単純にパワーが違います

コーチングとティーチングの話をしましたが、もっと単純な違いを挙げます。


それは”パワーの違い”です。



コーチングの方が答えに向かっていくパワーが”圧倒的に強い”のです。


これはティーチングでは発揮されません。


「やりたいこと」か「しなければならないこと」かの違いと言ってもいいですね。



例えば、勉強をせずにゲームばかりしている子どもに「勉強をしろ」と言っても効果はありません。


子どもにとって勉強は「しなければいけないこと」のためしようとしないのです。



ですが、夢に直結するようなことがあれば簡単に勉強を始めます。


将来なりたいものがあれば勝手に勉強してしまうのです。


これは「自分がやりたいこと」に勉強が繋がっているからですね。


夢は自分がやりたいことですから。



他の例ですと「趣味と仕事の違い」と言えば伝わるでしょうか?


趣味の時に発揮するパワーと仕事の時のパワーどちらが強いですか?


仕事がやりたいことの場合この例には当てはまりませんが、大抵は趣味と答えるはずです。


ですが、「やりたいこと」と「しなければいけないこと」ではパワーが違うと理解出来れば問題ありません。



これがティーチングとコーチングの差です。


答えへと向かうパワーが違うのです。



「モチベーションが高い」という状態は総じて「やりたいこと」をやっている状態です。


ティーチングが切欠になることはありますが、この状態を維持することはティーチングでは出来ません。



ティーチングをものにするには毎日考え続けることが大切だと話しましたが、それにもまして大切なことは”ゴール”を作成することです。


ゴールとは「やりたいこと」です。


ゴールへと向かうパワーは自然と得られます。



もうすぐ新年です。


「新年からやりたいことがある!」と考えている方はゴールを作成してください。


過去を見直す必要はありません。


未来だけを考えましょう。

ゾーン内にする作業です

ティーチングとコーチングについてもう少し話しておきます。


コーチングでは本人の”気付き”が重要視されますが、これがないと簡単に忘れたりします。


”自分の考えと違う”ため、自分の中での重要度が低いと言えばいいでしょうか?


ヒトはコンフォートゾーン外のことは跳ね除けるため忘れてしまうと言った方がいいですね。



良くも悪くも変わっていくためには、自分の”内からの答え”がないと続きませんし忘れてしまいます。


この内からの答えは、”自分で考え、体感して”出した答えです。


ただ教えられただけの答えとは違います。



ティーチングの答えがいくら正しいことだとしても、内からの答えが違えばいつまでも本人は気付けません。


例えば、生活習慣を変えてしまえば簡単に健康になれるのにいつまでも変えない方などまさにそれです。


これはコンフォートゾーンの働きなのですが、先日話したことを実行していけば変えられます。



ティーチングとは本人からすればコンフォートゾーン外のものなのです。


ですからそれを”ゾーン内にする作業”が必要です。

”ゾーンを広げる”の方がいいかもしれませんが…


それが”体感”なのです。



毎日考え続けていると無意識はそのティーチングの内容にロックオンします。


そうすると今まで見えていなかったことが自然と意識に止まるようになります。


今まで体感していても気付かなかったことにも気付けるようになるのです。


そうしてようやく体感出来るのです。


気付くタイミングもヒトによって違いますから結果的に時間も掛かってしまいます。



無意識で考えるくらい毎日考えていけばティーチングの内容を本当に理解することが出来ます。


すぐにでも変わっていきたいのなら自分で考える癖をつけてください。


これは大切なことですよ?

ティーチングの有効利用のために

コーチングと一緒に聞く言葉に”ティーチング”というものがあります。


日本語にすると「教えること」ですね。


「学校の先生が行っていること」と言った方がイメージが湧くでしょうか?


私は教育や身体作りのことをブログでも話していますが、これはティーチングです。



この”ティーチング”と”コーチング”ですが、役割や効果が全く違います。



ティーチングは多数の方へ教えるのに向いていますし、教える時間も掛からないというメリットがあります。


逆にコーチングは一人ひとり内容が違いますし、その人が自分で気付くことが前提ですから時間も掛かります。



ですが、どちらの効果が大きいかと言えばコーチングです。


一つのエネルギーを独占するか多数に分けるのかくらい違います。



ティーチングでは本人の中に入っていかないのです。


ティーチングを受けた状態は、まだ”本人が納得していない””理解出来ていない”状態なのです。


「ものに出来ていない」と言えば伝わりますか?


ですからティーチングの内容を”本当に”理解出来るまで、結局時間が掛かってしまいます。



自分のものにするためには”体感”が必要です。



そのために必要なことは”考え続けること”です。

”思考を放棄しない”ことです。


考え続けていると、ある時フッと気が付きます。

「ああ、そういうことか」と納得出来ます。



「難しいから」「理解出来ないから」などとはじめから思考を放棄していてはいつまでも改善されません。


また、「諦める」ということも思考の放棄と同じです。



いつまでも愚痴やネガティブな発言をしているだけでは改善されません。


むしろ、さらに悪い方へ行ってしまいます。


今月分のブログを読んでいれば理由は分かるでしょう。



自分のものにしたかったら常に考え続けましょう。


無意識で考えるくらい考えましょう。


改善していく気があるのなら思考を止めないでください。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR