他人のイメージを取り入れましょう

他人のためにもなるゴールを作ろうとお話しましたが、すでにゴールを作っている方は、間接的に他人のためになるゴールを作っています。


例えば、仕事で売り上げを上げたいというゴールでも、会社だったり、部署だったりと貢献できます。


部活で全国一位になるというゴールでも、後輩のモチベーションアップや、地域の活性化にも繋がります。


ようは考え方の問題ですね。



アファメーションを作る際、自分だけではなく、他人もイメージとして取り入れてしまえばいいのです。


その中で、自分はどのように感じているのかを表現すればいいのです。



また、”いくつもある”ゴールすべてに適応する必要はありません。


”趣味””勉強”などの分野は基本的に自分のためのものですからね。



他人のためというと自己犠牲を思い浮かべる方もいますが、自分を犠牲にしても誰も喜びません。


他人が幸せになれるなら「自分はいいや」くらいに思えればいいのです。


どちらかといえば、譲り合いの精神ですね。

他人を思いやる精神です。


それを”他人のため”と言っているのです。



本当なら、社会貢献やボランティアなどの分野を作り新しくゴールを作ってしまえばいいのですが、まずは今あるアファメーションに他人のイメージを取り入れてみましょう。


「幸せになりたい!」と思っている方ほど実践してください。


幸せは思っているよりも簡単に手に入りますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために