勘違いしないように

先日、「実際の薬よりもプラシーボ効果の方が強力」とお話しましたが、これには理由があります。



内科の初診時における誤診率は7割以上だからです。


7割誤診ということは、7割の薬が正しく処方されていないということです。


また、正しく処方されても薬自体が効かない場合もあります。


現在の医学レベルだと病気に効く薬は半分もないそうです。


ですが、かなりの方が薬を飲んで治っています。

つまり、ほとんどプラシーボ効果で治っているのです。



プラシーボ効果は医学的にも証明されています。


製薬会社も薬自体の効果を証明する為に、プラシーボ効果を消そうと躍起になっています。



それほどの力を私たちは持っているのです。

これを有効に使って治ればいいのです。



患者にしてみれば「治ればいい」訳ですから、薬で治ろうとプラシーボ効果で治ろうと、どちらでもいいと思います。


いつまでも薬を飲み続ける訳ではありませんから、薬を飲みたくなければ早く治ってしまえばいいのです。



プラシーボ効果を有効に使う為には”信頼できる”医者を探すことです。


基本的には掛かりつけの医者でいいと思います。

今までのデータが蓄積されているからです。


初診の医者より信頼出来るでしょう。

尤も、薬ばかり処方する医者はどうかと思いますが。



肝心なことですが、本人が「治りたい!」と思っていない限り、病気が早く治ることはありません。


すぐに治るのも、いつまでも治らないのも”本人次第”なのです。



医者が治してくれるのではありません。

”自分で”治るのです。


勘違いしないようにしましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために