親の行動をよく見ています

先日のようなことを言うと、コーチングを多少かじったことがある方は「否定は良くないのでは?」と思うのですが、意味を勘違いをしています。



ゴールを否定することがドリームキラーに繋がるのです。


そもそも、ゴールは”自分自身”のものです。


つまり、「子どもを一流大学に入れたい」というような「他人に何かをさせたい」というものはゴールにならないのです。



子どもを一流大学に入れて、ママ友からチヤホヤされたいのですか?


自分を良く見せるために他人を使うのは止めましょう。


それは他人を道具として扱っているだけです。



自分の子どもですよ?


子どもがイキイキと生きているだけで幸せではありませんか。


なぜ自ら子どもの笑顔を奪おうとするのですか?



子どもの将来は子どもが決めるのです。

大人が決めるものではありません。



もちろん、小学生のうちから将来を決められる子は少数ですから、手助けすることは必要でしょう。


ですが、手助けするために強制しては意味がありません。



勉強は自発的にするものです。


この辺りは、教え方や興味の持たせ方によるのですが、学校に行って宿題をやっていればいいと思っている方には難しいでしょう。



勉強好きにさせたかったら、興味を持たせることです。


彼方此方に行って自然と触れ合ったり、博物館や美術館に行くのもいいでしょう。



大人が読書好きだと子どもも本を読みます。


本を読ませたかったら、リビングでテレビを見るのではなく本を読みましょう。


大人が勉強好きだと子どもも好きになります。

まずはあなたが勉強してください。



子どもに勉強させたいという前にご自身も勉強してください。


子どもは親の行動をよく見ています。


勉強嫌いはあなたのせいかもしれませんよ?

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために