• 自分自身で責任取ろう
    もう少し責任についてお話しておきましょう。「自分が責任を取れる範囲で自由な行動をしよう」とお話していますが、「自由な行動=やりたいこと」です。昨日の例以外にも例を出してみましょう。例えば、サッカーなどのスポーツが好きな方はいるでしょうか?サッカーが好きな方、上手になりたい方は、疲れたり筋肉痛になってもそれを当たり前のことと認識します。サッカーが好きな方で「疲れるから嫌だ」という方はいませんし、疲れ...
  • 責任が取れる範囲で
    今週のお話を読んでいると、今までのブログの内容も同じことだと分かるでしょう。ゴールという未来情報を自分にインプットしているのです。新しい自分という情報をインプットしているのです。ヒトはそれだけ情報に左右される生き物だということです。結果が出るまでに個体差はありますが誰にでも扱えます。それを実行するかはあなた次第です。今のままの生活を続けても良いですし、自分が望んでいる未来像になってもいいのです。こ...
  • 誰でも出来ます
    うつ状態やネガティブ思考の方もインプットする情報を変えれば変わります。先日の記事を読めば分かるでしょう。私は、ネガティブが悪いとは思いません。そもそも今の時代、感情自体が娯楽になっています。ホラーやコメディ、ラブストーリーなど色々な種類の小説や映画、テレビなどがありますよね。昔と違い、感情がなければ生命が危険に曝されるということもありません。楽しむものに変化しているのです。実際、劇場から出れば「楽...
  • 自分に相応しい情報を
    自分にインプットする情報を統制しようとお話しました。インプットとお話していますが、思考することも含まれているので勘違いしないでください。情報と聞くとインターネットやテレビなどの情報を思い描くかもしれませんが、先日お話したように自分に入ってくる情報や自分が考えたり発したりしている情報全てになります。目に見えない為分かりにくいかもしれませんが、空気中の水分や酸素なども目に見えません。見えなくても情報は...
  • 情報統制しよう
    私は、言葉を変えることで人格は変わっていくとお話していますよね。無意識は言葉からの干渉が可能な為です。言葉はヒトが誰でも使っているものであり、簡単に扱えるものです。これだけでも良いとは思いますが、今回は少し焦点をずらして説明します。そもそも、他の生物と比べ、ヒトは独自の進化を遂げてきています。生態系の頂点などと言われていますが、生物としてのステージがずれているのです。生物の中で、多くの情報を操り、...
  • やっていることは人育て
    子育てについてお話していますが、やっていることは”人育て”です。その為、無意識の勉強をしていれば対応可能な問題です。”子育て”と”人育て”この認識の有無で子どもへの対応は変わります。「自分の子ども」という認識では、子どもを自分の所有物と勘違いしてしまいます。人を育てていると考えれば対応も変わるでしょう。人育てといっていますが、成人と子どもでは全く効率が違います。子どもの方が世間に毒されていないので変わり...
  • 暖かく見守ろう
    圧倒的な信頼を築くために”強い親””頼りになる親”を目指そうとお話しました。その為に尊敬される人物を目指すことも重要ですが、忘れてはいけないことは、子どもに”信頼”されることであり、子どもの”味方”であることです。いくら世間的に正しいと”思っている”ことでも子どもに強制していては味方となりません。正論だと”思っている”ことも、それは親の考え、社会の考えに過ぎないのです。親なら子どものすることを見守ってあげてく...
  • 尊敬される人物を目指そう
    圧倒的な信頼を築く為に子どもから尊敬される行動を取ろうとお話しました。まずお聞きしますが、あなたが相手を尊敬する時はどんな時でしょうか?自分より知識がある時でしょうか?世間的に賞賛される行動を取っている時でしょうか?人によって尊敬の対象は違うと思いますが、約束を破ったり、嘘をついたりする方を尊敬しようとは思わないでしょう。「尊敬する行動」では数が多すぎるので「尊敬出来ない行動を取らない」とした方が...
  • 圧倒的な信頼を築こう
    以前、子どもと対話をしようとお話しました。それを実践している方もいることでしょう。子どもとコミュニケーションをとる事は良いことです。ですが、「友達感覚で」という場合いただけません。何でも話せて良いように感じるかもしれませんが、子どもの教育を考えるとデメリットが大きいのです。友達感覚というと、子どもと親の関係は”対等”になってしまいます。これでは”尊敬の対象”にならないのです。親は子どもにとって、「どん...
  • 腹六文目でも大丈夫
    先日、好きなものを食べようとお話しましたが、あくまで”食事”の話です。好きだからといってお菓子などの嗜好品ばかり食べていると、バランスがとれませんし身体を壊します。また、砂糖は摂取した元素を排出してしまいますから、摂りすぎに注意しましょう。バランスよく食事をしていても身体を壊すという方は、”食べ過ぎ”ていないか見直してみてください。現代人は食べ過ぎなのです。食べ過ぎが各種病気の要因になることは、医学的...

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために