行動しない者は共産主義を容認していると同義、共産主義の怖さ、日本語の情報収集先一覧(追記あり)

「人はグループに分かれると争いを始める」「階級に分かれると差別を始める」と話しました。

これは心理学の実験でも実証されています。


例えば、囚人と看守に分かれる実験では、あまりに囚人は囚人通り、看守は看守通りに行動してしまったため、実験が中止されたほどです。


人間は所属する場によって容易に変わります。

これは政治や宗教では顕著ですね。


儒教など階級だらけですから、差別がなくならないのは当然です。

なお、中国が運営している孔子学院はスパイ学校と化しています。


また、アメリカ民主党と共和党が今でも争っていますが、今は呑気に争いをしている場合ではありません。

それは平時の話であって、『国がなくなるかどうかの瀬戸際』ですることではないのです。


本当なら、両方のメリットを取り入れた『ほどほど』を目指せば良いのですが、それは国が落ち着いてからにすればいいでしょう。


まずは敵を排除しないとアメリカそのものがなくなります。

今は一致団結して国を守る時なのです。



未だにアメリカ大統領選を陰謀論だと言っている者がいますが、共産主義を認めていると理解しているのでしょうか?


共産主義の怖さは中国人が一番理解しています。

どれだけ悪辣か体験しているからです。


共産主義の情報を知っていけば、「こんな世界嫌だ!」と思うはずです。


後で喚いたら軒並み逮捕されます。

喚きたくても喚けないのです。

その結果精神に異常をきたし、犯罪を犯して捕まるでしょうね。


そのような姿が目に見えます。

私達がこうして声を上げているのは、自分達のためでもあるし、日和見をしている皆のためでもあるのです。


それを妨害するということは、一族諸共死にたいのでしょうか?

共産主義ではそれが罷り通るのですが。



「共産主義はヤバイ」と話してはいますが、私はトランプが勝つと確信している側です。

これは単純に、情報を集めていけば分かるでしょう。


なお、極左(共産主義)が流している情報、つまりテレビ、新聞、雑誌、メディアのインターネット情報などを当てにしていると理解できません。


新聞を読んでしたり顔の大人がいますが、見事に洗脳されています。

その情報は極左(共産主義)が流している情報ですよ。


また、私は勝利を確信しているため目先の情報に右往左往することもありません。


そもそも、民衆の目に触れる情報など極々一部でしかなく、メディア情報とはプロパガンダのために流すのです。

それが民衆の触れる情報です。


もっとも、大量の証拠や情報を流してしまうと相手側に対策されてしまうため、流せないという理由もあります。

そのためにあえて偽情報を流し、敵側を翻弄することもしています。


それに、戦力の逐次投入は愚策ですから『やるなら一気に』です。

トランプ側には軍事関係者が多数いますから、その程度のことは理解しています。


トランプ応援側が不安になったりしていますが、私達にできることは協力することだけです。

目先の情報に騙されず、民衆が協力し、行動していけば勝てますよ。


なお、これはどこの国だろうと同じです。



むしろ、この状態で負けたら一気に共産化が進みます。


それを民主党に限らず、ふらふらしている共和党の議員は理解しているのでしょうか?

また、日本の政治家やメディアは理解しているのでしょうか?


そうなったら世界は終わりです。

中国を見てみれば分かりますが、あの超巨大企業アリババの馬雲が中国共産党の軍門に下りました。


過去を見ればジャッキー・チェンもですね。

中国と台湾、日本のファンを幻滅させたことは有名です。


共産国にとって、有名になった企業や個人の業績は全て自分達のものなのです。

果実が美味しく実ったら勝手に盗むのが共産主義です。


また、歯向かう者は誰構わず処罰されます。

香港民主運動家の周庭が、扇動も何もしていないのに殺人犯と同様の刑務所に移送されました。


これが共産国です。


少しでも歯向かったら見せしめとして犯罪者にされます。

誰であろうとそうなってしまうのです。


なお、『これは支配者側も変わりません』。



AIが進化しましたから、今以上にフェイクニュースやフェイク犯罪が横行します。

しかも、歯向かう者を処罰するだけではなく、『仲間同士』でも蹴落とし合うのです。


現に、中国共産党内でも足の引っ張り合いをしており、身内でさえ信頼していない状況ですから。


今はリモートワークが当たり前になりました。

しかも、ディープフェイク動画が超高性能になっています。


ということは、当人が本当に生きているのかどうか分からないのです。

いつの間にかAIと会話しているということもあり得ます。


スマホやPCの画面越しだけではありません。

今は『空間に情報を投影する技術』が進化していますから、例えば国のトップをAIが作り出すこともできるのです。


そうなれば人間は必要なくなります。


陰謀論界隈では高級官僚が世界を支配するとされていますが、おそらく全てAIになります。

人間などいつ裏切るか分からないのですから、殺してAIに挿げ替えてしまえば管理しやすいからです。


大人はこんな世界を作りたいのでしょうか?

今トランプを応援しないということは、共産主義を容認していると同義なのですが。



共産主義では個人の所有が禁止されます。

資産も全て共有され、プライバシーがなくなり、子を成すことも自由にできなくなります。


今、一生懸命老後の蓄えを貯めている方がいますが、その努力の結果は全てかすめ取られるのです。


また、文化も全てなくなります。

中国の文化大革命では、文明的なもの、歴史的なものは全て処分され、またそれらに携わっている者は皆殺しにされました。


それが世界各国で起こるのです。


今の老人は老い先短いですからどちらでもいいのでしょう。

しかし、自分の子どもや孫がその犠牲になることを容認できるのでしょうか?



アメリカでは民主党と共和党で争っていますが、今は利害関係で争っている場合ではないのです。


「次の選挙があるじゃん」と思っている方は現実をよく見ましょう


今、これだけ不正選挙、証拠隠滅が起こっています。

法律や憲法違反を起こしまくっているのです。


もう『何でもあり』なのですよ。

法が機能していないのです。


今回の不正選挙に携わった者は全て罰しないと、『二度と』法が機能しなくなります。


本当に崖っぷちであり、『次はない』のです。


現状をきちんと認識してください。



もっとも、どちらが勝ってもアメリカでは暴動が起こります。


今トランプは民衆に理解する機会を与えていますから、何が起こっているか理解している民衆は多いです。

ですから、自分の身を守るために銃を所持しており、弾薬が店からなくなる勢いです。


なお、憲法には銃の所持、及び自由を勝ち取るために戦うことが認められています。

そうしなければ、「立ち上がろうとした時には武器がない」という事態に直面してしまうからです。


『権力に屈するのではなく、一人ひとりが権利のために戦う』

それがアメリカの自由です。


ですから、民主党が勝ったら暴動が起こります。


逆に、極左は最後の抵抗として、BLMやアンティファ、あるいはカナダやメキシコにいる工作員を総動員するでしょう。

そのため、トランプは軍を導入して対処しますし、民衆も戦います。


どちらにしても内戦突入なのですよ。

ところで、それにより得をするのは誰でしょうね?



また、アメリカがそのような事態になったら中国は何をするでしょうか?

日米同盟があるから日本は大丈夫など論外です。


徹底抗戦されたら台湾や沖縄が侵略されます。


特に、台湾の超高性能レーダーは、台湾から北海道までを覆う性能があります。

そんなものを奪取されたら日本の国防はガタガタです。


アメリカは国内の対応に追われ、日本に構っている場合ではないでしょう。


今の親中派の日本に対処できると思いますか?

台湾は尖閣諸島とは違い、何がなんでも守らなければならない要です。


そこを一気に侵略される可能性もあるのですよ。

もっとも、それを言い訳にして尖閣諸島を差し出すなど愚の骨頂ですが。


日本の政治家にはもっとプレッシャーをかけましょう。



今までは自分で探すように言っていましたが、情報収集場所を挙げておきますから各自情報を得てください。

偏向報道の餌食になっている方がいるのは見るに堪えません。

ただし、右翼が良いかは別ですからそれは心に留めておきましょう。


以下は日本語の情報に限定しますから理解しやすいと思います。

なお、情報をいち早く入手したいのなら、トランプ大統領のツイッターが情報源としては一番優れています。


『ユーチューブチャンネル』

・大紀元 エポックタイムズ・ジャパン
https://www.youtube.com/c/%E5%A4%A7%E7%B4%80%E5%85%83%E6%97%A5%E6%9C%AC/videos

・香港大紀元新唐人共同ニュース
https://www.youtube.com/channel/UCnuW-LEtVNQcrhfFMdJwLNg/videos
特に、『再生リスト内のチャンネルからのオススメ』にある『the specter of communism:悪魔が世界を統治している』は見てください。共産主義がよく分かります。

・NTDTVJP
https://www.youtube.com/c/NTDTVJP/videos

・我那覇雅子チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCYNZu_NQIm2-PzMyHg55OQ/videos
現地に赴いている本物のジャーナリストです。日本のテレビでしたり顔の識者など比ぶべくもありません。

・Harano Times Official Channel
https://www.youtube.com/channel/UC6uzoOQ3Pitm5uhbdig8GYA/videos

・張陽チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCMeULnWVsuBMo2MpEZs7AHw/videos

・及川幸久 THE WISDOM CHANNEL
https://www.youtube.com/channel/UC2ZOs7TIgeV6WNg_2wLZPFg/videos

・鳴霞の「月刊中国」YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCMlrVxS7xTrXaP9MzF6jAmQ/videos


多いかもしれませんが、速度を2倍にして見れば時間短縮できます。

通信データ容量が気になるのなら画質を落としましょう。
スマホなら140pか240pでも十分です。

最近のスマホ契約は、データ容量消費後でも最大1Mbpsまで通信できるものが増えてきました。
これだけあれば、昼や夕などの混雑時を除けば240pでも視聴は十分可能です。


『インターネットサイト』

・大紀元時報
https://www.epochtimes.jp/p/index.html

・NTD Japan

https://www.ntdtv.jp/

・Total News World
http://totalnewsjp.com/

・BonaFidr
https://bonafidr.com/

・In Deep
https://indeep.jp/

・カレイドスコープ

https://kaleido11.blog.fc2.com/

・『トカナ』内のジェームズ斎藤氏の記事

https://tocana.jp/tag/%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%ba%e6%96%89%e8%97%a4
トカナというサイトはオカルトサイトなのですが、このジェームズ斎藤という方は私のコーチング師匠の一人でもある苫米地英人氏と行動を共にしている方ですから、一定の信頼を置けます。



他にも色々とありますが、あまり挙げると嫌になるかもしれませんからこれくらいにしておきます。


自分から情報を探さないと絶対に得られません。

新聞やテレビ、それに類するインターネットニュースサイトは全て極左、つまり共産主義の走狗です。


これらは情報統制していますから、流れてくる情報を得るだけでは洗脳されるだけなのです。

共産主義の怖さは中国や旧ソ連を参考にしましょう。


もっとも、AIが管理するとなると、人間のような情はありませんから徹底的にやられます。

中国や旧ソ連の蛮行など目ではありません。


そんな世界にしたくなかったら、一人ひとりが行動しましょう。


民衆が変わらなければ支配者はつけ上げるだけです。


しかし、支配者と言っても所詮人間ですから、民衆が一致団結すればあっという間に駆逐できます。

中学生が束になれば勝てる程度なのです。


それに気づけば簡単です。

皆で行動していきましょう。


民が変わらなければ国は変わりませんよ。



追記
ユーチューブチャンネルの『NTDTVJP』が、二週間ユーチューブへの投稿が禁止になったようです。

今ままで投稿した動画はまだありますから、今のうちに情報収集をしましょう。

プロフィール

Sage

コーチでありヒーラー

『どうすれば自分を変えていけるか』という話を分かりやすくしています

小学6年生なら分かる内容ですから、自分を変えたいのなら学びましょう

方法さえ分かれば、誰であろうと変わることはできます

なお、コーチングやヒーリングの依頼、学習はこちらから

生まれ変わるために

癒し処
※ヒーリングに必要な知識だけをまとめました