望む自分は作ることが出来る

なぜ無意識にゴールをインプットするのかを説明しておきましょう。


ゴールを無意識にインプットする作業ですが、これを行うことにより新しい自我を作っているのです。



ヒトは”イメージと感情”を合わせた記憶の積み重ねにより自我を形成しています。


また、ヒトの脳は過去だろうと未来だろうと”記憶は記憶”と認識することが出来ます。


つまり、未来の記憶(ゴール)を脳に刷り込んでしまえばそれを元に新しい自我の形成が可能となるのです。


「過去の積み重ねが今の自分を作っている」という方はこの脳の機能を知らないだけです。



尤も、過去の記憶や、目で見て手で触っている物理世界より強力に「未来の自分が本当の自分だ」と思わなければいけませんから、毎日何度も繰り返す必要はあります。


そうして自我が変わると、コンフォートゾーンが逆向きになりますから、今までの環境が居心地悪くなるのです。


また、現在とゴールのコンフォートゾーンが離れていると働く力もそれに比例して大きくなります。


輪ゴムを引っ張り合うと戻るときの力が大きくなるのと同じです。


ですから、ゴールは大きい方がいいのです。



天井に夢を貼り付けるくらいなら、アファメーションを貼り付けましょう。


寝る前と寝起きは大抵の人はリラックスしていますから効果的です。



無意識の力は強力です。


ゴールに合った自我になろうとしても、それを阻止しようと働きます。


現在のコンフォートゾーンから出たくないからですね。


ですから、意識的に毎日アファメーションを唱えましょう。

ゴールのイメージをし、そのときの感情を感じましょう。


望む自分は作ることが出来るのです。

いつの間にか変わっている自分に驚くと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために