ゴールに臨場感を感じると本当にそのようになってしまうのです。



ですから、きちんと家族や育児のゴールも作ってください。



なお、ゴールとは”自分自身のもの”です。

「他人を○○させたい」のようなものはゴールとはなりませんから勘違いしないようにしてくださいね。


「子どもを何とかしたい」というようなものはゴールにはなりません。

”自分がどのように感じているのか”を考えてください。



これは子どもにも当てはまります。

「親をどうにかしたい」というようなものはゴールにはなりません。


むしろ、自我の関係上子どもより変わりにくいので手を出さないようにしてください。

余計なストレスを抱え込んでしまいます。



まずは自分自身がゴールへ向かいましょう。

そうすれば自然と子どもや親への対応は変わります。


ゴールに臨場感を感じるとそのようになってしまうのです。

ゴール側がコンフォートゾーンになるからですね。



自分も子どもも同時に良くなっていきましょう。


自分でゴールを考えられれば可能です。


まずは自分自身のゴールを考えてみてください。


※ゴールができたら以下を参考にしてください。

アファメーション作り
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-560.html

体感すれば分かる
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-561.html

子育ては親御さん次第です

子育て関係の話をすると、どうしても親御さんの今を対応を批判をしてしまうのであまりしたくはないのですが、子どもへの対応を改善するためにも親御さんのマインドを変える必要があるためこれからも続けます。


私も以前は親御さんが変わっていくのを批判せずに待っていました。

親御さん自身にも親御さんの人生が、考えがあるからです。



ですが、こと教育に関してはその考えを改めました。



コーチングはあくまでクライアントをゴールへ導くものです。

教育の場合”子ども”ですね。



親御さんは「子どものため」と言ってコーチングの知識を取り入れようとしますが、クライアントが子どものため、子どもに対する親御さんの対応は変わらないのです。

これは親御さんに対してアドバイスをしても変わりません。


「子どものためにはこうした方がいいですよ」と原理なども丁寧に説明しても変わりません。


これは親御さん側のコンフォートゾーンが今までと変わらないために起ります。

”自分のことではない”ので変わろうとしないのです。


要は”本気度”が足りないのです。



”本気で”子どものことを考えている親御さんはきちんと変わります。

実際、それほど難しくありませんから。



ですが、それさえもできない方がいるのです。



本当に難しくありませんよ?


”否定をせずに褒める・認める”


これだけできていれば子どもはすくすく育ちます。

親のすることなどそれほど多くはないのです。



私も子どもからSOSが来て親御さんを変えようとしたのですが、コーチに任せっぱなしで変わる気がなかったので諦めました。

このような親御さんの場合、子どもには関わらないようにしてもらうしかありません。


子どもが可哀相ですが……



このような親御さんが実際にいるのです。

このブログを定期的に読んでいるあなたなら大丈夫ですが、コーチに任せておけば大丈夫という自分では考えない方ですとなかなか変わりません。


「医者に任せておけば大丈夫」という方と同じですね。

自分の身体は自分で治すのに、他人任せなのです。

医者はあくまでサポートをするだけですから。



これはまだ自分の身体のためいいですが、自分の子どもですよ?

子どもがSOSを出しているのに何故分からないのですか?

一目見れば分かるほどなのに何故分からないのでしょうか?



これはどれだけ考えたかだと思います。

経験もあるかもしれませんが、それこそ24時間365日考えていれば分かるようになります。

自分の子どもならそれほど時間はかからないでしょう。



「子どものため」というのならそれくらはできるはずです。


違いますか?


それができないようなら子どものためにあれこれやらないでください。

習い事に入れたり志望校を勝手に決めたりなどです。



「子どものため」が口癖になっている方はまずは”自分のため”にゴール設定してください。

子どもを変えるのではなく、自分のゴールを設定し、自分のゴールに向かってください。


一見子育てと関係ないように見えますが、これだけで子どもにポジティブな影響を与えます。

ゴールに向かっていくとエフィカシーが上がるからです。


ポジティブな方と一緒にいると自分もポジティブになりませんか?

それと同じ効果があります。



「子どもを変える」ではなく「自分がゴールに向かう」という意識になりましょう。


あなたのゴールは何ですか?


思いっきり考えてみてください。

重要なのはゴールです

「過去は重要じゃないんですか?」という方がいます。


はじめに言っておきますが”重要ではない”です。

特に、コーチング中は振り返ってはいけません。


たしかに、人は過去の積み重ねで生きています。

今までの経験が自分を創っているからです。


もう少し言うのなら、過去の情動記憶(強い感情を伴った記憶のことです)とスコトーマを起こすフィルターが関係しているのですが、詳しい話は止めておきましょう。

簡単に言えば、過去の体験により自分の判断基準ができているということです。


これは無意識の話ですよ?

意識でどうこうできるものではありません。


過去の記憶に縛られたコンフォートゾーンで今を生きているため、未来における判断基準もこのゾーンを基準にして取捨選択しています。

それが、今のあなたなのです。



ですが、この”判断基準を変えることは可能”です。

この過去のコンフォートゾーンを変えることができるのがコーチングなのです。



ブログで話しているアファメーションもそうです。

ゴール側の情動記憶を作ることにより、新しいコンフォートゾーンを作っているのです。


ですから、この作業中に過去を振り返る(今までのコンフォートゾーンに戻ってしまう)と、この作業がストップしてしまいます。

さらに、過去ばかり見ている方は今までのゾーンに戻ってしまうため、いつまでも変われません。



分かりましたか?



これが過去はどうでもいいと言っている理由です。

変わるためには、過去の情動記憶ではなくゴール側の情動記憶(ゴール側のコンフォートゾーンということ)を使う必要があるのです。


なお、ゴールを作成する際には現状のコンフォートゾーンから”外れたゴール”を作成します。

そうでなければ新しいコンフォートゾーンへ移行できませんから。


ぶっ飛んだゴール、笑ってしまうゴールを作成しようというのは、現状のコンフォートゾーンから外れるためです。

間違っても現状内にゴールを作成するのは止めましょう。



現時点で過去が気になっている方も、コンフォートゾーンが変わってしまえば何とも思わなくなります。

なにせ、判断基準が変わってしまいますから。


過去なんて放っておいてゴールを見ていきましょう。

常にゴールを見るのです。


そうすれば、いつの間にか変わっているあなたがいます。

他人から指摘されなければ気付きませんが……



もう一度言います。

重要なのは過去ではなく”ゴール”です。


毎日ゴールをロックオンしてください。

ゴールを常に感じてください。


ゴール側にコンフォートゾーンができれば、自然と行動も変わっていきますよ?

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR