決してムダではない

「年をとってきたから、そろそろ死ぬことを考えよう」ではありませんが、これと似たようなことは他にもあります。


例えば、重い病気にかかってしまった時などです。



本人を蔑ろにして、「相続問題だ…」「遺産は…」「身辺整理が…」などと言っている方がいますが、一体何を考えているのでしょうか?


これは、

重い病気=死

という先入観があるためだと思います。


「もう治らない」と思っているため、相手が死んでしまうことを前提に話をしてしまうのです。

ですが、これでは治るものも治りません。



治る方法も「治らない」という思い込みにより心理的な”盲点”になってしまい、見つかることはありません。


分かりますか?

本人は、生きているのに周りが殺そうとしているのです。



たしかに、がんなどの病気になった場合、本人も周りもショックでしょう。


しかし、なってしまったものは仕方ありません。

そこから良くなっていけばいいだけなのです。



なぜ良くなることを考えられないのでしょうか?

この状態では、いくら本人が治ろうとしても周りに押しつぶされてしまいます。



「がんになったから、そろそろ死ぬことを考えよう」では、治るものも治らないのです。


医者を筆頭に、家族、友人、お見舞いに来る方がそれではダメなのです。



想像してください。

「自分は治ろうとしているのに、あなたの信頼している人は自分が死んだ後のことを話している…」



治ろうという意思は湧きますか?

頑張ろうと思えますか?


よほどの意思がないと、想い続けることは難しいのではないでしょうか?

特に、いつも言われ続けた場合は最悪です。



「絶対治る!」

「治ってやりたいことをやっている!」


自他共に、これくらいの気概がないと治りません。

今、生きている本人を家族が否定してどうするのですか?



こういう人達のことをこういうのですよ。

ドリームキラーと。


ドリームキラーとは、夢を否定する人のことです。

勘違いしないでもらいたいことは、ここでの夢は病気が治ることではないということです。


治ることなど過程にすぎません。

その先のやりたいことをやるために治るのです。


夢を考えることは決してムダではありません。

一人でも多くの方に、この考えが広まれば良いと思っています。

今、生きている

よく中高年の方や年配の方は

「最近、物忘れが多くて…」

「若いころのように身体が動かない」

と言いますが、その原因を考えたことがあるのでしょうか?



たしかに老化が原因でしょう。

ヒトの脳細胞は生まれたときに約140億個あるとされています。

そして、毎日約10万個ずつ死滅しています。


これが80歳まで続くとなると、単純計算して3650万個(一年間の死滅量)×80年=29億2000万個ですね。

だいたい20パーセントは死滅していることになります。



この数字を見ると「こんなに!」と思うかもしれませんが、逆に考えると、まだ20パーセント程度しか死んでいないのです。

80パーセントも残っているのですよ?



あなたは80パーセントと聞いてどう思うでしょうか?



「テストで80点だった」

「貯金が100万円あったが、まだ80万円残っている」

「仕事が8割がた終わった」


など聞いて、悪い数字だと思いますか?

ほとんどの方は悪いとは思わないでしょう。



ならば、そこまで重く考える必要はないのです。

たしかに、身体の機能に多少の障害はあるでしょう。

しかし、その機能が完全に無くなってしまったわけではないのです。


そもそも細胞間のネットワークは新しく作られていくので多少細胞がなくなろうと問題ではありません。

でなければ、新しいことが習得できませんから。



もっと自分の身体を信じましょう。



毎日のように「物忘れが…」と言っていると、そこに視点が行ってしまいます。


”覚えていること”が心理的な”盲点”になってしまうのです。


厳しい言い方をすれば、老化を言い訳にして考えることを放棄しているだけです。


自分で考えることをやめてしまったら、それは本当に生きているといえるのでしょうか?



「年をとってきたから、そろそろ死ぬことを考えよう」などと考えると、そちらにばかり視点が行ってしまい、”生きること”が盲点になってしまいますよ?



今、生きているのです。



死んだことなど考える必要はありません。

生きているのだから、自分のやりたいことをやり続けましょう。

身近な毒

食品のことをお話してきましたが、この書籍には身近にある「毒」について分かりやすく書かれています。


専門知識がなくても読めるのでオススメです。


この書籍は、子を持つ親御さんにこそ読んでもらいたいものです。

子どものことを”本気で”考えているなら、家事など放っておいていいので読んでください。

一食くらい抜いても死にはしません。


また、内容が厳しいという方もいるようですがたいしたことはありません。


むしろ、この程度を受け止められないような方が問題です。

メディアに洗脳されています。



ごく一部の人間は、自分が甘い汁を吸いたいがためにボクたち民衆を洗脳してきます。


それに対抗するためには、知識をつけ、自分で考える必要があるのです。


家族のためを思って仕事をしている、家事をしている方は大勢いると思います。

しかし、知らないうちに守るべき家族を危険に曝していたとしたら?


家族が大事なら、この知識が役に立つはずですよ。



子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)子どもを病気にする親、健康にする親 (世界に満ちる毒から子どもを守れ)
(2014/04/15)
内海 聡

商品詳細を見る

身体の反応を大切に

「生活に支障が無い程度から始めてみては?」とお話しましたが、スーパーに行って食品の原材料名を見てみると、ほとんどのものに添加物が入っていることが分かると思います。



「ならどうすればいいの?」と思うかもしれませんが、まずは調味料から揃えてみてはいかがですか?


調味料はすぐにはなくなりませんし、多くの料理で使うものです。


多少値段は張るかもしれませんが、一度に大量に使うわけでもないので、一食分の値段はたいしたことありません。



欲を言うなら、塩などは科学的に精製されたものではなく昔ながらの製法のものが好ましいです。

また、原材料名には”有機○○”と書かれたものが好ましいです。


ケチャップやマヨネーズも自宅で作ることができます。

気になる方は、インターネットで調べてみてください。

レシピがのっていますから。



添加物などの人工的に精製されたものには、依存性や毒性があるという研究結果があります。


治すためといって投与している薬が、実は症状を悪化させているということもあります。

抗がん剤などですね。



人類は約400万年前から進化を続けてきた生物です。

そのゆっくり進化してきた身体に、パッと出の薬品が合うわけがないのです。


そもそも、ヒトの全ての作用機序が分かっていません。


それなのに、ある一部分だけの効果を謳い、他の効果は見ないようにするというのはどうなのでしょうか?


あなたはどう思いますか?



もっと、自分の身体の反応を理解しましょう。

頭が痛い、お腹が痛いなどの反応です。

発疹がある、吹き出物があるなどの反応です。


身体の反応に無駄なことはありません。

それは、ボクたちに気づかせてくれるサインなのです。

それを無視せずに受け止めましょう。


そして、そこから良くなっていくイメージを持ちましょう。

そのイメージを強く、何度も持つことで身体はそれに答えてくれます。


自分自身を信じましょう。

薬に頼らなくてもいい身体になっていることに気づくと思います。

うまく利用しよう

薬品が使われていない食品を食べた方が良いとは思いますが、添加物が身体に良くないからといってすべてを排除する必要はありません。


生活に支障が無い程度から始めてみてはいかがですか?



無添加の食品を食べるのも、本来は、「人生を良くしたいから」「健康でいたいから」などの理由だと思います。


それなのに、日々の生活で食べるものに不自由しては本末転倒です。


ただ、「美味しいものを食べたい」という方には無添加のものをオススメします。

コチラの方が断然美味しいですから。



ヒトの身体には元々浄化作用があります。

以前、デトックス(体内の毒素や老廃物を取り除くこと)がブームになりましたが、ヒトは”毎日”デトックスしているのです。


ただ、それ以上に毒素を取り入れているだけなのです。


食べるものに気をつければ、デトックスなどしなくても勝手に浄化されます。


浄化作用を助けるために、身体の毒素が体外に排出されているイメージを持ちましょう。

イメージは身体の機能を飛躍的に高めてくれます。


「身体の毒素や老廃物が汗や尿と一緒にどんどん排出されている」


というイメージがいいでしょう。


「たかがイメージ」と思わないことです。

イメージすることができなければ、ボクたちは生活することもできないのです。


ヒトが持っている機能をうまく利用しましょう。

望む未来のビジョンを持とう

「身体の声に耳を傾ける」とは言いましたが、自分が食べたいものを食べればいいからと言って、ジャンクフードやお菓子ばかり食べるのは違います。


「ハンバーガーが食べたい」

「コンビニ弁当が食べたい」

「スナック菓子が食べたい」


などあると思いますが、添加物が大量に入った食品はその添加物自体が依存性を引き起こしているのです。(砂糖自体にも依存性はありますが)


違うもので例えると、タバコと変わらないのです。



身体の声に耳を傾ける良い例は、風邪を引いた時です。

熱がでて、食欲も湧かなかったりすると思いますが、添加物は毒だと分かっているから起こる反応なのです。


身体が欲しているものなら、たとえ病気だろうと食べることができます。

治すためには、材料が必要ですから。



本来、添加物はなくても生きていけます。

1ヶ月ほど、添加物を取らない生活を続けると薬品の味が分かるようになります。

気になる方はチャレンジしてみてください。


現代では薬品漬けの食品ばかりで、無添加の食品は高価になっています。

ですが、病院に行ったり薬を飲んだりする方が結果的にお金がかかってしまいます。


体調が悪い、健康に不安があると思っている方は食事から見直してみてください。



現状を嘆くだけなら誰でもできますし、それで何かが変わることはありません。


そこから、より良い未来に、自分の望む未来にするために行動していくことが大切なのです。


望む未来のビジョンを持って、行動していきましょう。

どうするかはあなた次第

夢はバランスを取ろうとお話しましたが、いきなり作れと言っても、大変に思うかもしれませんね。


以前は、最低3つから始めるように言っていたと思います。

このくらいなら、比較的簡単に考えられるのではないでしょうか?


また、夢を作ってみると、いくつかの分野を充たしているものが出来上がったりします。


ですから、初めて夢を作る方や、難しいと思っている方はとにかく作ってみましょう。


そして、慣れてきたら、次は違う分野に夢を作っていけばいいのです。



ボクは「焦る必要はない」「これから夢を考えていけばいい」と言っていますが、「その内やる」「いつかやる」という考えには反対です。


「その内」や「いつか」と言いますが、いつなのでしょうね?

この考えでは、ただ時間が過ぎていくだけです。


「これからやる」と決めたなら、次の休日でも来週でもいいのです。

いつやるのかを決めて行動しましょう。


そうしないと、いつまでも行動しないままです。


「やるなら、やる」「やらないなら、やらない」と決めましょう。



これらの知識を得て、どうするかを決めるのはあなたです。

ボクは、強制はしたくないのでしません。


ですが、個人的なことを言わせてもらうと、実践して人生がガラリと変わりました。

後悔なんて全くしていません。


「もっと楽しく生きたい」「人生を良くしたい」と考えている方は、実践してみてはいかがでしょうか?

夢にはバランスを

ボクのブログでもよく出てくる、盲点について再度お話します。


元々は医学用語で、眼球奥にある網膜が光を認識しない部分のことを指します。


つまり、構造上どうあがいても見えない部分のことです。


専門的にはスコトーマと呼ばれています。



現在においては、この盲点が心理的な部分にも働くことから、コーチングでも使われています。


そして、この心理的盲点は偏見や思い込みなどにより、その大きさが増すのです。


「これはこうだ」「これしかない」などと、決め付けたり思い込んでいると他の選択肢が見えなくなるのです。


また、盲点は小さくすることはできても消すことはできません。


前を向いたら、後ろが見えなくなるように必ず盲点は生まれるのです。

何かに視点を合わせたら他が盲点になるのです。


もちろん悪いことばかりではありません。

見えなくなるおかげで、何かに集中することができるからですね。



夢を決める上でも、この盲点を考えることが大切です。


もし一つしか夢がなかったら、そこだけしか見えなくなるからです。


例えば「仕事で成功していること」しか夢がない場合、健康や人間関係などは気にならなくなります。


仕事で成功したとしても、身体を壊したり、家族を蔑ろにしてしまったりするのです。



そのため、夢を作るときには色々な分野に夢を作り、バランスをとる必要があります。


家族、健康、人間関係、趣味、仕事、勉強など6分野くらいは欲しいですね。


もちろんそれ以上でもかまいません。

社会、信仰、老後、レジャー、自分のことなど何でもいいのです。


色々な分野に夢を作ることによって、盲点を小さくしましょう。


前だけでなく、上や下、左右を見て、見えないところを少なくしようというのです。


また、いくつもある夢をすべて含んだ夢でもかまいません。

例えば、「世界平和」などですね。



夢を作ってみると、ある分野に偏っているということがよくあります。

たくさん作っても、同じ分野の夢しかないことがあるのです。


ですから、意識的にバランスを取りましょう。


「そんなに作って大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、ヒトの無意識がきちんと対応してくれます。


誰でも持っている能力なのです。

心配する必要はありません。



自分の夢を見直して、特定の分野に偏っているなら、違う分野にも夢を作りましょう。


夢は、自分の人生を豊かにするものです。

一つの分野だけでなく、色々な分野で豊かになったほうが良いと思いませんか?

見えないだけ、知らないだけ

「気」と聞くと胡散臭いと思う方もいるようですが、気という言葉は日本でたくさん使われています。


元気、勇気、気合、平気、やる気、

本気、気圧、天気、気まま、気楽、

陽気、病気、人気、空気、電気


など、パッと思いつくものを挙げてみましたが

キリがありません。


胡散臭いと思う方は、おそらく、テレビで気を使って相手を吹き飛ばす場面を見てそう思ったのだと思います。


ですが、たくさんの例があるように、気は慣れ親しんだものなのです。



相手を吹き飛ばすような気は置いておくとして、気と呼ばれるものはあります。

ボク自身、気を扱えるので。


「科学的に証明して」と言われても、装置が発明されていないので、温度計のように数値で表すことはできません。


ですが、目に見えなくても、気温はあるし、気圧や電気、空気はありますよね?



これらは知っているから

「ある」

と思えるのです。


気も同じです。知っているし、扱えるので、ボクは「ある」と思っています。


しかし、知らない人には分かりません。

その人にとっては「ない」と同じなのです。



何かに似ていますよね?


いつもお話している、盲点ですね。

自分が見ているもの、知っているものは「ある」、見えないもの、知らないものは「ない」のです。



見えていなくても、知らなくても存在するものはたくさんあります。


自分が見えない、知らないからといって、頭ごなしに否定することはどうなのでしょう?


あなたはどう思いますか?



先生や親御さんが子どもの夢を否定しますが、その夢を経験した訳でもないのに、なぜ否定するのでしょうね?


思い込みで判断しているのです。

「そんな夢、叶うわけがない」と思っているのです。


思い込みは視野を狭くしてしまいます。

「叶う」部分が盲点になってしまいます。


このように考えてしまう方は、まず思い込みをやめましょう。

色々な選択肢があることを認識しましょう。



否定的に考えてしまうと、そちらにばかり視点が行ってしまいます。


叶えたい夢があるなら、夢に視点を移動させましょう。

否定的な部分を盲点にするのです。

ひかり

五月も三分の一が過ぎ暖かくなってきました。

過ごし易い季節ですね。

植物も太陽の光を受けてイキイキしています。

hikari
プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR