次はここまで

現状のコンフォートゾーン(無意識が心地良いと感じる領域)から外れた場所をゴールとして設定しようとお話しました。


これをしないと、いつまでも現状のゾーン内にいることになります。



ヒトはコンフォートゾーンから外れた行動を取ると、ゾーン内に戻ろうとする特性があります。


慣れた場所から全く知らない場所へ行くと居心地が悪くなり、慣れた場所へ戻ろうとするのです。


無意識がそのように認識してしまうのです。



ですが、ゾーンから外れた行動でもそれを毎日繰り返しそのゾーンから外れた行動が当たり前になれば、それは新しいコンフォートゾーンになるのです。



既存のゾーンから外れた行動を取ることは簡単です。


ですが、そのままだと無意識が元に戻してしまいます。


毎日継続的に、ゾーンから外れた行動を無意識へ刷り込む必要があるのです。


その為の技術がアファメーションなのです。



新しくゾーンが出来てしまえばそのゾーンが基準となります。


つまり、今までのゾーンでは居心地が悪くなるのです。


そうすると、無意識が勝手に新しいゾーンへと戻ろうとしてくれます。



無意識へ新しいゾーン(新しいゴール)を刷り込むまでにある程度の時間はかかりますが、これからの人生に必要な変革期だと思えば短いでしょう。


他にも自身を変える方法はありますが置いておきます。



さて昨日の続きですが、30個以上やりたいことが書けたでしょうか?


次に行うことは、もう一度その書いたものを見直してみることです。



それも、イメージを膨らませ、あたかも自分が行っているかのようにイメージするのです。


そして、「まだやりたいものには○」「イマイチというものには×」をつけていってください。


そして、○がついているものをゴールとしてください。



ここまでにしておきましょうか。



なお、イメージを膨らませる際緊張しているとイメージが出来ませんから、深呼吸をしてリラックスしてから行ってください。


目を閉じて3分程ゆっくり深呼吸をすればリラックス出来ますよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために