薄情だと思う必要はない

先週「親御さんが子どものゴールを応援する方法で空回りしている」と話しましたね。


これは親御さんの「○○をしたい」という欲求が強いために起こります。


別に欲求自体悪くはありません。


ヒトは欲求がないと生きていくことが出来ませんし、そもそも欲求がないとコーチングも成立しませんから。



ですが、これは”自分自身”の欲求の話です。


”他人に自分の欲求を擦り付ける”場合は違ってきます。


そして、親御さんが子どもに行っていることは”後者”なのです。



子どもの意見を無視していませんか?


自分の意見を押し付けていませんか?



もう少し子どもの意見を聞いてあげてください。


もう少し自我を抑えてください。


それだけで子どもとの関係は変わっていきます。



自分が何かやりたいことがあるように、”子どもにもやりたいことがある”のです。


それを認めてあげてください。



私はそれほど難しいことを言っている訳ではありません。


誰でも出来ることなのです。



何も「甘やかせ」と言っているのではありません。


これは心の話ですから。


イメージとしては孫の話をニコニコして聞くおじいちゃん、おばあちゃんでしょうか?



最低でも子どもの夢を否定しない親を目指してください。


そうすれば進路のことで喧嘩することなどなくなるでしょう。


子どもの人生ですから好きにさせればいいのです。



これを薄情だと思う必要はありません。


無意識の働きを知っている方は実践しています。


ヒトは好きなことをやっている時が一番力を発揮出来るのです。



好きなこと、つまりゴールへ向かっていけるように手助けしてあげましょう。


子どもにすることなんてそれでいいんですよ?

喧嘩なんか止めましょう

子どもの教育で良くないことはいくつもありますがその中でも夫婦”喧嘩”は良くありません。


親が子に与えるものは「絶対に自分の味方だ!」と思わせる”安心感”であり、間違っても”恐怖”などではないのです。


これは子どもの精神を安定させるために必要なことです。



もし恐怖などの感情に縛られてしまうと萎縮してしまいます。


ネガティブに縛られると言えばいいでしょうか?



自己評価も下がり、何かをしたいという意欲もなくなってしまうのです。


これではゴールへ向かうことは出来ませんよね?



家にいても喧嘩ばかり、怒鳴り声ばかりだと子どもに悪影響しかありません。


子どものことを考えているなら今すぐに止めてください。



学校の成績や進路のことで喧嘩する方もいるようですが子どもの精神に与える影響の方が甚大です。


そんなことで喧嘩するくらいなら子どものゴールを応援してあげてください。


まあ、応援の方法で空回りしている方もいるようですが…



私達コーチがすることはクライアントをゴールへ連れて行くことですよね?


その役割を親御さんが行ってください。



「コーチと同じことなんて…」と思う方もいますが、何か話術が必要だったりするわけではありません。


ただ、子どもの”ゴールを認めて”あげればいいのです。


難しくはないでしょう?



また、幼い子どもはゴールがコロコロ変わりますからそんなに目くじら立てないでください。


その時は改めて認めてあげればいいのです。



もう少し違う言い方をすれば”親御さんの意見を押し付けない”ことです。


例えば「○○は□□が得意だからコレになれるよ」「資格が有利だからこっちの方がいいよ」などです。



押し付けと言いましたが”勧める”ことも含みます。


「その程度で?」と思うかもしれませんが、信頼している方の意見はそれだけ強大なのです。


それを忘れないでください。



色々と書きましたが、今回の話は喧嘩なんか止めて”家族で穏やかに過ごしているイメージ”を持ってくださいということです。


塾だの受験だの考える必要はありません。

そんなものは子どもが勝手に考えます。



余計なことでストレスを溜めるのは止めましょう。


子どもにすることなんてそれ程ありませんよ。

変わる気があるのなら

買い物中に子どもが泣いているのを発見しました。


現場は見ていなかったので詳しいことは分かりませんが、親御さんが子どもに「○○はダメ」と言っていました。


何と言いますか…これでは大人でも分かりませんよね?


もう少し説明のしようがあったのではないかと思います。



せめて”どんな理由があるからダメなのか”を説明してあげなければ理解出来ません。


もう少し言えば子どもが納得出来るかどうかですね。


ただ、これは子どもの人生経験が少ない分難しいかもしれません。


ですが、これから教えていけばいいだけです。


前向きに考えましょう。



子育ての話をすると、子どもにしか責がないように考えてしまう方がいるのですが、むしろ大人の問題が大きいです。


子どもは大人の真似をしているだけです。


子どもだけでなく、自分の行動や考え方が子どもに影響を与えていないかを考えてください。


子どもに説明したことと逆の行動を取らないでください。


それでは子どもが混乱してしまいます。



ですが、これは簡単なことですよね?


難しくはないはずです。


自分の欲求に振り回されなければいいだけですから。



本当は瞑想などをすればいいのですが、まずは深呼吸をして落ち着いてみてください。


意外とその欲求は落ち着いていきます。



自分や子どもを変える方法などいくらでもあります。


しかも案外簡単に変わるものです。


子育てに悩むくらいならどんどん変わっていきましょう。


子どもだけでなく自分も変えていってください。



変わる気があるのならこのブログを一年分ほど遡って読んでみましょう。


解決の糸口が見えてきますよ。

”あなたにしか”考えられません

先日話したように自分の意思だけでゴールを作成することは出来ましたか?


もし誰かに言われたことがゴールに入っている様ならもう一度そのゴールについて考えてみてください。



その際は自分が実際に体験しているようにイメージしてみましょう。


そして自分がやりたいと思うのならゴールにしてしまえばいいのです。



要は”自分がやりたい”か”やりたくないのか”です。


分かりやすいでしょう?



ゴールを作成する際に色々と条件を付けてしまうから混乱したり迷ったりするのです。


余計なことは考えずに自分が何をやりたいのかを考えてください。



このように言うと「そうは言っても…」と言う方がいますが、その考えがあるからゴールを考えられないのです。


”やりたい”か”やりたくないか”の二択しかありません。


「どちらにしよう…」などというものはないのです。



迷うようなものはゴールにはなりえません。


それではゴールへ向かう力が発揮されないからです。


そもそも迷っているようなゴールを「やりたい!」と思うのでしょうか?


そんなことありませんよね?


やりたいならやってしまうものですから。



ゴールの活用法は12月分の記事を読めば最低限分かります。


私は過去一年分程度は読んだ方がよりゴールへ向かっていけると思います。


オススメ書籍やPX2などのセルフコーチングプログラム、コーチングもいいと思います。



ゴールへ向かう方法やそれを手助けする手段は色々とありますが、ゴールは”あなたにしか”考えられません。


他人や余計な条件は全て排除して”あなただけの”考えでゴールを作成してください。


「新年から新しい自分になりたい!」と考えている方は実行していきましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR