子どもは写し鏡

子どもの場合、ゴール(夢や目標)設定をしてそのイメージを膨らませてあげれば、勝手にゴールに向かい前進します。


「臨場感を持たせる」とか「ありありとイメージさせる」と言えば分かりやすいでしょうか。


年齢にもよりますが、大人と同じように頭が凝り固まっていなければその傾向は強いです。



「大人と同じような考えの子どもはムリなのか」というとそんなことはありません。


ただ、始めるまでに時間がかかるだけです。


いきなりこのブログを読んで、「夢」とか「信じる」とか言われても胡散臭いと感じる方がいるのと同じです。


子どももそのように感じてしまい、始めるまでに時間がかかるのです。


それも人によりますけどね。



科学的に説明しても、結局は体感しないことには分かったことになりません。


科学は、元々あるものを後付で説明しているにすぎません。


実践するしかないのです。


特に「子どもに良いから」と思っている親御さんがいたら、まずは自分が実践してください。


それができていないと子どもに伝わりません。



子どもは身近な大人を手本とします。

身近な大人といえば親ですよね。


もし「子どもに問題がある」と思っている親御さんがいたら、「自分に問題がある」と思ってください。


必ず原因があります。

それが見えていないだけなのです。


スコトーマ(心理的な盲点)ですね。



親が毎日イキイキと過ごしていたら、子どももイキイキします。

親が毎日愚痴を言っていたら、子どもも愚痴を言います。


自分の写し鏡と思ってください。

それが親の影響力です。


そして、その影響力を認識してください。


それを無視してまだ子どもに命令するようならどうしましょうか?



自己責任と言ってしまえばそれで終わりですね。

自業自得という言葉に置き換えることもできます。


自分が嫌われるだけです。

子どもから笑顔を奪うだけです。


それを受け止められるなら今のままでもいいと思います。


ただ、このような頭の働きも知らず「教育とはこういうものだ」と思い込んでいる方もいるので、一概にその親御さんが悪いとは言えません。


少なくともこのブログを読んでいる方には、このような問題はないと思っています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために