薬で出来ているわけではない

食品添加物を取り上げていますが、その量についても見てみます。

食品添加物一日摂取量総点検調査報告書
http://www.ffcr.or.jp/Zaidan/mhwinfo.nsf/0/ce7101d177b43f05492569df000ba6e6?OpenDocument

計算してみると、20~64歳までの人で、一日あたり21gを超えています。年間約7.6kgです。また、1~6歳の子どもでは、約12g摂取しています。年間約4.3kgです。

この数字、自然界にある添加物も含んでいる数字です。自然界にない添加物では、2.1g程度になります。子どもは1.4g程度です。

ですが、自然界にある物質でも合成して作りだしているので、その精製度や濃度は自然界のものとは異なります。


健康な人でも、毎日この量の薬を飲んでいるとしたらどうでしょうか?(錠剤一粒あたり、0.2~0.5g程度)

余談ですが、化学調味料、たん白加水分解物等の一日の摂取量は6gを超えるそうです。

日本では、アレルギーなどが海外に比べると多いのですが、このあたりが関係しているという記事もあるくらいです。

あなたは、どう思いますか?


上にある数字は、あくまで食に無頓着な人が食べているであろう添加物の量です。普段から自炊している人は、もっと少ないですから安心してください。


この数字を見て、「多い少ない」と思うのは個人の自由です。「国が安全基準を定めているのだから大丈夫」と思うのも自由です。

しかし、思い出してほしいことは、ボクたちの身体は”薬で出来ているわけではない”ということです。

他の生物を糧にして生きているのです。

それを覚えておいてください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために