毎日行ってください

信頼が回復すると、どんなメリットがあるのか分からない方もいるので説明しておきます。


信頼という言葉より、”自分の味方”と言った方が分かりやすいかもしれません。



子どもにとっては、圧倒的に信頼できる味方がいるだけで”心が安定”するのです。


外で自分を否定されるようなことがあっても、家に帰れば自分を認めてくれる親がいるのです。



これほど心強いことはないでしょう。


子どもの居場所を作るためにも信頼関係を回復してください。



もし分からない方がいたら、あなたが最も尊敬している方から「あなたならできる!」と目の前で言われたらどう思うのかを考えてみてください。


元気が湧いてくるはずですよ。



さて、信頼の回復もいいですが、子どものエフィカシーを上げる方法を説明します。


ブログを読み返した熱心な方なら分かるでしょう。



それは、子どもを”褒める”ことです。


よく書籍などで書かれていることですが、褒めることはエフィカシーを上げることに繋がるのです。


エフィカシーとは自己評価のことです。


「私はこれだけのことができる人間だ!」というような評価ですね。


ゴールに対する自己評価とも言えます。



このエフィカシーが低いと「私にはできない」「どうせダメ」「何をやってもムリ」などと考えてしまい、意欲も元気もなくなってしまうのです。


無気力な状態ですから、毎日がつまらないと感じているはずです。


こんな状態では、ゴールを達成することは難しいでしょう。



ですから、エフィカシーを上げるためにも褒めるのです。


それも”行動に対して”褒めるのです。


なんでもかんでも褒めてしまっては、万引きしたときでも褒めることになってしまいますから。



どんなに小さなことでも褒めてあげましょう。


手伝いをしたでも、勉強ができたでもなんでもいいのです。



毎日繰り返してあげてください。


そうすれば、エフィカシーが上がってくるので自然と自信もついていきますし、意欲も湧いてきます。



子ども自身が、自分で自分を褒めればもっと早く効果が出るのですが、まずは親が褒めることです。



強制や命令、罵声を止めて、子どもを褒めましょう。


子どもを認めてあげましょう。


毎日続けていけば子どもも笑顔になります。


子どものためを想っているなら実践していってください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために