自分だけのゴールへ

過去を見直す必要はないと話しましたが、これはゴールを作成するにあたり”足枷にしかならない”からです。


ゴールは未来のものですよね?


”現在は違っても”未来で達成するものがゴールなのです。


現在の状態など”全く関係ありません”。



もしそこで過去を参考にしてしまうと、過去の延長線上にゴールがあることになります。


これでは”現状”ですよね?



この状態では無意識の働きを使うことが出来ません。


逆に”今や過去の状態を強める”ことになってしまいます。


ですから過去を参考に考えてはいけません。



また、他人から言われたことも全て無視してください。


親しい友人や親、先生などでしょうか。


このような方は親切心からアドバイスをしているのですが、逆に本人の自由を奪っていることに気がついていません。



例えば「○○はこれが出来るからこっちが向いているよ」「資格があるならこれをやった方がいいんじゃない?」などですね。


もう一度言いますが、本人がやりたいことに過去は関係ないのです。


その意見を参考にしてはいけません。


”その瞬間”自分のやりたいことから離れてしまいます。



ゴールは自分だけで考えてください。


そうしなければ自分がやりたいことを出来ませんよ?


もしそれが出来なければコーチに頼りましょう。


そのためにコーチはいますから。



明日から新年になります。


私は月が替わる程度の意識しかありませんが、新しい年を重要視する方もいます。


新年からのゴールを考えているのなら過去や人の意見を参考にするのは止めましょう。


自分だけのゴールへ向かっていってください。

単純にパワーが違います

コーチングとティーチングの話をしましたが、もっと単純な違いを挙げます。


それは”パワーの違い”です。



コーチングの方が答えに向かっていくパワーが”圧倒的に強い”のです。


これはティーチングでは発揮されません。


「やりたいこと」か「しなければならないこと」かの違いと言ってもいいですね。



例えば、勉強をせずにゲームばかりしている子どもに「勉強をしろ」と言っても効果はありません。


子どもにとって勉強は「しなければいけないこと」のためしようとしないのです。



ですが、夢に直結するようなことがあれば簡単に勉強を始めます。


将来なりたいものがあれば勝手に勉強してしまうのです。


これは「自分がやりたいこと」に勉強が繋がっているからですね。


夢は自分がやりたいことですから。



他の例ですと「趣味と仕事の違い」と言えば伝わるでしょうか?


趣味の時に発揮するパワーと仕事の時のパワーどちらが強いですか?


仕事がやりたいことの場合この例には当てはまりませんが、大抵は趣味と答えるはずです。


ですが、「やりたいこと」と「しなければいけないこと」ではパワーが違うと理解出来れば問題ありません。



これがティーチングとコーチングの差です。


答えへと向かうパワーが違うのです。



「モチベーションが高い」という状態は総じて「やりたいこと」をやっている状態です。


ティーチングが切欠になることはありますが、この状態を維持することはティーチングでは出来ません。



ティーチングをものにするには毎日考え続けることが大切だと話しましたが、それにもまして大切なことは”ゴール”を作成することです。


ゴールとは「やりたいこと」です。


ゴールへと向かうパワーは自然と得られます。



もうすぐ新年です。


「新年からやりたいことがある!」と考えている方はゴールを作成してください。


過去を見直す必要はありません。


未来だけを考えましょう。

ゾーン内にする作業です

ティーチングとコーチングについてもう少し話しておきます。


コーチングでは本人の”気付き”が重要視されますが、これがないと簡単に忘れたりします。


”自分の考えと違う”ため、自分の中での重要度が低いと言えばいいでしょうか?


ヒトはコンフォートゾーン外のことは跳ね除けるため忘れてしまうと言った方がいいですね。



良くも悪くも変わっていくためには、自分の”内からの答え”がないと続きませんし忘れてしまいます。


この内からの答えは、”自分で考え、体感して”出した答えです。


ただ教えられただけの答えとは違います。



ティーチングの答えがいくら正しいことだとしても、内からの答えが違えばいつまでも本人は気付けません。


例えば、生活習慣を変えてしまえば簡単に健康になれるのにいつまでも変えない方などまさにそれです。


これはコンフォートゾーンの働きなのですが、先日話したことを実行していけば変えられます。



ティーチングとは本人からすればコンフォートゾーン外のものなのです。


ですからそれを”ゾーン内にする作業”が必要です。

”ゾーンを広げる”の方がいいかもしれませんが…


それが”体感”なのです。



毎日考え続けていると無意識はそのティーチングの内容にロックオンします。


そうすると今まで見えていなかったことが自然と意識に止まるようになります。


今まで体感していても気付かなかったことにも気付けるようになるのです。


そうしてようやく体感出来るのです。


気付くタイミングもヒトによって違いますから結果的に時間も掛かってしまいます。



無意識で考えるくらい毎日考えていけばティーチングの内容を本当に理解することが出来ます。


すぐにでも変わっていきたいのなら自分で考える癖をつけてください。


これは大切なことですよ?

ティーチングの有効利用のために

コーチングと一緒に聞く言葉に”ティーチング”というものがあります。


日本語にすると「教えること」ですね。


「学校の先生が行っていること」と言った方がイメージが湧くでしょうか?


私は教育や身体作りのことをブログでも話していますが、これはティーチングです。



この”ティーチング”と”コーチング”ですが、役割や効果が全く違います。



ティーチングは多数の方へ教えるのに向いていますし、教える時間も掛からないというメリットがあります。


逆にコーチングは一人ひとり内容が違いますし、その人が自分で気付くことが前提ですから時間も掛かります。



ですが、どちらの効果が大きいかと言えばコーチングです。


一つのエネルギーを独占するか多数に分けるのかくらい違います。



ティーチングでは本人の中に入っていかないのです。


ティーチングを受けた状態は、まだ”本人が納得していない””理解出来ていない”状態なのです。


「ものに出来ていない」と言えば伝わりますか?


ですからティーチングの内容を”本当に”理解出来るまで、結局時間が掛かってしまいます。



自分のものにするためには”体感”が必要です。



そのために必要なことは”考え続けること”です。

”思考を放棄しない”ことです。


考え続けていると、ある時フッと気が付きます。

「ああ、そういうことか」と納得出来ます。



「難しいから」「理解出来ないから」などとはじめから思考を放棄していてはいつまでも改善されません。


また、「諦める」ということも思考の放棄と同じです。



いつまでも愚痴やネガティブな発言をしているだけでは改善されません。


むしろ、さらに悪い方へ行ってしまいます。


今月分のブログを読んでいれば理由は分かるでしょう。



自分のものにしたかったら常に考え続けましょう。


無意識で考えるくらい考えましょう。


改善していく気があるのなら思考を止めないでください。

毎日続けていきましょう

作成したゴールの使用法は先週の記事などを参考にしてください。


いくらゴールを作成しても、現状の無意識状態では「それらはただの願望」だと認識してしまいます。


毎日続けなければ無意識を変えることは出ません。



はじめは時間が掛かるかもしれませんが、慣れてくれば短時間で出来るようになります。


リラックスした状態もすぐ作れるようになります。



イメージやリラックスなどは日頃から行っているので意識しないかもしれませんが、”全て技術”です。


意識的に何度も繰り返せば進歩していきます。


専用の時間を設けて行ってください。



もし時間が取れないのなら、一度に行うのではなく”分割して”行いましょう。


「朝は1番~3番」「昼は4番~6番」「夜は7番~9番」のように分けてしまえばいいのです。


その際、意識的にイメージしなかったもの(例えば、朝は4番~9番、昼は1~3、7~9など)は”言葉を発して”読むことだけはしましょう。



それだけでも無意識は認識していきます。


これくらいの時間は取れるはずです。


”本気で”変わりたいなら行っていけるでしょう。



生活のリズムに組み込んでしまえば毎日行えます。


ご飯を食べるように、歯をみがくように生活のリズムに組み込んでみてください。


行わないと「何かおかしいな?」と感じるくらいまで続けましょう。



時間は掛かりますが無意識から変わっていくことは出来ます。


これからの人生が変わるのです。


そう思えば続けられると思いませんか?



視点をゴール側、ポジティブ側にロックオンしてしまえば苦にならなくなります。


それ以外が盲点になるからです。


そうするためにも毎日続けていきましょう。


思っているよりも簡単に続けられますよ?

何のためのゴールですか?

独りよがりのゴールを作成しても抽象度の大小で解決出来ると話しました。


ただ、現状とゴールが違う場合この限りではありません。



例えば、「パティシエになりたいのにプログラマーをやっている」場合などです。


これでは解決しようがありません。


「料理学校へ行くための資金稼ぎをしている」という意識にはなれますが、将来的には職業を変えなければならないからです。



では、この場合どうするのか?


簡単です。


”ゴールへ”向かっていってください。



あなたの人生なのですから好きに生きればいいのです。


やりたいことをやりましょう。



この意見には反感を持つ方もいると思いますが、その方はゴールを一つに限定していませんか?


”ゴールはいくつもあっていい”んですよ?


むしろ”いくつも作るように”指導します。



例えば、”一ピース分のケーキ”と”ホールケーキ”とではどちらが綺麗に転がると思いますか?


△一個よりも○の方が転がりますよね?


△が二個でも三個でも構いませんが、何ピースもあった方が綺麗に転がります。



ゴールも同じです。


いくつも作らないとうまく転がらないのです。



ゴールは6~10種類くらいは作りましょう。


「健康、仕事、家族、人間関係、学習、趣味、将来、老後、社会貢献、お金、メンタルヘルス」などでしょうか。



現在作ったゴールを上記に当てはめ、足りない部分は新しくゴールを作ってみてください。


また、上記以外の分野を作成しても構いません。



違う分野にもゴールを作る理由ですが、ゴールに向かうと他のことが盲点になってしまうからです。


簡単に言うと「どうでもよくなってしまう」のです。



例えば「仕事の分野」にしかゴールがない場合、健康や家族などは気にならないので不和が起こります。


ゴールに向かうとは「夢中になる」ということなので、上記のようになってしまうのです。


ですからゴールは何種類も作ってください。



これからの人生をよくするためにゴールを作成するのです。


面倒くさがらずに作ってみましょう。



色々な分野でやりたいことをやれる方が豊かな人生を送れます。


”何のためにゴールを作成したのか”


もう一度考えてみてください。

共通点を探しましょう

「独りよがりのゴールを作ろう」と話しましたが、それでは不和が起こると考えている方はいませんか?


これの対処法の前に、まずは「抽象度」という概念を話しておきます。



簡単に言えば「数学の集合」と同じです。



例えばパソコンのフォルダで「コンピューター→Windows7→ユーザー→○○→マイピクチャ」のような表記があります。


この時「ユーザー」フォルダは一番下の「マイピクチャ」を含んでいますね。


「ユーザー」フォルダの中に「マイピクチャ」がある状態です。



この関係性がそのまま抽象度の大小に当てはまります。



他の例ですと「マトリョーシカ人形」はどうでしょうか?


小さいマトリョーシカ人形は大きいマトリョーシカ人形の中に入ります。



例えば「飲み物」はどうでしょうか?


飲み物と言っても、コーヒーや紅茶、日本茶など色々とあります。


そしてコーヒーや紅茶、日本茶にも種類があります。


コーヒーで言えば、アイスコーヒー、エスプレッソ、カフェオレなどでしょう。



つまり、抽象度の高いものは抽象度の低いものを包括しているのです。



これをゴールに当てはめて考え、どちらかのゴールがどちらかを包括している状態にしてしまえばいいのです。


自分のゴールと会社のゴールの抽象度を上げていき、どこかで同じにならないか考えるのです。



例えば「○○の発明」というゴールと、会社の「利益追求」というゴールがあったとしましょう。


この場合、自分の発明がされれば会社の利益も上がると考えられます。


どちらかのゴールがどちらかの意味を含んでいますね。



他にも「○○が欲しい」というゴールと、家族の「お金が欲しい」というゴールがあったとしたら、どちらもお金を稼げば解決されます。



ゴールの抽象度を上げ下げして考えてみるのです。


”共通点を探す”の方が分かりやすいかもしれませんね。



自分のゴールと他者のゴールに共通点がないか探してみましょう。


そして、見つけた共通点を意識してゴールへ向かえばいいのです。


そうすれば不和は起こりません。



考え方次第でいくらも共通点は見つかります。


意外な発見があるかもしれませんよ?

純粋になろう

先日「強制されたゴール=奴隷」だと話しましたが、強制ではなく「誰かから勧められたゴール」を受け入れることも奴隷と同じです。


親しい方から「こっちの方がいいよ」と促されることがあるかもしれませんが、それはあなたのゴールではないのです。



ゴールとは”自分自身で考え出したもの”でなければいけません。

※考えたゴールが刷り込みである可能性は排除します。


と言いますか、それ以外をゴールとは呼びません。



それをゴールにしても構わないのですが、続けていくと不和が起こり「こんなはずでは…」となってしまいます。


自分のやりたいことと違うのですから当然です。



ゴールとは自分のやりたいことが前提のものです。


「あれが欲しい、これが欲しい」という独りよがりのゴールでもいいのです。


さすがに「人を傷つけたい」のようなネガティブなものはゴールになりませんが。



ゴールの条件を挙げると


「自分で考える」

「ポジティブな内容である」

「自分自身で感じる」


になります。



最後の「自分自身で感じる」ですが、例えば「野球を観戦する」のか「自分でプレーする」のかの違いです。


「舞台で役を演じる」のか「観客」かの違いです。


”ゴールは自分でプレーする側””演じる側”ですから勘違いしないようにしましょう。



「子どもを大学へ入れたい」「言うことを聞かせたい」のようなものはゴールとは言いません。


これこそ”強制”ですよ?



もう一度振り返ってみて、”自分が”やりたいことを考えてください。


その際”他の条件は一切排除”してください。



「そんなことでは家族や会社で不和が起こってしまう」と考える方もいますが、きちんと対処法はあります。


それは明日説明しますからまずはゴールを考えてみましょう。


大きすぎて笑ってしまうゴール、独りよがりのゴールを考えてみましょう。


純粋になることも大切ですよ。

ゴールがないと始まらない

私はしつこいくらいに「ゴール」の話していますが、これがないとどうしようもないからです。



以前、コーチの語源は「馬車」だと説明しましたね。


コーチの由来
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-604.html


”クライアントを目的地まで連れて行ってくれる者”がコーチなのです。


つまり、”連れて行く目的地”がないと連れて行きようがないのです。



例えば、タクシーに乗った場合を考えてみましょう。


タクシー運転手「お客さん、どちらまで?」

あなた「分からないんです」

タクシー運転手「・・・・・・降りてください」


のような状況になってしまいます。



実際は本人が見えなくなっている場合があるので、見えるようにしていきますが、コーチがゴールを指定することはありません。


他人から強制されたゴールに向かうのではなく、自分が考えたゴールへ向かうことがコーチングだからです。



強制されたゴールを受け入れるということは奴隷になることです。



どんなに凄腕のコーチでもゴールがなければ導けません。


ゴールは自分自身で考えていきましょう。

自分を変えるためには

作成したゴールの使用法はリンクを貼っておきます。


焦らずにじっくりと
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-611.html



この無意識を変えていく方法は毎日続けてください。

続けなければ効果は出ません。


なぜなら、無意識がコロコロと変わってしまっては自我を維持することが出来ないからです。


そのため無意識はある程度強固に作られています。


毎日続けていかなければそれを打ち破れません。



ですが、無意識は変えられます。

そしてそれは世界中で証明されています。


毎日信じて行っていってください。

それしか言えません。



なにせ、”体感していないこと”を説明しようとしても相手に伝わらないからです。



例えば「相手が一度も食べたことがない珍味の味を分かるように説明してください」と言っているようなものです。


相手が食べたことがなくてもそれっぽいもので説明は出来ますが、実際に食べてもらった方が分かります。


体感とはそういうことです。



体感するための簡単な方法は、自分ひとりではなく他人を頼ることです。


この場合、PX2やTPIEなどのセルフコーチングプログラムやコーチングですね。



変わりたくないのなら今のままでもいいと私は思いますが、変わっていくことも出来ます。


どちらを選ぶのかはあなたが決めればいいのです。


あなたの人生ですからね。



自分を変える方法はきちんとあります。


心配しなくてもいいんですよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR