少しずつでも実践を

自分にあったコーチを探そうといっても、「よく分からない」という方がいるかもしれません。


「これなら絶対大丈夫」という基準もないため、結局は自分で探してもらうしかないのです。



一応、お話しておきましょうか。


先週、ルータイス氏や苫米地英人氏のプログラムを修了した方なら大丈夫だとお話しましたが、”理論については”です。


人間性は分かりません。



以前、私自身が体験したことです。


プログラムを修了した方はゴールの重要性を理解しています。



理解しているはずなのですが、私はゴールを笑われました。


その時は、まさか笑われるとは思っていませんでした。



「ゴールを話してしまった私が悪い」と言えばそうですが、その場ではゴールを一つ発表しなければいけない場だったのです。


やはり、「have to」はしない方がいいです。



もっとも、その方たちは、理論は学んでも体感できていないのだと思います。


ヒトは”体感して”初めて「理解できた」と言えるからです。



私の昔話は置いておいて、理論を学んでいても、本当に、心から理解している方でないとコーチは務まりません。


少なくとも、セルフコーチングプログラムだけを学んで実践もしていない方にはムリです。


そういうものなのです。



迷っている方もいると思いますが、まずは、自分で自分をコーチングしていってください。


オススメ書籍と合わせてブログを読めば大まかな方法は分かります。


それからコーチを探しても遅くはありません。


「人生を良くしていきたい!」という方は少しずつでも実践していきましょう。

コーチングと他職種との違い

コーチは、クライアントを「目標達成に導く者」でした。


ルータイス氏がはじめて体系化したのですが、一般の方に使われ始めたのはここ最近です。



元々は、ビジネスで使われていたものでした。


だから、「コーチング=会社専用」と考える方がいるのですが、今はその限りではありません。



ビジネスついでに、少しコーチングとコンサルティングの違いについてお話しておきましょうか。



簡単に説明すると、

「コーチング=経営に触れない」

「コンサルティング=経営に触れる」

です。



コーチングはマインドを専門に扱うので、業務内容などには触れませんし、改善しません。


社員のマインドを改善し、業務は社員にやってもらうのです。



逆に、コンサルティングは業務の改善や人事などに口出し、改善します。


それが大まかな違いです。



コーチングは社員のマインドに対して触れるだけなので、どんな職種だろうと使えます。


だから以前、何にでも使えるとお話したのです。



「コーチを雇ったけど効果がなかった」という方は、偽のコーチを雇っています。


本物のコーチなら絶対に効果がありますから。


もっとも、半年、あるいは一年くらいかけてマインドを形成していくため時間はかかりますが。



その会社の経営状態によりますが、会社の場合、社長だけのマインドを改変しても、部下は反発を起こします。


社員にとっては、上からの命令でしかないからです。


そのため、社員にもマインドの扱い方を習ってもらう必要があるのですが、やり方によってはその限りではありません。


ビジネスの話はこれくらいにしておきましょうか。



他にも、コーチングをカウンセリングや傾聴と混同している方がいますが、”聞く”という意味では同じです。


ですが、大きな違いがあります。


それは、マインドをゴールに向けるか向けないかです。



「話を聞いてもらってスッキリした」程度なら上記でもかまいませんが、抜本的な人生の改変ならコーチに頼る必要があります。


上記の職種では効果がないからです。


もっとも、上記職種でもコーチングの内容を学んでいる方はいるので、結局はヒトによります。



コーチングと他職種との違いは分かったでしょうか?


人生を良くしていきたい、マインドを変えていきたいという方はコーチを頼りましょう。


自分にあったコーチを探してください。

コーチの由来

コーチングの由来についてお話しましょうか。


コーチの由来は、ハンガリーのコチという町で作られた”馬車”です。


ブランドのコーチが、馬車の絵をロゴにしているのはそのためです。



辞書では、指導者が「学習者を運ぶ道具」と比喩されたことから、馬車を意味するコーチが使われたというものが多いです。


しかし、指導の意味も持ち始めたのは、19世紀頃のオックスフォード大学で、家庭教師を指すスラングが契機だと言われています。


この頃のイギリスは鞭打ちが当たり前でしたから。



それが、近代のアメリカ英語ではスポーツの指導者を指すようになり、日本にも輸入されました。


多くの方が「コーチ=スポーツトレーナー」と認識しているのはそのためです。



しかし、ルータイス氏が、「指導するのではなく対話によって相手の目標達成を図るもの」にしてからは、英語のコーチはこちらの意味も持ち始めました。


私が呼んでいるコーチはこちらの方です。



このような由来がありますが、「コーチってなに?」と思っている方は、馬車のように目的地(ゴール)に相手(クライアント)を導く者と覚えてもらえればいいです。


今ではその認識ですから。



また、指導者としての意味のコーチは、日本とアメリカ以外では通用しません。


欧州などではトレーナーの方が通じます。



「指導者=トレーナーorインストラクター」

「目標達成に導く者=コーチ」


と認識しておけば分かりやすいでしょう。


これが現在のコーチです。



歴史の勉強ではありませんが、知っておかないとコーチがなにか分からず、スポーツ専門と思う方がいるので説明しました。


もっとも、身体づくりに関しては、私もトレーナーをしていたので指導はできますが。



以上説明しましたが、コーチングがどのようなものか分かりましたか?


間違ってもスポーツトレーナーと混同しないでくださいね。

有効活用してください

昨日お話したこともそうですが、ブログの内容を「ただなんとなく」読んでいる方は、スコトーマが発生し内容が見えなくなっている可能性が高いです。


何故かといえば、例のフィルター機能が働くからです。



さらに、同じ記事を読んだとしても読んだ方によって捉え方が違います。


これは、コンフォートゾーンが違うためです。

認識している世界が違うからです。



インターネットの情報にはこのような問題があります。

インターネットに限らず、すべての情報ですね。



情報は「ただ触れればいい」という訳ではありません。


「自分が必要だから探す」くらいでないと認識されないのです。



対処法として、私のブログは探さなければ見つかりませんし、同じことでもニュアンスを変えて、相手に情報が入って行きやすいようにしています。


何度も同じことを書いているのはそのためです。

また、ヒトは忘れる生き物であることも理由です。


まぁ、同じことばかりだとマンネリ化してしまいますし、あまり簡単に説明してしまうと、今度は内容が曖昧になってしまうので考えものですが。



今のところ、ブログの内容を過去一年間分読んで実践すればいいようにしています。


そうすれば、ある程度は分かるでしょう。


むしろ、実践していくことが重要です。

ヒトは”体感”してはじめて理解するからです。



「一人では分からない」「不安だ」という方は、よくお知らせしているPX2や、TPIEに参加してください。


コーチングを受けたい方は、自分にあったコーチを探してください。


私のコーチングを受けたい方は私でもいいですよ。



ただ、注意点として、コーチを選ぶならルータイス氏や苫米地英人氏のプログラムを修了した方にしてください。


私も何人かコーチの話を聞きましたが、ゴールには触れず、テクニックのみに頼っている方がいたからです。


私が話を聞いた方だけがそれならいいのですが、念のためです。


プログラムを修了した方は理論を理解しているので安心でしょう。



私は、誰かが良くなる切欠を作れれば、良くなってくれればと思って書いています。


まったくコーチングを知らない方には拒絶反応が出るくらいのものですから。


専門用語も覚えることも多いです。


そもそも、コーチング自体を知らないという方もいますね。



コーチングはビジネスで聞くことが多いと思いますが、マインドを扱うものなので何にでも使えます。


まだ、日本に入ってきて浅いので仕方ありませんがこれから徐々に広まっていけばいいと思います。


是非、有効活用して人生を良くしていってください。

意識することが大切です

先週は、気づくために新しいゴールを設定する話、昨日は、フィルター機能を日常生活で使う話です。


重要な情報がフィルターを通り抜けるとお話しましたが、「思った情報が通り抜ける」としてもいいでしょう。


その方が分かりやすいはずです。



さて、インターネットのキーワード検索のように働くフィルターですが、昨日の話を聞いて「引き寄せの法則に似てるなぁ」と思った方もいるでしょう。



そうです。

引き寄せの法則もこの機能を利用しています。


引き寄せの法則などと言われていますが、神秘的なことはなく科学的に説明できるのです。



この機能を使えば、ポジティブな情報もネガティブな情報も自分で見つけ出せます。


ですから、ネガティブに思い続けていると、無意識がネガティブ情報を見つけ出してしまいますし、やがてコンフォートゾーンもそちらに移行してしまいます。



そうならないためにも、意識的に取り入れる情報を操作していくのです。


昨日お話したことですね。



ネガティブな方が悪いとは思いませんが、そちら側に傾いている方は、ネガティブ情報を見つけ出してしまいますし、思考もそちら側に傾きます。


そして、また情報を見つけ思考がそちら側に傾くのです。


それを繰り返してしまうのです。

まさに、ネガティブスパイラルですね。



「こんなことしても意味がない」「どうせダメだ」と思っている方はコンフォートゾーンがネガティブ側に広がっている可能性があります。



まずはゴール設定からなのですが、それが嫌な方は昨日お話したことを実践していってください。


ポジティブ側に傾いてくるはずです。



一日のうち、50%以上ポジティブな言葉や思考をするように”意識”しましょう。


ポジティブなことを見つけたら、「さすが私、良い事あった!まだまだ見つかる!」と思いましょう。


逆にネガティブに思ったら、「私らしくない。私は前向きに考える人間だ」と思えばいいのです。



「変わってる!」「どんどん変わっている!」「楽しくなってきた!」と思いながら実践していってください。


毎日続けていけば自然と変わっていきますよ。

どの情報にピントを合わせるか

先週は、ヒトには情報のフィルター機能があることをお話しました。


このフィルターは、自分にとって重要な情報を集める働きをしましたよね?



この重要な情報ですが、「決意したものをずっと」という訳ではなく、”コロコロ”と変わります。



例えば、「新しいカメラを買おう!」と思えば、それだけで重要になります。


これだけで意識的にも無意識的にも情報を集めるのです。



重要な情報では分かりにくいので、”自分が思った情報”にしましょうか。


まるでカメラのように、自分が思った情報にピントを合わせてくれるのです。



この機能、使い方によってポジティブにもネガティブにも働きます。



例えば、「今日も嫌なことがありそうだなぁ」「あの人は嫌だなぁ」と思えば、嫌な情報を集めてしまいます。


逆に、「楽しいことがありそう!」「あの人はすごい!」と思えば、楽しい情報やすごい情報を集めてしまうのです。



他の例ですと、占いを信じている人が占いに行って当たるのは、占い師の情報に無意識がピントを合わせているからです。



分かりますか?


この情報フィルターは、何気ない日常の思考によってポジティブな情報もネガティブな情報も集めてしまうのです。



ですが、人生をネガティブに過ごしたい方はいないでしょう。


どうせならポジティブに過ごしたいですよね?



それなら、ポジティブな情報だけを集めましょう。


ポジティブな情報にピントが合うように、無意識を誘導しましょう。



やり方は簡単です。



毎朝、「今日は良いことがある!」と思えばいいのです。


そして、その情報が入ってきたら「良いことがあった!まだまだ良いことがある!」と、さらにピントを合わせていくのです。



良い情報が入ってきた時点で思考はループしますが、さらに自分で強めてあげるのです。


それだけで、良い一日を過ごせます。



毎日ハッピーに過ごしたいなら、ポジティブな情報にピントを合わせていきましょう。


ネガティブなことを思っていると、無意識はネガティブな情報を集めるだけですよ?

気づくためには

昨日の続きですが、その前に脳の特性を簡単に説明していきます。



ヒトの脳ですが、かなりズボラにできています。


一度見たものを、”見た気にさせる”くらいズボラです。



何故かと言えば、脳を100%使うくらいの情報を認識してしまうと、脳がエネルギー不足に陥ってしまうからです。


脳が100%働くと変電所くらいの電気量が必要だと言われていますから。



そのため、ヒトの脳内には情報を選別する働きを担っている部分があります。


reticular activating systemと呼ばれていますが、そういう部分があるとだけ覚えてください。


これは、情報のフィルター機能として働いています。



このシステムですが、重要な情報を通します。

命に関わる情報や自分が重要だと思った情報をです。


そして、それ以外の情報は通さないのです。

つまり、認識されないのです。



どこかで聞いたような話ですね?


そうです。


つまり、このシステムがあるためにスコトーマが生まれるのです。



それなら、認識させるためにはどうすればいいでしょうか?


簡単です。


それが自分にとって”重要な情報”だと無意識に認識させればいいのです。



こんな経験ありませんか?


欲しい自動車ができたら、道路で欲しい自動車と同じタイプの自動車に気づきはじめた。


奥さんが妊娠したら、町中に妊婦や赤子連れがいることに気づいた。



ヒトは、重要だと思っている情報を勝手に集めます。


無意識がそのように働くのです。


しかし、意識的にも設定できます。



意識的に設定できる重要なものはなんでしょうか?

私がよく話ていることです。


つまり、気づくためにはゴールを設定すればいいのです。



ゴールに限らず、重要だと思えば情報が通りますから

色々と試してみてください。


新しい発見があると思って読めば新しい発見があります。


そういうものなのです。


この働きを有効に使って生きていきましょう。

コンフォートゾーンとスコトーマ

誰であろうと変われる、気づくか気づかないかだけだとお話しましたが、この”気づき”が難しいのです。



その前に、コンフォートゾーンのおさらいをしましょう。


コンフォートゾーンとは”心理的にも心地良いと感じる領域”のことでした。


文字通り「comfortableなzone」のことです。


ただ、心地良いでは分かりにくいので”自分らしい”としましょう。



ところで、あなたが”自分らしい”と思っていることはなんでしょうか?


性格、仕事、収入、友人、家族、好きなタイプ、趣味、思考、行動原理などいくらでもあると思います。



そして、次が重要です。


「コンフォートゾーンとは、”それらすべて”を含めての自分らしいを意味している」のです。


つまり、自分が認識している世界そのものがコンフォートゾーンなのです。



コンフォートゾーンの働きを簡単に説明すると、ゾーンから外れれば無意識が元に戻します。



例えば、叱られることがコンフォートゾーンになっている子どもは、その親元を離れてやさしい親に引き取られても、自ら叱られるようなことをしてしまいます。


「叱られる」というゾーンから外れてしまったので、元に戻ろうと叱られる行動をとるのです。


これは実例です。

無意識に善悪の判断はないのです。



他の例で説明すると、体温調節と同じですね。


36℃がコンフォートゾーンなため、体温がそれ以上になると汗をかき、低くなると熱を発生させ、元の体温に戻ろうとするのです。



ところで、先程自分の認識内がコンフォートゾーンだとお話しました。


ということは、それ以外は”認識外”になります。


つまり、コンフォートゾーン外がスコトーマ(心理的な盲点)になってしまうのです。



盲点とはそのままの意味です。


たとえ目の前に答えがあっても、文字通り”見えないし気づけない”のです。



分かりましたか?


現状のコンフォートゾーンで物事を見ている限り、盲点ができてしまい気づくことができないのです。


だから、気づくことが難しいのです。



「じゃあどうしようもないじゃないか」と普通なら思いますが、対処法はあります。



ですが、その説明をすると長くなるので明日にしましょう。


ヒントは、私がいつも言っていることです。


考えてみてください。

大人の問題点

大人の方が子どもより経験等が多いために自我が強固だとお話しましたが、もう少し具体的にお話しておきましょう。



まずは働いていることです。


何が問題かというと、会社に飼いならされていること、つまり、会社の奴隷と化していることです。



奴隷化したヒトは考える力が低下しますし、なにより、自己評価が著しく低下します。


そのため、新しく何かを成そうという意欲も湧いてこないのです。



また、働いている限りある程度の生活が保障されるので、変わろうと思わないことも挙げられます。



次は家庭があることです。


この場合、「家族の生活があるから今の生活を変えられない」と思い込んでしまうことが問題ですね。


思い込みによりスコトーマ(心理的な盲点のこと)を作り出しているのです。



三つ目は、生きている年数が多いほど経験を積んでいるので自我が強固になってしまうことです。


この場合、”過去と同じような生活を続けた年数”とした方が適切でしょう。



これは、今までと同じ口癖や行動原理、思想と言えば分かるでしょうか?


過去の繰り返しで今を生きているということです。



これらを順を追って説明すると、「就職し奴隷となり、その過程で思想等が固定化され、家族ができ、今の生活が辞められなくなり、それが何年も続いている」のです。



大人の場合、このような問題を持っています。


もっとも、すべて自身のコンフォートゾーンが引き起こしている問題ですが、勉強熱心な方なら分かるでしょう。



きちんとしたゴールを設定し、マインドを変えていけば”誰であろうと”変われます。


ただそれに「気づくか気づかないか」だけなのです。



変わりたいと思っている方は諦める必要はありません。


変わりたいなら変われます。


その変わるためのツールが、セルフコーチングプログラムであったり、コーチングであったりするのです。


もっと自分自身に投資していきましょう。

適切なものを本気で

PX2セミナーは、何度も言っていますが「子ども向け」のプログラムです。


もちろん大人でも効果はありますが、大人用にはTPIEというプログラムが別にあります。


大人がプログラムの効果を最大限に引き出したかったらこちらを受講してください。



何が違うのかをここで言うことはできませんが、まさに「大人用」か「子ども用」かの違いです。



では、大人と子どもの違いは何でしょうか?


身長や働いているかどうかの違いではありません。

メンタルの問題です。



大きな問題は、大人は自我が固定されてしまっていることです。



大人は今まで生きてきた年数も経験も子どもとは違うので、自我が強固になっています。


そのため、「自分は○○な人間だ」「人生とは□□だ」のように思い込んだり、疑心暗鬼になってしまうのです。



これから変わっていこうという大人はこのような問題を持っています。


ですから、専用のプログラムが必要なのです。



子どもでも「自分は○○な人間だ」と思う子はいますが、大人と子どもでは絶対的に経験値が違います。


その分、子どもは変わりやすいのです。



表現は悪いですが、頑固な汚れと同じです。


頑固な汚れを落とすためには、それ相応の洗浄剤が必要でしょう?


大人の自我は、まさに頑固な汚れなのです。



もちろん、ヒトによって自我の形成は異なるので大人用しか効かないということはありません。


変わりたいと思って本気で取り組んでいる方は変われます。


”信じること”ができる方ですね。



大人の方が変わりたいなら、それ相応のものを受けてください。


「一人では心もとない」という方はコーチングでも構いません。


むしろコーチングの方が良いかもしれませんね。


大人は何かと理由をつけて逃避しますから。

これも自我が強固なために起こる反応です。



セルフコーチングプログラムはそれなりの理由があって作られています。


「とりあえずこっちを受けてみる」という意識ではなく、適切なものを”本気で”受けてください。


その方がより高い効果を望めますよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR