毎日飲むものではない

突然ですが、あなたは毎日牛乳を飲みますか?


スーパーに行くと、数多くの牛乳が売られていますが、ボクは乳製品はオススメできません。


嗜好品程度ならいいのですが、毎日飲むようなものではないからです。



牛乳と聞くと、まずはカルシウムが豊富と言われていることでしょうか。


骨粗鬆症の予防のために飲んでいる方もいるようですが、牛乳では逆効果です。



牛乳にはリンが多量に含まれています。

そのリンが、骨のカルシウムを溶かして結合し、リン酸カルシウムとして体外へ排出されてしまうのです。


つまり、「カルシウムのため」と思って飲んだ牛乳やヨーグルトが、逆に骨を弱くしてしまうのです。


ちなにみ、酪農が盛んであるアメリカやスウェーデンなどでは骨粗鬆症が多いです。

毎日、牛乳を飲んでいるためでしょう。



カルシウムを取りたいのなら、小魚や桜えび、ひじきなどの海藻類があります。


昔の日本では、これらを食べていたため骨粗鬆症などなかったのです。



また、牛乳を飲むとお腹を壊す方もいると思いますが、これは正しい反応なのです。


牛乳の糖分は、ラクターゼという専用の酵素がないと分解することができません。


そして、この酵素は子どものうちは多いのですが、大人になると量が減少してしまいます。


つまり、酵素がなく牛乳が分解できないため、消化不良を起こしてしまうのです。


これでは、「腸をキレイに」と飲んだ牛乳やヨーグルトのせいで、逆に腸内環境を破壊してしまいます。



また、「乳製品を多く摂取している方ほど胃腸に問題が多い」と世界的に有名な胃腸内視鏡外科の先生も述べるほどです。



さらに、問題を挙げるとすればアレルギーになってしまうことでしょう。


妊婦が牛乳を飲んでいると、子どもにアトピーが出やすくなるという研究結果もあるくらいです。



このようなデータがあるにもかかわらず、乳製品の広告が未だにあるのは何故でしょうね?


電車内にも広告があるので、テレビのCMでも流れているのではないでしょうか?


ボクはテレビを持っていないので確認は取れませんが、容易に想像はできます。


企業や政府は消費者の健康のことなど考えていません。

自分達が儲かればそれでいいのです。


騙されないようにしましょう。



そもそも、牛”乳”ですよ?

乳は生まれたばかりの子が飲むものであって、大人が飲むものではありません。


しかも、ヒト用ではなく牛用なのです。

ヒトに合うはずありません。



こんなことを言うと酪農家の方に色々言われそうですが、牛乳やヨーグルトは飲まない方がいいです。

乳製品は嗜好品程度に抑え、毎日の摂取はやめましょう。



もし、毎日のように乳製品を摂取している方で、胃腸に何か問題を抱えている方がいましたら、一切乳製品を摂取しないでみてください。


症状が改善されるはずですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために