選ぶ基準を設けよう

心理的な盲点(スコトーマ)によって見えていなかったものが見えたとき、いくつも選択肢が生まれます。


このとき「元々見えていた選択肢も含めて選ぶ」とお話しましたが、思い込みが強い方は新たに生まれた選択肢を選ぶ可能性は低いです。


なぜなら思い込みとは、自身が今まで培ってきた考え方や行動により生まれたものだからです。

自我と言った方が分かりやすいでしょうか。


なお、洗脳の場合もありますがそれは置いておきましょう。



これでは「盲点が見えても意味が無いのでは?」と思うかもしれませんね。


しかし、盲点部分が見えることにより選択の幅が広がりますし、その分ストレスも減るので意味がないことはありません。



本来、選択をする際には基準が必要です。

上記の場合は、今までの考え方が基準になっているのです。


なら、新しい基準を設ければ、違う選択をすることができますよね。


そして、この選択をする際に欠かせないものが”夢”なのです。



基準を”夢”に置いておくことにより、それに合った選択をすることができるのです。


夢と言っても、会社の夢、家族の夢、個人の夢など色々あります。

やりたいことや目標、方針、指針と言ってもいいです。


その夢を基準にして、いくつもある選択肢の中から選ぶのです。



そうすると、ぶれる事がなくなります。

あれもこれもと迷うこともなくなります。


思い込みによって、盲点になっていた選択が見つかったら、夢と比較して、一番夢に近づく選択をするのです。



もう一度言いますが、基準は”夢”になります。

もし「夢が分からない」「目標が分からない」という方は自分が好きなことから考えてみましょう。


夢を考えることは大切なことですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために