尊敬される人物を目指そう

圧倒的な信頼を築く為に子どもから尊敬される行動を取ろうとお話しました。


まずお聞きしますが、あなたが相手を尊敬する時はどんな時でしょうか?



自分より知識がある時でしょうか?


世間的に賞賛される行動を取っている時でしょうか?



人によって尊敬の対象は違うと思いますが、約束を破ったり、嘘をついたりする方を尊敬しようとは思わないでしょう。


「尊敬する行動」では数が多すぎるので「尊敬出来ない行動を取らない」とした方がいいかもしれませんね。



子どもの前で喧嘩をしたり、健康に気をつけろと言いつつお酒やタバコをしたりする方を尊敬は出来ないでしょう。


約束を破ったり、平気で嘘をついたり、強制ばかりする方を尊敬しろという方がムリな話です。


上記を気をつけていれば、子どもが親の行動を見てその矛盾に混乱することはないと思います。



欲を言うなら、子どもより知識があり、心身共に強い人になってください。


そのような親が味方なら子どもは心強いはずです。



いきなり上記のような人物になることは難しいと思いますが、目指していくことは出来ますよね?


子どもの前では尊敬される人物を目指してください。


子どもをまっすぐに育てたいなら可能なはずです。



自分の希望を子どもに押し付け、自分は変わろうとしない親は尊敬の対象にはなりません。


子どもを変えたいなら、ご自身が変わってください。


このブログに辿り着いた方なら可能なはずですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために