慈しみの心を持つためにも

食の話です。

「私のブログは参考程度にしておいて、あとは自分自身で体感していけばいい」と話しましたが、これは「抽象度を上げ、体感を増やしていってください」ということです。


そうすれば、無駄に食材を捨てることも、過食で身体を壊すこともないでしょう。

食材から気を取り込むことも可能です。


抽象度が低いと、食材はただのモノになってしまいます。

今まで生きてきた生命を摘み取って私達の生活が成り立っているのに、それを考えようともしない人間になってしまいます。


その結果、まだ食べられる肉の塊や野菜を、何十キロも何百キロも平気で捨てるようなことをしてしまうのです。

そのような人間は生命について考えるのではなく、精々が食材に掛かったお金のことしか考えていません。


家畜は捨てられるために殺されたのではありません。

現在、200~300億頭の家畜がいるとされていますが、その家畜も人間が生きるために生きているのです。


私達を生きながらえさせるための生命を、何故捨てられるのでしょうか?

生命はそんなに軽いのですか?


弱肉強食は自然界の摂理であり、「人間も動物だ」という方がいますが、人間はサルと同じではありません。


人間の価値は、抽象化思考にあります。

他の生命を慈しめることにあります。


原始時代ならともかく、現代の人間には弱肉強食など適応されないのです。

他の生命を想えるのですから、自分が生きていく分の食材があれば事足りるはずなのです。


これは家畜だけではなく、穀物や野菜に関しても同じです。


形が悪いだけで何故捨てられるのでしょうか?

味は同じなのに、見た目だけで判断する意味が分かりません。



人間の真価を発揮すれば食糧問題などすぐさま解決するのですが、現実では欲に支配され、他の生命のことを考えることすらしない人間で溢れかえっています。


そして、それらの人間が支配されている欲とは、”お金”です。

お金に支配されている人間は、お金があれば何をしてもいいと思っています。


ですが、お金を出せば何をしてもいいのでしょうか?


そうなってしまえば、世界のルールは破綻します。

お金を持っている人間だけが偉いことになってしまいます。


これではまるで、カースト制度のようですね。



現在では、お金が宗教のようになってしまっています。


皆、お金に洗脳されているのです。


「資本主義国だからお金が必要」という論理は分かりますが、元々お金は”余り物の交換券”です。

それそのものに価値があるわけではなく、交換できるモノに価値があるのです。


お金でお腹が膨れるのですか?


これは子どもの方が分かっていることです。

子どもは簡単にお金を手放して、食べられるモノを欲しがりますから。



私達は、もっと生命について考える必要があります。

お金に目が眩むことがないように、自らの欲をコントロールしていく必要があるのです。


そうすれば、息苦しいと感じることもなくなります。

アレも欲しい、コレも欲しいなどということはなくなります。


そのためにも、日々学び、考え、体感を増やしていってください。

他の生命を想えるようになるまで、抽象度を高めていってください。


皆が皆実践していけば、素晴らしい世の中になります。

これは、”一人ひとりの心がけが重要”なのです。


私達の真価を発揮していけば、世の中はもっとよくなります。


日々成長していってください。

現代人の不思議な性質

現代人には”不思議な性質”があります。

それは、「お金を払って体内に毒を入れている」ことです。


現代人はお金を神のように崇拝しています。

周りにもお金主義の方はいませんか?


お金はモノとの交換券ですから、生活するために必要だということは分かります。


そもそも資本主義国なので、お金が必要なのは当たり前ですが、「お金が人生の中心だ」と思っている方がいるのです。


ただ、今回の問題点はそこではありません。

とりあえず、「お金は大切」という方がいるということを押さえておいてください。



また、生命は生きるために飲食をしているので、「自分は大切ではない」という方はまずいないでしょう。


自分が大切なのは生命として当然のことです。

そうでなければ生きていくことができませんから。


誰でも「自分は大切」なのです。

当たり前のことですね。



しかし、ここで矛盾が発生しています。


お金が大切なのは分かります。

自分が大切なのは分かります。


ですが、”お金も大切で自分も大切”であるにもかかわらず、率先して毒を購入し、尚且つ体内に入れるのは何故でしょうか?


「お金は大切」と言っておきながら、毎日毒を購入しているのです。

「自分は大切」と言っておきながら、毎日毒を体内に入れているのです。



何故でしょうね?



酒や煙草、加工食品や薬など、現代は毒だらけです。


日本の野菜は海外と比較しても、農薬が大量に使われています。

家畜にも安い遺伝子組み換え飼料が使われ、碌な運動もできない環境に置かれています。


そのようなものを率先して購入しているのです。



何故でしょうか?



これは、”洗脳や薬害”のせいです。


広告を見るたびに、スーパーで見かけるたびに洗脳されているのです。

「それを購入することが正しい」と洗脳されているのです。


今まであなたの意識になかったモノを、あなたの意識に書き加えられているのです。

しかも、これらがあなたの利益になることはありません。


また、それらを摂取したことにより薬害が発生しています。

添加物や砂糖に依存性があることは知られています。


その依存性に振り回されているのです。



人間の無意識は、外部からでも”コンフォートゾーン”を形成可能です。


上記を何度も繰り返すことにより、これらを”摂取することが当たり前”になってしまっています。

上記をコンフォートゾーンにしてしまっているのです。


そのため、「何とかしたい」と思っていても変われないのです。


無意識を変えるのは大変です。

”自在に汗を流したり止めたりするようなもの”ですから。



そもそも、現代で汚染されていない食品は稀です。

自家栽培やインターネットで直接買い付けるくらいしかありません。


質のいい食品を購入する場合、スーパーで買うよりも高いですが、結果的に使われるお金は少なくなります。


健康を害すると、食費だけではなく医療費も掛かりますから。


ここまでしなくとも、冷凍食品や加工食品を購入しないだけでもかなり改善されるでしょう。


酒や煙草を無くせば、お金も掛かりませんし健康でいられます。



このような改善策があるにもかかわらず、無意識が変わらないために”お金と自身の健康を溝に捨てている”のです。


それを理解してください。



では、どうすればいいのか……



簡単です。



”ゴールを設定し、本来あるべき自分を毎日思い描き、ゴールの臨場感を感じて”いきましょう。


そして、”ゴールから逆算した自分の食生活”を心がけるのです。


毎日繰り返すことにより、無意識と行動が変化していきます。


少しずつ少しずつ、日常の食生活を変えていってください。


下手なモノを食べるくらいなら、思い切って断食しましょう。


それくらいがちょうどいいです。



コンフォートゾーンは変えられます。


洗脳されたコンフォートゾーンではなく、”自分自身が思い描く理想のコンフォートゾーン”にしていきましょう。


”本気で”健康になりたいのなら可能です。


”何が何でも変わりたい方”は”それくらい必死”です。


”毎日自分を信じて”行動していきましょう。

生きているモノの義務

私は栄養面を考えるなら、野菜よりも肉を食べるように言っていますね。

気になる方は、野菜と肉の”アミノ酸スコア”を比較してみてください。


ヒトは元々”肉食”なのです。


ですが、世の中には”完全菜食主義者”もいるので、肉を全く食べなくても生きていくことができます。

この場合、”色々な種類の”豆類や高タンパク食材を摂取して、アミノ酸スコアの偏りを減らしています。


参考にしてみましょう。



「お肉を食べるのは嫌だ」「動物がかわいそう」と思い、肉を食べないのは、もちろん”抽象度が高い行為”です。

ブログの内容を実践している方は、いずれその領域にまで達します。


さらに抽象度を上げていくと、動物だけではなく”植物も”同じように思えるのですが、あまり抽象度を上げすぎると食事ができなくなるので、”ほどほどに”しましょう。

瞑想で体感を得ることが可能なので、実践したい方は実践してください。


ただし、これは”悟りの領域”です。


悟るということは、大切なパートナーと今食べている肉や野菜が全く”等価値”ということです。

ゴミ箱のゴミと、自分が全く同じということです。


それを体感してしまうと、食べることが苦痛になります。

泣きながら食事をすることになります。


ですから、”ほどほどに”してくださいね。



抽象度が上がるとは、”物事を上から見下ろす”ようなものです。

例えば、迷子になったとき、現在地だけで判断しようと思っても自分の場所はよく分かりませんが、GPSを使えば一発で分かります。


物事は”俯瞰する”と、理解できないことも”理解できるようになる”ということです。


ちなみに、「抽象度が低い=具体的」です。


例えば、電車とスマホの共通点は何でしょうか?

例えば、本とヒトの共通点は何でしょうか?


このような問題も、抽象度を上げていけば理解できるようになるのです。


目の前に困難な問題があったら、抽象度を上げてみましょう。

簡単に解決できますよ。



さて、食事の話ですが、私は動物の肉も食べます。

ですが、考えなしに食べているのではありません。


どのようにして家畜が扱われているのかも理解していますし、虐殺されていることも理解しています。

”なぜ肉類が安いのか”を理解して食べているのです。


ですから、食材に対して”本気で”感謝もしますし、必要最低限しか食べようとは思いません。


また、毛皮や革製品を好んで購入しようとも思いません。

多少は使っていますが、それも自分が食べた分だけです。

きちんと手入れをすれば10年以上使えますから、購入も最低限で済みます。


「アレが欲しい、コレが欲しい」と、煩悩まみれの行動は恥ずべきことです。


これは、大人よりも子どもの方が分かっている問題ですよ?

どれだけの生命を犠牲にすれば人は満足するのでしょうね?



私は、生物として食べなければ生きていけないので食べているだけです。

ですが、それほど多くはいりません。


ですから、肉類など現在の100倍以上の値段でもいいと思っています。

それくらいの方が、皆、感謝するのではないのでしょうか?


現代人は食べ過ぎです。

それで身体を壊していますから笑えません。


ただ、栄養面などを考慮すると、やはり肉類を食べた方が手っ取り早く元気になります。

ですから、早く良くなりたい方は”質の良い肉”を食べましょう。



感謝を忘れてしまった方は、自分がどうして生きているのかを考えなければいけません。

誰の犠牲の元に成り立っているのかを理解しなければなりません。


これは、”生きているモノの義務”です。


家畜の虐殺動画など大量にありますから探してみてください。


肉類を食べるか食べないかは、色々と情報を集めてから判断しましょう。


ちなみに、私は大豆食品を好んで食べます。

味噌汁や豆腐、納豆などをよく食べます。


具沢山の味噌汁は野菜も一緒に摂取できるのでオススメです。

玄米、味噌汁、納豆、漬物があれば十分です。


ただ、大豆食品のみでは栄養が偏るので、色々な食材を摂取していってください。



身体を壊している方は、食事を軽視しています。

どんなものにも”命が”使われているのです。


それを意識していってください。


「あの食材が身体に良い」ではないのです。

”全ての食材が身体に良い”のです。


地球上の全ての方が、食事について”本気で”考えれば、食糧問題など解決します。

自分のことしか考えていないと、それが見えなくなってしまいます。


抽象度を上げて、自分だけではなく、食べている生命のことを感じていってください。


その方が圧倒的に良くなりますよ。

無意識を納得させよう

現代人は食べ過ぎで身体を壊していると話しましたが、分かりやすく言えば”生活習慣病”です。


もっと身近なことで言えば”肥満”です。



肥満の方の食生活を見ると、炭水化物や脂肪が多い食品を大量に食べています。


油物を食べなければ太らないと思っている方もいますが、脂肪は炭水化物から合成されてしまうので、たくさん食べてしまうと意味がないのです。


脂肪肝も、合成された脂肪が貯蔵されたために起こります。


フォアグラも同じ原理で作られていますから。



生活習慣病が怖かったらまずは食生活を見直してください。


元気になりたかったら既製品に頼らず料理を作ってください。


それくらいは当たり前に出来るはずです。



「生活習慣病は怖い」と言いますが、具体的に何が怖いのか考えたことはありますか?


太ることが怖いのですか?

血栓が出来ることが怖いのですか?

死んでしまうことが怖いのですか?


むやみに怖がると、それを利用して悪巧みする方に付け込まれます。


変な健康食品を買ったり、保険に入らされたり、健康グッズを買ったりしてしまうのです。



それらも有効ではありますが、それよりも原因の排除が先ですよ?


川をキレイにしようと思ったら、汚染を排除しなければいつまでも川はキレイになりません。


部屋をキレイにした端からゴミを撒き散らしていては、意味がないのです。



もし原因となる行動をしてしまうのなら、それはコンフォートゾーンが変わっていないからです。


食べ過ぎてしまうコンフォートゾーンを持っているから行動を変えられないのです。


食べ過ぎを何とかしたいなら、ゴール設定をしてそれを無意識へ刷り込みましょう。


無意識を変えないことには行動が変わりません。



「痩せ”たい”」「健康になり”たい”」では、無意識が現状を強めてしまいます。


その言葉の裏には「今は違う」という意味が隠れているからです。



言葉にするなら「痩せている」「元気だ」などの現在進行形や断定にしてください。


いつまでも願望を口にするのではなく、「出来ているんだ」ということを無意識に納得させましょう。


無意識を納得させれば簡単に変わっていけますよ。

好き嫌いしてもいい

好き嫌いしてもいいと話ましたが、あくまで食事の話です。


いくら好きだからといっても、お菓子などの嗜好品ばかり食べるのは止めましょう。



私が話していることは、例えば、人参やピーマンが嫌いなら食べなくてもいいということです。


それ以外の野菜を食べればビタミンやミネラルは補給することができます。


果物でもいいでしょう。



料理の幅は狭くなるかもしれませんが、レシピなどインターネットで探せば大量に見つかります。


問題にすらなりません。



「好き嫌いはいけない」と思っている方は親からの躾が影響しているのです。


戦後は今のように多種多様に食材がありませんでした。


ですからその躾は飢えないために必要なことだったのです。



ですが現在は逆です。


多種多様過ぎて何を買えばいいのか困るくらいですから。


それだけあるなら嫌いな食材の代用品などすぐに見つかります。


嫌いなものを食べなくていいとはそういうことなのです。



たしかに好き嫌いしない方が、災害などで食材がないとき何でも食べられます。


しかし、そこまで追い詰められると好き嫌いなど関係なくなってしまうのです。


生きるか死ぬかの瀬戸際ですから。



平時なら何も問題ないではありませんか。


食材をムダにしなければそれでいいのです。


好き嫌いはしてもいいんですよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR