他人のためにもなるゴールを

何があろうとゴール見ようとお話しましたが、ゴールが近づくとゴールに対する意欲は低下していきます。


引っ張り合ったゴムをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。


ゴムは伸びたほうが”引っ張る力”は強いですよね。


ゴールが現在地から離れていれば、それだけゴムは伸びますが、近ければそれほど伸びません。


そして、ゴールが近づいてくると、ゴムと同じようにゴールへ引っ張る力が弱くなるのです。



そうならないために、”新しいゴール”を設定する必要があります。


尤も、もの凄く大きなゴールを設定した場合は心配ないとは思いますが。


この場合、ゴールを達成するために必要な条件を”小ゴール”として、アファメーションを更新していけばいいからです。



もし、ゴールへの意欲が低下しているという方は、一度ゴールを見直すか、アファメーションを見直してみてください。


「ゴールが達成できそう」と思ったら、次のゴールを設定するくらいで構いません。


また、今までゴールだと思ったものが実は違ったということもありますから、見直すことは必要でしょう。



自分のやりたいことをゴールに設定すればいいのですが、もし「何をゴールにすればいいか分からない」という方は、”他人のためになるゴール”を設定してみてください。


家族でも、友人でも構いません。

他人のためになるゴールを設定してみましょう。



ヒトは自分だけで生きているのではありません。

他人との関係性を持って生きているのです。


自分だけが幸せになるゴールのみでは本当に幸せになることはできません。


自分だけでなく、他人のためにもなるゴールを作ってみてください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために