輪廻転生はないが……

先日は「輪廻転生などない」「魂は実在しない」と話しましたが、”生まれ変わり”というものならあります。

ただし、世間で言われているような生まれ変わりではありません。


”新しい自分になること”を生まれ変わりと言うのです。



そもそも、”自分”とは何でしょうか?


何を持って自分だと認識しますか?


あなたは自分というものを、どのように定義付けしていますか?



おそらく、両親が○○で、住所が□□で、友人が△△、趣味が、仕事が、学校が……のようになるのではないでしょうか?


ですが、これらはあなたに関係するヒトやモノであって、あなた自身ではありません。

つまり、自分自身を定義することは、自分以外を定義することと同義なのです。



それなら、自分以外を新しく定義しなおせば、新しい自分になることも可能だとは思いませんか?


これをコーチングでは、「ゴールを設定する」「ゴール側にアファメーションを広げる」と言っているのです。


ゴールが現状から離れているほど変わる度合いは大きくなります。


これは新しい自分だと言っても過言ではありません。

つまり、生まれ変わっているのです。


これが私の言っている生まれ変わりです。



「宗教の修行を積めば生まれ変われる」のではありません。

”誰でも生まれ変わる”ことができるのです。


その第一歩が”ゴール設定”なのです。

「なりたい自分のイメージ」の方が分かりやすいでしょうね。


ゴールの条件は「やりたいこと」です。

しかも、紙に書いておかなければ忘れてしまうようなものではありません。


勝手にやってしまうものをゴールと呼ぶのです。



ですが、はじめてゴール設定する方はそれでは分からないかもしれないので、子どもの頃からやりたかったことを紙に書き出してみてください。


30個でも50個でも書き出しましょう。

100個でもいいですよ?


そして、それらをもう一度読み返してみて、やりたいと思うものをとりあえずのゴールとしましょう。


あまりに多すぎる場合は、できるものを片っ端からやってもいいですよ?

ただ、自分で責任が取れる範囲で行ってください。


他にも、バランスを考えたり、秘密にしたりと色々と条件はありますが、以下の記事を参考にしてください。


ゴールへの第一歩
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-607.html

出来ない方はいない
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-477.html



また、ゴールへ向かっていく方法は、ゴールだけがあればいいというものではありません。

その他にもすることはあります。


簡単に言ってしまうと、「エフィカシーを上げて、ゴールの臨場感を感じていく」になるのですが、その方法もブログを二年ほど読み返せば分かります。

少なくとも、これくらいの知識量がないと知識を有効に使えないのです。


オススメ書籍でもいいですよ?

纏まった知識が得られますし、きちんとした方法も書かれていますからね。


それでも不安な方は、TPIEのようなセルフコーチングプログラムや、私のようなコーチをつけることをオススメします。



「自分は変われない」とネガティブに考えてしまう方がいますが、生まれ変わることは可能です。


それはとても簡単なことなのです。


「日々、ゴールに近づいている!」と考えていきましょう。


どんどん生まれ変わっていきましょう。


毎日生まれ変わるくらいでいいんですよ?

スピリチュアル?

先週から”頭の中の仮想世界”の話をしていますが、世間で言われているスピリチュアルもこの仮想世界の話です。


日本で言われているスピリチュアルは、輪廻転生があったり、魂に階層があったり、守護霊がいたりと、差別主義丸出しのカルトですが、スピリチュアルではこの仮想世界を幻覚として見ているのです。

だから、守護霊などと言っているのです。


そもそも、「輪廻転生がある」と言っているのに、何故守護霊がいるのでしょうか?

「輪廻してないじゃん!」と、何故誰も思わないのでしょうか?


魂が転生するのなら、霊がその辺にいること自体おかしいのです。

魂も実在はしません。


ただ、仮想世界にいるだけなのです。

この場合、仮想世界ではなく、”心の中”とした方が分かりやすいでしょうね。



人魂のような魂など存在しません。

幽霊など存在しません。


これは神も同じです。

ただ、心の中にいるだけなのです。


現実世界にそんなものいませんよ?



まあ、私達が認識している世界自体が頭の中の仮想世界(五感の情報も脳ではただの電気情報です)なので、私達が「いる!」と思えば、全て実在します。

ただし、”心の中だけ”ですが。


しかも、心の中に存在するものは幻覚としても見ることができます。

結構簡単に見れますよ?


ですから、スピリチュアリストと呼ばれる方は幻覚を見ています。


もし、「幻覚を見たい」と思っている方がいましたら、何日か全く寝ないでください。

ただし、車の運転などがある場合は気をつけましょう。


この辺りは自己責任でお願いします。



スピリチュアルと聞くと、「神秘的な何かがある」と思う方もいるようですが、やっていることは催眠と脅しです。

それがゴールに結びつくことは一切ありません。


ついでに話しておくと、占いは詐欺です。

未来のことなど分かるはずないでしょう?


占いをしてもらった人が、占いが当たるように動いているだけなのです。

なんら不思議なことではありません。


この程度なら私もできますよ?



スピリチュアルは矛盾だらけで信じるに値しません。


どうせ仮想世界を見るのなら、自身のゴールを見ていきましょう。


他人に言われたことに自分の人生を委ねるなど、無駄でしかありません。


何を信じてもいいですが、まずは”自分を”信じていくことから始めてください。


あなたならできますよ?

頭の中の仮想世界?

コーチング用語の説明で、アファメーションは”頭の中の仮想世界を書き換える道具”だと話しましたね。


仮想世界で分かりにくい方は、情報世界の方がいいでしょうか?


違う言い方ですと、心、コンフォートゾーン、自我、無意識などの言い方があります。

内部表現やゲシュタルト、宇宙でもいいですが、これらは同じものを指しています。


ヒトの頭の中には、そのような世界があると思ってくれればいいです。



「ウソだ」という方がいますが、あなたは何かをイメージしたり、空想や妄想をしたことがありませんか?


「アレがあったらなぁ」とか「こんな素敵な出会いがないかしら」とか思いませんか?

それも全て仮想世界のイメージなのです。


”頭の中で考えること”とすれば分かりやすいでしょうか?


普段気にかけていないだけで、毎日使っています。

よくよく考えてみてください。


ちなみに、小説や映画などは、作者の仮想世界を現実に表現するためのツールですよ?



ところで、あなたは「マトリックス」という映画をご存知でしょうか?


主人公のネオが、現実世界から仮想世界へダイブしてハチャメチャするストーリーですが、あれは認知科学を元に作られたものです。

仮想の世界だから、自分の思うように動けるのです。


また、仮想世界の中で銃で撃たれたら、現実でも心肺停止しているシーンもあります。

仮想世界の”強烈な臨場感”が、現実にも影響を及ぼしているのです。



これは映画の話ですが、私達は常に仮想世界の影響を受けています。

ただ、それを考えないようにしているだけなのです。


現実世界の臨場感が強すぎるため、そう思えないのです。


ですが、現実世界の物理法則に則れば、仮想世界は現実にまで引っ張り出せます。


気功も同じことをしていると話しましたよね?

仮想世界で元気になれば、現実でも元気になれるのです。



ヒトの特性は「思考できること」と話しましたが、「仮想世界を自由自在に操れる能力」と言った方が分かりやすいでしょうか?


仮想世界の情報に”臨場感を持てれば”、現実まで引っ張り出せます。


言い方を変えましょう。


仮想世界を”信じれば”、現実にまで引っ張り出せるのです。


普段から、「信じなければ効果が出ない」と話しているのはこういうことです。


「信じる」ではイメージが湧かない方は、”信じすぎる”の方がいいですね。

「仮想世界の元気な姿が自分だ!」と信じすぎれば、病気などあっという間に治ってしまうのです。



ただ、いきなり信じることは難しいでしょう。

ですから、毎日アファメーションを唱えていくのです。


ゴールのイメージ(仮想世界の自分)が本来の自分だと信じるのです。

繰り返していけば、臨場感が現実を超えます。


これが、ゴール側にコンフォートゾーンを作る作業なのです。



自分を変える方法はあります。

私はその切欠を与えています。


気になる方は実践していきましょう。


もし、自分だけでは不安な方がいましたら私に連絡をください。

そのためにコーチはいますからね。


いくらでも、自分の思うままに変わっていくことはできます。


まずはエフィカシーを上げていきましょう。


毎日、ブログを一月ずつ遡って読んでいってください。


あなたなら、これくらい余裕でできますよ?

コーチング用語集その②

本日は、昨日の残りであるスコトーマとアファメーションについて説明します。


まずはスコトーマですね。


これは医学用語で”盲点”のことです。

ただし、コーチングでの意味は”心理的な”盲点になります。


例えば、趣味に没頭している時、周りの音など全く気にしませんよね?

例えば、今座っているイスの感触など気にしていませんよね?


スコトーマは何かに集中している時、もう少し言うのなら、自分にとって”重要な情報以外”がスコトーマになります。


上例の場合、趣味やブログの内容が重要なことになっているのです。



本来なら、脳に情報を選別するフィルター機能があり、その結果がスコトーマとなるのですが、専門用語が出てくるので省きます。


その”重要情報フィルター”に情報を通すことで、ふるいに掛かった情報がスコトーマになると思ってください。


そして、ヒトにとっての重要情報とは自分を構成するために必要な情報です。

人格や趣味、人間関係、癖などです。


……昨日も話しましたよね?


つまり、コンフォートゾーン外は全てスコトーマになってしまうのです。


ただ、このフィルター機能はそこまできっちり働いているわけではなく、簡単に変えられます。

意識するだけで重要な情報にできますから、意識次第で変えられます。



例えば、目を閉じて、部屋の中に丸いものが”何個あるか”思い浮かべてください。

思い浮かべたら、目を開けてみましょう。



目を開けたとき、まず何をしましたか?



丸いものを探しませんでしたか?



このように、意識するだけで簡単に変えられます。


といいますか、周りにある情報を全て認識していたら脳がパンクしてしまうので、このような機能があるのです。

その結果、”元からあった情報が”スコトーマに隠れて見えなくなっているのです。


この機能を使うことにより、ゴールを設定する(ゴールを重要な情報にする)と、ゴールに関する情報を見つけることができるのです。

今まで見えてはいたけど、スコトーマで見えなくなっていた情報に気付くことができるのです。


スコトーマは意識すれば外せます。

逆に、意識しなければ外せません。


ゴールを作る際も、ゴール自体がスコトーマになっている場合があるので、本当にやりたいことか意識して考えていってください。



最後はアファメーションですね。

これは、ゴールの臨場感を”よりリアルに感じるための道具”です。


アファメーションは、ゴールの”イメージ”を条件にしたがって書き記した文章や単語ですよね?


ヒトは臨場感がより強い方をリアルと認識します。

小説を読んで涙を流したり、ホラー映画を見て震え上がるのは、小説や映画の内容に臨場感を感じているからです。


小説や映画の内容を、自分が実際に体験しているわけでもないのに、リアルな身体情報として現れるのです。


これがヒトなのです。


アファメーションを毎日唱え続けると、ゴールの臨場感が現実世界よりリアルになり、コンフォートゾーンがゴール側に移行します。

これがアファメーションを唱える理由です。



そもそも、ヒトは現実世界に生きているのではなく、頭の中の仮想世界(情報世界、イメージ)に生きています。

五感から入る情報も、全て頭の中の情報でしかありません。


そして、ヒトはその仮想世界の自分がリアルだと(強い臨場感を)感じると、本当に仮想世界内の自分になってしまうのです。

この頭の中の情報(仮想世界の自分)を書き換えてしまう行為がアファメーションなのです。


コーチはアファメーションに頼らずとも、仮想世界のあなたを書き換え可能です。

気功も原理は同じです。


仮想世界の病人を仮想世界の健常人に書き換えているだけなのです。

その結果、現実世界に健常人として現れるのです。



オカルトのように感じるのは、仮想世界が実在しているように感じるからです。

仮想世界は仮想世界です。


決して幻覚を見ているわけではありませんし、魂が現実世界にあるなどといいません。

あるとしたら、それは仮想世界の中だけです。


イメージや心の中といった方がいいでしょうか?

コンフォートゾーンでもいいですが。


仮想世界から現実世界へ干渉するためには、世界の物理法則に縛られますから、それを考慮した書き換えなら現実になります。


「思考は現実化する」「変化は内側から外側に広がる」というのは、こういうカラクリです。


心が変われば本当に物理世界も変わるのです。


覚えておきましょう。



以上、専門用語を説明しましたが、かなり簡略化して説明しています。

曖昧な部分もあるので、きちんと学ぶならオススメ書籍やブログを2年ほど遡って学んでください。


世に出回っているコーチング本などは、コーチの体験談を元に作られたものなので、きちんと体系化されていませんでした。

しかし、故ルー・タイス氏と苫米地英人氏の手によって、理論化されたプログラムへと生まれ変わっています。


自分を変えていきたいと思っているのなら、セルフコーチングプログラムやコーチをつけることをオススメします。


それくらい強力なプログラムです。



スコトーマを外して、ゴールの臨場感を感じていきましょう。


ヒトは誰でも変われます。


あなたの心次第なのです。


自分の気持ちに素直になってくださいね。

コーチング用語集その①

最近は専門用語を当たり前のように使っているので、今一度解説しておきます。


ゴール、エフィカシー、コンフォートゾーン、スコトーマ、アファメーションの五つがよく使われますね。

ですから、これら五つについて話しておきます。



まずはゴールですが、これは日本語では”夢”のことです。

ゴールは「3年後、5年後、10年後」のように期間を設けたり、「ダイエット-10キロ」のように具体性を持たせたりもするので”目標”といってもいいでしょう。


ですが、基本的には”現状”から外れた場所(スコトーマに隠れている場所)をゴールとしますから、日本語にしてしまうと齟齬が発生します。

ゴールはゴールと思ってください。


ゴールの条件は「やりたいこと」です。


よく「やりたいことをやろう!」という方がいますが、これは「ゴールに向かっていこう!」ということです。

ゴールが前提ですから、間違えないようにしましょう。


もっとも、やりたければ何をやってもいいのです。

ただ、”自分で責任が取れる範囲”で行いましょう。


ゲームがやりたければやればいいのです。

その結果、落第しても責任が取れるのならいいのです。


お菓子が食べたければ食べればいいのです。

その結果、太ったり身体を壊したりしても責任が取れるのならいいのです。


何をするにも、「ゴールが大前提だ!」ということを覚えておいてください。



次はエフィカシーです。


これは”自分の能力に対する自己評価”のことです。

もう少し砕けた言い方ですと、「自分の、自分による、自分のための評価」のことです。


「自分はこれだけのことができるんだ!」「年収○○○万ドル稼いでいるのが自分だ!」「50点より90点が自分らしい!」のような評価のことです。


”自信”といった方が分かりやすいですか?

なお、エフィカシーが低い状態はうつ状態のことです。


エフィカシーを常に高く設定しておけば、やる気に満ち溢れ、イキイキしていられます。

ゴールに向かって行くことができるのです。


逆にエフィカシーが低くなると、やる気がなくなりゴールへ向かう力が出てきません。


コーチングではエフィカシーの高さがものを言います。

エフィカシーは常に高くしておきましょう。



次はコンフォートゾーンですね。

これは言葉通り、”快適に感じる領域”のことです。


しかも、身体的だけではなく”心理的にも”快適に感じる領域のことを指します。


趣味、人間関係、癖、収入など、自分が認識している世界そのものがコンフォートゾーンになります。

「自分らしい」と思う領域のことなのです。


もう少し限定的な例え話を出せば、「テストで60点取るのが自分らしいと思うのか、90点取るのが自分らしいと思うのか」です。

「ネガティブな方が自分らしいのか、ポジティブの方が自分らしいのか」です。

「年収400万が自分なのか、10億が自分なのか」です。


”意識、無意識に限らず”「自分らしい」と思う領域になります。


しかも、意識して「嫌だ」と思っても無意識には関係ありません。

無意識には”善悪の判断はない”からです。


ですから、無意識が「太っている=自分」に設定されていると、意識で痩せようと思ってもダイエットに失敗してしまうのです。

無意識は”氷山の一角”のようなものですから、ただ思った程度では太刀打ちできません。


もし痩せようと思うのなら、無意識を「痩せている=自分」に再設定しなければ、コンフォートゾーンの関係上戻ってしまいます。

「行動の前にマインド(コンフォートゾーン)を変えよう」「変化は内側から外側に広がる」というのはこのためです。


コーチングではゴール側にコンフォートゾーンをずらしていくことをしていきます。

そのためにもエフィカシーの高さが必要なのです。



今回はここまでにしましょう。


纏めると「ゴールを設定し、エフィカシーを上げ、コンフォートゾーンをゴール側にずらしていく」とゴールへ向かっていけるのです。

特に、”ゴールとエフィカシー”は切っても切れない関係です。


覚えておきましょう。


残りは明日話します。

上記はコーチングの肝になりますから、絶対に覚えておいてください。

子育てに必要なことは?

私は親御さんに対して厳しい言葉を発していますが、難しいことを言っているわけではありません。

むしろ、子どもに対して色々しすぎなため、親御さん自身が”自分で自分の首を”絞めているのです。


子育ては自分の時間が取れないし、子どもが言うことを聞かないのは分かりますが、思考ができるようにならなければ子どもは獣と同じです。

言うことを聞かせること自体ナンセンスなのです。


ですから、子どもに対する期待値は低く設定しておきましょう。

そうすればイライラすることは少なくなります。


イライラするとは、自分が相手に期待しているために起こります。

つまり、”勝手に期待して”勝手にイライラしているのです。



思い出してください。


イライラする時は”どのような”時ですか?

子どもがどのような時にイライラしていますか?


はじめから期待値を低く設定しておけば、イライラすることはなくなります。


これはパートナーや仕事仲間にも言えることですから、イライラが多いという方は”自分の相手に対する期待値”を設定しなおしましょう。



また、「子どもの将来が……」と言っている方は、テレビや雑誌、周囲の人間(ママ友、祖父母)などに洗脳されています。


考えてみてください。


「お受験や習い事などを子どもにやらせよう」と、”どのようにして”思いましたか?

何故、やらせようと思いましたか?


切欠はなんですか?


テレビや雑誌、インターネットの広告、他人の意見に影響を受けていませんか?



これらは「将来のため」という聞こえのいい言葉で親御さんを誘導しているだけです。

自分達が儲けたいがために広告や宣伝を行っているのです。


ですから、これらに惑わされてはいけません。


まあ、グローバル社会では英語がメインですから、英語くらいは学ばせた方がいいと思いますが……


高いお金を払わずとも、英語は字幕なしの海外の映画やアニメでも学べます。

色々と探してみてください。


また、学ばせる場合強制してはいけません。

いつもテレビをつけているのなら、全て海外の映画にしてみましょう。


今は月1000円も出せば、映画が見放題ですから。

インターネットを有効に使っていってください。



親が子にすることは、子どもを信頼してあげることです。

子どもの味方でいてあげることです。


受容してあげる、愛してあげるなど色々と言い方はありますが、子どものことを認めてあげてください。

子どものゴールを認めてあげるのです。


子どものゴールを手助けする必要や、子どものゴールを広げてあげる必要はありますが、これらは上記に含まれるでしょう。


否定をせず、子どものゴールを認めてください。


また、ゴールを達成できるマインドを作るために、エフィカシーを高めてあげましょう。


これは、毎日行動を褒めていけば上がります。

例えば、もしテストで50点を取ってしまった場合は、「あなたらしくない。本当は90点取れるのにね」と言って誘導してあげましょう。


エフィカシーが高い状態を維持させるのです。



ゴールを認め、エフィカシーを上げることに努めましょう。


まずは、いつも否定で使っている言葉を”ポジティブに言いまわす言葉”を調べてみてください。

これもエフィカシーを上げるための方法です。


エフィカシーが上げれば、圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれますよ?

PX2を受講する際は……

書籍やブログを読んで、PX2などのセルフコーチングプログラムを受講する方もいるでしょう。

それらを受講する際、心掛けておきたいことは”スコトーマを外す”ことです。


ヒトは知っているものを学ぼうとすると、「もう知っているからいいや」と無意識が判断してしまいます。


特に、自分のためではなく他人のために受講するような場合、それは顕著です。


ヒトは自分のためには一生懸命になれますが、他人のためにはそこまで一生懸命に”なれない”のです。


他人を自己と同等だと無意識から思える方はいません。

それは悟りのレベルですから。


そうなってしまうと、自と他の判断ができなくなってしまうのです。

個ではなくなってしまうのです。


ですから、他人を自己と同等に思えなくて当然です。

決して偏見で言っているわけではありませんよ?



セルフコーチングプログラムは、名前の通り自分で自分をコーチングしていくプログラムです。


そのため、プログラムで体感したことをそのまま相手に伝えることはできません。


また、他人に活用する場合、必ず自身が体感していることが前提です。


そうでなければ心のあり方が分からないからです。

無意識の状態と言った方がいいでしょうか?



ですから、プログラムを受講するなら自分のために受講してください。

もし子どものために受講するなら、「今まで自分が学んだことでは不十分だ。絶対に新しい発見があるぞ!」くらいは思って受講してください。


これも無意識の働きを使った方法なのですが、受講していけば分かるでしょう。


折角素晴らしいプログラムなのですから、今までの思い込みは抑えてください。

「知っているからいいや」ではなく、「新しい発見がある!」と思いながら受講してください。



自分のために受講する方になら、こんなことを話さなくてもいいのですが、そうでない方もいるので話しておきます。


もし親御さんが読んでいる場合、子どもと一緒に受講してみましょう。


子どもと一緒に受講すると、大人と子どもでは情報を受け取る量が圧倒的に違います。

それくらい”体感重視のプログラム”なのです。



コーチングもセルフコーチングも、結局は受講した方のみに効果を発揮します。

過去に何度も話しましたが、”自分のためだけに”受講しましょう。


コーチングとは、知識だけでどうにかなるものではありません。

知識も必要ですが、”体感”が必要なのです。


覚えておいてください。

子どものことを”本当に”想うのなら

平均年収の倍以上収入があってもこんなものです。


年収1000万円家庭がハマる超過酷お受験サバイバル
http://diamond.jp/articles/-/106385


このHPはビジネス情報サイトなので、お金の話に焦点を当てていますがそれは気にしないでください。


私が気になるのは”行かせたい大学ランキング”です。


何故、世界でトップ10に入る大学よりも、世界で40番台以降の大学へ行かせたいのでしょうか?



以前も話しましたが、世界レベルで見ると日本の大学など大したことはありません。


あなたは、日本で40番台以降の大学と聞いて思い浮かびますか?

世界レベルではこういうことなのです。


「子どもの将来が……」と言っているのなら、何故世界のトップを目指さないのでしょうか?


これが日本人のエフィカシーの低さですね。



習い事やお受験について書かれていますが、これらには子どもの意見が反映されていません。


”親が子どもにやらせたいこと”でしかないのです。


ブログを読んでいる方なら分かると思いますが、強制はエフィカシーを下げます。

学ぶ意欲もやる気もなくなってしまいます。


ゴールへ向かえなくなってしまうのです。


そんな状態が「子どものため!」とはいいませんよね?



子どものことを想うのなら、強制は止めましょう。

子どもが興味を持ったことを上手に活用して、勉強好きにさせていきましょう。


お受験の情報収集ではなく、無意識の働きを学んでいってください。

ブログを二年くらい読み返せば何となく分かりますから。


現代はステージが違うのです。

昔のやり方では通用しませんよ?

学ばなくていいなどありえない

本屋に行くと「マンガで分かる○○」のような書籍が増えていることに気付く方もいるでしょう。

マンガでしか分からない方が増えたということですね。


理解力の低下が起こっているのです。


政治家でもマンガで説明しないと理解できない方もいるようです。

嘆かわしいですね。



私は毎日書籍を読んでいく様に勧めていますが、小説やマンガは別です。

これらは娯楽ですから。


マンガで学ぶことはできなくもないですが、文章から理解できるようにならなければ、理解力がかなり落ちていることになります。

これでは憲法も理解できないことになりますよ?


世界には西洋文化が蔓延していますが、西洋文化とは「はじめに言葉ありき」です。

つまり、文章や言葉から理解することが前提なのです。


そのような世界で、文章からの理解力が低下することは危険でしょう。



そのようなことでは、奴隷としていいように使われるだけです。


自己防衛のためにも文章から理解できるようなりましょう。


権力者は私達を馬鹿のままにしておきたいのです。

そうすれば自分達の思うままに扱えますから。


英語は学ばなくていいなどという方もいます。

……ありえますか?



世界で起こっていることは、ほとんどが英語で書かれています。


少なくとも文章は読めるようにしておかないと、支配者のいいように扱われます。


学ばなくていいなどありえないのです。


私は、日本の英語教育がしょうもないのはこの辺りが関わっているのではないかと思います。

馬鹿のままでいてくれた方がいいから、しょうもない教育をしているとしか思えません。


そうでなければもっとマシな教育ができるでしょう。



現在は、学校で学べることは全てインターネットで学べます。

以前、学校など行かなくていいと話しましたが、それは日本の教育が低レベルだからです。


これなら自分で学んでいった方がすばらしい頭脳を得ることができます。


グローバルな人間を作りたかったら、学校など行かせてはいけないでしょう。



英語を学ばせるなら、小学生から中学一年までに学ばせる必要があります。

6~13才くらいまでは、脳が言語を一番覚えられる年齢だからです。


これはクリティカルエイジと呼ばれています。

それぞれの器官に対する脳の部分が発達する時期があるのです。


もちろん言語も含まれます。

言語の場合、上記の年齢が一番発達するのです。


それを過ぎると、言語を覚える部分の細胞が死滅してしまい、覚えるのが一苦労になってしまいます。

使わない細胞は要らないですからね。


もし子どもがいる場合、小学生のうちに英語だけは学ばせましょう。

そうすれば子どもは苦労しなくなります。



将来的には翻訳機ができるかもしれませんが、自分で読めた方が何かと便利です。


英語だけに限りませんが、世界で起こっていることを理解できるだけの頭脳を作っていきましょう。


毎日知識を得て、思考する癖をつけていけば、騙されることは少なくなっていきます。


知識を得ることは楽しいと思えるようになります。


毎日自分をアップデートしていってください。

ペットを元気にする方法

ペットに愛を与えましょうと話しましたが、人間以外の動物はとても”敏感”だからです。

特に、飼い主の”心”の影響を強く受けます。


何のことか分からない方がほとんどだと思いますが、心とはそれくらい相手に伝わるのです。

これは生命体共通です。


人間だけは思考が発達してしまったので、感じることができなくなったと言えばいいでしょうか。



飼い主の心が伝わってしまうということは、飼い主のストレスがそのままペットに伝わってしまうということです。


人間でも心理的なストレスで身体を壊すのです。

ペットも例外ではありません。


「ペットを健康にしたい」と思っているのなら、まずは飼い主の心を健康にする必要があります。

せめて、ペットの前では”心安らかに”なってください。



心は概念的なものですから、何となくしか考えない方がほとんどでしょう。


ですが、物理的に影響を及ぼすほど関わりが深いものなのです。


決して蔑ろにしてはいけません。


また、書籍やテレビなどで「愛」という言葉がよく使われていますが、世間で言われている愛とは愛情のことです。

ある個体が特定の個体に対して想う”情”なのです。


それと愛を同一視しないでください。

愛と愛情は別物ですよ?


本来なら愛を与えた方がいいのですが、ペットですから情を与えて構いません。

愛情を注いであげましょう。


そして、心と心を通わせてください。


何度も繰り返していくと分かってきます。


「心が伝わるとはこういうことか」と理解できるようになります。



「ペットが健康であってほしい」と願うのなら、実践していってください。


健康な心と健康な身体があれば、生命体は元気でいられます。


都会ではペットが運動できる場所を確保できないかもしれませんが、色々と探しましょう。


もし、「ペットがどうすれば健康になるのか分からない」という方は、そのペットの祖先まで遡り生態を調べてください。

どのような食事をしていたのか、どのような環境で身体を動かしていたのかを調べましょう。


ペットが大切なら人任せにせず、これくらいは知識として持っていられます。



ペットの前では常に心安らかにあってください。

そして、愛を注いであげてください。


そうすれば、ペットはとても元気になります。

ペットを健康にすることなど簡単ですよ?


早速実践していきましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

逆に、ただ読んだだけでは効果が出ません。


ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、圧倒的な効率がほしいのなら、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕がある方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR