反抗期という言葉

反抗期というものがありますよね。

幼児期と思春期にあるもののことです。


この反抗期、人格の成長や自立のためにあるのですが、分かりやすく言うと、自分で考えているのです。


自分で色々と考えているのです。

家族のことだけでなく、社会のことや世界のことなどもです。


とても意味のあることだと思います。



僕は、小さい頃から自分で考えている子や、親が子どものすることを受容していると、反抗期が少ない、あるいはないように感じました。

あくまで僕の考えですが。


人格の形成や、自立に必要な反抗期、つまり自分で色々と考えることを日頃から行っているのですから、当たり前かもしれません。


「子どもが反抗期でどう扱ったらいいか分からない」と言う大人がいますが、自分の思う通りに扱おうという意識があるからそうなるのです。


子どもも一人の人間ですよ。



今まで、子どもに対して自分の意見を押し付けていませんでしたか?

だから「反抗期」なんていう名前がついているのです。


誰に対しての「反抗」でしょうね。


この名前のつけ方は大人の視点ですよね。

子どもは大人の言うことを聞けばいいと思っているのだと思います。



では、「どうすればいいの?」と言うかもしれませんが、人と人が分かり合うためには何が必要だと思いますか?


分かりやすいのが対話です。


無理に話す必要はありませんが、もっと話をしましょう。

その時も大人の思い通りにしようなんて考えを持たないことです。


「この子は何があっても大丈夫」という意識を持って話をするのです。


相手のことを認めてあげましょう。


認めるということは大切なことですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR