慈しみの心を持つためにも

食の話です。

「私のブログは参考程度にしておいて、あとは自分自身で体感していけばいい」と話しましたが、これは「抽象度を上げ、体感を増やしていってください」ということです。


そうすれば、無駄に食材を捨てることも、過食で身体を壊すこともないでしょう。

食材から気を取り込むことも可能です。


抽象度が低いと、食材はただのモノになってしまいます。

今まで生きてきた生命を摘み取って私達の生活が成り立っているのに、それを考えようともしない人間になってしまいます。


その結果、まだ食べられる肉の塊や野菜を、何十キロも何百キロも平気で捨てるようなことをしてしまうのです。

そのような人間は生命について考えるのではなく、精々が食材に掛かったお金のことしか考えていません。


家畜は捨てられるために殺されたのではありません。

現在、200~300億頭の家畜がいるとされていますが、その家畜も人間が生きるために生きているのです。


私達を生きながらえさせるための生命を、何故捨てられるのでしょうか?

生命はそんなに軽いのですか?


弱肉強食は自然界の摂理であり、「人間も動物だ」という方がいますが、人間はサルと同じではありません。


人間の価値は、抽象化思考にあります。

他の生命を慈しめることにあります。


原始時代ならともかく、現代の人間には弱肉強食など適応されないのです。

他の生命を想えるのですから、自分が生きていく分の食材があれば事足りるはずなのです。


これは家畜だけではなく、穀物や野菜に関しても同じです。


形が悪いだけで何故捨てられるのでしょうか?

味は同じなのに、見た目だけで判断する意味が分かりません。



人間の真価を発揮すれば食糧問題などすぐさま解決するのですが、現実では欲に支配され、他の生命のことを考えることすらしない人間で溢れかえっています。


そして、それらの人間が支配されている欲とは、”お金”です。

お金に支配されている人間は、お金があれば何をしてもいいと思っています。


ですが、お金を出せば何をしてもいいのでしょうか?


そうなってしまえば、世界のルールは破綻します。

お金を持っている人間だけが偉いことになってしまいます。


これではまるで、カースト制度のようですね。



現在では、お金が宗教のようになってしまっています。


皆、お金に洗脳されているのです。


「資本主義国だからお金が必要」という論理は分かりますが、元々お金は”余り物の交換券”です。

それそのものに価値があるわけではなく、交換できるモノに価値があるのです。


お金でお腹が膨れるのですか?


これは子どもの方が分かっていることです。

子どもは簡単にお金を手放して、食べられるモノを欲しがりますから。



私達は、もっと生命について考える必要があります。

お金に目が眩むことがないように、自らの欲をコントロールしていく必要があるのです。


そうすれば、息苦しいと感じることもなくなります。

アレも欲しい、コレも欲しいなどということはなくなります。


そのためにも、日々学び、考え、体感を増やしていってください。

他の生命を想えるようになるまで、抽象度を高めていってください。


皆が皆実践していけば、素晴らしい世の中になります。

これは、”一人ひとりの心がけが重要”なのです。


私達の真価を発揮していけば、世の中はもっとよくなります。


日々成長していってください。

こんな人間には要注意

ドリームキラーになる人間の特徴を話しておきます。

それは”勉強しない人間””洗脳された人間””自分で考えない人間”です。


ネガティブだらけの内容ですが、「ドリームキラーとはこういうものなんだ」ということを知りましょう。

知っていれば対処可能ですから。



まず、ドリームキラーは勉強しません。

自分の仕事に関することは学ぶかもしれませんが、毎日本を読む人間がどれだけいるのでしょうか?


日本人の”年間”平均読書数は12、3冊程度です。

いくら読むのが遅くても一週間も掛からな量しか一年の間に読んでいないのです。


この圧倒的な知識不足、情報不足は”洗脳される第一歩”になります。


洗脳するためには、”情報の遮断が不可欠”だからです。


洗脳したい情報以外に触れさせないようにすると、その洗脳情報にしか拠り所がありませんから、他の選択肢が見えなくなってしまいます。


そのため、洗脳したいと考えている人間は、まず情報の遮断や統制を行います。


これは世界中で行われていることです。



また、洗脳されると思考能力が衰えます。

自分で考えず、与えられた情報でしか判断できないのですから、大して思考能力を使わないのです。


人間の身体は、使わない部分を衰えさせます。


風邪で何日か寝ていると、身体が重いと感じませんか?

骨折してギブスで固定していると、ギブスを外したとき動かしにくくなりませんか?


脳も同じです。

使わないとその機能が衰えるのです。


「ボケがどうのこうの」といっている大人がいますが、それはただ単に脳を使っていないと公言しているようなものなのです。

何歳だろうと脳を使っている方はボケませんし、最前線で働くことができます。


脳を大して使っていないということは、常日頃から自分で考えていないということです。

「考えられない」といった方がいいでしょうか?


そのため、テレビや識者の意見を鵜呑みにし、それが正しいもののように考え、それを自分の意見と勘違いします。

また、知識がないために判断材料が乏しく、自分の体験や思い込みだけでしか判断できません。


その結果、簡単に情報に騙される人間が出来上がるのです。



以上がドリームキラーの特徴になります。


洗脳されたために思考能力が衰え、情報を収集する気力もなくなっているのです。

テレビやスマホを毎日見て、暴飲暴食をし、娯楽にしか興味がないのです。


あなたの身近にもこのような方はいませんか?


いたら要注意です。


あなたのゴールを一言でも話してしまうと、否定してきます。


脅しのようになってしまいますが、ドリームキラーとは本当にシツコイのです。

体感すれば分かります。


既に人間的に突き抜けている方なら何を言われても問題ありませんが、これから変わっていこうとしている方は以前の状態に引き摺り下ろされます。


ですから、ゴールは誰にも話してはいけません。



本当は、ドリームキラーなど気にしないで自分のゴールへ向かえば良いのですが、「世間にはドリームキラーしかいない」といっても過言ではありません。


善意や心配していっている方がいるのですが、相手のためを想っていっているはずなのに、結果的に相手のゴールを潰しています。


悪気はないのかもしれませんが、これは無知の弊害です。


勉強してください。



一人ひとりが自分自身で考えて自分の人生を決めていけば、ドリームキラーなど生まれません。

相手の人生を尊重できるのなら、相手のゴールを否定することはありません。


しかし、現状ではそれができない人間が大多数になってしまっているのです。


ですから、自衛のためにゴールは秘密にしておきましょう。

話さなければ否定されることもありませんから。


まあ、子どもが自分の思うようにならないだけで癇癪を起こす大人もいますし、人格を否定する人間もいますが……



一番良い方法は、何を言われても動じない心を作ることです。


そのために、”ゴールの臨場感を徹底的に感じて”いきましょう。

既に確定している未来があれば、何を言われても「それがどうしたの?」と思えるようになります。


是非とも、「ドリームキラーなんて塵程度にも感じない」くらいまで成長してください。


ゴールに臨場感を感じていけば可能です。


まずはアファメーションから始めましょう。


自分の未来は自分で掴み取るのです。

絶対的な味方とは

以前、「コーチはクライアントの絶対的な味方だ」と話しましたが、「本当?」と思う方もいるでしょう。


他のコーチはどうか知りませんが、私については本当です。

これがなければ話になりませんから。


絶対的な味方ということは、100%味方ということです。

「不完全性定理や不確定性原理が働くから100%はない」という論理はあるでしょうが、それくらい当然ということです。


ですから、たとえ世界を滅ぼそうとしても味方します。

たとえ私を含む人類を根絶やしにしようとしても味方します。


それが絶対的な味方ということです。


倫理的にはアウトですが、味方とは、相手が何をしても祝福する存在のようなものなのです。


「頭おかしいんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは自我の存在を認めているからです。



自我がある場合、自分と相手は絶えず反発しています。


「自分の意見と相手の意見が合わない」ということはありませんか?

このようなことは、誰もが日常的に経験していることでしょう。


これは、”自我を確立するために必要”なことだから起こっているのです。


一個人として確立しているということですから、反発すること自体をネガティブに考える必要はありませんし、ムリヤリ相手に合わせる必要もありません。

反発することは当たり前のことなのです。


それぞれのコンフォートゾーンを考えてみればすぐに分かります。


相手のコンフォートゾーンが自分のコンフォートゾーンの”外側”にあるため、慌てて自分のコンフォートゾーン内に逃げ帰っているのです。

自分のコンフォートゾーンを守ろうとしているのです。


”それが反発しているように見える”というだけなのです。


イメージできましたか?



では、この反発をなくすためにはどうすればいいでしょうか?


例えば、磁石のS極とS極を合わせようとすると反発しますよね?

ですが、一方のS極をなくしてしまえば反発はなくなります。


当たり前ですが、反発とは”相手がいて初めて成り立つ”ものだからです。


この状態を意図的に起こしてしまえば、相手の意見に対して自分の意見が反発することはなくなります。

一方の自我がないのですから、反発のしようがないのです。



自我のある・なしについては、抽象度を上げ下げすることができれば可能になります。


自我とは、”自分だけ”ですよね?


ですが、自分も相手も同じ人間と考えれば抽象度は上がります。

また、自分も相手もその他多くの生命も同じと考えると、抽象度はさらに上がります。


抽象度を上げていくと、自我はなくなってしまうのです。

この状態になってしまうと、相手の意見に左右されるということはありません。



ただコーチの立場から考えると、まずはそのゴールが本当にやりたいことなのかを考えさせます。


自分で考えつくゴールは洗脳されていたり、スコトーマが働くことにより本当にやりたいことが見えていない可能性もあるからです。


少なくとも、上記のゴールは手段であって目的ではありません。

他に考えていることがあるはずです。


そもそも、コーチングのゴールとはポジティブなゴールです。

考えるだけでウキウキするようなゴールのことです。

自分が幸せになれるゴールのことなのです。


ですから、それをよく考えてゴールを決めてください。


それでもなお、考え抜いてそうなったのなら私は祝福します。

それが味方というものですからね。



自分から味方味方と言っていると、逆に胡散臭いと思う方もいるでしょう。

これは体感しなければ分からないことですから。


ですが、コーチという存在がどういうものか分からない方が大多数ですから、「自分はこういうヒトですよ」という情報を発信することは必要でしょう。

まあ、私も自我を入れてしまえばただのヒトですが……


ブログの内容は、私の自我が入っている部分が多々あります。

教育や健康分野は特にです。


ですから、参考にする程度に留めておいて、あとは自分で実践していき体感してください。

自分自身のことですから、自分で考えていきましょう。



コーチは、あなたがゴールへ向かうサポートをするだけです。

味方と言っても、私自身が何かをするわけではありません。


”あなた自身が”ゴールへ向かっていかなければならないのです。


あなたの人生ですから”あなたが主役”なのです。

誰かの引き立て役やお荷物などではありません。


もっと”自分の本心”を出していきましょう。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を分ける余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR