子ども、若者がやること

大人についてはある程度話しましたから、今度は子ども、若者向けに話しましょう。

といいますか、このブログの対象は若者ですから元に戻っただけですが。



セルフコーチングでやることについては大人も子どもも変わりません。


①理論を理解し、②ゴールをいくつも設定し、③アファメーションを唱え、④言葉を変え、⑤続けるだけです。


ですが、ここにもう一つ追加しましょう。


それは、『⑥大人の話を聞かない』ことです。



日本は潜在的に儒教国ですから、子どもに自分の言うことを聞かせたがる大人が多いです。

子どもが自分の考えた進路へ行かないと、癇癪を起こす大人もいるくらいですから。


こんな大人の話を聞いていては、子どもの人生がメチャクチャになります。


ただ、このような分かりやすい大人ならまだ良いのです。

話を聞かなければいいだけですから。



しかし、問題となる大人は”他にも”います。


……どんな大人だと思いますか?



本当に跳ね除けるべき大人は、”自分のことを心配してくれている大人”です。



「心配してくれているならいいじゃん」と思うかもしれませんが、相手は”何に対して”心配していると思いますか?


本当にあなたを心配しているのですか?



大人の心配を他の言葉に置き換えると、「信じていない」です。

あなた自身の選択を信じていないのです。


自分の話を聞いておけば食うに困らないとか、高い給料が貰えるとか、その程度の考えしかないのです。

今の日本なら、何処へ行っても食べていけますし生きていけます。


その力が子どもにはないと思い込んでいるのです。



大人が行っている心配とはこういうものです。


「先生や親は私を心配してくれているんだ」と思うかもしれませんが、100%子どものことだけを心配している大人などまずいません。


自分が安心したいから、あるいは立場や世間体を気にしているだけなのです。


ですが、このような大人は本気で子どものためだと思い込んでいるため、余計に性質が悪いのですよ。

子どもはその気持ちを汲んで、ゴールを断念してしまいますから。



誰の言葉に耳を傾けるのかは重要なことです。


『自分のゴールを認めてくれるのかそうでないのか』


これを基準としましょう。


いつまでも過去に縛られている大人の話を聞いてしまっては、ゴールへ向かうことができません。

何故なら、ゴールとは未来のものだからです。


未来のことは未知のことです。

過去に答えなどありません。


時間は未来から過去へと流れています。

明日は来ますが、昨日は二度とやって来ないのです。


当たり前のことを何故忘れているのでしょうか?


来るのは未来だけ、ゴールだけなのです。


ゴールへ向かいたいのなら、誰を信じるのかをよく考えてください。



少なくとも、私はあなたのゴールを信じています。

ブログで学び、実践していけば、ゴールへ向かっていけると”本気で”思っています。


そのためにブログを書いていますからね。


これが私の”心配”です。

私の心を配っているのです。


『ブログを読んだ全ての方が本当のゴールへ向かっていけますように』


以上です。

大人がやることは

最低三ヶ月はセルフコーチングを続けようと話していますが、「ポジティブになりたい」「元気になりたい」程度ならそんなに掛かりません。


現在の感情を変えたいだけなら直にできます。


そもそも、アファメーション自体がポジティブな言葉を使用するものですから、自然とポジティブになってしまうのです。


たしかに、始めの内は疑心暗鬼かもしれませんが、続けていけばポジティブな感情を感じることができます。


とにかく続けていってください。



大人がセルフコーチングを行うにあたり必要なことは、


①コーチングの理論を学ぶ

②現状外にゴールを設定する

③ゴールをいくつも作る

④アファメーションを最低でも朝晩の二回唱える

⑤言葉、癖、習慣を変えていく

⑥とにかく続ける


以上になります。



①は、ブログやオススメ書籍で学びましょう。

理由は以前話しました。



②ですが、現状外にゴールを設定してください。


大人は現状内にゴールを設定してしまいがちなのですが、現状内のゴール設定は逆に現状を強めることになります。


現状とは、このまま行けば達成できるであろう未来のことも含みます。


「今の企業で社長になる」というゴールは、現状内になってしまうのです。

社長になれるかは確立の問題ですが、何もしなくてもゴールを達成できるということですから、無意識は現状を維持しようとします。


ですから、現状外にゴールを設定しましょう。


例えば、年収を十倍にするとか、他企業の社長になるとかです。

目安は、『現在の自分では具体的なイメージができないもの』になります。


全てのゴールを現状外にする必要はありませんが、できるものはどんどん現状外にしていきましょう。



③は、『カテゴリ:ゴール』に書いてあります。

学んでください。



④ですが、朝晩は無意識に接続しやすい、脳がリラックスしている時間帯だからです。


セルフコーチングは、自分の無意識の働きを変えていくものです。

PCでいえば、OSを書き換えることと同じなのです。


この時、意識を介して無意識にアクセスするよりも、直接無意識へアクセスした方が無意識は変わりやすくなります。

直接OSをインストールするか、キーボードで一文字一文字打っていくかの違いです。


脳はリラックスしていると無意識に接続しやすくなりますから、脳がリラックスしている時間帯にアファメーションを行いましょう。


朝起きた時と、夜寝る前は行ってください。


もちろん、昼に何度行ってもいいのです。

ただし、全身をリラックスさせて、無意識にアクセスしやすい状態になりましょう。



⑤についても話してありますから、ブログ内を探してみてください。


ただし、まずは『言葉』を変えましょう。


これが一番重要です。



⑥ですが、続けなければコンフォートゾーンが元に戻ってしまうからです。


現状の生活を続けているわけですから、環境は変わっていないのです。


そのため、自我が変わり始めた状態で止めてしまうと、環境が要因となり以前の状態に戻ってしまいます。


ですから、最低でも三ヶ月は続けましょう。


習慣にしてしまえばこっちのものですからね。



大人は子どもよりも縛られているため、より意識してセルフコーチングを始める必要があります。


しかし、軌道に乗ってしまえば続けていくことが楽しくなります。


変わっていく実感も得られます。


変われない人などいません。


今までの自我が作られてきた仕組みを理解し、それを応用して新しい自我になるだけですから。


正しく理論を理解して、正しい方法で実行しましょう。


さあ、始めてください。


誰でも変わることはできますよ。

自分に起こっている反応を意識して

子どもと大人では自我の発達具合が違うため、大人には相応の知識が求められると話しましたが、無意識を変えていく方法は変わりません。


①ゴールを設定し、アファメーションを毎日行う。

②言葉、癖、習慣を変えていく


大まかに言うとこれだけになります。


ですが、これらを毎日行っていけるかどうかで効果が分かれるのです。


変わりたい方は、子どものように純粋に実践していってください。


そうすれば変われます。



もし、①、②を行っていて「どうせダメ……」「こんなの効かないよ……」と思ってしまう場合、『しっかり効いている!!』と考えましょう。


このようにネガティブに考えてしまうのは、現在の自我から変わりたくないために”無意識が起こしている反応”なのです。


①、②を行ったことにより、現状のコンフォートゾーンから出てしまったため、無意識が元に戻そうとしているのです。


ですが、”このまま続けていけば”コンフォートゾーンがゴール側に変わりますから、とにかく続けましょう。


途中で止めてしまうと、「やっぱり効かなかった……」ということになってしまいますから。



これを防ぐためにも、大人はコーチングを受けた方がいいのです。



コーチングは、だいたい一月ごとに行います。


大人の場合、一月ぐらいすると元の自我に戻ろうとするのですが、この段階でコーチングを受けると、どんどん変わって行けるのです。


コーチングは半年程度続けますから、半年もすると元の自我とは違う自我になっています。

半年経って元の自我のままなど、ゴール設定が間違っていない限りありえません。


さっさと変わりたい方にはコーチングをオススメします。



セルフコーチングはどうしても時間が掛かります。


コーチングでも半年は掛けるのです。

それ以上は掛かると思ってください。


最低でも三ヶ月は続けましょう。

三ヶ月もすれば習慣になりますから、続けないと逆に不安になります。


「それは長い」と考えてしまうようなら、考え方を変えましょう。


”たった三ヶ月”続けるだけで、現在の自我から変わっていけるのです。


これから何年、何十年ある人生のうち、たった三ヶ月続ければいいのです。

三ヶ月続けていけば幸せな人生を送れるのです。


そう考えると、楽勝ではありませんか?



以前も話したように、オススメ書籍とブログを駆使してセルフコーチングを行ってみましょう。


それで物足りないようなら、セルフコーチングプログラムを受けましょう。

PX2が子ども用、TPIEが大人用です。


それでも不安ならコーチに頼りましょう。

コーチがいれば、確実にゴールへ向かっていけますよ。



自我を変える方法はあります。


変わりたいのなら変われるのです。


いつまでもそのままでいいのですか?

今、幸せですか?


幸せを得たいと思っているのなら、イメージしてみてください。


『あなたはどのようなとき、幸せですか?』


そのイメージを、ゴールの一つにしてみましょう。

”変わりたい方だけ”変わればいい

「二十代後半までには自我が固まってしまう」ということが、イマイチ分からない方がいるかもしれません。


ただ、これはあくまで目安ですから人によって違います。


十代前半でも、大人と同じような自我形成をしている子もいます。

三十代や四十代でも、柔軟な自我の方もいます。


全員、二十代後半で自我が固まるというわけではないのです。

自我形成など環境によって簡単に変わりますからね。



ですが、いくら大人と同じような思考をしていると言っても、子どもはまだ社会を経験していません。


これは”大きな差”です。


子どもは将来を考えるにあたり、学生のままということは考えません。

何かしらの職業を考えます。


”現状とは違うゴール”を考えるのです。


コーチングでは、”現状外にゴール設定”をします。

これが変わるための”前提条件”です。


つまり、子どもは”自然と”現状外にゴールを設定しているため、コーチングを実践すれば変わってしまうのです。



しかし大人の場合、将来を考えるにあたり、”現在の延長線上”で物事を考えます。


また、色々な縛りが発生しています。

仕事や家族など、現状に雁字搦めにされているため、そこから抜け出せなくなっているのです。


現状外のことを考えられない状態は、社会に染まるほど顕著になります。

社会に出て三年も経てば、このような方が大多数です。


ですから、大人は変わることが大変なのです。

自分だけではなく、環境自体が大人を縛っているからですね。



日本の教育は、質の良い奴隷を量産するための教育です。

東大だろうと慶応だろうと変わりません。


日本の教育方針がそうなっています。

日本がアメリカの奴隷であるためにそうなっているのです。


まあ、アメリカも銀行家の奴隷なのですが……


日本は敗戦国ですから、負けた国が戦勝国よりも上に行くことを許すはずがありません。

高度経済成長が終わった要因を考えてみてください。


何処が干渉してきましたか?



現在の日本は飼い殺し状態なのですが、今のままでも生きていけるため大人は変わろうとは思いません。


それが大人の置かれている状況です。


大人は、現状外のゴールを子どものように考えられないのです。


そのように洗脳されてきたのです。



しかし、インターネットが発達したことにより、様々な情報を得られるようになりました。

昔よりも洗脳されにくい世の中になっています。


今こそ変わるチャンスです。

ゴールへ向かっていくチャンスです。


大人の場合、動物脳の働きを抑えるために子どもよりも論理的に学んでいく必要はあります。

無意識の働きは動物脳が起こしているものですから、論理を優位にしてしまえば抑えられるのです。


「大人はまず学びましょう」と言っているのは、始めから躓かないために必要なことだからです。


大人は論理的に学び、理解してから実践する必要があります。

まずは、ブログとオススメ書籍で学びましょう。



私は、大人は変わっても変わらなくてもどちらでもいいと思っています。


”変わりたい方だけ”変わればいいのです。


求めれば得られます。

逆に、求めなければ得られません。


このブログを読んでいるということは、「変わりたい」という想いがあるのだと思います。


少しずつでも実践していけば変わっていきます。

自分では”気付けない”のですが、変わっているのです。


ですから、毎日続けていってください。

それが力になります。


継続は力なりですよ。

これだけはやりましょう

本を読んだり、セミナーで話を聞いて知識を増やしていくことも大切ですが、何より大切なことは『体感』です。

教えてもらうと多くの知識を得られるのですが、その知識が全て自分のものになることはありません。


与えられた知識というものは、言ってしまえばコンフォートゾーン外の知識なのです。

まだ、自分のものになっていないのです。


それを自分のものにするために必要な工程が『体感すること』です。


この工程を忘れてしまうと、ただの受け売りだけで終わってしまいます。


例えば、金属の性質から刀の作り方までを完璧に理解していても、刀匠と同じ刀は打てません。

例えば、テニスのルールから物理法則までを全て理解していても、プロには勝てません。


なぜなら、身体(五感)の動かし方を知らないからです。

身体(五感)で感じることをしていないからです。


いくら論理だけで理解できたと思っていても、実際にやってみると全く違います。

これはコーチングでも同じです。



そもそも、知識などなくとも自分で高みに辿り着くことは可能です。

権威から教えてもらわなくても、同じ領域やそれ以上になることは可能なのです。


そして、そういう人ほど”強い”です。


強烈な体感がなければ辿り着くことなどできませんから、ただ教えてもらうだけの人よりも中身を理解しています。


もちろん、知識が切欠になることはありますが、一から十まで教えてもらう必要はありません。


オリジナルでいいんですよ。



確かに、教えてもらうと早く先へ進めるのですが、結局自分のものにするためには時間が掛かります。

数年以上掛かることもあります。


ですから、知識は程々にしてどんどん体感しましょう。

コーチングは特にそうです。



大人は、とにかく知識を詰め込みたがります。


詰め込み型の教育を受けてきた弊害です。

それがコンフォートゾーンになってしまっているのです。


ですが、それを克服しないといつまでも変われません。


とりあえず、ブログとオススメ書籍三冊を読んだら実践しましょう。

もちろん読みながらでも構いません。


区切りを決めておくと実践に移れると思います。


早速実践してみてください。



オススメ書籍なら何でもいいとは思いますが、ルー著の『アファメーション』は400ページ以上ありますし、PX2よりも以前に行っていたプログラムの内容ですから、内容が現在とは若干違います。

そのため、初めての方が読むには不向きです。


あえて挙げるのなら、『コンフォートゾーンの作り方』『言葉があなたの人生を決める』『立ち読みしなさい!』でしょうか。


無意識の働きが論理的に説明されていますから、三冊読めば一定の理解が得られます。


大人はまず学んでください。

話はそれからです。



これだけ読めば、無意識がどういうものか理解できます。


できなければ、よほどコーチングの内容を実践したくないのです。

今の自分から変わりたくないのです。


無意識が強烈に働いている状態ですね。

これをゴール側に向ければ、それこそあっという間に変わってしまうのですが……



正直、大人はそれでもいいと思います。

子どもよりも先に亡くなりますし、自我が確立していますから、今更生き方を変えるのは酷でしょう。


ですが、最低限これからの若者のゴールを否定することは止めましょう。

無意識の働きを学んでいけば、ゴールの否定がどれだけ酷いことか理解できます。


人の心があるのならできるはずです。


それだけでも理解してください。

大人に必要なこと

大人と子どもの無意識の違いは、先日の記事を読めば何となく分かると思います。


大人は知識を蓄えることを中心として生きてきたため、勉強は得意なのですが、それを活かすことが不得意です。


さらに、コンフォートゾーン(自我)の強固さも、生きていくにつれて上がっていきます。


自我は記憶から成り立っていますから、生きた年月が長ければその分強固になっていくのです。



なお、コンフォートゾーンを日本語にすると『慣れ親しんだ領域、安心できる領域』です。

物理的にも精神的にも、”無意識が”快適に過ごせる領域になります。


例えば、性格、趣味、人間関係、収入、健康状態、頭の良さなど、”自分らしい”と認識している領域のことです。


上記はあくまで一例であり、コンフォートゾーンは自分そのものですから、挙げていくとキリがありません。


例えば、太っている、痩せているということもコンフォートゾーンの影響です。


ダイエットに失敗する方は、コンフォートゾーンが太っている状態に固定されているため、無意識的には痩せたくないのです。

ですから、無意識は元の太った状態を維持しようとするのです。


無意識に善悪の判断はなく、自分らしい状態を維持します。

そのため、コンフォートゾーンを変えなければ、以前の状態に戻されるだけなのです。


なお、コンフォートゾーンは自他共に変えられますし、認識が先でも事実が先でも関係なく作用します。


無意識が「これが自分だ!」と認識しているのなら、それはもうコンフォートゾーンなのです。



ただ、コンフォートゾーンの働きは情動に働きかけるものです。


情動は大脳辺縁系の働きですから、人間脳である前頭前野を活性化させれば抑えられます。


ですから、論理的に学んでいく必要があるのです。

最低でもブログの内容は頭に入れておく必要があります。


また、ある程度纏まった知識量があれば、”新しい認識”が生まれます。

ゲシュタルトと呼んでいるものですが、これがなければ、その知識の運用法が分からないのです。


例えば、お金の使い方が分からないのに買い物へ行くようなものです。

例えば、算数が分からないのに数学のテストを受けるようなものです。


新しい認識、概念がないと、それを運用することができないのです。

コーチングも同じように、運用するためにはある程度の知識が必要です。



私のブログは子ども(若い世代)がメインですから、それに見合った情報しか載せていません。

ブログだけでもゲシュタルトは形成されますが、大人の場合理論不足で否定してしまう可能性もあります。


ですから、大人が学ぶ場合、コーチングのオススメ書籍を最低三冊は読んでください。

これならそれほど苦ではないと思います。



否定することも、遠ざけることも、全てコンフォートゾーンの働きです。


それは違うという方は、無意識の働きを学んでいないだけですから、学んでいけば分かるようになります。


子どものためを想うのなら、少しずつでも学んでいってください。

そして、学ぶだけではなく、実践していきましょう。


コーチングには体感が必要です。

頭だけではなく、身体で理解していくことも必要なのです。


まずは”理論を理解してから”実践しましょう。

それが受け入れる際のコツですよ。

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR