大人と比較すると

アファメーションを作る際、子どもの場合は細かいことを気にせず条件通りに作って大丈夫だとお話しました。


理由はいくつかあります。



1.まだ社会に出ていない為、洗脳の度合いが低く修正が効きやすい。


2.大人と比較すると自我が強固になっていない。


3.立場が学生の為、ゴールを考える際現状のままでは考えない。


4.大人の場合、ゴールによっては転職するなど劇的に生活が変化する為抵抗が出る。


5.大人と比較すると、子どもの方が純粋である。


これくらいにしておきましょうか。



あくまで大人と子どもを比較した場合なので個人によって違います。



また、インターネット普及の弊害の為か、15才くらいでも大人と同じ思考回路を持っている子もいます。


それでも、実際に会社に勤めている訳ではないので洗脳の度合いは低いですが。



子どもの場合、上記の理由によりセルフコーチングの効果はやはり上がります。


子どもはセルフコーチングを使ってどんどん変わっていってください。



大人は変わりたい方だけ使ってください。


今の生活を変えられないという方はプライベートでのゴールを作ってみましょう。


効果が出てくれば他のゴールで使えばいいのです。


また、一人で辛かったらコーチを頼ってください。



セルフコーチングは時間をかけるものです。


毎日の習慣にしてしまえば大したことはありません。


「アファメーションをやらないと調子が出ない」と思うくらい自分のものにしましょう。


そうすれば何ヶ月でも何年でも出来ますよ。

漠然としていていい

ゴールを設定する際、イメージ出来ないくらい大きなゴールにしようとお話しましたよね?


これは、現状のコンフォートゾーン(無意識が慣れ親しんだ領域)から外れたゴールを目指す際、無意識の働きを有効に使う為に必要なことでした。



もう少し説明しますと、ヒトがイメージ出来る範囲がコンフォートゾーン内になる為です。


「”正確”にイメージ出来るゴールはゾーン内である」と言われてもピンと来ない方もいるでしょう。



ですが、コンフォートゾーンは自身そのものです。


自身の体験、思考などを全て合わせて今のゾーンを形成しているのです。


当然、イメージ出来る力もゾーンの一部として含まれています。



ですから、「漠然としたイメージしか湧かない」という方はキチンとゾーン外にゴールを設定しているので心配ありません。


正確なイメージではなく「ああだろうな」「こうだろうな」と自身で考えたイメージでいいのです。


問題ありませんよ。



その為、ゴールをイメージ出来ない場合、先日お話したようにその通過点をアファメーションとして作成します。


そうしなければイメージ出来ないからですね。



尤も、これはあくまで大人に対してのものなので子どもの場合は気にしないでください。


言いましたよね?

大人は考えすぎてアファメーションに集中出来ないのです。



やろうとしないと言えばいいでしょうか。


アファメーションを唱えること自体、現状のゾーンから外れた行為になる為、無意識が元に戻そうとしているとも言えます。



考えすぎて「本当にこれでいいの?」と思っていては疑いにばかり視点が向かってしまい、成功していることが盲点になってしまいます。


やるなら信じて行いましょう。



それが出来ない方はコーチングを受けた方がいいです。

それがコーチの役割ですから。



考えることは大切ですが、いつまでも考えて実行出来ないのでは意味がありません。


変わりたいなら実行していきましょう。

体感すれば分かる

アファメーションは朝晩の二回は行ってください。


起きた時と寝る前はリラックスしていることが多いので無意識へのアクセスがしやすいのです。


また、多ければ多いほど刷り込みの期間は早くなりますから、昼に何度行っても構いません。



ただ、行う場合はリラックスしてから行ってください。

そうしなければイメージが出来ないからです。


イメージは可能なのですが、無意識へのアクセスが難しくなるのです。



目を閉じて三分程ゆっくりとした深呼吸を行えばいいでしょう。


行うときは全身から力が呼気と一緒に抜けていくイメージをしながら行ってください。


もっと脱力する方法もありますが、それは置いておきます。



色々と言ってきましたが、始めの内は半信半疑だと思います。


私もそうでした。



しかし、続けていくと分かるのですが、いつの間にかゴールに近づいているのです。


意図的に過去を振り返らなければ気づくことは難しいと思います。


他人に指摘されて初めて気づくくらいですから。



これは毎日続けて体感した方には分かることでしょう。


変わろうと思っているなら毎日実践していってください。


いつの間にか変わっていますよ。

アファメーション作り

ゴールが出来たら次はアファメーションを作りましょう。


これは、ゴールの状態、またはゴールを達成する為に必要な通過点の状態を”イメージしやすいように”紙に書き記したものです。



書く際の注意点ですが、


”自分が”

”今○○を行っている状態で”

”ポジティブな感情を感じられる言葉”


を文中に入れることです。



アファメーションは”感情を伴うイメージ”が重要ですからイメージ出来ないことには始まりません。


自分なりの文章、または単語の組み合わせでいいので作ってみてください。



例えば、ゴールが「オーロラを見る」だとしたら、


「私は今、大空一面に輝く光のカーテンを見ている!空に絵の具をぶちまけたようだ!マーブル模様が凄くキレイ!こんなに感動的な景色は初めて見た!」


のような感じです。



”とある行動(英語でいえは「~ing」)”をしていて、それに「嬉しい、楽しい」などのポジティブな感情を伴う言葉を付け加えるのです。



間違っても、「したい、なりたい」という願望形式で書かないでください。


無意識はその言葉の後に「でも今は○○でない」という否定があると認識してしまい、アファメーションの効果が無くなってしまうからです。


それどころか、今の状態をより強めることになってしまいます。



次に、ゴールを達成する為に必要な通過点や、今の自分があるべき姿をアファメーションとする場合を説明します。


これは、ゴールから逆算した状態をアファメーションとすればいいのです。



例えば、ゴールが「革新的な技術の開発」だとしたら、


海外の大学で研究している→海外の大学院を卒業している→海外の大学に入れて当たり前→東大入れて当たり前→学校の授業なんて余裕で出来て当たり前


のように通過点や今の自分のあるべき姿をゴールから逆算するのです。


そして、そのイメージをアファメーションとするのです。



ゴールの状態でも、通過点の状態でも、どちらをアファメーションに使っても構いませんが、大人は通過点の状態を使った方がいいでしょう。


大人は現状に囚われてしまい、ゴールをイメージする前に否定してしまうからです。


また、大きなゴールの場合イメージが湧かない可能性がある為でもあります。



アファメーションは自分なりの言葉でいいのでとにかく作ってみてください。


制限を付けずにやりたいことを考えたと思うので”自分にとって”大きなゴールのはずです。



もし、現状でも叶えられそうなゴールなら、それを10倍程度に膨らませてみてください。


イメージが湧きにくい、大きなゴールになっているはずです。



まずは作ることから始めましょう。


そしてイメージしてみてください。


テレビを見ているようにイメージするのではなく、自分が体験しているようにイメージしましょう。

次はここまで

現状のコンフォートゾーン(無意識が心地良いと感じる領域)から外れた場所をゴールとして設定しようとお話しました。


これをしないと、いつまでも現状のゾーン内にいることになります。



ヒトはコンフォートゾーンから外れた行動を取ると、ゾーン内に戻ろうとする特性があります。


慣れた場所から全く知らない場所へ行くと居心地が悪くなり、慣れた場所へ戻ろうとするのです。


無意識がそのように認識してしまうのです。



ですが、ゾーンから外れた行動でもそれを毎日繰り返しそのゾーンから外れた行動が当たり前になれば、それは新しいコンフォートゾーンになるのです。



既存のゾーンから外れた行動を取ることは簡単です。


ですが、そのままだと無意識が元に戻してしまいます。


毎日継続的に、ゾーンから外れた行動を無意識へ刷り込む必要があるのです。


その為の技術がアファメーションなのです。



新しくゾーンが出来てしまえばそのゾーンが基準となります。


つまり、今までのゾーンでは居心地が悪くなるのです。


そうすると、無意識が勝手に新しいゾーンへと戻ろうとしてくれます。



無意識へ新しいゾーン(新しいゴール)を刷り込むまでにある程度の時間はかかりますが、これからの人生に必要な変革期だと思えば短いでしょう。


他にも自身を変える方法はありますが置いておきます。



さて昨日の続きですが、30個以上やりたいことが書けたでしょうか?


次に行うことは、もう一度その書いたものを見直してみることです。



それも、イメージを膨らませ、あたかも自分が行っているかのようにイメージするのです。


そして、「まだやりたいものには○」「イマイチというものには×」をつけていってください。


そして、○がついているものをゴールとしてください。



ここまでにしておきましょうか。



なお、イメージを膨らませる際緊張しているとイメージが出来ませんから、深呼吸をしてリラックスしてから行ってください。


目を閉じて3分程ゆっくり深呼吸をすればリラックス出来ますよ。

まずはこれから

昨日の記事ですが、厳しいことを言っていると思う方もいるでしょう。


しかし、うつ状態の方には対処法をはっきり言わない限り本人が気づけません。



一人だけでは脱却が難しいのです。


そもそも、一人で解決出来るだけの思考力があるのならうつになることはありません。



うつ状態は数ヶ月、数年と続くものです。


つまり、その状態がコンフォートゾーン(心理的に心地良い領域)になっているのです。



「心地良くない!」と思うかもしれませんが、無意識の働きなのでその想いは関係ありません。


無意識に「善・悪」の判断は無いからです。


ただ、本人らしい状態を維持し続けるだけなのです。



その状態から脱却する為にもゴール設定が必要です。


ヒトはゴールが無いと死んでしまうとお話しましたよね?


実際、十分にお金を稼ぎ余生を過ごそうとした方が数年で死んでいるという報告があります。



ゴールを見失うと生きる活力が無くなってしまうのです。


うつの方は分かるのではないでしょうか?



現状のコンフォートゾーンから移動する為には、大きなゴールが必要です。


少なくとも、現状では達成出来ないゴールですね。



現状とは、このまま続くと達成出来る事柄も含まれます。


今のままでも達成出来ることは未来もことでも現状なのです。



これを考慮しないと、いつまでもうつの状態から抜け出すことが出来ません。


無意識の力は強大な為、あえて現状の外にゴールを設定し、そこをコンフォートゾーンにするのです。


その技術がアファメーションですが、後日説明します。



まずは、やりたいことを”制限を付けずに”30個は考えて紙に書き出してください。


この数以上に思いつく方は思いつく限り書き出してみてください。


うつを何とかしたいと本気で思っているなら実践出来るはずですよ。

見失っている方はいませんか?

このような報告がされました。


脳細胞を光で刺激、うつ改善=「楽しい記憶」再現、マウスで―理研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000005-jij-sctch


普段から脳で起こっている活性化を光によって人為的に起こすというものです。


尤も、あらかじめタンパク質を組み込む必要がありますし課題は多いでしょう。


ただ、うつ程度でしたらこのようなものに頼らなくても改善は可能です。



この研究は、うつの改善ですよね。


うつになる方は大抵人間関係に悩まされています。

それも仕事などの職場に関係することです。


したがって、仕事を辞めればうつなど治ります。



辞めないのは病気として手当てが出るからです。


また、他人に同情してもらえますし仕事もしなくていいのでメリットもあります。



カウンセリングを受ける方もいますが、その場しのぎの対応しかしてくれないので止めた方がいいです。


また、企業抱えのカウンセラーに意味はありません。


仕事を止めれば治るのに止めさせてくれないからです。


学校も同様ですよ。



仕事をしないと食べていけないという方がいますが、いつまでも人間関係に悩まされて身体を壊すくらいならさっさと仕事を辞めて身体を治して就職しましょう。



それが出来ない方はゴール設定を見直してください。


ゴールに向かっている状態なら人間関係など気にならなくなります。



むしろ、”ゴールを見失っている方がうつになる”と私は思っています。


そうでなければ、カウンセリングで治りますから。



現状から脱却したいならゴール設定を明確にしましょう。


ヒトはゴールが無ければ死んでしまうくらい重要なものになっています。


ゴールを見失っている方は急いでゴールを作りましょう。

自分磨きをしよう

婚活と同じように止めた方がいいのは異業種交流会です。


理由はどんな職種の人が来るか分からないからです。


その中で自分に有効な人材を発見出来ると思っているのでしょうか?



これらのパーティーは、同じような考えの方が集まっているにすぎません。


つまり、自分と同じようなことを相手も思って参加しているのです。


そのような人材が、これから自分に対して有利な人材だと本当に思いますか?



このような所に参加せずともやりたいことをやっている方なら欲しい人材は手に入ります。


スコトマを勉強している方なら原理は分かるでしょう。



ただ、パーティーに参加したいだけなら問題ないでしょう。

そのような雰囲気を味わいたい方ですね。


雰囲気を味わいたいなら一流レストランに行った方が良い気がしますがそれは個人の自由です。



異業種交流会はビジネスよりなのでまだ良いですが、結婚をこのような交流会で決めてもいいのでしょうか?


「現実を見ろ」と言いますが要はお金の話ですよね?


年収○○○万円以上が条件だとは聞きますが、高々数百万程度の違いで人生のパートナーを決める方の考えが分かりません。


自分が楽したいだけではないですか?



自分にそれだけの価値があると思っている方はこのような集まりに参加しませんから行くだけ無駄です。


コーチングで言えば、エフィカシーや自己評価が高い方のことです。


良い人材はそのような集まりに参加しなくても相手を見つけることが出来るのです。



ですから、そのようなものに参加するくらいなら自分磨きをしてください。


その方が良い出会いがあります。



私の言う自分磨きは、”やりたいことをやる”ことです。


簡単でしょう?


やりたいことをやっていない方は是非やりたいことをやってください。


仕事でもプライベートでもやりたいことだけやりましょう。


ゴールを持って生活してください。

婚活は止めよう

最近は「婚活」について聞かなくなりましたがしている方はいるのでしょうか?


広告だけが先歩きしている状態なら問題ないですが、止めた方がいいでしょう。



「こんな条件の人に会える!」と思って婚活をするのかもしれませんが、私には持っていないもの同士が集まっているようにしか見えません。


相手が見つからない方が見つける為に行うのが婚活です。


そのような集まりの中から、この先何十年も一緒にいる方を見つけることが出来ると思いますか?



たとえ見つかったとしても条件付けされたものでしょう。


上位条件は相手の年収だと聞きます。


「相手の年収を気にするくらいなら独身で良いのでは?」と思うのは私だけではないはずです。



出会いが欲しいという方もいると思いますが、出会いなどそこら中にあります。


それを認識出来るかどうかなのです。

スコトマですね。



婚活ほどバカらしいものはありません。


いるかも分からない相手の為に、時間とお金と労力を割いているのです。



それなら、自分のやりたいことに没頭してください。


その方がイキイキ出来ますし、そのような方の方が良い相手も見つかります。



何の為に婚活を行うのか考えてみてください。


条件付けされた相手と死ぬまで一緒にいたいと思えるなら私は止めません。


あなたの人生ですからね。

結婚するなら

六月は結婚が多い時期だそうですね。


企業の宣伝に踊らされているような気がしますが結婚したいならいつしてもいいでしょう。



私は結婚や恋愛は専門にしていない為あまりアドバイスは出来ません。


しかし、ヒトを見るということでしたらある程度は可能です。


尤も、あなたが求めているような答えではないと思いますが。



そもそも結婚ですが、役所の戸籍整理に付き合わされているだけにすぎません。


未成年は親の許可が必要ですが、書類作成に必要な証人は誰でもなれます。


紙切れ一枚に何の価値があるのでしょうか?



それより、好きな人と一緒に居る方がよほど大事なことではないのですか?


結婚という事務作業自体に価値はないのです。

あくまで法律上の話ですから。



最近は晩婚化が進んでいます。


働く女性も多くなりましたし、女性の地位も向上しています。



やりたいことをやっている方に「結婚しろ」という方が可笑しな話なのです。


親が子どもを想って結婚の話を持ちかける場合もありますが、自分の考えを押し付けているだけにすぎません。


結婚は当人達の問題ですからね。



私は結婚する前に、同棲をオススメします。


恋愛は一時的な接触ですが、結婚となると私生活にも相手が関係してくるからです。


結婚出来ない相手では一月も同棲出来ないでしょう。



本当に結婚したいなら書類を提出すればいいと思いますが、子どもが出来てからでも問題ないでしょう。


むしろ、子どもの権利の為に書類は提出してください。


結婚前提の同棲なら問題ないはずです。



偉そうな事を言っていますが、あくまでアドバイスにすぎません。


ですが、この先数十年一緒にいることを考えたら数ヶ月や数年程度問題ないと思います。


自分達で判断してくださいね。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR