同じ名前でも違います

ボクは筋肉を作る際には、たんぱく質を取るように言っています。

身体の原料になるアミノ酸が必要だからです。


ですが、ここでは、添加物表記にある「調味料(アミノ酸等)」についてお話します。



調味料(アミノ酸等)


この名前だけを聞けば、健康そうなイメージですよね。

うま味調味料などども言われています。


しかし、これはれっきとした”化学調味料”です。

イメージアップのために名前が変わっているにすぎません。



作り方は、廃蜜糖という、砂糖を抽出した”残りカス”に、微生物を加え、生成したグルタミン酸を水酸化ナトリウムと反応させて作ります。

名前は、グルタミン酸ナトリウムといいます。


「微生物から作るから、自然なのでは?」と思うかもしれませんが、人工的にムリヤリ作り出しているので違います。

さらに、以前は石油を使って作っていました。


この調味料、海外では健康被害のため、評判がよろしくありません。

日本では大うけですが。



大手メーカーだから安心という意識がありますが、それは違います。

本当に、消費者のことを考えているなら、化学調味料を使ったり、CMで購買意欲を煽ることなどしません。


自分の身体のことを考えるなら、「CMで流れているものは買わない」ということから始めてみてはいかがでしょうか?

メーカーも売れないと分かったら、売るのを止めるはずです。


自分の身体のことは他人まかせにせず、自分で何とかするしかないのです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的、仏教的、哲学的な観点から自分を変えていく話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために