もっと自分を信じましょう

昨日の話に関連することですが、慢性的な病気の方は医者を妄信していることが多いです。


薬に頼りすぎているのです。



医者を信じるとプラシーボ効果が発生するため、治る確率がアップします。


これだけ聞けば良いことなのですが、自分で何も考えず医者に頼りっきりの方は治るものも治りません。


長期間医者に頼っている場合、薬漬けにされるからです。



特に、精神系の薬は必要ありません。

自分で薬が必要だと”思い込んでいるだけ”なのです。


長期間薬に曝されていると、副作用を抑えるためにさらに薬を処方されます。


また、身体が薬に対して抵抗を持つため、より強い薬や違う薬を処方されます。


さらに、大量の薬をいきなり止めるとフィードバックが一気にくるので、また薬に頼ってしまいます。


悪循環にしかなりません。



最低限、自分の病気ぐらいは学んでください。


それから自分を任せられると思う医者を探してください。


本当に治りたいならそれくらいはできるはずです。



「厳しいことを」と言われたことがありますが、本気で治したいと思っている方はきちんと行動しています。


やれないことはありません。



「治らない」と思い込んでいませんか?


「元気な自分」をイメージできますか?



「薬を飲んでいる自分」「病気が当たり前な自分」がコンフォートゾーンになっている場合、イメージが湧かないと思います。


ですから、まずはメンタルを変えましょう。



「元気でやりたいことをやっている自分」をコンフォートゾーンにするのです。


そのためにも、ゴールを無意識に刷り込む必要があります。



毎日アファメーションを唱えましょう。


ゴールの自分を常にイメージしましょう。



メンタルが変わると身体も変わります。


治すのは医者ではなく自分です。


もっと自分を信じてください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

コーチ

科学的に自分を変えていく話、仏教的な話、哲学的な話をしています.


『自分を変えていきたい』と望むのなら、学び、実践していきましょう.


方法さえ分かれば、誰であろうと変わることができるのです.


一人だと不安な方は
生まれ変わるために