誰にでも出来る

昨日は「言葉によってある纏まった考えが出来上がる」とお話しましたが、これが分かりにくければ、言葉によって”思い込み”が出来上がると考えてください。


無意識レベルでの”思い込み”です。

自分でそのように思い込んでいるのです。



「病弱」「薬が手放せない」と無意識で思い込んでいると、そこがコンフォートゾーン(心理的にもリラックスできる領域)になります。


その為、そこから離れられないし、薬を手放そうとしても、無意識が「手放せない」と思い込んでいるので不調になってしまうのです。


また元の生活に戻るように無意識が働きかけるのです。



ですから、”行動の前に”まず無意識を書き換える必要があります。


尤も、同時にでも構いませんが。



無意識を書き換えれば勝手に行動してしまうものですが、少しずつ行動していけばいいのです。


それがゴールへ向かう行動になるからです。



「行動しても続かない」という方は無意識が書き換わっていません。


その場合、毎日言葉を変えたりアファメーションを唱えたりして無意識を書き換えましょう。



「言葉を変えるだけで変わる」と言われてもピンと来ない方は、ただ”体感”していないだけなのです。


腑に落ちると言えばいいでしょうか。


ヒトはどんなに説明されても自分で体感しないことには理解出来ません。


自分で実践し、体感しましょう。



「出来ない」と”思い込んで”いると本当に出来ません。


誰にでもある機能なのです。


誰にでも出来ますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために