病気と戦ってはいけません

書籍やテレビなどで、「闘病」や「病に打ち勝とう」という言葉を聞いたことがありませんか?


聞こえはいいように感じますが、これでは「病気が長引くだけだ」と思ってください。


理由は単純で、”下手をしなくても”「病気に負けてしまうから」です。



辞書には、”闘う”とは「困難などを克服しようとすること」とあります。

また、”戦う”とは「勝ち負けを争うこと」とあります。


病気を治すのが困難だと”決め付けた瞬間”に、無意識は”病気に負ける可能性をイメージしてしまう”のです。

また、病気をあたかも倒せるか分からないくらい”強大に”してしまっては、治るものも治りません。


無意識がそのように行動してしまうからです。


呼吸や拍動、免疫系など、生命維持を司っているのは無意識ですから、無意識が上記のように固定されてしまっては治らない、あるいは、治りにくくなります。


ヒトはイメージで行動する生き物ですから、闘病と思った瞬間に、そのイメージが脳裏に焼きつきます。


特に、難病と言われるものに対しては、ネガティブなイメージが強くなります。



無意識の働きをネガティブ側に誘導し、自ら病状を強めてどうするのですか?



そうではなく、病気に関しては”自分自身が主導権を握り、一方的に病気の元を駆除”しなければなりません。


戦うのではなく”駆除”です。


戦ってしまっては、”万が一にも負ける可能性があるから”です。


例えば、ガンなら腫瘍をまるで腐ったトマトを握り潰すように、圧倒的に優位な状態をイメージするのです。



イメージ療法は、ただ絵を書けばいいというものではありません。


”臨場感豊かにイメージすること”が重要なのです。


実際に、腫瘍に見立てた腐ったトマトを握り潰すなり、泥団子を足で叩き潰すなりして、腫瘍がぐちゃぐちゃのメチャクチャになる音や感触をイメージし、腫瘍が消え去る優越感を感じることが重要なのです。


五感で感じて腫瘍を消し去るのです。


その腫瘍を消し去っているのは自分なのです。


一方的に消し去ることができる自分を臨場感豊かにイメージするのです。


これが本当のイメージ療法ですよ。



先程も話したように、病気は戦うのではなく、”一方的に蹂躙”する必要があります。

そうしなければ、常に負けるイメージを背負うことになるからです。


間違っても「ガンは治りにくい病だから石を叩き割ろう」などと思わないでください。

これでは、治りにくいイメージを無意識に刷り込むことになってしまいます。


ですから、壊すなら簡単に壊れるものや形がなくなるものにしましょう。


ただ、食材は勿体無いので、食べられないものや泥か何かで形を作り、それを潰しましょう。



ガンに限らず、病気に関しては自分が圧倒的に有利な状態をイメージしてください。


風邪でも難病でも変わりません。


ウイルスなどに対して、自分の免疫が十全に機能している状態をイメージしましょう。

各種臓器が十全に機能を発揮して、身体が元気になっているイメージをしましょう。


現在の症状は、外部からの侵入者に対して自分の免疫系が働いているという証拠なのです。


自分の身体の反応を認め、感謝し、その機能を助けるようにしていけば治ります。

身体に負担をかけずにいれば治ります。


”常に”自分が病気を蹂躙しているイメージを、臨場感豊かに感じてください。


「打ち勝つ」や「勝利する」では生ぬるいです。


「当然のことだ!」と思いましょう。



何度も言いますが、病気と戦ってはいけません。


治りたいのなら、自分が圧倒的に優位な状態で蹂躙してください。


もっと自分の身体を信じましょう。


信じなければ始まらないのです。


信じれば身体は答えてくれますよ。

気功師が行っていること

以前、気は情報エネルギーだと話しました。

携帯電話の電波のようなものだと。


そのため、本人の情報世界(仮想世界、心、コンフォートゾーン)の中に気がないと、気は効果を発揮しません。

電波がない状態では携帯電話を使えないのと一緒です。


気の存在を確信していただかないと、いくら気功で良くなろうとしても効果が出ないのです。


「気はある・なし」と思うのは自由ですが、気を扱うのなら「気はある!」と確信してください。



さて、気功師がどのようにして患者に影響を与えているのかですが、それを話す前に確認しておくべき機能があります。


まず、生命体には”恒常性維持機能(ホメオスタシス)”があります。

中学の理科で習ったことでしょう。


暑ければ汗をかき、寒ければ震えて熱を出して、おおよそ36.5度に体温を維持しているのもこの機能のお陰です。


上記は物理的なものに対して”フィードバック”が働いていますが、恒常性維持機能とは、情報に対しても”フィードバック”が働きます。

小説を読んで涙を流したとか、映画を見て震え上がったなどは、まさしくこの例です。


情報で身体情報に影響が出てしまうのです。



また、生命体には”同調作用”があります。


女性が共同生活をしていると、生理周期が同調してくるという報告があるのですが、これは”ホメオスタシス同調”によるものです。


この機能は、生命体が集団生活をする上で必要だったのです。

サバンナなどでは季節により大移動がありますし、子育ても同じような時期に行いますからね。


この同調作用ですが、片方が一方的に影響を与えているのではなく、お互いに影響しあっています。

ですが、これには法則があり、”より影響の強い方”に引っ張られるのです。


例えば、80度のお湯700mlに、10度の水100mlを入れたらどうなるでしょうか?

強い方に影響されるとは、こういうことです。



では、上記のことを押さえた上で、気功師が行っていることを説明しましょう。


気功師が、「患者がよくなっている姿を強烈にイメージして気を送ると、その情報がホメオスタシス同調により患者に伝わり、そのフィードバックで患者は元気になってしまう」のです。


もちろん、気功師も患者との同調作用によりフィードバックが起こるのですが、気功師が気を送る際は、自身の情報を圧倒的の大きくしてその影響を受けないようにしています。

例えば、地球と人間くらいの差があれば、末期がんの患者からフィードバックがあっても何ともありません。


「自身の情報を大きくするって?」という方がいるのですが、これは気の訓練を行っていけば分かるようになります。

実践していってください。



また、遠隔気功ですが、「気は電波のようなものだ」と話したように、患者が何処にいても個人を特定できるのなら情報を伝えられます。


携帯電話の場合は電話番号やメールアドレスですが、気功の場合は患者を特定できる情報があれば気を送ることができるのです。


ですから、先日「ペットに遠隔気功を送る際は情報を送ってください」と話したのです。


情報がなければ気を送ることができませんからね。



気については何となくイメージできましたか?



気功は、車や自転車、一輪車のように、毎日練習していかないと上達しません。


プロのスポーツ選手は、プロだから練習しないということはありませんよね?

むしろ、一般の方よりも多くの練習をこなしています。


気功も同じです。


毎日練習していくしかないのです。


気功を使って元気になるのなら、毎日気を意識していってください。


気の存在を意識するだけで、気はあると確信しているようなものですから。



太陽からエネルギーを貰って元気になっているイメージをしてみましょう。

身体の隅々まで光り輝いているイメージをしてみましょう。

全身に光のエネルギーが行き渡り、元気になっているイメージをしてみましょう。


これが気功なのです。


簡単でしょう?


毎日意識していってください。

ペットへの遠隔気功(補足)

ペットに気を送ることに関して料金を発生させていない理由ですが、ペットに限らず動物には金銭の支払い能力などないからです。

通貨とは人間の物々交換の代替物であり、人間以外の動物は違います。


ですから、料金を取ろうとは思いません。


「全ては金銭に直結する」としか考えられない人間には分からないかもしれませんが、私が行っていることは金銭に換えられないものです。


人間相手には料金を決めていないと、所謂クレクレちゃん(奴隷のことです)が湧いてくるのでしませんが、動物は生命に必要な欲求しか持っていません。


こちらが愛を持って接すればきちんと分かってくれますし、煩悩に振り回されて身体を壊すこともありません。


もし身体を壊していたら、”100%”人間の所為です。



ペットフードに何が使われているのか真剣に考えたことはありますか?


環境を汚染し、一方的に自然を破壊しているのは誰ですか?


害獣と称し、駆除しているのは誰でしょうか?



たしかに人間も生きている以上、住み分けは必要だとは思いますが、我が物顔で「これは自分のものだ!」と奢っている人間がいます。


自分のことしか考えられない頭の固い方がいますが、自分さえよければそれでいいのでしょうか?


自分達は誰の犠牲の元に生きているのか忘れてはいませんか?


スーパーに行くと大量に食材がありますが、動物が殺され、解体される現場を”生で”見たことがありますか?



これは、大人が分かっていなければいけない問題なのですが、理解できている人間はほとんどいません。


仏教徒なら分かるはずなのですが、坊主自身が肉を食べ、酒や煙草に走り、煩悩に振り回され仏陀の教えを実践していません。


こんな大人が、子どもにまともなことを教えられると本気で思いますか?


仏教徒はもう一度、仏陀の教えを学びなおした方がいいでしょう。



この程度のことで腹を立てる人間はよほど心が狭い人間ですが、現代ではそのような人間が大多数です。


自分さえよければ、他者がどうなろうと知ったことではないのです。


それがその人間のコンフォートゾーンなのです。



ですが、いずれその人間も同じ目に遭うでしょう。


人間の業が人間に戻ってくるからです。


当然ですね。



私は、ヒトよりも動物に対して気功を行っていることの方が圧倒的に多いですから、ペットを何とかしたい方はついでに行おうとしているだけです。


まあ、私のブログを読んで実践している方は極々少数ですから、それ程応募はないと思っているのもあります。


なお、ペットという言葉は動物をモノ扱いしているため使いたいとは思わないのですが、一般的に使われているため先日もペットという言葉を使っています。

気に障った方もいるかと思いますが、それは勘違いしないようにしてください。



私が先日に挙げた『条件』を実践している方なら、私に頼らずともペットを元気にしていることでしょう。


それだけ自分で考えられる方なら大丈夫なはずです。


しかし、突発的に病気や怪我を負ってしまうこともあります。


その際は私も手伝います。


見返りがないと不安に思う方もいるかもしれませんが、あえて見返りを挙げるとすれば、見返りはあなたとペットの元気な姿です。


早く元気にしてあげてください。


私はどんな生命だろうと受け持ちますよ。

ペットを元気にしたい方募集(条件あり)

ペットに遠隔気功を送ってほしい方はいませんか?


ペットを元気にしたいと思っている方がいましたら、そのペットを特定できる情報(写真、種族、性別、名前、症状、住所など)をメールで送ってください。


複数でもかまいません。

それぞれの個体が特定できる情報を送ってください。


なお、特定できる情報がないと気を送ることができないため、最低限、上記の情報はメールに記載してください。



ペットへの遠隔気功に関しては、特に料金を取ろうとは思っていませんが、その代わり”申し込みの条件”を設定します。


①ペットに適度な運動、適切な食事を与えること

②ペットを薬漬けにしないこと

③ペットが可哀想だからと、人間の常識を当てはめないこと

④ペットが心配だからと毎日ペットの心配をしないこと

⑤気功を信じられる方

⑥ペットのために自我を変えられる方


以上です。



これらを守れる方になら、ペットへの遠隔気功を行います。


①、②、③は、以前ペットの話をしたのでそちらを御覧ください。


②についてもう少し話しますが、ペットの薬はほとんどが人間用です。

人間でも薬剤に対して副作用があるのですから、ペットも同様ですよ。


④についてですが、これは、人間の心がペットに伝わってしまうからです。

詳しくは、右カテゴリにある「看病の心構え」を読んでください。


⑤ですが、気功を信じられる方が近くにいると、その効果が上がるためです。

ペットを元気にしたいのなら信じてください。


自分でも気の勉強をして、毎日実践していきましょう。


⑥ですが、これが一番重要です。

ペットを元気にしたかったら、今の自我を変えましょう。


今までの自我を保ってきたために、ペットが病気になったのです。

ペットの食生活だったり、生活習慣だったりですね。


飼い主が常識だと思っていたことを実践したために、ペットが生体機能に不具合を起こしているのです。

そのため、飼い主の自我が変わらなければ、元気になったとしても再び病気等になってしまいます。


また、寿命が来ているペットに対して、延命治療など施さないでください。

それは浅ましい煩悩です。


「ペットに元気でいてもらいたい」という想いを、ペットに”押し付けている”ということを理解しましょう。

その結果、薬漬けにしたり、無理やり食べさせたりしているのです。


そのようなことでは、ペットと心を通わせることなどできません。


ペットに幸せになってほしいのなら、”自我は抑えましょう”。



「ペットに元気でいてもらいたい」と思うのは普通の事です。


ですが、その方法が”利己的なのか利他的なのか”で、ペットがストレスを受けるかどうか変わります。


ペットを元気にするためには、極力ストレスがなくなるように心がけてください。


もちろん、飼い主もストレスに曝されないようにしていきましょう。

飼い主のストレスがペットに伝わってしまいますから。



以上の条件が厳しいと思う方は、本当にペットのことを考えているのか疑問です。

⑤、⑥辺りならまだ分かりますが、少なくとも①~④までは生命の健康を考える上で”必須”です。


本当にペットを元気にしたかったら、もっと学びましょう。


科学主義を拗らせると痛い目に遭います。


特に期間は設けませんから、色々と学んで、色々と考えてから応募してください。

”本当の意味での”現代社会で生きていく方法

以前、「現代社会で生きていく方法」で転職の話しましたが、これはあくまで現在の奴隷社会に適応する方法の一つです。

一番重要なことは、「本当のゴールを見据えることだ」ということを押さえておいてください。


日本だけではありませんが、現代社会は全てがお金の理論に行き着きます。

政府もTPP関連法案とカジノ法案を強行採決しましたから、この例に漏れません。


TPPの予算は約一兆二千億円ですから、強行採決したのは明らかに関連企業の利益が絡んでいますし、カジノは元々マネーロンダリングの温床です。


他に採決が必要な法案があったにも関わらず、まずこれらを強行採決してしまったのです。


どんな言い訳をしようと、お金にしか目が行っていないのは一目瞭然です。



このような政治家を選び出している国民も同様です。


目先の利益にしか目が行かず、全てにおいてお金が優先されているのです。


パナマ文書は日本ではあまり騒ぎになりませんでしたが、日本にある多くの大企業が税金逃れをしていました。

マスメディアはもっと追求すべきなのですが、そのマスメディアもイイナリですからどうしようもありません。


タックスヘイブンは脱税とマネーロンダリングがセットなのですが、日本人はそれを知っているのでしょうか?


お金に目が眩んだものには、倫理観など関係ないのです。


このようなことが日本だけではなく世界中で起こっているため、現在の世界は奴隷の世界です。

日本だけにしか目が行っていないと、日本がどのような立ち位置にいるのかも理解できません。


それを学ぶ意欲をそぎ落としているのが日本の教育ですから、支配者にとっては予定通りでしょう。


ただ、その支配者もお金に目が眩んでいるため、歯止めが利いていないようです。

お金という煩悩に囚われている状態です。


一体、何をしているのでしょうか……



このような世界は、一切合切壊してしまった方がいいと思うのは私だけではないでしょう。


煩悩に囚われている人間のせいで、世界中の動植物が絶滅していますし、被害に遭っていますから。


奴隷を生かすために他の動植物がいるわけではありません。


人間以外の動植物も今を生きる権利があるのです。


人間だけが特別なのではないのです。



人間も人間以外の動植物も、等しく生きる権利はあります。


これを理解できる方が奴隷の世界に生きているため、息苦しく感じるのです。


「社会になじめない……」などと嘆く方がいますが、それは”良いこと”なのです。


”奴隷にならず人生を謳歌できる”ということですから。


奴隷の一員となって漫然と暮らしていくのか、あるいは、奴隷にならずゴールを見据えていくのかは、自分で決めましょう。


もし、本当のゴールへ向かうのでしたら、以前話したように奴隷を「装う」ことは有効な手段です。


それさえも必要ないくらいになれればもっと良いのですが、まずは装ってみましょう。


楽になりますよ。



もっと世界中で起こっていることに意識を向けていきましょう。

もっと世界中の”本当の歴史”を学びましょう。


政府や企業の公式情報など、当てにはなりません。

情報をただ鵜呑みにするのではなく、その裏を読み解くようにしてください。


未来の世界を奴隷にしていくか、あるいは、キレイにしていくかはあなた次第です。


再生までに時間がかかるかもしれませんが、諦めたらそこでおしまいです。


目先の利益だけではなく、未来の利益を見ていきましょう。

「何にでもなることができる」とは

以前、『空(クウ)』の話をしましたね。

全てが”有”でもあり”無”でもあるため、どんな自分にもなることができると話しました。


しかし、これではイマイチ分からない方もいるようなので、違う説明をします。



あなたはパラレルワールドという言葉を聞いたことがありますか?

多元宇宙論でもかまいません。


今、私達が生きている世界以外にも、膨大な世界があるという理論のことです。

よくSFなどで聞くと思います。


例えば、あなたが会社の社長をしている世界もあれば、花屋で働いている世界もあり、医者になっている世界もあるということです。

可能性の世界とした方がいいでしょうね。


「もし、あの時あの選択をしていたら……」という可能性の世界と思っていただければいいです。



さて、話を『空』に戻しますが、『空』は有も無も”全て”を包括しています。

また”有”とは、物質だけではなく、”概念や自我、思考なども”含まれます。


つまり、パラレルワールドも『空』には含まれているのです。


「パラレルワールドは実際にあるかどうか分からない」と思うはずですが、有は”概念や思考も”含んでいます。

私達が考え出した全てのことが”有”なのです。


パラレルワールドが実際にあるかどうかは関係ありません。


『空』は、パラレルワールドだろうと何だろうと”全て”を包括しているのです。



全ては『空』のため、自らが望む「何にでもなることができる」と話しました。


この「何にでもなることができる」という部分を、パラレルワールドの自分に当てはめてみてください。


例えば、会社員をしている方が、宇宙飛行士になっているパラレルワールドもあるはずです。


そして、あなたが宇宙飛行士を望んだとき、そのパラレルワールドとあなたの意識は繋がります。

宇宙飛行士になっている自分と繋がることができます。


このとき、宇宙飛行士に対して強烈な臨場感を持つと、そのパラレルワールドの自分を引っ張ってくることができるのです。


イメージとしてはこの感覚です。


こちらに引っ張ってくるでも、向こうに突き進むでもかまいませんが、全ての”有”ということは、可能性の自分も含まれています。


そのため、あなたが望んでその可能性を引っ張ってくれば、その可能性の自分になることができるのです。


そして、臨場感を得るための方法が、瞑想やアファメーションなのです。


「何にでもなれる」ということが、何となくイメージできましたか?



手堅く生きようとか、常識的に生きようとかいう方がいますが、そのような方は未来を過去の連続と考えています。

「今までがこうだったから次もこうだろう」と思い、真剣にゴールについて考えようとはしません。


しかし、この目まぐるしく変わる時代で、その思考は危険です。

これでは、さらなる奴隷への道を突き進むだけです。


今こそ、自分のゴールへと突き進んでください。


他者に何を言われても、自分が信じたゴールへ突き進んでください。


陰口を言われたり、後ろ指を指されても、自分が信じたゴールへ向かいましょう。


自分らしく生きるためにはそれしかありません。


あなたは何にでもなることができるのです。


毎日、パラレルワールドの自分に臨場感を感じていきましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR