考え方を変えましょう

自分のイメージを患者にインプットする作業ですが、これは繰り返し行ってください。


同じイメージでも、違うイメージでも構いません。


患者の前では、たとえ話中だろうとイメージを続けてください。


慣れてくれば出来るようになります。



また、身体が治っていくイメージを持ちたいのなら解剖学がオススメです。


身体の構造が分かっていないとイメージ出来ない為です。


インターネットで画像を探せばたくさん見つかるので参考にしてください。



また、医学を学んでいくと「回復するまでにこれくらいの期間はかかる」と分かるようになるかもしれませんが、この思い込みは”捨てて”ください。


必要なのは”身体が回復していく為のイメージ”であって、医学における常識ではありません。


そこは勘違いしないでください。



イメージすることは普段から行っている為、何となくしているという方もいるでしょう。


ですが、これは技術です。


集中して行った方が錬度は上がっていきます。


イメージが技術だと言ってもピンと来ない方は瞑想と言えば分かりやすいでしょう。



日頃から行っている方の方が効果は高いですが、続けていけばインプット出来ます。


心配せずに行ってください。



ただ、看病する側も疲れるので、自身も楽出来るように休むところは休んでください。


自身の疲れが伝わってしまっては意味がありませんから。



出来ることなら看病を楽しめるくらいになりましょう。


それくらいが丁度良いです。


患者も自分も休憩する時間が出来たと思えばストレスも少なくなります。


考え方を変えて余計なストレスをなくしましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために