治る為に何でも使った結果(病気編)

参考になればいいのですが、もし私が病気になった場合、治るためにどうするかをお話しましょう。


例えば風邪を引いた場合のお話をします。



私は、熱が40度を超えたり、痛みが酷すぎて休めないようなら別ですが、”薬は基本的に使用しません”。


”食事もせず”に水分とミネラル、ビタミンを補給して安静にしています。


身体が回復してくると、自然と食欲も湧いてきます。

心配する必要はありません。


食欲が無いのは、”身体が治そうと”頑張っているのです。


そこに食事を入れてしまうと、逆に身体に負荷をかけることになってしまいます。


ですから、ムリに食べることはしません。



汗が出ている時や暑い時は、身体が楽になるように冷やしたりもします。


ムリに汗をかこうともしません。



私のスタンスは、”身体が楽になるように”することです。


「アレがいい」「コレがいい」と聞いてそれに頼ることもしません。


自分の身体の反応に耳を傾けるのです。



そして、”自分が治ってやりたいことをやっているイメージ”もします。


気功も行いますが、それは置いておきましょう。


起きている間は、身体の反応に耳を傾け、自分の身体に感謝し、上記のイメージをし続けます。


寝てしまうまで続けるのです。



感謝とありますが、熱が出たり、だるかったりするのは、”自分の身体が治ろうと”している為に起こっている反応なのです。


ですから、それに感謝するのです。

「治ってくれてありがとう!」

「さすが私!」

「すぐ良くなる!」

と心の中で言うのです。


この治ろうとする反応に文句を言うことは、”治ろうとすること自体”を否定することに繋がります。


自分で自分を否定してしまっては治るものも治りません。


それでも身体は治ろうとしますが、治る速度も遅くなります。


ですから、「肯定する」「褒める」「感謝する」ということを行うのです。


これは、私がコーチングでお話している”自分を褒める”という行為ですよね。


試した方でないと効果は分からないと思いますが。



ここ一年以上風邪を引いていないのですが、上記のことをして休んだら一日で治りました。


多少の症状は出ましたが、熱も下がりましたし、だるさもありませんでした。



治る為に自分の持っているものを何でも使った結果がこれです。


「治るには時間がかかる」と誰が決めたのでしょうか?


治るのは自分自身です。

そんなもの自分で決めればいいのです。


自分の身体を信じましょう。

限界を決める必要はありませんよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために