圧倒的な信頼を築こう

以前、子どもと対話をしようとお話しました。

それを実践している方もいることでしょう。


子どもとコミュニケーションをとる事は良いことです。

ですが、「友達感覚で」という場合いただけません。



何でも話せて良いように感じるかもしれませんが、子どもの教育を考えるとデメリットが大きいのです。


友達感覚というと、子どもと親の関係は”対等”になってしまいます。


これでは”尊敬の対象”にならないのです。



親は子どもにとって、「どんな時でも自分の味方」という”圧倒的な信頼感”を持つ存在でなければいけません。


そうでないと、心の拠り所がなくなってしまうのです。

子どもの精神の安定に良くないのです。



子どもが成長するにつれて、社会の理不尽と戦っていくことになります。


自分を否定されて落ち込むこともあるでしょう。



そんな時、自分の味方がいてくれたらどんなに助かるでしょうか?


子どもが「ここには私の味方がいる」と思えるなら、励まさなくても勝手に元気になっていきます。



それどころか、否定されても「それがどうしたの?」と思えるようになります。


自分には圧倒的に安心出来る親、圧倒的な味方がいるのですから当然です。



関係性が対等では、この圧倒的な信頼は築けません。


”圧倒的な”信頼を築くためにも”強い親””頼りになる親”を目指しましょう。


子どもに尊敬される行動を見せてあげてください。


子どもの心の安定のためですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために