見守ってあげよう

「信じてあげましょう」とお話しましたが極論言ってしまうと、これさえ出来ていれば後はそれほど気にする必要は無いと思います。



信じると言っていますが、子どもがすることをすべて認めてあげるのです。


「アレをやりなさい」「コレをやりなさい」「アレはだめだ」などと言わずにです。


子どもが興味を持ったことを止めさせず、興味の赴くまま好きにさせるのです。


「お受験が…」「進学が…」などと考えず、本人の好きなようにさせるのです。



これらはすべて、子どもを信じている故の行動です。


「干渉などせずとも自分でやりたいことを見つけて成長していける」と”本気”で思っているのです。


実際、そのように育ってきた子どもの方が人生に対する満足度が高いことが報告されています。


あなたは過干渉になっていませんか?



この干渉ですが、度が過ぎると相手を思っているのではなく、”自分が安心したいが為”にその行動をしていることになります。


「(自分が安心したいから)止めさせよう」

「(自分が安心したいから)勉強させよう」

「(自分が安心したいから)やらせよう」

というように言葉が隠れているのです。


「そんなことはない!」と盛大に反発する方がいますが、それは、この言葉によって自分のコンフォートゾーンが荒らされているからです。


以前お話しましたよね?


コンフォートゾーンとは、物理的にも心理的にも安心できる領域のことです。


”自分”というコンフォートゾーンから外れてしまうと自分でなくなってしなうので、何が何でも元に戻そうとしているのです。


もちろん無意識の働きですが、変えることは出来ます。

今回は割愛しますが、ヒントは”ゴール”です。



「子どもを信じている」と”本気”で思っているなら余計な干渉は止めましょう。


本人のやりたいようにやらせるのです。


間違っても”放置”はしないでください。

それは無関心と同じです。


見守ってあげましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために