言葉を意識していこう

「脳は臨場感が強い方をリアルと認識する」「言葉はイメージや感情を想起させる」とお話しました。


この特性を利用しているものがアファメーションです。



他の利用法としては、”普段から”使っている言葉を変えることです。



例えば、毎日何十回も「疲れた」と言い続けている方は疲れが抜けなくなってしまいます。


「疲れた状態が先だからそれはないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、脳はどちらが先だろうと”関係ない”のです。



特性を思い出してください。

臨場感を感じている方がリアルになるのです。


そして、その状態が続くと「それが自分だ」と無意識が認識してしまうのです。


そうなってしまうと、自ら疲れる方へ行ってしまいます。

その状態がコンフォートゾーンになるからです。


上の例は、”言葉と行動”により負のアファメーションを体現している状態ですね。



ですから、普段から使っている言葉を変えていきましょう。

自分が感じたい状態を言葉にしましょう。


もちろん、今疲れているのに「私は元気だ」と言ってもいきなり元気になるわけではありません。


その場合、早く休んで元気になりましょう。

暴飲暴食を止め、リラックスして休めば元気になります。



「目が覚めれば凄く元気だ!」と思いながら休むのです。


「元気になり”たい”」「元気になったら”いいな”」では元気になりません。


その言葉の後に、「でも今はダメ」と言葉が続くからです。

無意識の中ではそう認識してしまうのです。



ですから、”今その状態である”ように言葉を使いましょう。


英語では「~ing」ですね。



言葉は普段使っている分意識しないと思います。


まずは、自分がどのような言葉を使っているのか考えてみましょう。


そして、そこから”なりたい自分”はどんな言葉を使っているのか考え、言葉を変えていきましょう。


自分で考えることが大切ですよ。

感情が湧いてこないという方は

アファメーションを作る際に、”ポジティブな感情を感じられる言葉”を入れるとお話しました。


「アファメーションを唱えているけれど、ポジティブな感情が感じづらい」という方はいませんか?



言葉はイメージや感情を想起させます。


その言葉を感じたことがある方は、何度もその言葉を使っていると自然と感じられるようになります。


心配しなくても大丈夫です。


しかし、もっと手っ取り早く感じる方法をお話しましょう。



それは”過去に感じたポジティブな感情”を使うことです。


アファメーションに使っている、「嬉しい」「楽しい」「心地良い」などのポジティブな感情は、”過去に”体験したことがあることでしょう。


そうでなければ、その言葉を使えないはずですから。



まずは、その嬉しい、楽しいなどの過去に感じた感情をエピソードごと思い浮かべましょう。


そのエピソードを紙に書き出してもかまいません。


この時、「あの頃は楽しかったけど、今はダメ」などのように余計なことまで考えないでください。


ポジティブな感情を感じることがメインです。



そして、それを何回も繰り返し、ポジティブな感情を感じている状態でアファメーションを唱えてください。


その感情はすぐには消えませんから、アファメーションを唱えていても感じられるはずです。



この作業を繰り返していると、自然と言葉からその感情を引き出すことが出来るようになります。


何日も繰り返していると、いつの間にか出来るようになります。


試してみてください。

これらはすべて技術です

アファメーションを毎日何回も唱えることにより、脳内では感情を伴ったイメージがリアルに描かれ、それを何回も追体験している状態が続きます。


脳はリアルだと感じているのなら、それは自身の記憶として認識します。


結果、新しい自我、新しいコンフォートゾーンが形成されるのです。



ヒトは現実世界だろうとそうでなかろうと、臨場感が”強い方”をリアルと認識します。


本や映画で泣いたり笑ったり出来るのも、ヒトがその世界に強い臨場感を感じているからなのです。



五感を含む鮮明なイメージが出来る方は、その分効果が早く表れるでしょう。


尤も、慣れの問題もあるので焦らず続けてみてください。



また、リラックスをしてから行うようにしてください。


そうしなければ、現実世界の臨場感が強すぎてイメージがしづらくなるからです。


深呼吸をする際に、手足、胴体、頭などを意識して力を抜いていきましょう。


息を吐くごとに、「右手から力が抜けている」「右足から力が抜けている」と意識するのです。


慣れてくるとすぐに力が抜けるようになります。


これも練習あるのみですね。



これらはすべて技術です。

実行した方だけが上達していきます。


少しずつ上達していきましょう。

出来ない方はいない

「ゴールを膨らませよう」とお話しました。


9倍くらいに膨らませるでもいいですし、イメージ出来ないくらいでも構いません。


”コンフォートゾーンの外側”であることが重要なのです。


大人には特に考えて頂きたいことなのですが、子どもの場合この限りではありません。



子どもは将来のゴールを考えるにあたって、今のまま、学生のままゴールを達成することは考えません。


例えば、「医者になりたい」「警察官になりたい」など何かしら具体的な職業を挙げると思います。


現状では叶えられないものをゴールに設定するので、「大きくしよう」などと考えなくてもゾーンの外側になっていることが多いのです。


また、大人のように世間の常識に染まっていない分、自己を改変しやすいというのも理由です。



尤も、ゴールは大きい方が無意識の力は強くなりますから大きいに越したことはありません。


子どものゴールが大きくなるか小さくなるかは大人の影響が強いので、それは親御さんが気をつけてください。



大きいゴールを描けたら、アファメーションを作成し無意識に定着させましょう。


作り方は以下を参考にしてください。


アファメーションを作ろう
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-380.html


これらがあればイメージしやすであろうことをお話していますが、詳しく学びたい方は自分で学んでください。



この時、あまりに大きなゴール、つまり抽象的なゴールはイメージが湧きにくいと思います。


その場合、そのゴールを叶える為に”達成していなければいけない段階”をアファメーションとしましょう。



イメージが湧かなければ感情も湧いてきません。

それは毎日練習していれば出来るようになります。


「イメージ出来ないから」と諦めないでください。

すぐに出来たら苦労しません。


車の教習を思い出してください。

すぐに出来ましたか?


そんな方は稀でしょう。

何度も練習をして、無意識でも運転できるくらいまでになっているのです。



深呼吸をして、身体の力を抜いてから行いましょう。

「出来ている」と思いながら行いましょう。


出来ない方なんていませんよ。

イメージを膨らませよう

バランスのとれたゴールは先週描けたと思います。


今度は無意識を有効に使ってゴールを達成する為に、ゴールをパワーアップさせる作業に移りましょう。



では、ここで質問です。


「あなたのゴールは”現状のままいけば”達成出来るものですか?」


この質問はしっかりと考えてください。


この質問の答えによって、無意識が働くか働かないか分かれるからです。



無意識には次のような特性があります。


無意識は、”今のまま”生活していけば達成出来るであろうことは”すべて現状”にしてしまいます。


未来の出来事でも現状にしてしまうのです。



今の自分を維持してゴールが達成出来るのなら、わざわざ変わる必要はありませんよね?



そうなると、無意識は”今の状態”を維持しようとします。


無意識が「現状でもオッケー」と判断した場合、何も変わらないのです。



ですから、それを防ぐ為に「現状の外」にゴールを設定する必要があります。


簡単に言うと、”イメージ出来ないくらい”が現状の外になります。



作成したゴールのイメージを膨らませてみてください。

3倍、6倍、9倍と膨らませてみてください。


もちろん、ゴールの内容は個人によって違います。

自分が「イメージ出来ない」と思うくらいでいいのです。



そして、そのゴールを無意識に落とし込むことで、新しいコンフォートゾーンが作られます。


そうなると、無意識は今の状態がストレスになりますから慌てて新しいコンフォートゾーンに逃げ帰るのです。



やっていることは、新しいコンフォートゾーンを作りそれが本当の自分だと無意識レベルで思うことです。



無意識を使う為には”現状でも叶えられるゴール”では足りません。


「今を維持する」という意味では働いていますが、それではゴールを作った意味がありません。


「夢は大きく!」と誰かが言いましたが、まさにその通りなのです。



”自分にとって”でいいのです。

他人や他の情報と比較する必要はありません。


ゴールのイメージを膨らませてみましょう。

バランスをとりましょう

「色々な分野にゴールを設定しないと視野が狭くなる」とお話しましたが、ほとんどの方はいくつかの分野にゴールを設定しています。


例えば「仕事で成功したい」のようなゴールの方でも、「家族を養う為に仕事を成功させたい」と考えている方もいます。


「趣味を楽しみたい」という方でも、「友人と一緒に」楽しみたいという方もいますし、「仲間を増やしたい」という方もいます。


二つ三つの分野を統合したゴールをすでに作っているのです。



このように統合したゴールを描けるのならそれはそれで構いません。


「世界平和」のように、すべてのゴールを包括したゴールでもいいのです。



ですが、あまりゴールを統合してしまうとイメージしにくくなりますから、アファメーションを作る際には気をつけましょう。


基本は、”一つの分野ごと”に作ることです。

その方が”イメージしやすい”からです。


慣れてくれば統合したゴールを描くことが出来ます。



また、ゴールはいくつも作っていいので、一分野にいくつもあるという方も心配しないでください。


問題ありません。



「いくつもゴールがあって大丈夫なの?」という方もいますが、大丈夫です。


無意識はきちんと働きます。

たかが数十個増えた程度では何も問題ないのです。


ゴールが偏っているという方はバランスをとる為に違う分野にもゴールを作りましょう。



来週は無意識をさらに有効活用するための方法をお話します。


今回考えたゴールを使いますから、紙に書き留めておいてください。

もっと楽しくなる為に

自分から無意識について学んでいこうとお話しました。


二日前にスコトーマについてお話していますから、それとゴールを絡めてお話しましょう。



脳にはフィルター機能がありましたよね。

その結果、スコトーマが増減するとお話しました。



ヒトは”ゴールありき”の生き物です。


ゴールは日本語にすると、「夢」「好きなこと」「やりたいこと」などになります。



ところで、「何故それが好きなのか?」と聞かれたらどう答えますか?



自分が好きだから好きなわけですよね。


「それが好き」という”自我”があるのです。


つまり、好きなことは自分を保つ為に”重要なもの”になります。



ここまで来ると分かると思いますが、ゴールを設定するとフィルター機能が働きます。


「ゴール=自我を保つ為に重要」である為、無意識が働くのです。



そして、極端ですがゴール以外はスコトーマになります。


ゴールが一つしかない場合、それ以外はどうでもよくなってしまうのです。


例えば、仕事にしかゴールがない場合、家族や健康友人関係などはどうでもよくなってしまいます。


「視野が狭くなる」といえばいいでしょうか。



コーチングでいくつも”違う分野”にゴールを作ろうとお話しているのはこの現象を防ぐ為です。


違う分野にゴールを設定すると、その分スコトーマは少なくなります。


前を向いているだけではなく、上下左右も見て見える場所を増やそうというのです。



六分野くらいは欲しいですね。

仕事、人間関係、趣味、健康、学習、家族など自分で考えてみてください。


一分野のゴールだけでも本人は楽しいと思いますが、「豊かに生きたい」と思っているなら他の分野にもゴールを設定しましょう。


そうすればもっと楽しくなりますよ?

無意識を有効活用する為に

ヒトであるなら誰にでもある働きが無意識の働きです。

権威にも子どもにも等しくあるものです。


そう考えると、なにかと優劣を付ける方がいますが大した違いは無いですよね。


”同じヒト”という種族ですから当たり前です。



何を小さなことで優劣を付けているのでしょうか?


本人が幸せなら他人がとやかく言うことは無いはずです。


これも周りの情報に踊らされているからですね。



テレビや新聞、インターネット、雑誌など、情報は至る所にあります。


それを見極め、”自分の考え”で生きていけばいいのです。

もちろん、ゴールに向かっていくことが大前提ですが。



無意識の働きを数えていけばキリがありませんが、有効活用しようと思っているならある程度は理解しておきましょう。


私は理解しやすいように心がけていますから、用語をかなり省いています。


気になる方はオススメ書籍などを読んで学んでください。



あくまで、”無意識を有効活用する為に”学ぶのであって専門用語を覚える為に学ぶのではないのです。


本を読み漁っていくと、目的と手段が入れ替わることがありますからそれを覚えておきましょう。



そして、学んだことを”自分の行動や思考”に当てはめてみてください。


”本の著者”はあなたではないのです。

それを”あなた用”にカスタマイズしようというのです。


自分用に落とし込む作業をしてください。



また、内容が分からないのなら何度も読み返しましょう。

10回も繰り返していれば分かってきます。


一回読んだだけで満足しないでください。

ここでもスコトーマは働いています。


読み返していくと新しい発見があるのです。

時間を置いてから読んでも発見があります。



それくらいスコトーマはありふれたものであり変わるものなのです。


無意識の働きを学んでいくと、至る所で働いていることが分かります。


「変わりたい」と思っているなら行動しましょう。


「私のブログを全て読む」でもいいですよ?

誰にでもある機能

スコトーマですが、誰にでも存在します。

世界的権威と呼ばれている方にも、あなたにもあります。


スコトーマが無い状態とは、すべての物事が見えている状態のことです。


視覚でいったら、前を向いている状態で360度すべてが見えている状態です。


そんなヒトはいませんよね?


どんなに優れている方でも”見えていないもの”があるのです。


必ず存在するものと覚えておきましょう。



しかし、その”見えていないもの”の割合は変化していきます。


集中しているときや没頭しているときは、スコトーマが大きくなります。


これは悪いことではありませんよね?


むしろ、この機能がある為に何かに集中できるのです。

その結果がスコトーマの増減になります。



この機能、”脳のフィルター機能”などと呼ばれていますが、やっていることは”インターネット検索”と同じです。


”自分が重要だと思うもの”をキーワードにして、そのキーワードに関する情報を集めてくれるのです。



この”重要だと思うもの”ですが、自分が重要だと考えていなくても働きます。


例えば、いつも考えていることだったり、趣味だったり、命に関わることだったりなどです。


意識的にも働かせることはできますが、無意識が重要と判断したら勝手に働くのです。



ヒトはこのような機能を持っています。

子どもだろうと大人だろうと関係ありません。



そして、無意識の力は強力であると共に、善悪などありません。


無意識は”自分らしく”生きる為に働いているのです。



うまく使えばこの上なく便利ですがその逆もあるのが無意識です。


無意識の働きもっと学びましょう。


無意識を使えば変われるのは当たり前なのです。

焦らないことです

私のブログを全て読んだ方なら分かると思いますが、似たようなことが繰り返し書かれています。


全て読まなくても、何ヶ月分か読めば傾向が分かると思います。



逆に言えば”ある程度決まったこと”を覚え、実行していけば変わっていけるのです。


数学で公式を覚えて問題を解くようなものです。



一度で覚えてしまう方もいますが、大抵の方は覚える為に何回も繰り返すと思います。


ヒトは学習しても一日後には70%以上の内容を忘れてしまうからです。


「もう覚えたからいい」「またコレか」と言う位まで読んでいれば、あとは実行していくだけですよね。



覚えた内容を自分の行動と照らし合わせていけば、無意識がどのように働いているのかも分かりますし対処法も分かります。


無意識の働きは毎日起こるものですから、実践する場はいくらでもあるでしょう。


繰り返していけば自分で考える癖もつきます。

さっそく実践してみてください。



また、先週もお話しましたが、変わる為には”焦らない”ことです。


焦りによるストレスの影響で、ネガティブになったりパフォーマンスが低下するからです。


変わる為に、「○○したい」と思って行動しているのに、「○○しなければ」と考えてしまっては本末転倒です。


余裕を持ちましょう。



もし、余裕が持てない場合、”何が”原因でそのように考えてしまうのかを紙に書き出してみてください。


自分の考え方だったり、人間関係だったり、お金だったりすると思います。


そして、原因が分かったら、その原因が無くなった場合どうなるのかを考えてみてください。


意外に「大したことはない」と思えるかもしれません。



余裕が持てない状態とは、”何かに集中して他が見えない”状態です。


つまり、スコトーマ(心理的盲点)になっているのです。



深呼吸をしてリラックスしてから上記のことを行ってみてください。


違う考えが見えてくると思いますよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR