勿体ないと思いませんか?

「食事の回数や量は減らしていい」とお話しましたが、激しい運動をしている方はこの限りではありません。


身体の損傷や消費するカロリーが大きいからです。


運動系の部活をしているお子さんがいる家庭では、子どもの反応を見ながら食事を変動させてあげてください。


それでも、お腹いっぱいまで食べることがいいとは思いませんが。



お腹いっぱいまで食べてしまうと、それだけ胃腸に負担がかかります。

それを毎日のように繰り返していたら、胃腸が疲れてしまいます。


身体を修復するために食べたものが、胃腸の修復に使われてしまうのです。



また、胃腸に血液が集中するため、脳にまわる血液が少なくなり眠くなってしまいます。


これから「勉強を頑張ろう」「仕事を頑張ろう」という方には少し問題ではないでしょうか?


ですから、ほどほどにしてください。



毎日大量に食事を続けていると、身体はすべてを吸収しようとはしなくなります。

必要外のものはすべて排除してしまいます。



勿体ないと思いませんか?



「残すのは勿体ない」というのは聞いても、「食べ過ぎるのは勿体ない」とは聞きませんよね。


ここでも日本人の「勿体ない」という精神を発揮するときではないのでしょうか。


食事量が減ると、身体はそれに適応してくれます。

少ない食事の中から多くの栄養を吸収しようとしてくれます。


毎日のようにお腹いっぱいまで食べなくても生きていけるのです。

まずは腹8分目から始めてみてはいかがでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中嶌星児(なかじませいじ)

Author:中嶌星児(なかじませいじ)
気コーチ(コーチ&気功師)
パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング認定コーチ
PX2ファシリテーター

コーチング専門分野『健康』

このブログの趣旨は、認知科学に基づくコーチングを私なりに分かりやすくして、『自身のゴール(夢)へ向かう方を増やすこと』です。

また、コーチング以外にも人生をより良くしていく知識と知恵を説いています。


まずは、右のカテゴリにある『はじめに』を読んでください。

そうすればブログの活用法が分かります。


このブログは体感重視の内容ですから、毎日実践していくことで効果が表れます。

ヒトは体感して、”真に理解できるようになる”からです。


変わる方法はいくらでもありますが、変わっていくのはあなた自身です。

あなた自身が実践していかなければ、変わりようがないのです。


ですから、まずは自分で実践してみてください。


そして、それ以上を求める方、圧倒的な効率がほしい方は、私が導きます。

早く元気になってゴールへ向かいたいという方は、以下より連絡をお願いします。

SNCoaching
https://sncoaching.net

◇心を配る余裕ができた方はクリックお願いします◇

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR