東京は見頃です

近所の桜が見頃でした。

毎年見るものでも、自分の内面によって全く違って見えます。

sakura.jpg

かなり分かりやすいです

立ち読みしかしていなかったのですが、買いました。


要点だけを絞って書いてあります。

シンプルで分かりやすいです。

立ち読みしなさい!


他のオススメ本と一緒に読んでいただけると、より理解が深まると思います。


”「言葉」があなたの人生を決める”が実践するにはいいかと思います。


ボクも情報は発信し続けていきますが、自分の夢を持ち、行動していくのはあなたです。

読んで満足するだけでは勿体無い内容です。


自分の人生をより良くするために、イキイキとするために、少しずつ実践していってはいかがでしょうか?

紅く染まる街

大きな太陽を発見したので撮影!

陰影がすごくキレイでした。

運が良いです^^

夕日

薬で出来ているわけではない

食品添加物を取り上げていますが、その量についても見てみます。

食品添加物一日摂取量総点検調査報告書
http://www.ffcr.or.jp/Zaidan/mhwinfo.nsf/0/ce7101d177b43f05492569df000ba6e6?OpenDocument

計算してみると、20~64歳までの人で、一日あたり21gを超えています。年間約7.6kgです。また、1~6歳の子どもでは、約12g摂取しています。年間約4.3kgです。

この数字、自然界にある添加物も含んでいる数字です。自然界にない添加物では、2.1g程度になります。子どもは1.4g程度です。

ですが、自然界にある物質でも合成して作りだしているので、その精製度や濃度は自然界のものとは異なります。


健康な人でも、毎日この量の薬を飲んでいるとしたらどうでしょうか?(錠剤一粒あたり、0.2~0.5g程度)

余談ですが、化学調味料、たん白加水分解物等の一日の摂取量は6gを超えるそうです。

日本では、アレルギーなどが海外に比べると多いのですが、このあたりが関係しているという記事もあるくらいです。

あなたは、どう思いますか?


上にある数字は、あくまで食に無頓着な人が食べているであろう添加物の量です。普段から自炊している人は、もっと少ないですから安心してください。


この数字を見て、「多い少ない」と思うのは個人の自由です。「国が安全基準を定めているのだから大丈夫」と思うのも自由です。

しかし、思い出してほしいことは、ボクたちの身体は”薬で出来ているわけではない”ということです。

他の生物を糧にして生きているのです。

それを覚えておいてください。

自国のものだけでも生きていける

ポストハーベスト農薬はご存知だと思います。


海外から輸入されてくる作物に、農薬がかけられているというものです。

殺菌剤や防カビ剤などですね。


日本では食品添加物に指定され、使用には表示が義務付けられています。


当初、アメリカからの輸入作物に農薬がかけられていたことを批判した際、押し切られる形で定着したそうです。

今は、輸入作物のすべてを疑ったほうがいいくらいです。


TPP参加で食品がどうなるか分かりませんが、米や小麦なども例外なく農薬にさらされています。


ただ、最近は不使用のものもあります。

出回っているほとんどのバナナは大丈夫なようです。



ポストハーベスト農薬は、通常の農薬の数百倍の濃度で使われ、何ヶ月もの間、コンテナの中で防腐の役割を果たします。

そのため、農薬の残留が懸念されています。

また、発がん性や奇形の原因になる農薬もあります。


反論もあるようですが、”薬”が使われている、ということに変わりはありません。

それも膨大な量のです。


また、腐らないために使っているのですから、内部にまで浸透している可能性もあります。

よく、「皮をむけば大丈夫」と言いますが、本当でしょうか?


残留農薬の基準もありますが、それも本当に正しいのか疑問です。



福島原発での問題の際、安全といわれる被爆量が”引き上げられた”のがいい例です。

なぜ、引き上げる必要があったと思いますか?


政府は自分たちの都合のいいように数字を変えられるのです。

信用してはいけません。


日本の作物は外国よりかなり多くの農薬が使われていますが、輸入の際に使われる濃度と比べればまだマシです。

これはこれで問題ですが。



今の世の中、手に入れようと思えば世界中の作物が手に入ります。

しかし、それは本当に必要なものでしょうか?


食べるという行為は、自分の身体を生かすために必要な行為です。

そして、他の生物の犠牲なくしては成り立ちません。


欲にばかり目がくらみ、本来どういうものかを忘れてしまっては「感謝しよう」といっても実感が湧かないと思います。

もう一度、考えてみる必要があるのではないでしょうか?


自分の身体のことを考えるなら、他人まかせにしてはいけません。

自分で調べて、自分で考えましょう。


日本国内のものだけでも生きていけるのです。

日本の食料自給率アップの手助けもできますよ。

同じ名前でも違います

ボクは筋肉を作る際には、たんぱく質を取るように言っています。

身体の原料になるアミノ酸が必要だからです。


ですが、ここでは、添加物表記にある「調味料(アミノ酸等)」についてお話します。



調味料(アミノ酸等)


この名前だけを聞けば、健康そうなイメージですよね。

うま味調味料などども言われています。


しかし、これはれっきとした”化学調味料”です。

イメージアップのために名前が変わっているにすぎません。



作り方は、廃蜜糖という、砂糖を抽出した”残りカス”に、微生物を加え、生成したグルタミン酸を水酸化ナトリウムと反応させて作ります。

名前は、グルタミン酸ナトリウムといいます。


「微生物から作るから、自然なのでは?」と思うかもしれませんが、人工的にムリヤリ作り出しているので違います。

さらに、以前は石油を使って作っていました。


この調味料、海外では健康被害のため、評判がよろしくありません。

日本では大うけですが。



大手メーカーだから安心という意識がありますが、それは違います。

本当に、消費者のことを考えているなら、化学調味料を使ったり、CMで購買意欲を煽ることなどしません。


自分の身体のことを考えるなら、「CMで流れているものは買わない」ということから始めてみてはいかがでしょうか?

メーカーも売れないと分かったら、売るのを止めるはずです。


自分の身体のことは他人まかせにせず、自分で何とかするしかないのです。

マーガリンの危険性

バターとマーガリン、あなたはどちらを使いますか?

添加物とは離れますが、そもそも食材としてどうなのか、というものを挙げます。


マーガリンとは、バターを安価にした代替バターです。

液状の植物油に水素を添加して固形化したもので、自然界では本来ありえないものです。


なお、ショートニングもマーガリンと同じです。


常温では、サラダ油やオリーブオイルは固まりませんよね?

それを化学反応により、無理やり固めてバターに似せているのです。


”食べるプラスチック”などとも呼ばれています。



以前からマーガリンの危険性は知られていますが、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は動脈硬化などの心疾患を引き起こすとの報告があります。

他にも、アトピーなどのアレルギーの原因や発がん性があるなどの報告もあります。


デンマークやオランダではマーガリンは販売禁止になっていますし、アメリカでも「安全ではない」との報告もされ、使用禁止になりました。


日本では未だに聞きませんよね?

なぜでしょう?


さすが薬大国の日本ですね。

笑い事ではありませんが。



「植物性だから身体にいい」と思わないことです。

これでは逆に身体を壊してしまいます。


特に、子どもには与えないようにしましょう。

これは大人が管理すべき問題です。


マーガリンやショートニングは、パンやお菓子などによく使われています。

バターを使わずに安く済ますためです。

原材料名を見ると、書いてあるので分かると思います。


また、フライドポテトなどのジャンクフードにも使われています。


「不調だ」と思っている人は、自分が何を食べているのかを知ってください。


それは、本来食べなくても生きていけるものですよ。

どういうものか知っておこう

添加物を含んだ食品は数多くあります。

そして、添加物の種類は数多くあります。


保存料、着色料、甘味料、香料…


挙げていけばキリがありません。


買い物をする際に、原材料名を見て「薬っぽいものが使われているな」と思ったら添加物と思ってかまいません。

それくらい使われているのです。



なぜ使われているのかですが、その方が長持ちしますし、見た目も良くでき、低コストで味が簡単に再現できるからです。


添加物を一切含まない食品の値段を見てみると分かりますが、倍以上の値段がします。

本来なら、それくらい手間隙がかかるものなのです。


分かりやすいのが、ソーセージやハムですね。


生肉より手間がかかっているのに、安いなどありえません。

添加物でそれらしくしているのです。



豆腐など、添加しないと作れない食品などもありますが、必要以上に使われすぎなのです。


添加物が発がん性やアレルギーの原因になっているとの報告があります。

海外で使用禁止になっているものが、日本では未だに使われています。


健康と安さ、どちらを取りますか?



それは、人によって違うと思います。


「安くて食べられるならいいや」と思っている方はそれでいいのです。


しかし、「健康でありたい」「なんとかしたい」と思っている方は食生活から見直す必要があります。


添加物がどういうものかを理解したうえで、自分で判断することが大切ですよ。
プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR