信じて進んでいこう

今年も終わりが近づいてきましたね。


このブログを参考にし、実践した方は一年前と比べて変わったことでしょう。



過去を何度も振り返ることに意味はありません。

それは小説や映画を見るのと同じです。


その時の感情もただの娯楽にすぎないのです。


その感情をアファメーションに利用することは出来てもそれだけです。


過去は二度とやってきませんから。



過去の自分、過去の結果ばかりではなく、ゴールを持ち未来を見て生きていきましょう。


人が生きる為には夢や目標が必要です。

ゴールが必要なのです。


「そんなもの」と思わずに、”自分で”自分のゴールを設定しましょう。


そして、信じてそこに進んでいくのです。

望む未来は手にすることが出来るのですから。



ありがとうございました。

それでは、良いお年を。

手段に目を奪われない

毎日”意識して”セルフトークを変えていこうとお話しました。


セルフトークは一日数万にも上る為、意識して行うことが重要です。


意識して行うのとそうでないのとでは、効果がまるで違うからです。



そもそも、意識しないと今まで使っていたセルフトークを使うことになってしまいます。


それでは、自分を変えていこうとしてもいつまでも変わることは出来ません。


意識することが重要なのです。



そして、”意識”する以外にも重要なことは、なりたい自分を”イメージ”して行うことです。


セルフトークを変えるにもイメージが必要なのです。



何のイメージでしょうか?


もちろん、”ゴール”のイメージです。

もしくは、ゴールに必要な”現段階”のイメージです。



セルフトークを変えることはあくまで手段にすぎません。


「何の為にセルフトークを変えるのか」

この答えが自分の中にないと意味がないのです。


それがゴールなのです。


そして、続けることが出来る人もゴールを持つ人です。


「ただ何となく」という理由では絶対に続かないからです。



何の為にセルフトークを変えるのかをしっかりと考えてください。


ブログでお話していることはすべて”ゴールありき”です。


手段に目を奪われないでくださいね。

なりたい自分になれるなら些細なこと

先日お話した内容ですが、専門的には”セルフトーク”と呼ばれています。


そのままの意味ですね。

”自分の”使っている”言葉”という意味です。


このセルフトークを変えて自分を変えていこうとお話したのです。


意識から無意識への働きかけにより自分を変える方法ですね。



ヒトの行動は無意識から意識へと伝わっているのに「それを逆から変えることが出来るのか」と思う方もいるかもしれません。


ですが、意識と無意識が”繋がっている”のなら逆向きにも干渉することが出来るのです。


一方通行の道路があっても車や人が通ることが出来るのと同じです。


それがアファメーションですし、その効果も実証されています。



そこに不安や疑心があるとその効果は減ってしまいます。


いきなり信じろと言われても、人は自分が体感しないと理解しないものです。


ですから、セルフトークを変えて生活してみてください。


もしくは、セルフトークを意識して、自分がどのような言葉を使っているのかを把握してください。



例えば、「自分は暗いからネガティブな言葉を使っている」と思っている方がいるとします。


しかし、”毎日ネガティブな言葉を使っている為”にそのような自分になっているとも考えられるのです。


「鶏が先か卵が先か」のようですが、重要なことはその先の”結果”です。


”どちらが先か”など、どうでもいいのです。



ポジティブになりたいならポジティブな言葉を使えばいいですし、ネガティブになりたいならネガティブな言葉を使えばいいのです。


もちろん、毎日何十回、何百回も使う必要はあります。

無意識に使えるようになるまでです。


ですが、お金もかからず時間もとりません。


いきなり言葉を変えることにより他人から変に思われるかもしれませんが、それだけです。


なりたい自分になれるなら些細なことです。

実践していきましょう。

使う言葉を変えていこう

否定ばかりしていてはそちらのエネルギーに囚われてしまうので、自己評価等を上げるお話をしましょう。


あなたは毎日使っている”言葉”を意識したことがありますか?


誰かに話している言葉でも、心の中で思っている言葉でもかまいません。


どのような言葉を使っているでしょうか?



言葉はイメージを想起させます。


同じような言葉を使うことにより、それを自分のイメージとして無意識にインプットしているのです。


何処かで聞いた話ですよね?



そうです。

アファメーションと同じなのです。


つまり、毎日ネガティブな言葉を使っている方は、毎日ネガティブなアファメーションをしているのと同じ効果が得られるのです。


また、使う言葉は他人に対してでも、自分に対してでも効果に変わりはありません。


脳が認識出来ないならです。


つまり、他人に「バカ!」「クズ!」と言うことは、自分に対して同じ言葉を使っていることになるのです。


自分の使っている言葉がいかに大きな役割を担っているかお分かりいただけたでしょうか?



では、コレを踏まえて自己評価を上げるお話をしましょう。


もうお分かりだと思いますが、”使う言葉”を変えればいいのです。


自己評価を上げたいのなら、”自分で”自分を褒めるのです。


「私は凄い」「私はやれている」「さすが私」などのように、行動するごとに自分を評価してあげるのです。


また、ポジティブになりたいのなら、毎日ポジティブな言葉を使えばいいだけなのです。



「こんな簡単なことでいいのか」と思うかもしれませんが、これを毎日何十回も何百回も行うと考えると、慣れていない方は大変だと思います。


ですから、徐々に、意識して自己評価を上げる言葉やポジティブな言葉を使っていきましょう。


始めは大変と思うかもしれませんが慣れれば楽しくなります。


普段から使っている言葉を意識してみてください。

ドリームキラーに続き要注意です

ドリームキラーに続き注意したい人物がいます。

それは”自己評価の低い人”です。


ドリームキラーはゴールを話さなければ生まれませんが、こちらはそうでもありません。


やることなすこと否定してくるからです。



自己評価が低い場合、”他人を自分より低くみなし”相対的に自分の評価が高くなるように働きかけます。


自分の評価は変えず他人を蹴落とすのです。


ですから、そのような人物と関わってはいけません。


関わり続けるとそちらに引き込まれてしまいます。


また、余計なエネルギーを使うことにもなってしまいます。



「親しいから」「友情が」「付き合いが」と言う方もいますが、自分を否定し続けてくる人物が自分のことを考えていると思いますか?


ハッキリ言ってそんなことはありえません。


ただ保身に走っているに過ぎないからです。


”本当に”自分のことを考えてくれている人は否定し続ける影響を分かっている為、そのようなことはしません。


このような人達と関わることは止めましょう。

自分のゴール達成の障害にしかなりません。


過去の人間関係に囚われる必要はないのです。

新しい関係を築いていきましょう。

話さなければ生まれません

「ゴールは絶対に秘匿しなければいけない?」と言う方もいますが、そうでもありません。


そのゴールが無意識にまでインプットされていれば話してもかまわないのです。


ここまでくると、コンフォートゾーンがゴール側になっている為、他人に何を言われても影響を受けることがないからです。


たとえ影響を受けたとしても、無意識の働きによりゴール側に戻ります。



ですが、自分の将来を考えるのならこればっかりは守ってください。


ドリームキラーの影響はバカに出来ないからです。


ドリームキラーは自己評価を下げ、自信をなくす効果があります。


”否定”しているのですから当然ですね。



この影響をゴールに向かいはじめた方が受けると、以前の状態に戻ってしまうのです。


そればかりか「私は出来ない」「何をやってもムリ」などと、”以前より”自己評価を低くしてしまう、自信をなくしてしまうことにも繋がります。


もちろんゴールに向かっている方でも、否定され続ければ自己評価等が低くなりますから、ドリームキラーに関わらないにこしたことはありません。


ドリームキラーの”発言自体”がアファメーションとして働きますから。



そう考えると、ゴールは話さない方がいいですよね。

話さなければドリームキラーは生まれません。


もし話したいのなら、”コーチ”かブログの内容を実践し”体感している方”に話しましょう。


尤も、このような方はまだまだ少数なので探すのも大変ですが。


話す相手を探すくらいなら自分のゴールに没頭しましょう。

ゴールは秘匿するもの

ゴールを設定し、行動していくことも大切ですが、ゴールを”他人に話さない”ことも大切です。


他人に話してしまうと、大抵の方は”否定”してくるからです。


このような方は、オススメ書籍では”ドリームキラー”と呼ばれています。



特に、アファメーションを始めたばかりの頃は疑心暗鬼になりがちです。


そんな時に自分のゴールを否定されたらどうでしょうか?


いい思いはしないでしょう。


そればかりか「本当に出来るのだろうか?」とより不安になってしまいます。



「否定されても全然気にしない」というのなら問題はないと思いますが、信頼している方から否定されても同じことが言えるでしょうか?


親友、親、兄弟、先生などです。



このような方に共通することは”相手を心配している”ということです。


「相手の将来を心配しているからムリなことは止めさせよう」と思っているのです。


心配して言ってくれている分、反発しにくいので性質が悪いですよね。



ですから、ゴールは誰にも話してはいけません。


学校などで聞かれても適当に答えておきましょう。


「相手を裏切っている」と思うかもしれませんが、それで痛い目を見るのは自分です。


本来なら、ブログでお話していることを全員が理解し、ゴールを認め合える環境が望ましいのですが、現状ではコーチ以外ムリな話です。


ですから自衛しましょう。



別に「全員が敵だ」とは言っていませんが、ゴールは秘匿するものだと認識していれば、余計なトラブルも生まれません。


「ゴールは秘匿するもの」と覚えておきましょう。

”自分”のペースで

ゴール設定やアファメーションを毎日行うことも大切ですが、それ以外にも大切なこともあります。


そのゴールに向かい”行動”することです。



私は「これだけやっていれば大丈夫」という必勝法のようなものはないと思っています。


ゴールはあくまで大前提です。

「ゴールだけあればオッケー」などと思っていません。


ゴールがあり、初めて手段が見えてくるのです。

そして、その運用方法も見えてくるのです。


その方法は一つとは限りません。

いくつもあるのです。


以前「健康」のカテゴリでお話したと思いますが、ゴールを達成する為に”何でも”使えばいいのです。


一つに拘ることはありません。



ブログを参考にしてゴールを設定する方は、「人生を良くしたい!」と思っている方でしょう。


あなたの「良い人生」とはどのような人生ですか?


思い浮かべてみてください。



そして、そのイメージした自分になるように行動していけばいいのです。


話し方が今と違うのなら変えていけばいいですし、振る舞いや体型も違うのならイメージに合うように変えていけばいいのです。


「自信がない」「自分は暗い」と思っているのなら、

「私はやれている!」

「さすが私!」

「良い笑顔!」

と毎日何十回も言い、実践していけばいいのです。


これも立派なアファメーションと言えます。



「今出来ないから」と諦めることはありません。

いくつも行動していきましょう。


行動といっても、いきなり今までと全く違う行動をとる必要はありません。


それでもかまいませんが、日常生活の中で少しずつ変えていけばいいのです。


ゴールに向かい全力疾走でもいいですが、歩くような速さでもいいのです。


自分のペースでゴールに向かいましょう。


焦る必要はありませんよ。

望む自分は作ることが出来る

なぜ無意識にゴールをインプットするのかを説明しておきましょう。


ゴールを無意識にインプットする作業ですが、これを行うことにより新しい自我を作っているのです。



ヒトは”イメージと感情”を合わせた記憶の積み重ねにより自我を形成しています。


また、ヒトの脳は過去だろうと未来だろうと”記憶は記憶”と認識することが出来ます。


つまり、未来の記憶(ゴール)を脳に刷り込んでしまえばそれを元に新しい自我の形成が可能となるのです。


「過去の積み重ねが今の自分を作っている」という方はこの脳の機能を知らないだけです。



尤も、過去の記憶や、目で見て手で触っている物理世界より強力に「未来の自分が本当の自分だ」と思わなければいけませんから、毎日何度も繰り返す必要はあります。


そうして自我が変わると、コンフォートゾーンが逆向きになりますから、今までの環境が居心地悪くなるのです。


また、現在とゴールのコンフォートゾーンが離れていると働く力もそれに比例して大きくなります。


輪ゴムを引っ張り合うと戻るときの力が大きくなるのと同じです。


ですから、ゴールは大きい方がいいのです。



天井に夢を貼り付けるくらいなら、アファメーションを貼り付けましょう。


寝る前と寝起きは大抵の人はリラックスしていますから効果的です。



無意識の力は強力です。


ゴールに合った自我になろうとしても、それを阻止しようと働きます。


現在のコンフォートゾーンから出たくないからですね。


ですから、意識的に毎日アファメーションを唱えましょう。

ゴールのイメージをし、そのときの感情を感じましょう。


望む自分は作ることが出来るのです。

いつの間にか変わっている自分に驚くと思います。

大きなゴールをインプットしよう

人生にはまずゴールが必要だとお話しました。


今は進路のお話をしていますが、ゴールを考えた結果学校に行かないのであればそれでもいいと思います。


よく小中学校は義務教育だと言われていますが、”親の”義務であり子どもの義務ではありません。


あくまで子どもは学校に行く権利があるだけです。

気になるのなら憲法を読んでください。



そもそも学校は勉強の場です。


「人間関係を学んだり、友達を作る場だ」という方もいますがそれは違います。


学校でなくても人間関係は学べますし友達も作れます。

本質は学び舎です。


その学校で学ぶことがなければ行かなくてもいいと思います。


”ゴールを考えた結果”勉強が必要だと思うなら学校に行きましょう。



そして、ゴールを設定したのなら、次はそれを無意識にまでインプットする作業を行いましょう。


個人で行うのならアファメーションを読むことが有効です。


方法はリンクを貼っておきます。

アファメーションを作ろう
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-380.html



また、ゴールについてですが、作成したゴールのイメージを2倍、4倍、10倍と大きくしてみましょう。


そして、”イメージ出来ない””ビビッてしまう”くらいのゴールにしてしまいましょう。



なぜこのような作業を行うのかというと、イメージ出来るゴールだと”現状”に囚われてる可能性がある為です。


この”現状”ですが、今のままいけば達成出来るゴールのことも含まれます。


そして、現状に囚われていると無意識が「このゴールはコンフォートゾーン内だ」と認識してしまい、その力が働かないのです。


無意識の力を有効に使う為にもゴールをコンフォートゾーン外に設定しましょう。



色々と言っていますが、今の学力とかけ離れている進路を設定すればそれは現状の外になりますし、進路を大幅に変えたりすることも現状の外になります。


難しく考えることはありません。


ゴールを作ったら、「これは出来そうにないな」と思ってしまうくらいまでゴールのイメージを膨らませてしまいましょう。


その方が無意識の働きは強くなります。



ゴールを作ることは楽しい作業です。

自分のやりたいことを考えているからですね。


ゴールを考えるデメリットは紙やペン、時間を消費するくらいです。


考えたことがない方は考えてみてください。
プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR