自己評価を上げるには

自己評価を上げる方法はいくつもあります。


教育に応用出来るものですと、

”ゴールを設定し、その臨場感を高める”

”行動するごとに褒める”

”ポジティブな言葉を使う”

が取り入れ易いでしょう。


これは子どもに対して行う場合でも、自分に対して行う場合でも効果があります。


そもそも、”自己”評価ですから自分で”意識”して評価すればいいのです。


本来はこちらが主な使い方になります。


子どもへの働きかけは上記を参考にすればいいでしょう。



「臨場感を高める」と言っていますが、これは”自分がそのゴールを行っているように”鮮明なイメージをすることです。


個人の場合は、アファメーションを読むことをオススメしています。


子どもには、ゴールのイメージを膨らませる会話をすればいいのです。


難しく考えなくても、そのゴールをしている自分を思い浮かべてもらったり、「君はすごい○○になれる」など、今子どもが持っているイメージを刺激してあげればいいのです。


現状のイメージより膨らませてあげましょう。

そして、「それは出来るんだ!」と思わせてあげましょう。



「褒めること」はそのままの意味です。

ただ、すべてに対して褒めるのではありません。


”行動”に対して褒めるのです。

そうでないと、「何もしなくても褒めてもらえる」と勘違いしてしまいます。


また、人を傷つけたり、万引きをした場合なども褒めることになってしまいます。


その場合、「君らしくない」と言ってあげましょう。

必要なら説明もです。



「ポジティブな言葉」についてですが、これは一日で使う言葉を”ポジティブより”にすればいいです。


何でもかんでもポジティブにする必要はありません。


慣れない方がムリに使おうとすると、逆にストレスが溜まってしまいますから。


少なくとも、子どもがいる前ではポジティブな言葉を使うように心がけてください。


子どもは大人を見て成長していきますから、ポジティブな言葉を使っていれば自然と使うようになります。


参考までに、以前お話した”言葉の力”を試した実験も載せておきます。


実験結果
http://seijinakajima.blog.fc2.com/blog-entry-230.html



以上のことを心がけていけば変わっていけます。

子どもも変わります。


「こんなことでいいんだ」と思う方もいますが、それが出来ていないのが現状です。


是非実践していってください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために