勉強ではなく学習を

新しい認識作りと受験勉強ですが、全く趣旨が違います。


受験勉強はただ覚えればいいだけなので誰にでもできます。

考える必要もありません。



ですが、新しい認識作りはコンフォートゾーンの拡大にも繋がりますし、IQも上がるのです。



IQは情報空間上のものをリアルに体感できる能力のことを言います。


例えば、小説家などは頭の中でストーリーを全て描き文章にしています。


想像上のことであるにも関わらず、頭の中のストーリーをリアルに感じること、操作することができるのです。


映画を見ている状態に似ていますね。

空想している状態と言えばいいでしょうか。



その操作できる数値がIQです。


IQが高い方は「頭の中の情報を色々と操ることができる」と思ってください。



ところで、情報を操るためには何が必要でしょうか?



例えば、医師が手術を行う場合はどのような情報が必要だと思いますか?


患者の状態もそうですが、人体の構造から免疫系、細菌やウイルス、薬や麻酔、手術に使う道具などの知識は最低限必要ですよね。


情報という材料がなければ操ることもできないからです。



つまり、IQを高めるためには絶対的に知識が必要です。


ですから、新しい認識を作っていくとIQも上がるのです。



おそらくですが、受験勉強だけをしている子は平均的なIQかそれより下の可能性が高いです。


なぜなら、勉強とは文字通り「学びを強いること」「ムリに力を出して学ぶこと」だからです。


「have to」ベースの学習なのです。

絶対的に効率が落ちます。



本来、学習とは「自ら学び習うこと」つまり「want to」ベースです。 


受験勉強だけでなく色々なことを学んでください。



学校に行かなくてもたくさん学べます。

むしろ行かない方が制限されないのでいいと思います。


学ぶことは楽しいことです。


もっと学習を楽しみましょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために