求める勇気を

そもそも、ヒーリングの定義を話していませんでした。

辞書には、『心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し、治癒・回復を促す活動。癒し』とあります。


要は、”ストレス軽減”ができるのならヒーリングになるのです。

リラックスできればいいのです。


ですから、マッサージやストレッチ、温泉、低温サウナなどもヒーリングになります。


『自分がリラックスできるのなら手段は何でもいい』


それがヒーリングです。

これを押さえておきましょう。



一番良いのは、ゴールへ向かうことです。


ゴールは好きなことややりたいことであり、趣味に没頭している状態に似ています。



『あなたは好きなことをしている時、ストレスが溜まりますか?』



むしろ、ストレスはなくなるでしょう。


ですから、ゴールへ向かうことが一番のヒーリングになります。



とは言うものの、ゴール設定もできないほどのストレスに曝されている場合、難しいかもしれません。


この場合、身近なヒーラーに頼るか、先日挙げたヒーリングを試すか、私のブログで学び、コツコツと実践していくといいでしょう。


ストレス軽減ができれば余裕も生まれてきますからね。



私もヒーリングをしていますが、私のヒーリングは遠隔気功がメインです。

条件としては、気功を信じられる方だけが求めてください。


対面なら複合的なヒーリングも行いますが、それは会える方か、よほど追い詰められた方に対してだけです。


ゲリラ的に周りを癒すこともしていますが、結局は本人の『元気になりたい!』という意思がなければ意味を成しません。


そもそも、自由意志を捻じ曲げてまで癒そうとは思いません。



気功を実践していると分かるのですが、受け入れる方もいれば弾く方もいます。

もちろん無意識の働きです。


このまま癒され続けると現状から変わってしまうため、私を弾くのです。

それが、罵声や嫌がらせ、否定や無視という結果を招きます。


これは、本人の無意識が「変わりたくない!!」と思い、反発している状態なのです。


ですが、たとえ私がどうなろうと、どう思われようと受容します。



本人が変わりたくないと思っているのですから、その意思を捻じ曲げると洗脳と同じになってしまいます。

いくら本人のためと言ってもね。


変わっても、変わらなくてもどちらでもいいのです。


苦しくても辛くてもいいのです。

楽しくても嬉しくてもいいのです。


『選択できる自由がある』


それだけでいいのです。


私はその自由意志を尊重しますよ。



上記のような話をすると、「それは可哀想だ」という方もいるのですが、言いたいことは分かります。


しかしその考えは、私の「可哀想」という煩悩を、相手に押し付けているに過ぎません。


相手の意思(無意識の話です)を捻じ曲げて癒すことも、反発させずに癒すことも可能ですが、一体何の意味があるのでしょうか?


それは相手の人生と言えますか?


自分に中に無いモノを外部から書き加えられるということなのです。

これではテレビやネットの広告と変わらないでしょう。


私はマーケティングをしているのではありません。

私は愛しているのです。


慈悲や無償の愛の方が的確ですね。



本人が望むのなら、求めるのなら私は助けます。

望まないのなら、求めないのならそれでかまいません。


『どちらを選んでもいい』


私はその選択を受け入れます。



さすがに自殺しそうな方は勝手に癒しますが、それもある程度までです。

弾かれるまでは癒し続けます。


それ以降は本人次第です。

変わってもいいし、変わらなくてもいい。


自殺をしなければ人生は何度でもやり直せます。

死ぬまでやり直せるのです。


これくらいならいいでしょう?

人生自体が終わってしまうと、もうどうしようもありませんから。


それに、若い世代が旧世代の所為で亡くなっていくのは悲しいですからね。



結局、「悲しい」という煩悩が出てきてしまいましたが、さすがにコーチとしては見過ごせない問題です。


老い先短い大人よりも、子どもや若者が先に亡くなるのは生物学的におかしいと思いませんか?


しかも原因が自殺です。

自分で自分を殺しているのです。


こんな世の中ではいずれ破綻します。

もっと健全な世の中にしていく必要があります。



ですから、このブログでも発信しているのです。

助けを求めている方は私の元へ辿り着くようになっています。


それが私の存在意義です。

求めている方になら手を差し伸べられます。


助けて欲しいのなら私を求めてください。


誰であろうと癒します。

誰であろうと愛します。


求めなければ何も得られません。


求める勇気を持つことも大切ですよ。

物理的なヒーリングの種類

物理的なヒーリングの例を五感別に並べます。

並べたもの以外にも色々とありますから、自分の好きなものを使用してください。


基本的に、”好きなこと”をすればいいのです。

リラックスをして、心と身体の調子を整えていけば治癒力は向上します。


ちなみに、以下は全て私が実践したものであり、全て効果がありました。



聴覚

①ソルフェジオ周波数

②シンギングボウル

③ウィンドチャイム

④ピンクノイズ、1/fゆらぎ全般


嗅覚

①香

②アロマ


触覚

①ボディマッサージ

②低温サウナ、温泉

③痛気持ちいいストレッチ

④日光浴、森林浴


味覚

①好物を好きなだけ食べる

②断食


視覚

①光を見る

②太陽、星を見る

③ろうそくの火を見る

④一定間隔で水滴が落ちるのを見る



くらいにしておきます。


なお、1/fゆらぎの説明をウィキペディアより抜粋します。


『生体のニューロン(神経細胞)が 生体信号として電気パルス(電気信号)を発射しており、細胞の発射間隔を調べたら、 その間隔が1/fゆらぎをしていることが発見されている。

そのことから、 生体のリズムは基本的には1/fゆらぎをしていると分かり、 この1/fゆらぎは快適性と関係があることが判明している。

人間の生体は五感を通して外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている。』



ピンクノイズはこの1/fゆらぎを持つノイズになります。


また、1/fゆらぎは自然現象においても見ることができ、心臓の拍動、炎や電車の揺れ、波の音や小川のせせらぎ、目の動き、木漏れ日、蛍の光、星の瞬きなどがあります。


ただし、先日も話したように精神的なヒーリングも併用して行いましょう。


ヒトは”自分に入れる情報によって”、善くも悪くもなってしまいますからね。


色々と自分で試して、自分にあったヒーリングを見つけてください。

ヒーリングとは

要望があったので話しますが、ヒーリングには様々な方法があります。


物理的なヒーリングとしては、ピンクノイズやソルフェジオ周波数などの音を使用したものや、アロマやお香などの香りを使用したものがあります。

精神的なヒーリングとしては、気功やマナ、波動、スピリチュアルなどがあります。

そして、これらを複合的に使用してヒーリングを行うことが多いでしょう。


なお、今回は精神的なヒーリングの話をします。

と言いますか、これがヒーリングの大本です。


まず押さえておくことは、気功でも波動でもスピリチュアルでも、”本質的に全て同じもの”だということです。

”内なる宇宙”からエネルギーを取り出しているだけなのです。


私は気功を修めていますが、波動でもスピリチュアルでも実践可能です。

表現方法が違うだけで、現象は同じですから。



しかし、スピリチュアルは心霊主義です。

そして、心霊主義とは潜在的に差別主義です。


ですから、私はスピリチュアルには否定的です。


例えば、「前世が○○だからあなたは~」などとスピリチュアリストは言いますが、表現を変えると「ブサイクだからあなたは~」になります。


他にも、「男だから~」「女だから~」「派遣だから~」「ニートだから~」「病気だから~」などなど……


これが差別ではなく何なのですか?


差別主義ということは、「私は生きるべきだけどあなたは死ぬの」とか「神に選ばれた者以外は天罰が下る」とかが罷り通るということです。


この思想はカルトでしょう。


差別主義の危険性を理解していないと、いつの間にか自分も染まってしまいます。


もちろん、まともなスピリチュアリストもいますが、”潜在的に”差別を内包しているのがスピリチュアルなのです。



ただ、日本は信仰の自由が憲法で認められていますし、人は元々自由です。

何を信じてもいいのですから、スピリチュアルを信じてもいいのです。


信じてもいいのですが、注意点として”恐怖”という情動を使用している場合は気をつけましょう。

洗脳されてしまいます。


そのため、自分が信じているものをよく考えてみてください。



恐怖など必要ありません。

むしろ、あったらおかしいのです。


何故、脅されるのでしょうか?


修行と称して虐待のようなことをしている者もいますが、そんなものはいりません。


そんなことをしている者が、真に理解しているわけがないでしょう?


内なる宇宙とはそういうものですから。



気功などはテクニックが分かれば、無限にエネルギーを生み出せますし、病気なども治ります。


情報に強烈な臨場感を感じていけば可能です。


ただ、これは体感しないと理解できない境地ですから、言葉では説明できません。


例えば、「猫と犬の触り心地の違いを説明してください」と言われて、相手に理解できるように説明できますか?


どちらも触ったことがなければできませんし、相手も同じ経験をしていなければ分かりません。


体感とはこういうものです。


言葉でいくら説明しても理解できないものなのです。


何となくしか分からない状態ですね。



真に理解するためには、自分で実際に体験し、感じ取るしかありません。


気功なども同じです。


本人の心が生み出しているものですから、一人ひとり違うのです。


心はその人だけのものですから、自分自身で感じていく必要があります。



私のブログで実践していくのでしたら、まずはリラックスして光を思い浮かべることから始めましょう。

カテゴリ『リラックス』『瞑想方法』で説明してあります。


瞑想の姿勢はリラックスできるのなら何でもかまいません。


イスに座っても、ベッドで横になってもかまいません。

結跏趺坐である必要はないのです。


瞑想は頭の運動ですから、物理的な身体はどのような状態でもいいのです。


形から入る方もいますが、足が痺れたなどの情報に曝されていると瞑想ができなくなりますから、リラックスできる状態で実践しましょう。


なお、アファメーションも瞑想の一種です。


未来のゴールをイメージしていくもの、感情を感じていくものですからね。



毎日続けていけば、瞑想の強度も上がっていきます。


これは日々の修行がモノをいいます。


瞑想には様々な方法がありますが、やっていることは”思考”です。

ひたすらに考え続けているだけなのです。


そして、その思考からエネルギーを取り出すことも、そのエネルギーを使うこともできるのです。


それがヒトです。


体感すれば分かりますよ。



私のような人種は、一般の方からすれば理解不能でしょう。


「物理的な世界に生きているのに心からエネルギーを持ってくる?頭大丈夫?」と思うでしょうね。


昔は私もそうでした。

昔の私は科学主義でしたから。


そうでなければ大学院で遺伝子治療の研究などしません。


しかし、色々と体験し、学び、教えを請い、修行をしていって考えが変わりました。


現在の科学では説明不可能なことは実際にあるのです。

そして、それらで変わることは可能なのです。



気功などの力を使いたいのなら、アドバイスが一つあります。


”信じて”行ってください。

”確信して”ください。


これは奥義でもあります。


信じなければ始まりません。


信じて行っていきましょう。


これが解れば、あなたはイメージだけで世界を変えることができますよ。

プロフィール

中嶌 星児

Author:中嶌 星児
科学的に自分を変えていく方法を話しています。

また、仏教的な話や哲学的な話もしています。

『自分を変えていきたい』と望んでいるのなら、学び、実践していきましょう。

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます。

◇一人だと不安な方はこちらへ:SNCoaching

◇自分以外も助けたい方はクリックお願いします◇

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ